あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

<   2015年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

11月28日(土)
午前8時起床 久しぶりの休日。家庭菜園で、白菜・カブラの収穫
午後1時 府議事務所へ。K美ちゃんの案内で、福知山市民病院へ。Yさんがご病気で入院されたのでお見舞いに。平成18年の選挙から地元でご支援いただいた。おばちゃんたちを集めて電話作戦をしてもらったり、自民党も支部党友を大勢集めていただいたり、行動的であっさりとしたYさん。早く良くなってくださいと励ましてきた。

その後、並松町や天神町などポスターを貼り、午後3時帰宅。

午後6時 家内に送ってもらって京綾部ホテルへ。
消防の分団長を経験したOBの皆さんや歴代消防長が参画された会。2年目となる今年、いよいよ装いも新たに再スタートする。名称は「綾部市消防纏会」。馬嶋消防団長が「纏会」の名称発表をまじえ開会のご挨拶。今年は、過去2年の水害の対応に対して優秀な活動をした本市消防団に対して総理大臣表彰や国土交通大臣表彰など3件もの大きな表彰を授賞した。そのお披露目もあった。又、歴史ある綾部市消防団旗も今回新調した。新たな団旗のもとでまた地域消防の皆さん頑張ってほしい。
f0111128_11390574.jpg
市長に続いてお祝いのご挨拶を申し上げた。「議会には今日も参加しておられるが、分団長経験の議員が4名おられる。私も分団本部長経験者。議会でも消防団員の報酬等待遇改善や、消防・防災資機材の整備、自主防災組織への育成など市長執行部に提案し市長も予算化していただいている。今後とも市民の安全安心のため更なる努力をするのでご支援をよろしく。」と挨拶。

その後、四方府議の乾杯の発声で宴席が始まる。各テーブルを回らせていただき、ご挨拶や懇談をさせていただいたりご意見を頂戴したり。

午後9時 会はお開きになり、家内に迎えに来てもらい帰宅。翌日のこともあり、お酒は控えめにした。

11月29日(日)
午前9時00分 西町の古くからの自民党員でご支援いただいていたおばあちゃんが亡くなられたとの連絡が武美さんから入る。

午前9時10分 中丹文化会館へ。京都府次世代等古典芸能普及促進公演平成27年度吟詠・剣詩舞道祭が中丹文化会館で開催された。京都府北部での開催は初めてとか。主催は、京都府詩吟連盟・京都府吟剣詩舞道総連盟。「吟と舞」と題して詩吟・剣舞等の大会が催された。
f0111128_11393779.jpg
議長にご出席のご案内を頂戴したので中丹文化会館へ。綾部市で吟詠の先生として大活躍されておられる大雅流家元田中頌風先生が大会委員長として開会の辞を述べられ会は始まった。
最初に22の吟詠各流派の皆さんによる合吟で始まり、幼・少年未来塾による吟・舞の披露、高等学校吟・舞に続いて、平成27年度吟士権者決定決勝戦(一般の部)が行われ、予選を勝ち抜いてこられた12名の方々が独吟を披露。昼食をはさんで午後は、指導者の部も決勝戦が行われた。
f0111128_11470008.jpg
未来塾の子どもたちの吟詠も素晴らしい発表で、文化の継承者として若い人を育てる大切さも理解できた。
f0111128_11471838.jpg
午前11時40分 いったん帰宅し、弔電依頼など用事を2件済ませ昼食を摂り再び中丹文化会館へ。
午後2時 中丹地域を題材にした構成吟舞「丹の国物語」。130名の皆さんが、吟と舞を披露された。壮麗で素晴らしい吟舞だった。京都府北部の詩歌や歴史を題材にした構成吟で、会場は満場の拍手だった。
f0111128_11474421.jpg
舞鶴の引上げ記念館をテーマに「異国の丘」の吟詠。続いて中丹・丹後にまつわる歴史上の人物・出来事を題材にした吟詠・詩舞。小式部内侍や和泉式部、小野小町、光厳天皇の和歌の吟詠。大江山酒呑童子や浦島太郎、天の羽衣伝説、安寿と厨子王、足利尊氏、明智光秀の本能寺の変、細川ガラシャなどの逸話や歴史物語を吟詠と詩舞で表現された。「壮麗」と言う言葉がふさわしい、構成吟舞だった。細川ガラシャの辞世の句を織り込んだ詩吟と舞は涙さえ出るほど感動した。
f0111128_11480024.jpg
吟・舞のすばらしさを堪能した一日だった。30年前に茶道の先生に神心流の詩吟の手ほどきをしてもらったことがある。3か月ほどして仕事が忙しくなり止めたがもう少し続ければよかった。惜しいことをした。べんせいしゅくしゅく~♪

