<   2016年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧   

内水対策第1弾完成   

2016年 09月 30日

9月29日(木)
雨が降ったり止んだり。
午前9時 子ども見守りへ出かけ、帰宅後は、由良川内水対策協議会から、延町にある都市下水路「古川」の由良川への排水樋門の周辺の内水を解決するため、仮設の排水ポンプが綾部市によって設置され、試運転が行われるので、見に来てほしいとのこと。内水対策協議会の役員でもあり現地へ出かけた。

毎分6立方メートルの排水能力を持つ仮設排水ポンプ2基が設置され、排水能力の試運転が行われた。約7分で40t防火水槽がいっぱいになるスピードとか。
f0111128_15244057.jpg
由良川左岸の内水問題に関しては、市議会議員になったころからの課題で、議会でも常に都市下水路の排水容量などに関して質問をしてきた経過がある。

昨年綾部市は「雨水排水対策基本計画」を策定し、短・中・長期の内水対策について基本計画を定めた。画期的なことで、今後、当面毎分30立方メートルの排水ポンプ車を配置するとともに、5~7年以内に古川樋門周辺(延町・綾部第一雨水幹線流末)に毎分60立方メートルの排水機(ポンプ)場を整備する。
その後、中・長期的に旧町内の都市下水路の雨水幹線・枝線を整備される。

公共下水道(雨水)事業として雨水対策を実施されないと財源的にも抜本的な解決とはならないので、その意味からも、今回綾部市が基本計画を定め、解決に向けて舵を切ってくれたことを大いに評価したい。

午前10時30分 帰宅後は、平成27年度決算の審査に向けた準備に着手。

9月30日(金)
今日は雨も少し上がった。三婆会(合計年齢281歳)とお食事会をしようとKUMAちゃんが提案。西舞鶴にある老舗料理店で京都に本店のある「本家つゆしゃぶちりり」を御馳走になる。
f0111128_15195773.jpg
特製の秘伝五段仕込みのつゆにつけて食べる超薄切り豚肉。初めて味わう食味。つゆ+薬味のネギに特徴がある。2皿も食べてお腹いっぱいになった。

夕方帰宅。夕食は、お茶漬けのみ。



[PR]

by ando-ayabe | 2016-09-30 23:51 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

9月補正予算等採決   

2016年 09月 28日

 今朝は、もう雨がぱらついている。午後は大雨になるとの天気予想。なのに、傘を持ってきていない子がいる。困ったことだ。学校に置き傘があるにしても、登校途中にザーっと来たらどうしよう。

午前8時35分 朝食を摂り議会へ。今日の本会議の進行表(シナリオ)の最終チェック。
午前9時30分 本会議再開。諸報告の後、議第87号から96号までの10件の議案について各常任委員長から委員長報告。各委員会からは、出された意見などを委員長が報告し、採決。いずれの議案も全員異議なく可決。引き続き、請願の審査報告。産業厚生環境委員会に付託していた請願第1号「手話を言語として定着させ、要約筆記・字幕・筆談、触手話などの多様なコミュニケーションの促進を図り、安心安全の共生社会を築く条例制定を求める請願」の審議結果を森委員長から報告。委員会では全員異議なく採択が決せられた。本会議においても採択を可決。

午前10時25分 本会議は休会に入り、次回は10月17日に本会議を再開し10月5日から予算決算委員会で審議される平成27年度各会計決算の審査結果について議決する。

