<   2017年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

舞鶴~綾部~南丹~京都 へ通ずる道を   

2017年 07月 08日

前日までの疲れはないが、今朝も、公務がある。

午前9時15分 プライベートながら、味方の宝住寺のきゅうり封じの祭礼に市長代理の副市長と一緒に参拝。娘の安産祈願などをキュウリに封じ込めて祈願。ご住職のご配慮で、待たずに法要を営んでいただいた。味方町など檀家の皆さんが熱心に奉仕をされていた。どこのお寺でも高齢化は進んでも熱心にお寺の護持のため働き出しをされている。

午前9時40分 奥上林へ。
午前10時30分 奥上林の旧山の家の研修館において、平成29年度主要地方道綾部美山線開通促進協議会の総会が開催され副市長と共に出席。

総会後、懇親会が催され、南丹市議会議員の柿迫市議や舞鶴市議会議員の高橋秀作議員などと意見交換。綾部の古屋から南丹市美山への府道の開通促進に向け運動を強化しようと意思統一をする。
原発避難路としていろんなルートの避難路整備が必要だ。

午後2時 総会懇親会を終了し帰宅。
午後4時 あす開催の京都府下合唱団交歓演奏会の準備のため、京綾部ホテルへ。その後、福知山のドン・キホーテへ。

帰宅は、午後7時
[PR]

by ando-ayabe | 2017-07-08 23:44 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

再び東京へ   

2017年 07月 07日

七夕か~。季節を感じる祭事をしながらの日々こそが、日本の風土なのだが、昨今情報過多。新聞を読まなくてもスマホでどんどん情報が届く。落ち着かない世の中になったものだ

午前7時30分 今日は随行は飯室次長。全国市議会議長会地方行政委員会(委員長:三輪関市議会議長)の委員として第1回地方行政委員会に出席するため東京へ。

午前11時33分東京着。2日前と同じように有楽町まで山手線で戻り今度は、昼食をとらずに東京メトロ有楽町線で麹町へ。1番出口を出ればオフィス街と飲食店が混在するエリア。まだ12時前後で、並んで待つ人も少ない。中華料理店で、ゴマ汁のつけだれ冷麺大盛+餃子6個セットで720円は安い。

ぎょうざ1.5個と冷麺を3分の1残してしまった。で、歩いて数分の厚生会館へ。時間は、開会まで1時間以上あったので、近くの都市センターホテルのラウンジでアイス紅茶を注文。760円。アフターヌーンティの方が高~い。

午後1時過ぎ。厚生会館へ。
地方行政委員会は全国の市議会議長の中から、各ブロックごとに選出され、委員会を構成している。
北は北海道岩見沢市から南は、宮崎県西都市まで、19市議会議長の委員と委員長は、中部ブロックから関市議会、副委員長は、宮城県富谷市議会、高知県四万十市議会の各議長。合計22人で構成している。オブザーバーとして、全国市議会議長会副会長市の高松市議会議長も加わる。

地方行政委員会の活動内容は、総務省、法務省、外務省、防衛相の所管に属する事項に関して、総会、評議員会で決定された事項の他に独自の調査企画及び立案にあたり、その実現運動を行うもの。地方自治法263条の3第5項に関する事項の処理を行うこととなっている。

ちなみに
 「地方自治法第263条の3第5項」とは、「各大臣は、その担任する事務に関し、地方公共団体に対し、新たに事務または、負担を義務付けると認められる施策を立案しようとする場合は、第2項の連合組織(全国市議会議長会などいわゆる地方6団体)が同項の規定により内閣に対して意見を申し出ることができるよう、当該連合組織に当該施策の内容となるべき事項を知らせるために適切な措置を講ずるものとする。」

要は、国の行っている様々な地方行政や国民に対する施策について地方の声を上げ、国民生活が快適になるよう施策の改善や是正を意見具申する活動なんです。結構大きな影響力があるのですが、声を上げる方法として府県レベルで議論をして提案し、近畿レベルでオーソライズし、全国市議会議長会で審議し、要望書となって政府に上がる仕組み。

既に地方行政委員会には、地方等から部会(各ブロック)提出7件、会長提出3件合計10件の決議要望書が可決され、委員会に付託されている。

例えば、・東日本大震災からの早期復旧復興についてや、参議院議員選挙における合区の廃止について・地方創生の取り組みに対する支援についてなどなど様々な区の施策への要望を取りまとめている。

開会まで少しだけ時間もあり、隣の席の大阪府高石市議会議長、兵庫県豊岡市議会議長と名刺交換。水害で大変な熊本県や宮崎県からもお越しになっていた。お見舞いを申し上げる。