午後4時帰宅。

午後5時 亀甲家へ。了圓寺役員世話方会の総会。資料配布から配席準備。
午後6時 開会。司会進行と議案の提案をして、全員了承を受ける。
午後6時30分 宴席。献杯の発声は世話方会長にお世話になった。
午後9時 カラオケを20曲以上皆で歌い、いつもの「星影のワルツ」を合唱してお開き。





[PR]
by ando-ayabe | 2015-11-29 23:22 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)
11月27日(金)
12月議会を目前に控え議会も少しづつにぎやかくなってきた。
午前7時30分見守り隊の仕事を済ませ、10時から行われる武内綾子さんの告別式への弔電メッセージをシティホールに届ける。
午前中、ブログをかいたり、一寸空豆の移殖,エンドウの播種もみ殻をタマネギになど作業。
f0111128_18040825.jpg
午後1時 八重乃さんのお宅へ。二婆さんとお話。
午後1時半 議会事務局へ。午後2時半からのプロフェッサー朝倉との意見交換会に向けた資料をコピー。2時前に準備完了。農業振興地域の見直しに向け状況を聞きに農林課へ。

午後2時20分 議長室にて朝倉康夫東京工業大学大学院教授と名刺交換。朝倉先生は、東工大理工学研究科土木工学科専攻の教授で59歳。綾部市延町の出身で、綾部高校を卒業後、京都大学で土木工学を学び工学博士を取得後、愛媛大学や神戸大学で教鞭をとられ、平成23年から東工大大学院教授として教鞭をとっておられる。
f0111128_18020895.jpg
25年くらい前、愛媛大学助教授の頃、綾部に帰ってきていただいて、市役所のフォーラム21という職員の自主研究グループと、商工会議所青年部との研修会の講師としてご指導いただいたことがある。地元に住む先生の同級生のAさんから議会と意見交換を希望されているとのご相談をお聞きし、各議員にご案内。午後2時半からまちづくりセンター第1会議室で意見交換会が開催できた。議員も道路交通政策にはそれぞれ悩みも意見もお餅で良い機会が設定できたと思う。
f0111128_18024365.jpg
私を含め12人の議員と関係部課長にご参加いただいて、約20人で意見交換会を開催することができた。
f0111128_18030456.jpg
各議員からは、広域的な道路政策から身近な市道の維持管理の手法まで、様々な質問事項が出された。朝倉先生からは、各議員職員が質問したり意見を述べた道路交通政策に関して
①京都縦貫自動車道開通によるクロスポイントをどう活用するかなど広域的な道路政策
②身近な生活道路(市道)の維持管理をどうするかなど身近な道路政策
③近畿縦貫新幹線問題や山陰本線の複線化などの移動手段としての広域交通政策
④あやバスやNPO法人の移送サービスなど身近な移動手段としての政策をどうするか。
⑤まちづくりと線引きなど都市計画とまちづくりの問題
など大きく5項目に大別し、それぞれ考えや今後の方策について披歴いただき、また、職員や議員からその方策に意見を述べるなど、充実した1時間30分であった。朝倉教授も地域の実情を聴くことができて良かったと感謝も述べていただいた。

とりわけ、身近な市道の維持管理が困難となる中で、維持管理に関する地域住民の協力に関しての仕組みづくりの必要性を先生が提案すると、職員からは、そのシステムが高齢化や過疎化で困難になりつつあると実情を説明。それが困難となっている現実の中では、すべての道路をメンテするのは困難として、上手に撤退していく手法の検討も必要ではないか。必要な市道路線を残し利用度の低い路線を廃線にすることも決断すべきではとの先生からのご提案もあった。その際には、何らかの迂回道路が確保されている場合との助言も。

