<   2015年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

綾部 蝉しぐれ

先日、並松町の熊野神社での水無月大祭の祭礼中、神社の巨木で、蝉がジンジンと鳴いていた。そう。蝉の声に気がいくことって、あまりないよな~なんて、改めて、蝉の鳴き声を右耳で聴いて、左の耳で、宮司の祝詞を聞いていたな~。

そこで一句作ったら、また家内に季語が二つも入っていると馬鹿にされた。

夏越祭 鎮守の森の 蝉しぐれ

まんまや。

29日は、子ども未来議会の翌日。
午前9時 家庭菜園で鳥獣に平らげられたトウモロコシの畝を整理に。暑い。作業途中で、このまま続けると、熱中症になるのではないかと不安になり止めて帰宅。
午前11時半 舞鶴へ。八千代館で、「HERO」全然面白くなかった。もう二番・三番煎じは通用しないで。
午後2時半帰宅 昼食 自室で公民館だよりminiの作成着手。

30日 午前9時 近所の歯科医へ。早速に詰め物を調製してくれて、食事しやすくなった。
午前10時 議会へ。子ども未来議会後の状況を聞いたり、議会だよりのことで相談したり、書類決裁をして、退庁
午前11時 市内の書店で本を3冊購入。31日からNHKで始まる「一路」と、8月8日封切りの「日本の一番長い日」の小説を購入。「民王」は、池井戸潤の作品でいつだったか購入。テレビ朝日系で24日からドラマが始まったが結構な視聴率だとか。関西は残念ながら「探偵ナイトスクープ」の番組時間帯なので放送されていない。
f0111128_09492121.jpg
麻生総理の頃をモチーフにした結構ありそうでないお話。読了したが、まあまあというところ。ノジュールは、年間購読もの。JTBが50歳からの一人or二人旅用の月刊誌。暇になったら行きたいな~。青春21切符使って。8月号は、美術館特集で、全国の美術館が紹介されていた。京都には京都市美術館で5月に東京で開催していた「ルーブル美術館展」が開催されている。また、京都市美術館の向かいにある京都国立近代美術館では、「北大路魯山人の食器展」七条通りの国立京都資料館でも日本に伝わる国宝重文の「仏典」の展示会など、夏の京都にはいろいろな楽しみがある。8日から10日までは五条坂で陶器市もある。京都縦貫自動車道を使ってお盆休みに行こうと思う。

午後半日かかって 公民館だよりmini60号の表面を制作完了。女性部の井関さんや事務局の能勢さんにお話を聞いて記事にする。公務等があり行事に参加できず取材に行けないので、出席された責任者から話を聞いて紙面を制作することにしている。

夕方涼しくなって、畑に出かけ、前日途中で放棄した夏野菜の片付けをしたり、草刈機で雑草を刈ったり。結構作業はかどる。午後6時半までみっちりと作業できた。

午後7時半。綾部混声合唱団へ練習に。


[PR]

by ando-ayabe | 2015-07-30 23:23 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

綾部市議会開設65周年記念「綾部っ子未来を語る議会」大成功

7月28日(火)
今日は、市議会にとって大変重要な一日でもある。
午前9時 議会事務局へ。「綾部っ子 未来を語る議会」の開催の最終準備をチェック。
午前9時半 近くにある並松町の熊野神社の「水無月大祭」に出席する。私も氏子で、どちらかといえば、接待方が本来かもしれないが、今年の当番町区は新宮町の氏子の皆さんなのでお許しいただいた。

11時に祭礼は終了。祭礼後のご挨拶で出口宮司から「この熊野神社は、平安時代に平重盛候の勧請により熊野大社から分霊したのが始まりで、江戸時代になって熊野速玉大社の別当であった九鬼隆都候が綾部を領した時に、本宮山の南東にあった社を並松町の現在地(現市民センター地)に遷宮し、その後、市民センター建設のため隣接地へ移転。今日に至っている。綾部市には、本宮町・新宮町などの地名がある。また正暦寺は奈良時代以前の創建だが山号は「那智山正暦寺」熊野神社にまつわる地名などがあり歴史を感じずにはいられない。」とお話された。