午前10時30分 議会事務局と何点か協議。
 先日来テレビでにぎわせている政務活動費の不正使用について、綾部市でも更に更に厳格な使用基準を作ろうと協議進行中。
 と言っても、綾部市議会は、騒がれている自治体のように、議員一人当たり毎月10万円も20万円も交付されていないし、議員個人への交付もされていない。(一人会派・無所属議員には会派とみなして年額20万円を交付しているが)綾部市議会では、会派に所属している議員に一人当たり年額20万円を人数分交付し、会派の視察や研修の旅費、研修負担金、図書購入代、会報発行費、会派の事務所内での事務用消耗品・備品の購入費に充当している。政務活動費の執行額は、毎年年度初めの議会だよりに前年度の政活費の使途や不用額等を掲載し市民の誰でも見ていただけるようにしている。その使途基準について、更に更に厳しい基準に見直しを進めている。少なくとも使用実績のない使途基準はすべて廃止するべき。今後各派代表者会議において決定される予定。
午前11時30分 市民課へ寄り、家内の戸籍謄本を取り退庁。義弟に謄本を渡し自宅へ。
午後0時30分 昼食後綾部警察の課長さんから交番の要望について連絡が入り、調整の上、安積連合自治会長宅へ成案を持参。公印を押印してくださり、近隣自治連会長さんにもお願いに回っていただき午後5時 要望書が完成し、要望活動日程も調整完了。

午後6時 朝から友達と西国33カ所参りで滋賀県へ出かけた家内の帰りを待ってビールを飲んで小池都知事の施政方針についてのテレビを観る。

午後8時 大雨の中、新風館ラーメンを食べに出かける。

雨が良く降る。秋雨にしては粒が大きい。


[PR]

by ando-ayabe | 2016-09-28 23:43 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

遅れを取り戻せ   

2016年 09月 26日

9月も下旬だというのに。雨もぱらついて蒸し暑い。
子どもたちは、「おっちゃん今日は大雨にならへんか?警報出えへんかな~?」「そしたら休みに慣れるのに。」「休みになったら、冬休みが一日減るぞ」「いやいやいまはな~おっちゃん。6時間授業が7時間授業になったりするんや。そのほうがええやんか」「学校行くのいややねん。」昔はどうだっただろうか。学校へ行って友達と遊ぶのが楽しかったのかな~?夏休みが待ち遠しかったことを考えると、今も昔も同じだったのかもしれないな~。ブツブツ言いながら子どもたちは登校した。

今朝は予算委員会。平成28年度補正予算の審査をする。
午前9時 議会へ。近畿地域の治水大会の案内が来ていた。以前ならこの類の大会は「欠席」となっていた。私が議長になってからそういった大会へも積極的に参加するようお願いをしている。「和歌山まで行って1時間のシャンシャン大会に何の意味があるのか?」と言う人もいよう。しかし小さな活動の積み重ねが、予算の獲得に役立つこともある。「そんなものは邪道だ。必要な個所に国が予算をつけるのは当たり前だ。」と正論を吐く人もいよう。しかし、政治はそんなに甘くない。同じ条件だったら、一生懸命、地域の実情を訴えて、要望活動をする地域や団体に予算配分を傾斜するのはどんな世界でも同じではないか。

綾部市議会だって幾度も請願が上がってくると、切実さも伝わってくる。そこで請願を採択してはどうか、予算は充実しているのかと心配にもなる。それと同じではないか。つまり、そんなシャンシャン大会でも、参加して受付簿に「綾部市議会」と記入されていると、主催の関係団体や省庁・担当大臣の目に留まり、綾部にも治水の課題があると理解できるようになる。近隣自治体がこまめに参加している中、かつて、そんな大会は意味がない。予算の無駄遣いと切り捨てた時期があった。
 しかし、その間も近隣の自治体は真面目に参加していた。当然予算配分は変わってきた。ましてや、綾部市議会では9月議会で「内水対策特別委員会」を設置した。積極的に取り組むことが求められる。