また、新たな移送手段としてシエアリングと言う考えがあること。相乗りやバス輸送で、荷物も移送する宅配サービスとか。高齢化と過疎化が進む集落への移動手段の確保について意見交換できた。綾部市には、住民参加による福祉フロンティアの移送サービスがモデルだと評価も。ご自身の父上もご利用されているとのこと。綾部には素晴らしい市民の協同のまちづくりが育っている。

午後4時20分。意見交換会は終了。有意義な研修会だったと議員からは好評だった。

午後5時帰宅。夕食後午後7時30分に里町の中央公民館へ。市民合唱祭の練習。
午後9時終了。

[PR]
by ando-ayabe | 2015-11-27 23:24 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

社会の変化を読む

11月26日(木)
今朝は、ドタドタと気ぜわしい。前日に与党会派の平成28年度予算要望書を作成し議会にコピーしておいたから準備万全と言いたいところだが、議会へ着いたのは、
午前9時35分 12月議会で条例改正の提案をしてもらっている放課後学級の夏休み期間の預かりの制度化について、利用料に少し疑問点もあるので教育部長から説明を聞く。

午前10時 総合計画審査特別委員会(委員長:高倉武夫議員)の、第3回委員会が開催され、議長はメンバーではないが員外委員として出席。

今日は第3章「支え合い安心して暮らせるまちづくり」以降の章の説明を聞き、審議を終了させる予定で進行したが、様々な意見や質問が出され、第4章「豊かさとにぎわいを生み出すまちづくり」までの2章分の審議にとどまった。

2時間ですべて終わらせるのはさすがに無理だと思う。私も員外委員ながら、何点か質問や指摘をさせていただいた。
第3章では、高齢者の社会参加と健康づくりについて、高齢者のサロンへの支援体制とか老人クラブの減少と清山荘の利用増加との相関関係について。そして障害者とりわけ聴覚障害者へのサービス体制、手話通訳者の配置の問題など手話言語条例制定への研究など提案させていただいた。
また、第4章では、観光振興に関する項で、インバウンド(海外からの観光客誘客対策)について。雇用の増加について労働力不足と海外からの雇用の受け皿づくりについて。提案質問をした。

今後5年間の計画でもある。国の流れや社会の変化に対応した地域計画づくりが求められる。既にインバウンドなどは現実の問題だし、労働力不足が既に現実のものとなっている中で、将来を予測した対応の計画づくりは今だからこそ必要で、後追い計画にならないよう執行部に要請したい。

正午に終了。残りの章は12月17日に持ち越された。

昼食は若狭おたふくにてカレーライス。

午後1時 創政会・民政会・公明党の3会派による12月議会へ向けた勉強会。理事者側に説明を求めたり意見交換。ざっくばらんな話ができる。執行部は耳が痛いこともあろうし、議会は理想論ばかりを言っていると受け止められているかもしれないが、執行部とは異なる視点で提案もしている。お互い前向きな意見交換ができていると手前みそながら思う。

午後2時30分 3会派による平成28年度予算要望書の最終調整。
午後3時 一般質問の内容について意見交換。
午後4時 四方府議の事務所へ。先日の記念パーティの引き出物の「丹波栗とエダムチーズのタルト」を持参。この商品は、NIKKEIプラス1の特集記事「おとりよせスイーツ」で全国第6位に選ばれた秀逸のチーズタルト。入れ替わり立ち替わり事務所に来る客が「絶品」と賞味し、あっという間に平らげたそうな。熊ちゃんと英語圏との国際交流について色々ご意見を頂戴する。発想がフレキシブルで思わぬ気付きを頂戴できる。

午後5時半 政経懇談会のチケット販売に市内を回る。三婆さんのところにも持っていく。八重乃ちゃんから奈良の柿を頂戴する。本場の柿はやはり違う。夕食の海藻サラダに乗っていた。

