教育改革の最前線視察-京都市-

11月22日午前7時30分:塩見市議と京都市立御所南小学校、御池中学校を視察。北は北海道から南は九州熊本県まで全国から1千人の教師や教育関係者が視察に来ていた。
東の品川区か西の京都市と言われるらしい。「小中一貫教育」のモデル校とのこと。
午前中は、御所南小学校。名前のごとく御所の南側。この地域は、教育を地域で支える土壌がある地域。歴史は古く、明治2年 朝廷が東京遷都した際、町衆(地域の人々)がかまどの数でお金を出し合い小学校を作った「番組小学校」が発祥の地。堀川通りから河原町通りまで南北は、丸太町通りから四条通まで5つあった小学校をこの御所南小学校と高倉小学校に統合したばかりとのこと。最新設備の立派な小学校であった。ここでは、フィンランドの教育手法「論理的読解力」を教育の柱に、5・4制の小中一貫教育が進められていた。
 午後は、「御池中学校」 御池通りにこの春完成した大規模複合施設「京都創生館」(保育所・介護施設・交番・防災施設・観光トイレなど)の中心施設として改築された「御池中学校」
 この3校で今、次代のモデルとなる「小中一貫教育」が実践されている。(綾部でも東綾中学校と東綾小学校で小中一貫教育の実践を進めているが)
 特徴的には、今日の子どもたちの教育的課題をしっかりと捉え、小中9年間で一貫して教育する体系を明確にしていた。特に論理的読解力を教育の柱にすえ「自ら学び、自ら考え、学んだことを社会や生活に活かす力の育成」を目指しているとのこと。
 また、「番組」と言う地域の支援の土壌を活かし、地域・学校・保護者による学校運営協議会「コミュニティ」(小学校)「ケヤキプロジェクト」(中学校)を組織し、学校予算から行事まで学校と共に協議し、地域に開かれた学校づくりをしていること。後段の「学校運営協議会」こそが、今必要な時代なのだと実感した。
 全国では、学校選択制導入によって人気校と不人気校との格差が生まれ、東京では、児童が集まらず廃校によって地域活力すら揺るがしかねない事態になっているとNHK「クローズアップ現代」で報じていた。
 少子化が進む中で、学校にもっと地域や市民の目を向けなければならない時代です。
 子供は学校に任せておけばよい。と言う時代ではないなー。
[PR]

# by ando-ayabe | 2006-11-23 23:30 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

無心

議長就任祝賀会に出席させていただいた。
選挙で応援していただいた皆様や、懐かしい方々から励ましの言葉をいただいた。議会で一層がんばらねばならないと思う。皆様の期待に沿えるようがんばります。何なりとお申し出ください。もっと地元と結びついてがんばれよとのアドバイスもいただいた。
 時を同じくして、岐阜県国会議員の野田聖子さんの自民党復党問題と佐藤ゆかり現職候補との問題がTVをにぎわせていた。国政での活躍するには、地盤・鞄・看板ですね。やっぱり
県民にとっては、佐藤ゆかり議員が議会でどんな発言して尽力しているかより、地元でどれだけ顔を出しているのか。が問題です。野田聖子さんは無所属で今は何もできないから、政治をしようと思うと、自民党に入らなければならない。しかし、郵政民営化で野田さんは筋を通された。そのことはどうなるの?なら、党議拘束の時点で判断すべきことでしょう。しかし、
 小泉さんも言っています。「政治家は使い捨てです。それを覚悟していなけりゃー」老子も言っています。「政治は非情」「無心」です今は。
[PR]

