府議選・「推薦決定」

11月13日(土)
今日、厳密には昨日から,少し生活態度を改めようと、ウオーキングをはじめた。今朝も朝から公民館だよりの最終校正をあげて、午前10時に印刷やさんに渡し散歩に出かける。約1時間のんびりとしっかりとした足取りながら、歩いた。黄砂は徐々にひどくなってきたが、まだ朝はそうでもないか。行く人に挨拶しながら、カメラを持ってパチリパチリと撮影しながら歩いた。それでは効果が薄いといわれるかもわからないけれど。

午前11時帰宅。2階で夜の会議の資料作成。

午後1時から4時まで、中丹文化会館で全綾部市人権教育研究集会。52回を迎える。昔は綾部小学校で、分科会に別れてよく研修したものだ。いつのころからか、全体会議だけになったが、会場は満員。村崎太郎氏の講演。猿回しを復活させた芸能人。自身を被差別部落出身者だと公表し、差別の無い社会を生き生きと語られていた。人間は差別する動物で、人より少し上だと言う意識が、差別を温存していると。話が少し跳んで話されるので、ついていけない部分があった。もう少し流れを大切にして話されるともっと生きてくると思うが。

午後4時から5時まで、庭木の剪定。槙の剪定がまだまだ。少しづつ切り下げている。
早い夕食をとって、午後6時半綾部市林業センターへ。

あやべ太陽の会常任幹事・代表顧問合同会議開催
60人近く集まってもらった。大槻浩平会長の開会の挨拶、山崎市長の市政報告会に続いて、四方源太郎氏を4月執行の京都府議会議員選挙において、あやべ太陽の会として推薦する件に関して提案。満場一致で可決し推薦を決定した。続いて高倉自民党支部長の激励の言葉に続いて、四方源太郎氏が立候補に当たって、決意表明。山崎市政と連携し府議選挙を戦うことの決意表明があった。あやべ太陽の会は、先の市長選挙における3極構造は今回も変わらない。市議選挙に引き続く府議選での四方源太郎立候補予定者への全面支援の意志の確認を行った。

最後に四方康之副会長の発声で、団結ガンバロウを三唱。松田英治副会長の閉会の挨拶で締めくくった。

なお、市議会議員選挙の関係で、市議の太陽の会の役員の変更を提案し承認いただいた。私は、木下市議が議長となられたことに伴い、従来事務局長をしていたが、幹事長をすることとなった。

また、組織強化を図るため副会長を増員すると共に、事務局次長も増員した。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-11-14 01:30  

<< 産業祭り賑わう 黄砂と共に >>