午後7時 市役所の税務課で若い頃お世話になった旧姓志賀綾子さん。結婚されて武内綾子さんになられたが、88歳で亡くなられたと了圓寺住職から電話が入る。了圓寺の檀家さんでもあった。いつも親切に明るく仕事を教えていただいた。退職されてからも2度ほどお伺いしたことがある。最近はお顔を見なかったが。お悔やみのメッセージを制作。

午後8時 綾部混声合唱団の練習に参加。








[PR]
by ando-ayabe | 2015-11-26 23:47 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

ある商人の道出版記念式

11月25日(水)
朝から子どもの見送りに出ていると、前夜の安全安心のまちづくりの話を思い出し、「そうだ、大きな声で、お早うっと声掛けしてやろう」と朝からテンションを上げて見送った。とにかく大人の声掛けが子どもたちの気づきの一つになればよい。

午前10時半 福知山に向けて出発。
午前11時  福知山サンホテルにて村上商事の現社長、先代社長の石油販売の始めから今日までの活動を記した「ある商人(あきんど)の道」が刊行されたことを記念して出版記念式典が催され出席。

現村上俊英社長とは30年来のお付き合い。市役所の互助組織『綾部市職員共済組合』の担当者だったころから特約店として、よく職場にお越しになり、組合員である職員の福利厚生事業の提案をしていただいた。「どてらい市」を福知山で主催されており、当時から先進的なことをされる馬力のある営業(当時)だな~と感心したものだ。それ以来色々な提案を行政にもしていただいた。LPガス組合の代表者としても行政にご寄附をいただいたり、災害時応援協定なども締結いただいたり様々な社会貢献事業をされてきた。

朝出かけるときに携帯を忘れて写真が撮れなかったが、関係業界、取引先の皆さんも参加してにぎやかで盛大な出版記念式だった。
f0111128_09302471.jpg
丁度、今日は、宮代町の村上商事綾部インターセルフSSの改装オープンの日でもある。昨今ガソリンスタンドは、多くの店が、地中タンクの耐用年数超過で取り換えをしなければならない時期に来ている。多くの店舗が中小の経営で、この機会に閉店する店もある。そんな中で、1億円以上の再投資をして店舗を改装オープンしてもらった。経済産業省からの支援が残念ながら得られなかったにもかかわらず「綾部情報発信館」というネーミングまでしてもらってオープンできた。店舗にはコインランドリーも併設され、綾部の情報誌や特産物の情報発信基地としての店構えもしてもらっている。フリーペーパー「ハンケイ5kmVOL.7号」も今日発行。今号はあやべ特集で、編集には少しだけ協力させていただいた。あやべ特産館や綾部の飲食店特集も掲載されている。民間企業でここまで地域の情報を協賛し提供してくれる店は少ない。

午後0時30分 午後の約束をしていたので、式典のみ出席し退席。途中すき家で昼食を摂り、綾部にUターン。
午後1時30分 議会へ戻って総務部長からの協議依頼の対応。
午後2時 政経懇談会チケットの追加をもらおうと府議の事務所へ行くが留守。
本屋へ立ち寄って午後3時帰宅。午後3時半 来客対応

午後6時半 友人と夕食を共にする。




[PR]
by ando-ayabe | 2015-11-25 23:55 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)
午前9時 議会事務局へ。今日からいよいよ12月議会へ向けて最終週。

午前9時30分 議会運営委員会が開会。市長他執行部から12月議会への提出議案の趣旨説明。の後、会期日程の決定。提出議案の委員会への振り分け協議。午前10時半には委員会は終了。

午前10時 午後の全員協議会の振興について事務局からレクチャーを受け了解。
その後、庁内農林課へ出向き、依頼を受けていた事項を相談し、午前11時一旦帰宅。
昼まで創政会・民政会等の各議員から地域の要望事項についてペーパーで提出を受け、平成28年度予算要望事項の整理をする。

昼食後、再び議会へ。
午後1時30分 議会全員協議会。午前中の議会運営委員会の議員以外の議員にも、執行部からの提出議案について説明を受ける。その他、議会内の協議事項について事務局から説明。了承を受ける。会議は30分ほどで終了。

午後2時30分 森林組合へ。政経懇談会のチケットについて協力を要請。
午後3時 四方府議の事務所へ。政経懇談会のチケット販売の状況を聞き午後4時帰宅
午前中の事務作業を処理