# by ando-ayabe | 2006-11-21 12:28 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

晩秋

さざんか さざんか 咲いた道 焚き火だ 焚き火だ 落ち葉焚き
高3の娘が、この歌好きや とつぶやいた。そういえば、空き地で落ち葉や枯れ草を燃やして、しもやけの手を焚き火に当てやったり、焼き芋やいたり、そんな秋の夕暮れを子供にもしてやった記憶がよみがえってきた。 今や焚き火はひょっとすると消防法でもまずいのかもしれないけれど。 日本の良き情景は、そして日本人の美的な心は、どこへ行ってしまうんだろうと、侘しい思いがする。おもちゃをいっぱい買ってやることもできなかった代わりに、落ち葉焚きや畑の泥遊び妻の実家の秋祭り、人と人とのふれあいを子供に小さい頃から体験させてあげた。親の務め、そうして親にもしてもらったことを子供にも伝え、ものの考え方を理論でなく体感させてやること。今一番求められていることじゃないかなー。
 京都新聞の特集で、「京都文化会議2006」が掲載されていた。今は亡き山田恵諦師が「戦争の本当の被害者は戦中派世代の孫たちだ。戦争に負けて、日本人は自信を失ってしまい、日本の宗教や文化をすべて否定してしまった。その中で育った団塊の世代の子供たちが迷うのは当たりまえ。伝統文化や宗教に含まれる善悪の価値基準。神仏を拝む心を失ったときに人は不幸な状態になる。」
 幾ら言ってももう時間を戻すことはできない。今は、早く日本人の本来持っていた「祖先や親を敬う心」や「長幼の序」「宗教」を学ぶ心をはぐくみたい。民主主義の名の下に個人の意見や個人の自由ばかりを主張する現在の教育基本法を見直し、正しい日本の心、伝統を取り戻したい。
[PR]

# by ando-ayabe | 2006-11-20 12:04 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

東祭

 綾部高校東分校の学園祭とも言える催しが開催され参加した。
 私が子供の頃には、農業科・農業化学科・家政科・定時制などの学科の生徒が通学していた。もっと以前は、「城丹」といって養蚕業の技術者を輩出する学校として綾部のみならず近郷近在の養蚕農家の子弟などが学んでいた由緒ある学校である。
 養蚕業は廃れ、今時の産業需要に対応するため「園芸科」と言うのも開設され、花き類を学ぶ学科も。この間まであった、「牛舎」は、京都府北部の教師の教育施設が威容をほこっている。
 幾多の変遷を経て、昔の面影は何もなくなったが純真な生徒は今も昔も変わらない。
 ブリ大根を振舞ってくれる女子生徒、農産物を販売する生徒、準備や片づけをする生徒など皆当時の学生と変わるところはない。化粧や茶髪などが取りざたされもするが、心と心で接する生徒は今も昔も変わらない。厳しい社会が待っているが、希望を持って育って欲しい。先生も学校では親であり兄である親の思いと同じように生徒の成長をはぐくんで欲しい。
[PR]

# by ando-ayabe | 2006-11-19 13:57 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

地域内再投資

朝から、、決算委員会の意見調整会議。午後は勉強会。市民との協働分野の充実を大胆に進めたい。同じような話を、夜の会合で聞いた。
 同級生の会社経営者のTさんから、良い話が聞けるから福知山までおいでとのお誘い。ありがたいことです。早速出かけた。
 テーマは、「地域経済の振興と中小企業の役割」
 地方経済を活性化させるためには、大企業誘致より、地域の中小企業の「下請け」でなく「横 請け」構造を確立し、地域で企業・自治体・市民による総合的な地域内再投資力の形成が必 要。グローバル競争に左右されない個性あふれる地域産業と地域の再構築が必要。そのた めにも地方自治体の強力な支援と、地域主権のうねりを起こすことが大切。中小企業振興条 例の制定を進めるべきとくくられた。もう少し勉強してからブログに書き込みしよう。

 ご案内いただきましたT社長ありがとうございました。参考にいたします。


 

 
 
 
[PR]

# by ando-ayabe | 2006-11-18 00:24 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

PDCAサイクル

平成17年度決算審査が終わった。
  この1年間、市役所が市民サービスを効率よく効果的に進めて来たかをチエックする最高の機会として決算委員会がある。職員もこの1年間の事業を総括する唯一の機会。職員は、決算説明のために、一生懸命実績点検し、制度の理解をし過去からの実績の推移を調査分析し、昨年度の事業の実績を比較検討する。そして議会に備えるのだ。職員は、議員からどんなこと聞かれても答えられるよう下調べしてこの決算委員会に望むのである。決算書は、下調べした数値が並び、事業の概要を記入し中には、説明する言葉までペーパーにして決算委員会に臨んでいるのである。課長・係長・課長補佐は決算の準備に1週間近くかかって準備する。
だから議員は、どんどん質問しなければ、その間の職員が投入した単位時間費用は回収できない。 議員は聞いてこそ、今の綾部市の細かな事務事業の現状が判明するし、改善方策も洗い出されてくるのである。
 職員はこの質疑を平成19年度の予算編成にぜひとも活かして欲しい。市民の血税。一円たりとも無駄にしないよう、財政当局も、主管課も、改善改革して欲しい。
 決算審査は、PDCAの最高の機会だ。
 4日間一言も発言しなかった議員もいる。問題意識がないのかな。議員歳費をどう思っているのだろう。議員は職員に負けないよう必死で勉強して、議会の権能を活かさなければならないはずだが。その話はやめよう。
 とにかく、効果の上がらない事業の原因を点検し、改善改革の方策を考え、平成19年度予算編成に間に合わせて欲しい。
 職員を動員しなければ会場の半分も満たないような講演会や利用者が減っている事業、もう補助金を出さなくてもテイクオフしている事業など大胆に事業を見直して、市民のための事業を新規展開して欲しい。職員数も減少、財源も減少。減少時代に「限られた財源を有効に使い選択と集中の事業展開を」。今回の決算審査では、S議員と一緒にいろいろと意見・提言したが、職員の皆さんにそんなことを期待していることを判って欲しい。
 