午前9時30分 予算委員会開会
今回の補正予算は、特別会計では、平成27年度の決算に伴う繰越金の処理が中心。一般会計では、いくつかの新規事業もある。
概略説明すると、
◯自然休養村管理センター(上林山荘)を解体するための工事費用 19,578千円
 ホタル祭りでにぎわった上林山荘も老朽化し、維持管理も大変となった。耐震基準も不適格で、利用者も減少。解体撤去することに。跡地利用は未定。
◯コミュニティ補助事業   1,080千円
 ●味方町自治会の公会堂の雨漏りが激しく改修されることとなったため改修費の3分の1を補  正予算で補助金交付することに。従来前年度の11月までの補助申請が期限とされていたものを当該年度の途中でも補助申請と交付決定が可能とした。自治会総会時期などで工事決定時期が4月以降にずれ込むことから、数年前に市民目線で要綱改正いただいた。
◯住みたくなる綾部留学プロジェクト事業費 1,977千円
 ●平成29年度から開始する事業で、都会で働く看護師を農村に留学してもらい農村の生活や看護経験を積んでもらい、そのままあやべに移住してもらうプロジェクト。東京のボノとかいう企画会社のプロジェクトだとか。上手く行って欲しい。
◯家庭向け自立再生可能エネルギー導入補助事業費 1,700千円
 ●住宅の再生可能エネルギーを普及促進させるため、太陽光発電設備と蓄電設備の同時設置した場合従来の太陽光発電補助に加えて、蓄電設備分としてMAX300千円を補助するもの。
◯公的介護施設等整備事業費補助  1,737千円
 ●介護ロボット導入経費に対する補助。国の2015年度補正予算対応で、2事業所に導入する。
◯畜産クラスター事業費補助  34,065千円
 ●畜産や酪農の収益力を強化するための特別措置法に基づいて綾部市乳用牛振興協議会が事業主体となる。牛舎の改築や搾乳ロボット等の整備に対する補助金。国のTPP対応ではないだろうか。この機会に足腰の強い畜産業を育成したい。

◯そのほか、
 ●㈱農夢の女性の雇用環境の整備を図り農業労働者の確保を図るためのハウス周辺での水洗トイレの整備に対する補助。
 ●「豊かな森を育てる府民税市町村交付金事業」として、市内小中学校の生徒に対する啓発用パンフレット制作費519千円や、計画的人工林整備や森林資源の効率的搬出を可能とする間伐材搬出補助事業費3,000千円。府内産材の利用促進を図るための府内産材を利用しての改築新築増改築事業に対して施主に対して上限200千円の補助など
 あとは、農地や土木に関する現年発生災害復旧事業費の補正予算 合計18,600千円など。
 いずれも新規事業など質疑をしてその後、採決を取り全員賛成で委員会は可決した。

午前10時30分予算委員会は終了。
午前10時50分から議員全員協議会を開催。先ごろ、本会議に上程された平成27年度決算議案の概要説明が行われた。既に本会議上程されている案件を、10日も経過して、改めて、全員協議会で概要を聴くのもおかしな話だ。これはおそらく以前、9月補正予算最終日に決算議案を上程していた過去の例をそのまま使っていたせいかも。その後、議員親交会を開催し、平成27年度決算・平成28年度予算の提案を行い了承された。午前11時10分 今日のすべての日程を終了。

午前11時50分 綾部警察署を訪ね、綾部警察署駅前交番移転に関する要望書案のチェックをお願いする。
お昼過ぎに帰宅。昼食は、特産館で家内が買ってきた「ふくし」の「松茸の炊き込みご飯」美味しい。
午後1時30分 蘆田呉服店へ。日本会議綾部地区役員会議にオブザーバー出席。
10月22日(土)開催の第2回憲法改正学習会への出席者確保について協議。
今、本当に尖閣列島は危ない状況にある。おそらく、何かがあったら、すぐに中国は実効支配をしそうな様子だ。日本は絶対に気を許してはならない。MBSの岸とかいうコメンテーターは、中国と仲良くして、話し合いで解決すればよいことで、外交チャンネルを持つことだ。とか言っている。何をのんびりしたことを言っているのだろう。無責任この上ない。
毎日のように沖縄近海では、中国が挑発行動を起こしているのにその現実が見えないのか?憲法9条で平和が保たれたとか左翼主義者は言っているが、あの高坂正尭氏でさえ、憲法9条で平和が保たれているといった夢物語を大事そうに主張している人たちは、現実政治を知らない人たちだ。と言っている。
f0111128_11145948.jpg
今一度大関豪栄道ではないけれど「大和魂」を呼び起こし、国を愛する日本国民を育てなくてはならない。