午後6時 ITビルへ。「第11回安全・安心のまちづくり綾部市民大会」に出席。
安全安心のまちづくり推進協議会会長の山崎市長から第2回交通安全啓発ポスターコンクールの優秀作品の受賞者に表彰状を授与
f0111128_10101485.jpg
最優秀は豊里小学校4年生の尾松紗奈さん

次に、市長挨拶来賓紹介の後、講演に移り、子育てアドバイザーの幸島美智子さんから「子どもをいじめや犯罪の被害者・加害者にしないために~家庭・地域で考える~」と題して1時間講演を聴く。

元警察官と言うだけあってしっかりと子育てしておられた。規律正しい生活こそが重要だと改めて感心する。いじめをする子どもの家庭のほとんどは、ネグレクトか過干渉の家庭だとの分析結果を報告された。 加害児童を過保護しすぎるマスコミの報道はおかしい。真実が覆い隠されてしまい。解決への糸口すらつかめない興味本位の報道が多すぎる。被害者の救済だけでは問題は解決しないと。虐待には身体的虐待、ネグレクト、性的虐待、心理的虐待があり、最近言葉の暴力も虐待件数に加わった。子どもの前で、親同士が喧嘩し、言葉や身体的暴力を使うのも子どもの心に大きなプレッシャーを与えている。面前DVと言うらしい。この子どもへの家庭でのプレッシャーのはけ口が学校でのいじめなどにつながっている。と指摘。

ネット・ケータイの問題点と対応についても話された。犯罪被害の以外の問題点として、ネット・ケータイは依存症による生活習慣の乱れや集中力の低下による学力低下。コミュニケーション力の低下を招く。又ながら携帯で事故発生も。5時間以上ケータイに触っている人は完全な依存症。

スマホの前に本を読ませること。スマホゲームはダメ。綾部の小学校での読書活動は重要な教育だと評価された。スマホリスクをもっと大人が理解しなければならないと訴えられた。

子育てについて、子育てのために警察官を辞めて、10年間子育てをしたと。子育ては10年間はしっかりと親が見る覚悟をしなければならない。規範意識や自己肯定の育み方が大切。「ありがとう」の言葉は大切だ。と。大人に対しては30歳以上は一人前で親と同居しているのではなく一人で自活していくように親が突き放さねばならない。と

岩手弁?福田こうへいさん(南部蝉しぐれ)と同じような喋り口調で、好感が持てる先生だった。






[PR]
by ando-ayabe | 2015-11-24 09:35 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

電子レンジ

11月23日(月)
 金曜日から日曜日まで特に公務もなく家族サービスに徹する。ビルトインの電子レンジが20年を経て、とうとう交換部品もなくなり修理不能となったので2万円以下の簡単・単純な電子レンジを購入。歳をとってくると電子レンジの活用方法は「解凍」か「温め」くらいで十分。高度な調理ができる電子レンジが最近あるが、操作が複雑だったりそんな複雑な料理もできない。
f0111128_09330139.jpg
 月曜日は、午前11時から味方町自治会主催の敬老会にお招きいただき、四方諭自治会長様をはじめ皆様とゆっくり懇談をさせていただいた。
f0111128_09322941.jpg
 四方府議も山崎市長も参加され約100人の皆さんが参加しておられ盛大な敬老会だった。
f0111128_09324635.jpg
 四方諭自治会長の率先してのサービスに感激。
 昼からお酒をいただいたので、午後2時まで四方府議の事務所で色々懇談させてもらい、その後、帰宅。午後4時頃から家庭菜園で一寸空豆の畝つくりをする。