第1回委員会と言うこともあり、事務局から委員会の仕事を説明。各市の議長から挨拶の後、議事に入り要望事項の確認。今後の運営について協議後、総務省自治行政局行政課長の篠原俊博氏から「地方行政を巡る最近の動向について」と題して、講演があった。

特に、第31次地方制度調査会の答申内容について詳しい説明があった。
①地方公共団体のガバナンスの在り方について
②地方公共団体に求められる内部統制体制について
③地方公共団体の監査制度について 監査制度の充実強化のための見直し
④地方自治法等の一部改正概要について
⑤地方議会の現状について
約1時間の説明。

午後3時440分に地方行政委員会は終了。東京駅へUターンしたが、3時台の新幹線には間に合わず、やむなく、4時30分頃の列車で買える。

帰着は、午後9時前。今週は出張ばかりでくたびれた。
[PR]

by ando-ayabe | 2017-07-07 15:04 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

幼稚な綾部高校男子生徒って?   

2017年 07月 06日

7月6日(木)
およそ8時間熟睡したようで疲れもない。
午前9時45分に市役所へ。まちづくりセンター第1会議室へ。
午前10時 綾部市青少年育成連絡協議会平成29年度総会に構成団体の代表者として出席。会長は川端勇夫市自治会連合会会長。

いつもの、平成28年度事業決算と事業報告。平成29年度の事業計画と予算案の審議。そして役員改選まで、5議案共に、社会教育課の事務局が提案した通り決定。

ショックだったのはその後の青少年の関係機関の報告。特に高等学校の生徒指導の先生の報告。
前段はとても明るいニュース。私の自宅の近所の女子高生が、インカレ?のカヌー種目で国際大会に出場するという報告だった。そして高校野球の春季大会での綾部高校の活躍の報告だった。素晴らしい。

続いて綾部高校生の学校生活についておっしゃった。『一言でいえば、幼稚な男子生徒と、目的意識のない女子生徒』が現状。生徒数は900人余りで、その30%が男子で、残り70%が女子。学校のクラブ加入率は30%で、残りはアルバイトに勤しんだり、何もしない子達だと言う。授業中も携帯依存で遊び道具として使っている子どもが多い。と。

私自身綾部高校卒業生として、綾部高校はそこまでになってしまったのかと暗澹たる思いになった。四方府議も府議会でも綾部高校のレベルUPを訴え必死で取り組んでいる。本市議会でも意見書まで採択し、綾部高校への府教委の支援をお願いした経過がある。市教委は小中学校の関係だけなのかもしれないが、教育長の開会の挨拶は「綾部の児童生徒は学力テストで府下でも最上位で、中丹教育局からお褒めの言葉をいただいている。これ一重に先生の努力の賜物」と学校と教育機関を持ち上げる。先生の努力は認めるが地域社会や家庭での状況などはどうなのか?綾部の教育は学校教育だけか?高校の先生に「幼稚な男子学生と目的意識のない女子生徒」と言われて最初の教育長の挨拶とのギャップの大きさを痛烈に感じる。

件の高校の先生に「幼稚な男子生徒…」の意味を聞こうとしたら用事があったのかご自身の発言が済んだら会議を途中退席。そりゃないやろ~。小学校・中学校・高校・警察がそれぞれ重要な課題提起をされたのだからそのための意見交換の場を設けるべきだ。行事をこなすだけの会ではないはず。別の機会にでも、もっと深く綾部の青少年の生き方を各方面から検証しても良いのでは?毎年思うが育成協の総会は生煮え感がする。

午前11時30分 会議は終了。帰宅して昼食。

午後1時20分 綾部市民センターへ。府道綾部広野線の改良推進協議会の役員会に出席。事務局長として会の進行を担う。次長の要ちゃんに大変お世話になっている。総会日程や総会議案を協議・確定。京丹波町側が本年中に完成するので、竣工式をすることに。

午後3時30分 役員会は終了した。
午後4時30分 自宅にイセキ農機の方が、「管理機」の件で営業に。決断するか。

午後7時30分 綾部混声合唱団の練習に参加。
[PR]

by ando-ayabe | 2017-07-06 23:54 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

全国市議会議長会第208回理事会   

2017年 07月 05日

早いものだ。カレンダーの紙を6月にしたのは数日前の様な気がする。でもしっかりと30日が経過し、今日はもう7月5日も終了する。7月3日には梅雨も明けるだろうと綺麗なお天気キャススターがニッコリ笑顔で話していたのは何時のことかいな。中国・四国・九州では大雨で、おまけに北陸まで北に上がっていた梅雨前線は再び南下し前線真っただ中。お天気姐さんを詰って見ても仕方がないけれどいい加減にしろ~。