市役所へ戻る途中、松竹散髪屋で散髪。髪が少ないので30分で終了。12時前に議会へ。昼食を食堂でとり、午後1時半から「綾部市議会開設65周年記念 綾部っ子 未来を語る議会」の開催。続々と保護者や子どもたちが集合。保護者や一般市民など来場者は95人を数え、大盛況。内容もとても素晴らしいもので、市議会議員をはじめ大人たちは感動・感激の議会となった。

子どもたちの綾部の未来にかける思いはすごいものがあり、大人である私たちがしっかりと子供たちの思いを実現していかねばならないと決意を新たにした議会だった。

市制施行45年以来の20年ぶりの「子ども議会」で、20年前は、綾部市・議会・教育委員会の三者の共催だったが、今回は綾部市議会が主催。実施に至るまで紆余曲折があったが、教育委員会や各学校長の最大の協力により開催できた。

市議会では、5年前の議会開設60周年記念事業として「綾部市議会基本条例」を制定した。その後、毎年議会報告会を繰り返し、市民の声を直接お聞きして市民本位の市政実現のために取り組んでいる。今後とも、節目の事業を取り組みたい。

午後4時 各小学校の児童生徒を見送り議会運営委員の皆さんや議員の皆さん、議会事務局の皆さんにお礼を申し上げ解散。その後、体育協会と自治会連合会公民館へ書類を取りに行き、
午後5時帰宅。










[PR]

by ando-ayabe | 2015-07-28 23:29 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

KTR利用促進協議会監査

7月27日(月)
いよいよ7月も最終の週。暑さもピークを迎える。
午前9時半 議会事務局へ。土曜日の公務の領収書などを事務局へ渡したり火曜日の記念事業の最終の詰めをしておく。

午前10時 宮津市の職員さんが来訪。平成3年JRから切り離された宮福線・宮津線の沿線自治体並びに府北部地域の自治体や議会・関係商工会議所・観光協会そして京都府で、KTR株式会社で運行開始。日本最大の赤字3セク会社。関係団体で北近畿タンゴ鉄道利用促進協議会を組織しているが、その監事として綾部市議会議長が充て職となっているようで、平成26年度の利用促進協議会の会計監査をしてほしいと来訪された。

平成26年度の事業報告をお聞きし、更に開会決算書を帳票や書類で監査した。監査内容とは異なるが、来る8月6日に開催される総会で、「京都丹後鉄道利用促進協議会」に改称されるそうだ。平成26年度は、運営主体がウイラージャパンに替わったり、くろまつ号・あかまつ号などが運行したりと新たな取り組みの1年だった。沿線自治体は、貴重な地域交通の要であり、引き続き、利用促進事業を進めておられる。特に京都縦貫自動車道の完全開通で、鉄道離れが心配される中、府北部のインフラである美しい自然や美味しい地元食材を生かした観光的視点での取り組みが期待される。27年度も地域住民がまづ主体的に利用促進を図ることが重要で、各自治体が主体的な取り組みも必要。

監査の最後に、先ほど工業団地振興センターで開催された大槻悟さんのミニ鉄道モデルの会が掲載された市民新聞を渡し、このような方も綾部にはおられるので、利用促進イベントの際に協力してもらえばどうかと提案しておいた。

午後1時半 先週の続きの議会だより編集委員会を再開。印刷業者から、ゲラがまだ届いておらず開会を少し遅らせた。

午後4時 一応のゲラチェックができた。まだ届いていないゲラもあるが致し方が無い。委託料も増額し新しい紙面を作ろうとしている矢先こんなトラブルも。費用対効果の成果が出るのか?請負出来ないのなら受託しなければよいと思うが。