[PR]
by ando-ayabe | 2015-11-23 23:56 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)
11月17日(火)
午前9時40分 中神宮寺の千手院へ。綾部地区の慰霊塔があり慰霊塔奉賛会の主催(自治会連合会+綾部地区遺族会)で70年の記念の慰霊祭が行われ、市長・府議・綾部地区市議と共に、出席した。
f0111128_22343770.jpg
日露戦争で亡くなった安藤家の祖先も慰霊塔に祀ってあると遺族会の中山さんから以前お聞きしたことがあるので思い入れはある。
 遺族会も高齢化をして、自治会連合会も協力いただいている。何とか行政でこの慰霊塔(忠魂碑)を管理してほしいとの思いがあり遺族会会長からご挨拶でお話があった。
 しかし、宗教的色彩のある施設を行政が管理するについては議論があるのではないだろうか。公園管理の一環でなら、なんとかなるかもしれないが、建立されている場所は千手院の敷地内にある。分解して紫水ヶ丘公園か南ヶ丘公園にでも移設するならどうか。その際は経費負担を誰が持つのかと言うことも考えねばなるまい。他の地区では、小学校の運動場に建立されているところもある。
f0111128_22404581.jpg
管理が困難になる中で早い機会に解決策を検討しないとならないかもしれない。

午後1時 ITビルへ。日本会議の会議に出席。11月10日に日本武道館で開催された「今こそ憲法改正を1万人大会」の報告をお聞きする。相根議員と種清議員と出席。

 綾部市議会では、昨年9月議会で「早期に国会で憲法を改正する議論を進めることを求める意見書」を採択した。全国的にも市町村で議決したのは早い方で、都道府県で66%の議会が意見書を国にあげているが市町村は進んでいない。日本会議では2月11日の建国記念日にケント・ギルバート氏を講師として建国記念集会を開催されるようだ。

午後6時30分 ほろ苦くラブへ3か月ぶりに参加する。皆さんとコップを傾けながら色々と意見交換をする。安全保障法案で議論をした。

11月18日(水)
久しぶりに見守り隊へ参加。今日は全市一斉声掛けの日。今日だけではなく日常の行動が大事。
午前9時20分 綾小フェスティバル(パート2)に参加。
日ごろの綾小児童の音楽活動を保護者や地域の方々に観ていただき綾部小学校の教育活動を理解していただくこと。そして、綾小の特徴的な取り組みを紹介することを目的に開催された。
 綾部小学校第1体育室にはたくさんの保護者、PTA、地域の方々が来場。各学年の合唱や合奏、音楽劇を発表。それぞれ学年ごとに素晴らしい発表ができた。
f0111128_23110716.jpg
 ご来場されていた男性の民生委員さんが「男は仕事、仕事で、自分の子どもの発表会も見てやることができなかった。今日は来てよかった。」と話されていた。孫の発表を一目見ようとおじいさんやおばあさんもたくさん来場されていた。確かに私も子どもの運動会には参加したが発表会は仕事で見ることができずじまいだった。
f0111128_23112271.jpg
午前11時過ぎまで各学年の発表は本当に素晴らしいものだった。児童の成長に応じた発表だったが、完成度が素晴らしい。先生のご努力に敬意を表したい。もっとたくさんの保護者や地域の人々に観て欲しかった。加えて、綾部小学校の体育館は照明も暗く、とても音楽発表に適当な施設とは言えない。いずれ、せめて体育館だけでも建て替えてやってほしい。子どもには素晴らしい環境で教育を受けさせてやることが必要だ。将来を担う子どもたちをしっかりと育てよう。

11時30分 議会へ立ち寄り、自宅へ。昼食を摂る。

午後2時15分議会へ戻る。

午後2時30分 神奈川県伊勢原市議会・創政会(越水清議長他)の皆さんが「綾部市の空き家・定住対策」について視察にお越しになり歓迎のご挨拶を申し上げる。
 その後の公務もなかったので、最後まで研修のお付き合いをする。空き家・定住施策だけでなく、教育行政や都市計画逆線引きなどその他の行政施策についても質問があり定住課長の吉田課長と共にお答えする。
f0111128_23114762.jpg
午後4時半 議員さんの研修が終了したので記念写真を撮りお別れする。皆さん自民党の議員さんばかりで、かの地は、義家衆議院議員の選挙区だとか。綾部にお泊りになるとのこと。ありがとうございます。