7月3日(月)
午前8時40分 議長公用車で大阪へ出張。綾部ICから中国道大阪環状線で、シティプラザ大阪。
午前10時20分に到着。待合室で、コーヒーを頂戴しながら、近畿各府県の支部長市の議長様と名刺交換。平成29年度第一回近畿市議会議長会支部長会の開会まで間がある。ちなみに
近畿市議会議長会会長 大阪府交野市議会議長の野口陽輔 氏
副会長  京都府城陽市議会議長 増田 貴 氏
同支部長(和歌山県)和歌山市議会議長 古川祐典 氏
同支部長(奈良県) 橿原市議会議長 細川佳秀 氏
同支部長(兵庫県) 西宮市議会議長 田中正剛 氏
同支部長(大阪府) 柏原市議会議長 大坪教孝 氏
同支部長(滋賀県) 大津市議会議長 仲野弘子 氏
同支部長(京都府) 綾部市議会議長 安藤和明

以上の面々と今年1年支部長会を構成し、近畿地域111市議会の地域要望や近畿管内の議長会の会務を推進することとなる。

 今日はその第1回支部長会があり、近畿市議会議長会の会務報告や平成29年度の本会の運営について、平成28年度の本会の会計決算報告について。会務の申し合わせ事項の確認等を行った。

12時00分 支部長会の議事は終了し、事務局長も交えて昼食と意見交換の場となった。議会運営の各市議会の状況など意見交換の良い機会でもあり、早速私から、今回議会本会議のライブ中継に伴い、発言取り消しの留保宣告や発言取り消し等の手順・判断などについて各市議会の状況をお聞きした。南部や大きな都市の議会では、毎議会数件の留保宣告があるようで認識不足を痛感した。議長の強権発動までに、留保宣告の後、議会運営委員会で協議する。その間質問途中でも暫時休憩を宣告できるというもの。議長が発言に問題があると感じたら、躊躇せず留保宣告をすればよいとのこと。だった。

「井の中の蛙」では駄目だし議会の規模に違いはあっても、堂々と意見交換ができるような議長であらねばならない。それが京都府下の市議会を、はたまた綾部市議会も背負っている議長の任務だと思う。

午後1時 近畿市議会議長会の日程をすべて終了し帰路に。大阪市内の環状線から近畿道~第2京阪~2外~京都縦貫道へと移動し、帰宅は、午後2時30分 いったん帰宅。

午後3時 自家用車で議会へ。
午後3時30分 緊急議会運営委員会を開いてもらう。議会日程はすべて終了したがライブ中継を視聴していた市民から疑義の問い合わせがあったようで、議会運営委員会でその対応について意見交換。
一定の方向を決定し、午後4時30分議会運営委員会を終了する。
午後5時30分 帰宅し夕食。

午後6時30分 地元に関する件でグンゼ本社講堂へ。平成29年度事業として整備される「京都府産業創造センター(仮称)」(旧研究所)の敷地内から法定基準値を超える特定有害物質が検出され、その状況と対応について説明会が催されたので地元議員として説明会に出席。グンゼ産業から状況と対応等について説明がなされた。土壌だけでなく地下水にも基準値オーバーの物質があり、井戸を使っている下流域住民から不安の訴えがなされた。4人の近隣住民から質問や水質試験の対応の依頼がなされグンゼも対応する旨の答弁もあった。
午後7時15分 説明会は終了。

7月4日(火)
午前10時 議会へ。
午前10時30分 京都府道路計画課高速道路担当の岡さんがお越しになり「京都府高速道路協議会」の監査をする。府市議会議長会の会長が同協議会の監査の充て職になっているので平成28年度の収支差引簿、通帳残高、領収書等を確認し異常なしとして監査報告書に署名押印をする。

30分ほどで監査は終了。その後綾部市や京都府北部地域の国道・高速道路など道路整備の推進について岡さんと意見交換する。とにかく京都府の道路整備率は遅れている。スマートインターや高速道路の4車線化。国道27号の整備推進など府北部の道路整備により一層力を入れて取り組んでほしいと要望。

午後0時 帰宅して、昼食
午後1時 綾部市民センターへ。綾部公民館運営委員会・役員会に出席。事業実施状況や今後の総務部の事業計画の説明。

午後3時 公民館運営協議会は終了。市役所へ移動
午後4時30分 吉崎副議長、波多野議会運営委員長、種清副委員長らと、市長に面会。
議会報告会「市民と議会のつどい」で出された市政等に関する意見や質問を取りまとめ、市長他理事者に提出。その後意見交換。
帰宅は午後5時 家庭菜園で収穫作業