 
[PR]

# by ando-ayabe | 2006-11-16 23:29 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

初雁や またあとからも あとからも

 今朝は寒い。奥さんは、腸風邪でダウン。今綾部の街は腸風邪が流行しているとか。気を付けよう。市議会決算委員会3日目。市立診療所特別会計からスタート。上林や志賀郷などにある市の直営診療所の決算。当然収支は苦しい。利用も減少傾向。経営と言う一点ではくくれない。しかし、住民に利用実態を明らかにし、判断していただくこともこれからは必要である。市民の医療を守るのが行政の仕事。と片付けてしまうのは、これまでの市役所と市民との関係。これからは、住民に実態を明らかにし(情報公開)、それでも必要ですか?と、住民に判断していただく。そんな関係を作っていかねばならないのではないだろうか。
 午後からは農林水産・商工関係決算。企業誘致の関係で、ベテラン議員が、企業立地に関して、「既存企業と立地企業との仕事の橋渡しや既存企業の技術力を立地企業に紹介する役目を商工観光課がおこなうべきだ」「既存企業は苦しんでいる。もっと仕事を立地企業は地元既存企業に回せ」とのこと。既存企業と立地企業の違いを教えてほしい。舞鶴市で聞いた話だが、舞鶴を象徴するような大手造船会社の関係者が「舞鶴ではいつまでたっても立地企業扱いで、いつになったら地元企業として認めてくれるのか」と嘆いておられたと。
 どこまでが立地企業でどこまでが既存企業なの?立地企業と地元企業の基準は何?中小企業が既存企業でそれ以外は立地企業?何年で既存企業になるのか?
 いつまでたっても「立地企業」と言われる企業さんは可哀想だ。「すべての企業を地元の企業として認め、相互に仕事が回るよう工夫することこそが重要だ。」いつまでも立地企業と言ってよそ者扱いするのはやめにしたい。産業まつりや水無月祭り、地元雇用を最優先してくれる企業さんなど、一生懸命地元貢献している企業さんもある。全ての企業が綾部で業績を上げて成長されることを願いたい。そのためのお手伝い。大いに進めたい。各企業様ご相談事がありましたらなんでも言ってください。

 秋 雁が渡ってくる 一羽  二羽 そして一団になる。 
    企業さんも 1社 2社 綾部にお越しになればばひとつです。

            初雁や またあとからも あとからも

 
[PR]

# by ando-ayabe | 2006-11-15 18:47 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

足るを知る

今日も、朝10時から午後5時すぎまで、決算委員会民生費・衛生費関係の平成17年度一般会計・特別会計の決算審議が行われた。
 老人福祉施策の多いこと。高齢化社会を象徴しているが、対象が多いので薄播きになったり、利用率の低い施策など。効果的なお金の使い方になっていないような。
 私は、家族と一緒に8年前。両親を在宅介護で3年間続けた経験がある。父母の部屋に貸与ベッドを2台据え、脳梗塞の父と痴呆の母を、妻と一緒に朝昼晩寝る前4回ウンチやオシッコのオムツを交換し、服を着替えさせ、食事を与え、毎日毎日同じことを繰り返した。
 その当時は介護保険制度はなかったが時折の松寿苑のショートステイが本当に救いだった。デイサービスもうれしかった。介護者激励金はなかったしオムツの補助もなかったが、そんなお金よりも、ショートステイやデイサービスなどの施設の職員さんとのふれあいやサービスがうれしかった。お陰で父母を自宅で天国へ送ってあげる事ができた。涙が出るほど感謝している。
 中国の古語に「知足」と言う言葉がある「足るを知る」 介護の質は良いにこしたことはない。欲求にはきりがない。この次はこれを、それができたらこのサービスを。そして要求が認められなければ、弱者を切り捨てにしていると言い、府下で最悪のサービスだと言って「自分たちの住んでるまちをミソクソに言う」どこかの左翼政党の常套手段だ。
 介護保険制度ができた高齢者施策。これからは、横だし施策はぼちぼち見直して、背丈に合う制度をみんなで構築していかないと、次世代に投資する経費が出てこなくなる。
 