是非今回の学習会にご参加ください。




[PR]

by ando-ayabe | 2016-09-26 23:17 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

いもほりもほねおり   

2016年 09月 25日

秋9月も最後の週。もうそろそろ涼しくなっても良いのだが、今日は蒸し暑い。秋雨前線が停滞し、太平洋側では、夏の高気圧も出張っているようだ。

今日は、公務もない。家庭菜園にでも精を出すか。
午前8時 自室で月曜からの予算審査の下見や要望書の作成。
午前10時30分 家庭菜園へ。サツマイモを掘ってしまい畝を3畝空けようと作業開始。今年の夏は特にサツマイモにとって好条件だったのか、蔓が繁茂し、伸びきっており、蔓を片付けるのに一苦労。
f0111128_23374461.jpg
腰は痛いし蒸し暑い。疲れもひときわ。休み休みしながら、どうにか蔓の整理を終えて、芋堀り作業。これも大変。収穫で芋の量を少なめに作ろうと刺し芽の際にできるだけ縦向きに刺したが、それでもこんなにでかいやつができてしまった。一つの蔓から7個もの芋が。とても2人で食べきれるものではない。
f0111128_23380624.jpg
午後0時 汗みどろでくたくたになって、芋ほりはあと4株残っているが、とるものもとりあえず帰宅。シャワーを浴びて昼食。
午後は、2階の自室で、クーラーをかけて、読書三昧。女子ゴルフも観たり。
午後4時30分 収穫したさつま芋を畑に置いておいた。雨も降ってきたので車で取りに出かける。
午後5時 相撲の千秋楽観戦。豪栄道全勝優勝。遠藤も13勝2敗。高安や宝富士、御岳海、隠岐の海、十両の宇良も身体が一回り大きくなった。それに比べて、鶴竜も日馬富士も少し小さくなった。徐々に上位陣が交代の時期が近付いているのではないだろうか。明日からテレビの楽しみはしばらくお預け。九州場所の11月まで長いな~。





[PR]

by ando-ayabe | 2016-09-25 23:22 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

自然・文化・歴史を見直そう。   

2016年 09月 24日

午前中は、先日畝立てをした畑に、白菜、キャベツを植え付けた。畝立てがくたびれることこの上ない。連日の雨で、畑も湿っており、鍬で、畝を立てるが、骨折の影響か、直ぐに腰が痛くなる。休み休み畑仕事をする。週末の畑仕事は、FMいかる市民パーソナリティの番組を聴きながら。しんどいけれど、楽しいひと時だ。もう大根・カブラは芽が出て大根は本葉が出てきている。真ん中の畝。大根の間引きする。今年はおでんに美味しい長大根と、ぶり大根用の聖護院丸大根の2種類を播種した。左のカブラはまだまだ。虫の攻撃を受けて双葉がやられている。何本生き残るのか。というところ。右の畝は、ブロッコリー。冬の野菜としてビタミン最高。
f0111128_15151379.jpg
お昼前に帰宅し、シャワーを浴びて昼食。