帰宅後すぐに喪服に着替えて、斎場へ お寺の檀家さんで東八田の方が亡くなられたので、通夜に参列。




[PR]

by ando-ayabe | 2015-07-27 23:27 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

京都縦貫自動車道の全線開通を祝う集い

7月25日(土)
今日は綾部の街にとってお正月・お盆以上に人が増える大イベント「あやべ水無月祭」が開催される。由良川河畔で約1万発の大花火大会や市民参加のよさこい踊りが小さな町をにぎわせる。

花火は午後8時から、綾部の美しい夜空を焦がすほどの光の大絵巻を繰り広げる。我が家は由良川河畔にあって花火見物の絶好の場所。花火見物に家内の実家から姪の家族や義母が連れだって来訪する。毎年恒例の行事。

今年もいつも通り沢山の来客が予想されるが、朝から京都出張。
午前9時半 綾部駅へ。京都グランビアホテルで開催される「京都縦貫自動車道の全線開通を祝う集い」が開催される。9時58分発の特急で京都へ。綾部駅で同級生の青松君にバッタリ。聞けば、建設業協会長として同じ会合に出席とか。列車中ずっと近況を交わす。11時06分京都着。受付は11時30分からで、開会が12時から。こんな時特急列車しかない北部地域は何かと不便である。1時間程度の時間は納得するが、30分間隔で運行される快速電車でもあれば便利なのだが。試験運転でもしてほしいものだ。そうすれば、もっとJR利用者も増えるのではないかとさえ思う。
f0111128_13301097.jpg
正午 集いが始まる。ご案内は国会議員・府議会議員・各市議会議長・市町村長・市町村議会議長・府の関係職員・NEXKO社員・国土交通省近畿地建・府下商工会議所会頭・府下建設業協会長・府道路公社OBなど用地取得から工事完成まで様々にかかわられた方々など約300人。呼びかけ人は、谷垣禎一代議士、野中広務元代議士、荒巻禎一元府知事、立石京都商議所会頭、山田啓二京都府知事。
 開会挨拶は谷垣代議士と立石京都商工会議所会頭、山田知事。工事経過報告を京都府東川道路交通対策部長が。乾杯の音頭は、野中広務氏、いずれの皆さんも、林田知事の時にこの事業が始まり、34年の歳月を要して完成した。先人の林田知事を称え、これからの府北部の発展を期待したいと挨拶された。綾部人としてはふるさとの偉人林田悠紀夫氏が評価されたことを誇りに思う。
 京都縦貫自動車道は、総延長100km。地域の観光や産業活性化に大きな影響を及ぼすだろう。今日の会合に舞鶴から公用車で京都縦貫道を使って会場へお越しの議長さんにお聞きすると、自宅(西舞鶴)から1時間20分で到着できたと。京都駅まで行くには、従来だったら、2時間半は最低かかっていただろうからほぼ時間距離は2分の1になっていると思う。

 北部5市の市議会議長でそろって「呼びかけ人」の皆さんにお礼のご挨拶に出向く。山田知事、谷垣代議士、野中さん、荒巻さん、そして森近畿地方整備局長に。パーティは午後2時にお開き。午後2時25分発の特急まいづるでUターン。帰りも車中は青ちゃんと一緒によもやま話を。

午後3時40分着 帰宅すると、娘と彼氏が伴って花火見物に帰省していたので、一緒に夜のBBQの準備をする。
f0111128_14010087.jpg
午後5時半 多くの親戚が来訪。若い姪っ子の旦那さん達が火おこしや材料を焼いたり支度をしてくれて、館の主は楽ちん。楽しく花火大会を楽しめた。
f0111128_14013257.jpg
午後10時 台風一過 また2人に戻って静かになった。

[PR]

by ando-ayabe | 2015-07-25 23:50 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