午後5時 帰宅









[PR]
by ando-ayabe | 2015-11-18 23:12 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)
11月16日(月)
午前9時半 議会へ。自民党の政治経済懇談会のチケットを党籍を持つ議員に配布。各10枚の販売ノルマ。
午前10時 条例で定める議決案件の一つ、綾部市総合計画を審議するため9月議会で「綾部市総合計画審査特別委員会」を設立し、高倉武夫議員に委員長に就任いただいたが、いよいよ「後期5か年基本計画」に関して議会の特別委員会で審議が始まった。

議長は、員外委員として委員会に出席。昼までかかって基本計画の総論から第1章・第2章まで審議された。

午前11時30分 審議の途中だったが、早い昼食をとり鍛冶屋町へ。島根県奥出雲町議会8岩田明人議長)から総務文教常任委員会(塔村俊介委員長)の皆さんが「小学校の廃校利用に関して調査」のため里山ネットを視察に来られた。奥出雲町では、人口1万4千人の町に11校の小学校があるという。多分広域合併の関係かな?綾部市は、かつて13小学校あったが、現在は10小学校に統合した。廃校した一つの豊里西小学校の利活用について調査に来られた。歓迎のご挨拶と綾部の街の歴史や現状を説明。

綾部市はいずれの小学校に関しても、地域の拠点だった小学校をつぶしてしまうのではなく、大いに利活用している。奥上林小学校は、消防団分団本部の集会所や、教室を貸し出して芸術家のアトリエになったり、口上林小学校は、黒谷和紙工芸の郷として、黒谷和紙の工房にや郷土資料館になっている。かつては地域の拠点だった。地域のアイデンティティを消し去るのは、地域の元気を維持するためにも大切なこと。

今日は視察が2件あり広島県安芸郡熊野町議会の対応を副議長にお願いした。

午後1時前に議会へ戻る。午後2時まで、上水道料金に関して勉強会。午後2時からは、要望書作成に向けた説明。

午後3時 商工会議所へ。井上専務に面会。「下町ロケット2」の本をお持ちしたり、意見交換。稲田朋美さんの講演会のチケットの協力をお願いした。

午後4時 帰宅。

午後7時30分 青野町合唱団「ブルーフィールド」の市民合唱祭へ向けた練習。いよいよ盛り上がってきた。なかなか良いグループだ。今後とも続いていくことを期待している。

午後9時練習を終え帰宅。






[PR]
by ando-ayabe | 2015-11-16 23:27 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

京都綾部会総会に出席

11月14日(土)
午前9時半 亡き母の妹さんの嫁ぎ先福知山市報恩寺へ。叔母さんの5年祭に参列。仏教でいうところの7回忌かな?

午後3時半 従妹の奥さんに送っていただいて帰宅。アルコールを飲みすぎた。

11月15日(日)
午前8時30分 公用車で京都へ。綾部市には素晴らしい人たちがいる。愛郷の思いをもって日本各地で活躍する綾部人だ。今日は1年ぶりの「京都綾部会」京都に在住されている綾部市出身者で組織されている。入会者は400人以上だが、今日は100人がリーガロイヤルホテルに集合されて旧交を温められた。
f0111128_11263986.jpg
山崎市長をはじめ、四方八洲男前市長、東京綾部会の四方洋会長、滋賀綾部会の吉田会長。京都市議会副議長の大道義知さん(綾部出身)など来賓の方々も出席されにぎやかで楽しい笑いのある総会だった。京都綾部会の会長のGSユアサ元会長の村上晨一郎さんの開会のあいさつに続いて、山崎市長の綾部市の近況報告。四方八洲男さんの大相撲京都場所の御礼報告などがあり、京都綾部会で企画され若宮酒造が製造された「あやべ会」と言う銘柄の日本酒で乾杯。
f0111128_11270153.jpg
 このたび京都中央信用金庫の理事長に就任された河北ブロックの白波瀬誠さんをはじめ京都新聞の社主の黒田さんとも名刺交換させていただき、沢山の方々と知り合いになれた。それぞれ綾部を思いながら、京都の各方面で活躍されている方々ばかりだった。

午後2時 四方洋さんの締めで閉会。郡是製糸を朝ドラにしようと皆さん意気揚々だった。

公用車で、市長と綾部へ。
午後3時30分 帰着








[PR]
by ando-ayabe | 2015-11-15 22:34 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