午後0時50分 中上林へ。
午後1時20分 観光センター到着。
午後1時30分 「平成28年度上林川を美しくする会大会」に参加。本会は、上林川の清流を甦らせようと平成13年に結成され、毎年、環境調査や、河川の美化活動に取り組んでおられる。毎年この時期に大会を開催されている。
綾部市立東稜小学校の児童によって学習発表が行われ、上林川に生息する魚類や水生昆虫のことを題材にした寸劇などを披露された。
f0111128_15071617.jpg
引き続いて、会長の川端勇夫氏から開会のあいさつ。来賓の挨拶として山崎市長代理の山崎副市長、府中丹広域振興局長代理からご挨拶。私からもご挨拶をさせていただいた。
f0111128_15080117.jpg
一見的外れでもある「霞堤」の話をした。「台風16号によって宮崎県市川の被害が、最小限で済んだこと。「霞提」は武田信玄が戦国時代に甲府を流れる川に施工した築堤工法で、堤防で内に水を抑え込むのではなく、洪水時に水の逃げ道を作り水量調整する。自然の力を人間が完全に制圧することは困難。自然の力を上手に生かして自然と共に生きていくことが重要であること。明智光秀も同じ時期に由良川に「明智藪」を作り、川の流れを調整した。人間は川と共生してきた。本会の本来の目的は、川と共に生きること。益々の活躍を期待する。」と。
f0111128_15084980.jpg
大会後は、「コウノトリ野生復帰が目指すもの」と題してNPOコウノトリ湿原ネットの佐竹節夫さんが講演された。まさに人間が壊した自然をコウノトリのためにいかにして自然(湿原)を戻したのか。を話された。思いは私と同じような気がした。大会は午後4時前に終了

午後4時30分 自宅に。相撲観戦。豪栄道が14日目で優勝を決定。86年ぶりの大阪出身力士が優勝。おめでたいことだ。


[PR]

by ando-ayabe | 2016-09-24 14:36 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

議会改革は第2ステージへ!!議会運営委員会に期待する   

2016年 09月 23日

今日は、産業厚生環境委員会だったが、自宅で事務作業もあり、お昼前に、委員会の結果について議会事務局へ電話で確認。予定されていた議案の処理に加えて、請願に関しても全員一致で、採択されたとのこと。市民からの請願は議会にとっては重要な提案である。そして市民にとっても、議会や市政に物申すことのできる重要なアイテムとして請願・陳情がある。市民の直接の声を聴いて、議会としての意思を示す。今議会でも1件の請願あり。請願者が委員会に出席して、直接委員会で請願主旨の説明や採択を求めた。山梨学院大学教授の江藤俊昭先生の著書「議会改革の第2ステージ」でも請願や参考人等の召致など議会だからこそできる手法と書かれている。まさに綾部市議会では、請願提出者から、請願主旨の説明を求められた場合は、請願者からの説明を求めている。先進的なことをわが議会では取り組んでいると思う。
f0111128_14332789.jpg
左の本はNHKの宗教の本。これは私の趣味の宗教上の探究心から購入したもの。

午後1時 綾部警察署へ出かける。坂上署長さんにお出会いして議長再任のご挨拶を申し上げ、安積自治会連合会長さんから依頼を受けていた綾部駅前交番の移転についてご意見をお伺いする。
f0111128_15164477.jpg
午後2時 郵便局で、件の本代を郵便局から振り込み。2650円。価格は高いが、全て私や議会の滋養になるもの。安価と見なければ。市教育委員会事務局で年末に発表する市民合唱団に参加申し込みをして議会事務局へ。午前中の委員会の状況を職員から聞き、議長室で文書決裁をして退庁。
午後3時 四方府議の事務所を久し振りに訪問。
午後4時 キャベツとブロッコリーの野菜苗を購入し、家庭菜園へ出かけ、畝立て作業。ヒー疲れた。




[PR]

by ando-ayabe | 2016-09-23 23:57 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

シン・ゴジラを観る   

2016年 09月 22日

朝は曇りだった。今日は秋分の日。市内でもいろいろな行事が開催されたようだ。私は例年のろおり了圓寺平成28年度秋季彼岸法要に参列。午前10時お寺へ。

約80人ご参詣いただいている。先祖供養は日本仏教の根幹をなす。了圓寺では春・秋の彼岸会法要を厳修している。

今日も、司会進行をさせていただいた。直会はお昼過ぎから。当番町区の女性の皆さんの手作り料理。とても美味しかった。
f0111128_11241833.jpg
宴席で常敬上人や日喨上人から「新幹線のグリーン車両に備え付けてある冊子に綾部の観光のページが掲載されておりとても誇らしく1冊送ってもらった。」確かに特集記事が1ページある。京都府観光連盟がスポンサーのようだ。新幹線の座席前に入っている小冊子で、持ち帰り自由のものだがそこまで気にとめていただいておりうれしい。
午後1時過ぎ 雨がひどくなってきたので、家内を迎えに呼んで、村上総代を自宅までお送りして帰宅。スーツがひどく濡れてしまった。