 
 
[PR]

# by ando-ayabe | 2006-11-14 22:24 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

市議会決算審査特別委員会開会「切磋琢磨」

平成17年度の決算審査特別委員会の開会です。
議会として、市民の大切な税金が有効に使われているのか。歳入は公平に収入の努力がなされているのか。一年間の事業を点検し、次年度に活かす機会です。職員も議員も決算委員会を事務事業の評価の機会と捉え、大切にしなければなりません。
 事務当局が説明した微々たる数値(0.0パーセント)程度の数値の差異を捉え、質問している人や綾部市のHPが不具合だと指摘して、質問者自身のPCの不具合ではと答弁される党利党略派ベテラン女性議員もいたが、野党なら野党らしく徹底的に突っ込まなくては、服の上からかゆいところをかくような質問ではね。
 職員もこの決算を機会に一生懸命勉強しているのですから、議員もPDCAのつもりでチエックしたいものです。そしてその質問によって、アクションに繋がれば。いや繋がってほしいです。
この1週間。議員も職員も理事者も「切磋琢磨」です。 
[PR]

# by ando-ayabe | 2006-11-13 20:06 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

産業まつりを都市との交流に

あやべ産業まつりに参加した。昨年度まで実行委員会の一員として開催に腐心して来た者として、思いもひとしお。
 綾部産業まつりは、今から20年位前までは、並松町の綾部市民センターを使って「農林業振興際」「消費生活展」「綾部物産展」を合同開催していたが、当時は、「物産展」で企業の製品紹介を行っていた関係で、「農林業振興祭」とおなじフロアでの開催に異論があり、加えて、商工関係のイベントに当時の通産省から補助金が出ることとなり、綾部駅南駐車場にテントを建て展示会を独自で開催することとなった。(3年間続いたが、補助金打ち切りで商工独自開催が困難となる。)一方の農林業振興祭は、単独で、消費者と生産者との交流をテーマに、中丹文化会館周辺で開催することとなった。
そして各集落からの特産物の販売や模擬店を「村自慢ストリート」と命名し開催。荒巻前京都府知事も視察に来綾されるなど、中丹文化会館への渋滞車両が綾部まで続くほど盛況となった。 しかし、余りの渋滞に苦情が続発。開催場所の移転を検討せざるを得なくなった。
 そして、駐車場の解決や再度の合同開催も検討され、上杉総合運動公園で、「産業まつり」として復活した。そして、上杉では綾部の街から遠方で消費者と生産者との交流促進の主旨が活かせないことや公園のような工業団地「綾部工業団地」での移転開催で今日に至っている。綾部の製品展示を行っていた物産展は、本年7月 I・Tビルにて常設の「ものづくり館」が完成。
 当時とは隔世の感がある秋の一大イベントになった「綾部産業まつり」今年は残念ながら秋の時雨となったが、多くの市民の皆さんの参加で大成功。実行委員会の皆さん、当日各ブースに参加された団体の皆様に心から感謝申し上げます。
 定着した「産業まつり」今後の一層の定着のためにも、P・D・C・A 改善点を洗い出し、来年に活かしてください。農林業振興祭へ参加された集落の方や中心市街地の商店街の方が、「もっと綾部に近いところで開催できないか」と言ったご意見がありました。開催場所には本当に頭を痛めます。
 私は、綾部から多少遠方ですが、会場の広さ、駐車場、公共施設利用、水利などなど考えると他に適当な場所がないように思います。とは言っても、そのほかにも改善点は常にあると思います。コストと効果を考えながら、PDCAサイクルを持ち続けてください。
 
[PR]

# by ando-ayabe | 2006-11-12 23:18 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)