中国常熟市訪日団歓迎

11月11日(水) 
前日、谷垣幹事長の公設秘書の小澤さんにお願いしていたが、午前中電話連絡が入り、ついに日程が確定。
自由民主党綾部支部で隔年実施している「政治経済懇談会」は今回が5回目となる。5回目の本年度は今や日本のサッチャー女史かと思うようなしっかりとした信念と理論の女性政治家。自由民主党政調会長稲田朋美代議士を綾部に迎え、講演会が実現した。

 多忙な政調会長のことで、なかなか日程が確定しなかったが、ようやく決定。12月19日(土)午後0時30分から京綾部ホテルで開催されることとなった。前半は稲田代議士の講演。その後、少し遅い昼食会。午後4時終了予定。会費は1万円。ホテルの昼食や稲田先生との記念写真も予定している。是非日本の今の流れをじっくりと聞いていただきたいと思う。
f0111128_00261585.jpg
 稲田朋美氏は福井県生まれで、小学校4年生の頃、お父さんの仕事(学校の先生)の関係で福知山市の小学校に在校されていたようだ。その後、京都府の高校へ進み、早稲田大学から弁護士となり、東京裁判史観の研究で安倍総理に見込まれ、福井1区から衆議院議員選挙に出馬され平成17年に初当選。その後、内閣特命担当大臣に就任。現在自民党三役(政調会長)安倍総理、谷垣幹事長の片腕として活躍されている。
 テレビでも、先日の休会中に開催された衆議院予算委員会のトップバッターで質問されていた。

 チケットは、自民党綾部支部に電話いただければ入手できます。安保法制の必要性。今、尖閣や南沙諸島で起こっていること、日韓日中関係など判りやすく情勢報告してもらえます。

 午前中、府議や自民党事務所と詳細日程の詰めをメールで調整。
午後3時頃から日暮れまで、来年の参議院議員選挙のポスター貼付作業。綾部旧町区に30枚を張る。日が暮れたので、今日のところは中断。
f0111128_00265510.jpg
午後7時半 了圓寺の役員会。平成28年度事業計画について青年部、婦人部三役さんと世話役三役、総代、住職さんらと日程調整。
午後9時帰宅。

11月12日(木)
午前中は、家庭菜園で、赤タマネギ50本の植え付けなど。11時半に帰宅。午後の視察に備え着替え。

午後1時 一旦市役所へ出向いたが、連携不足で無駄足。もう少し報・連・相の必要ありか。結局帰宅し、夕方まで要望書書類作成。夕方 ウオーキング。由良川花庭園に「皇帝ダリア」が咲いていた。
f0111128_00272048.jpg
午後7時30分 綾部混声合唱団の練習に。

11月13日(金)
午前8時30分 議会事務局へ。
午前9時 市長応接室にて、中国常熟市訪日団の歓迎会に出席。中国人民政治協商会議江蘇省常熟市委員会の江振球副主席を団長とする常熟市友好訪日団が綾部市を訪問。名刺交換。

終日綾部市を視察された。
午前10時 府議の事務所へ。要望書案や北陸新幹線の意見書の件などを府議に渡し修正を依頼。12月19日開催の政経懇談会のチケットやチラシの仕分け作業。

午後1時 議会事務局へ。舞鶴市議会の桐野議長さんと高橋秀策議員が「北陸新幹線の京都府北部ルート」の件で協議申し入れがあり、吉崎副議長・相根総務教育建設委員長で対応。意見交換。

午後2時半 副議長、相根議員と要望書について事前説明。作成した案文を、今後議員間で議論し成案を作っていく。

午後3時 政治経済懇談会のチケット協力依頼に不動産会社や建設業協会へ。皆さん快く協力してくださる。安倍政権の安定性が浸透している。

午後5時 帰宅

午後6時 京綾部ホテルへ。日中友好協会の松本会長さんや市長、担当部長と訪日団の皆さんの歓迎の夕べ。人口100万の大都市で経済発展の著しい常熟市の副議長にあたる方々との夕食会。カンペ―で、杯を重ねる。

午後8時半 帰宅。








[PR]
by ando-ayabe | 2015-11-13 23:32 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)