午後1時40分 着替えて福知山へ向けて家内と出発。
午後2時10分 福知山の広小路にある映画館へ。「シンゴジラ」を観る。素晴らしい映像技術で、新しい「ゴジラ」の映画を見た。円谷プロが最初に制作したゴジラから何年たつのか?映像技術も飛躍的に進歩しており、臨場感あふれるものだった。首都東京が壊滅する様子は本当にリアルでCG技術の粋を集めた映像だった。ただ、俳優陣が会話する話が早口で、とてもついていけない。字幕もそんなに早く読めないし、どうも先日の娘の披露宴のDVDも字幕や映像が早く移り変わり、ついていけなかったが、これは歳なのだろうかと思いかけてきた。シンゴジラのストーリ展開の速さも付いていくのが必死で、少し目をそらしている間に展開も変わっており、家内ともども「歳やな~」と感動?嘆息?した。

午後5時 GUでパーカージャケットや長袖スウエットなどを購入しスシローをスマホ予約し、午後6時 あきんどで夕食の後帰宅。
 いくら映画の展開についていけなくてもネット社会にはついていかないと取り残されてしまう。GUはアプリ会員となっているし、スシロー(あきんど)だってスマホ予約もできる。歳はとっても時代の流れにはついていかないとダメだぞ~。と自戒。

午後7時30分 青野町公会堂で綾部混声合唱団の練習に参加。今夜は「川の流れのように」の練習が上手くいったようで後半は茶話会となった。午後9時帰宅。

[PR]

by ando-ayabe | 2016-09-22 23:23 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

総務教育建設委員会開催   

2016年 09月 21日

台風も過ぎ去って、少し雨が降り、台風一過とはならない天気だ。
午前9時30分 総務教育建設委員会(村上宣弘委員長)が開催された。議案は2件。
綾部市一般職員の給与に関する条例の一部改正と、動産の取得についての2議案で、最初に動産の取得についての説明と審議が始まった。
取得する動産は、消防団の積載車や消防ポンプ車で7台を一括で購入し、綾部市の大槻ポンプ工業㈱が落札した。仮契約額は44,546千円となっている。5社による見積もり入札で決定。
 いずれも20年をめどに更新する。又、団員の減少を見越して機動的な設備が整った消防車両を購入するとのこと。奥上林分団にはポンプ自動車1台の更新。小型動力ポンプ付き積載車は、1台が軽自動車、もう一台は普通トラックに積載する。上八田と金河内に配備。また、小型動力ポンプを積載する普通トラックを3台購入し、それぞれ、寺町・多田・小貝の各分団班に配備する。小型ポンプは配備済みなので、それらを積載する普通トラックを購入するもので、荷台から上げ下ろしする作業を軽減するため小型動力ポンプ積載装置が取り付けられている。その他小型動力ポンプ1台を上延町に配備する。
 質疑では、軽自動車の積載車の方が水利に近づけるのではないかとか分団の意向を聞いているかとか、質問が出された。

 引き続いて、綾部市一般職員の給与に関する条例の一部改正では、10月2日から改定される京都府の時間当たり最低賃金に関して、綾部市の臨時職員等の一日当たり賃金を7400円から8500円に改定するもの。時給時間換算では831円から851円に改めるもの。現在臨時的任用職員は40名おり10月分から賃金がUPするものと思われる。なお、嘱託職員は、現在222名とのことだった。一般職員と合わせると、500人以上職員が働いていることとなる。昔とは様変わりだな~。そうしないと地方財政が破たんするのだろうな~。
 質疑は午前中に終了し、合わせて採決も2議案とも原案通り可決した。
議会終了後、退庁し、源太郎新聞を配布したり日常活動を行った。