7月5日(水)
東京出張。忙しい。ゆっくりできる日が現状ほとんどない。
午前7時30分事務局長が迎えに来てくれる。7時56分の特急で、東京へ。山崎市長も水源の里の会議で東京へ行かれるとかで京都までご一緒。

午前11時30分 東京駅から山手線で有楽町へ戻り昼食後、東京メトロ有楽町線で麹町へ。「全国都市会館」に到着したのは12時40分

午後1時30分 全国市議会議長会第208回理事会の開会。全国の47都道府県の市区議会議長会会長と政令指定都市・副会長市・監査市・各行政委員会長市・顧問・事務局長等160人程度の集まり。
f0111128_0554383.jpg

理事会単独で集まるのは初めて。最初に会長の山田札幌市議会議長の開会挨拶に続いて、総務省自治財政局長黒田武一郎氏から、地方財政の現状と課題について約30分間レクチャー。
その後、事務報告の後、各委員会の活動方針について各委員会の委員長となる議長から報告。次に平成29年度の全国市議会議長会の主要会議について説明がある。今年1年、東京往復の会議があと何回かある。次に、今年姫路で開催される全国市議会議長会研究フォーラムについて。来年以降の同フォーラムの開催市について提案があり了承。
 最後に、地方議会議員の厚生年金加入のための法整備に向けて状況等について報告があった。
f0111128_05679.jpg

午後2時44分 会議は終了。昨年市議会議員共済会理事だった昨年お世話になった全国市議会議長会井原事務総長が7月末で退任されるとのことでお礼のご挨拶に伺う。春の園遊会も全国市議会議長会からの推挙を事務方でお世話になったようで併せてお礼を申し上げる。前会長の高松市議会元議長の岡下様にも御礼とご挨拶を申し上げる。色々な方とお知り合いになれたことをとてもありがたく思う。

午後3時過ぎの新幹線で帰路に。途中名古屋のきしめんを名古屋の新幹線プラットホームで食べ京都へ。午後8時前に綾部に帰着。

午後10時にはぐっすりと眠っていた。 
[PR]

by ando-ayabe | 2017-07-05 23:57 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

雨の鬼子母神大祭   

2017年 07月 02日

7月1日(土)
今日は議会終了後の整理整頓作業。短い6月議会だが、府下議長会の会長職を持っており忙しいの一言。今日はゆっくりとする。

午前10時30分 明日開催される鬼子母神大祭の準備に菩提寺の了円寺へ。青年部の皆さんがテントをすでに建てていただいていた。遅刻か~。ごめんなさい。
本堂へ行き、各町区からのお供えを整理しようとしたが、こちらも早くから世話方会長が気を揉んですでに集計しておられ、会計担当にでもと思ったが先を越されてすることなし。ありがたいやら申し訳ないやら。

で青年部の皆さんの意気込みのすばらしさで午後の作業予定の「落雁の熨斗付け作業」も午前中で終了。しかし午後に来る役員さんもあり、最初の計画通り午後1時に再度集合することで帰宅。そんなに早くしたら、午後来られる世話方のする仕事がなくなるがな~と思いつつ。それでも午後の役員さんは当初から招集をかけており、予定通り来ていただくことに。

昼食後再度お寺に。案の定5人の世話方さんが来られ仕事は?と。既に終了したのでお帰りをと言うことに。買い物など会計全般も櫻井会長にお任せして私も帰らせていただいた。

7月2日(日)
鬼子母神大祭当日。午前中は自宅でゆっくり。午後0時40分 娘夫婦と4人でゆらり広小路店でランチ。日曜日でもありとても込んでいて事前に予約してテーブルは確保できたが、最初の前菜が来たのは注文から30分後。メインディッシュは1時間後。食事が済んだのは午後2時30分。ゆっくり会話もできて良かったが、危うく次の時間に割り込むところだった。
f0111128_0195414.jpg

午後3時 了円寺へ。鬼子母神大祭。多くの檀家さんのご協力で開催できた。今年からは、鬼子母神大祭は、世話方さんと青年部、婦人部の皆さんで開催することにした。いつもは町区の檀家さんで当番を中心に鬼子母神を運営するのだが、檀家の高齢化で欠席も多く役員(世話方)の出役を増やして行うことに。
f0111128_0192890.jpg

 午後3時から午後8時まで、雨は降るし大変だったが檀家の皆さん楽しく鬼子母神大祭のスタッフとしてお世話になって滞りなく終了した。ありがとうございました。参拝の皆様も子育て祈願・安産祈願の鬼子母神の霊験をお受けいただいたことだろう。
[PR]

by ando-ayabe | 2017-07-02 23:49 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)