午後2時30分 先週行くことができなかった「綾部小学校遊びの城」のサポーターで参加。
午後5時 反省会も済ませ解散。皆さんサポーターの方々、私より高齢の方もいるけれど、本当によく参加してくださる。ありがたいことだ。

[PR]

by ando-ayabe | 2016-09-21 23:52 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

予算総括質疑での私の質問。   

2016年 09月 20日

20日の予算総括質疑では、次の質問を行った。

綾部駅前駐在所の場所について

 ・現在の場所は安全・安心の街づくりをするにしては見えにくい場所にある。抑止効果のある場所に移転するべきだと以前から提案しているが、安全・安心の街づくりを進める観点から設置者である京都府にも提案するべきではないか。

子どもの通学路の安全対策について

 ・見守り隊と民生児童委員、自治会長、PTAで夏休み中に綾部小学校の通学路点検を実施した。カーブミラーの必要な場所、市道の窪みや危険なガードレール等指摘された。府道では通学路を最優先して改善しているが、市道の改善の優先順位はどうか。
・交通安全灯(防犯灯)の集落間の整備に対する補助要綱の改善を提案したが、その後どうか?関係する自治会等の反応はどうか。

ふるさと教育の副読本に「綾部の偉人伝」制作しては

・波多野鶴吉翁や北海道に渡った田中敬造、九鬼家、お茶の上林家、大本教の出口直、ケーヨーの永井幸喜など綾部の立志伝中の偉人を、小学低学年に理解できるような偉人伝として制作してはどうか。
・綾部の昔話12話は各小学校でどのように活用されているのか?1年に1回は1年生に聞かせるなど活用されているのか。?

f0111128_11470359.jpg
       ビルに埋もれた綾部駅前派出所
 以上について質問をした。それぞれ前向きに答弁をいただいた。


[PR]

by ando-ayabe | 2016-09-20 23:59 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

台風16号 一過   

2016年 09月 20日

今朝は朝から、台風の動きに注意が必要な一日になりそうだ。
予算委員会総括質疑の日程になっており、課長クラス以上は、第1委員会室で、総括質疑に出席しなければならない。しかし、警報等が出れば、雨の量や風の勢いによっては、委員会を中止し、災害対策を優先させることとなっている。

午前8時 事務局次長から連絡が入り、8時30分から綾部市役所の部長会等で構成する警戒本部が開かれるので、議会として予算委員会を継続させるのか対応について相談を受け、午前9時から議会運営委員会を開くよう指示する。場合には、日程変更も含めて検討しなければならない。その場合には、本会議の必要があるのではないか。

午前9時 議会運営委員会を開催し、状況によっては質疑を打ち切ることも含め予定通り予算委員会を開催することを決定。

午前9時30分 予算委員会開会。災害対策の担当セクションの質疑を優先させ議会質疑から早期に解放できるよう配慮することにする。
 防災担当課や避難所設置担当の市民課。水防等関係する消防署など災害対応しなければならない担当への質疑を最優先する。
午前11時30分 警戒本部会議を開催するため、予算委員会を中断する。
午後1時 予算委員会を再開し、その他の質問も行う。
午後2時30分 再度予算委員会を休憩。市長以下災害警戒本部を開いて状況今後の対応を協議。
午後2時45分 予算委員会総括質疑を再度再開し最後まで質疑を終了させることに。
幸い台風16号は、被害も少なく一部地域に避難所を開設したのみで、午後6時ごろ避難所も閉鎖した。
 今回の議会での対応については、先例として記録に残しておかねばならないと思う。議会対応としては、議員の行動規範についての申し合わせを策定したが、議会自体の会議等の対応方法は特段の定めがない。

午後4時 帰宅

[PR]

by ando-ayabe | 2016-09-20 23:03 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)