チキショーも2度まで

7月24日(金)
いよいよ、肌にまとわりつくような暑い夏が始まったのかな~。朝から強い日差しが南向きの居間に刺すように照り込んでいる。保水力の無くなった頭皮から汗が流れおちてくる。もう顔も、頭も、腕も汗がしたたり落ちるような感じにとらわれている。

午前9時 議会事務局へ。自家用車の助手席の窓を少しだけ開けておいて車から出る。
 朝から、6月議会の議会だよりの編集委員会。編集委員となっている議員の皆さんも三々五々議長の部屋へ参集するが第一声は「暑いな~」。

午前9時半 定刻より少し早めに会議を開会。今回の議会だよりから、紙面のレイアウトを外部委託することにした。これまでは、経費節減もあってか、議会事務局の職員が、エクセル使って紙面を編集していた。今時、エクセル使って冊子を作っているセクションがあるのが市役所。かつての私もそうだった。市役所を辞めて民間の風を吸うと、イラストレーターとかいう編集ソフトがあることを知った。(いやむしろ役所の人でも、進歩に敏感な職員は、イラストレーターと言う編集ソフトの存在は承知のことだろうけれど)

話を戻す。とにかく今回、新年度予算で、編集も印刷屋さんに委託することにした。その方が、議会事務局の職員の人件費と経済比較したら比較にならないくらい安価で制作できる。

今朝出来上がったゲラを見て、やっぱりこぎれいなセンスで新議会だよりが仕上がっていた。
これまでの、長年職員が手作りと言っていいほどに苦労して編集していたのが、うそのようにスマートで読みやすい紙面になった。

で、出来上がったゲラを編集委員が読み合わせしながら表現方法や誤字、等をチェックする作業を今朝始めた。まだ最新号なので、色々不備はあってあと2回くらい編集会議をしないと印刷にはならないだろうけど。

午前9時45分。1ページのゲラチェックが済んだところで、委員会の進行を議会事務局に任せて途中退席をして綾部天満宮の天神祭りの祭礼に参列する。これも議長公務。市長代理で副市長が出席していたが、府議も出席し、暑い日差しの中、午前10時から、毎年恒例の天神祭り祭礼が奈島宮司の下で執り行われた。参列者それぞれ、玉串奉奠をして祈願。午前10時30分 公用車で、再び議会事務局へ。

議会だより編集委員会に戻った。どこまで原稿チェックが進んだかなと期待して戻ったが意外と進んでない。「あれ~、どうしたん。まだ2ページ目?」「そう言われますけどね~初めての外注による紙面なんで、皆で議論しているとそうなるんですッ。」と事務局。「そうか判った~」と引き下がる。頑張って編集を継続しよう。午後2時半までは私はこれに集中することができる。と精力的に編集作業。お昼を過ぎたころで。「どうします?午後も継続しますか?」反応が悪い、各議員も午前中は予定したが午後は予定がある様子。ジャー続きはいつにしますか?」まだあと4ページくらい残っている。

各議員にの日程予定をお聞きすると「27日月曜日午後からなら」と。私は、11時頃からプライベートな用事があったが公務に勝るものはない。先約をキャンセルすることにする。午後0時20分委員会は27日に再開することで終了。

午後1時 遅い昼食を食堂で摂る。懐かしい「冷やしうどんの大」食べた後一旦帰宅。
午後2時40分 副議長を乗せた公用車が自宅へ。福知山で開催される府北部5市議長・副議長・事務局長合同会議へ。
午後3時30分 福知山市役所で意見交換会。福知山市議会が当番。各市議会の2月以降の近況報告と議会運営の質疑。各市議会で事情もありいろいろな処理方法がある。会議規則や議会運営上の先例など、各市議会ともに苦労をして運営されている様子が分かった。特に宮津市議会が、3月議会で議会提案条例を制定されたとのことで興味を持った。綾部市議会からはインターネット中継におけるプライバシー侵害等の問題発言の放送に関して各市の取り組みについて質問をした。特に国政に関する質疑の取り扱いに関して各市の取り扱いについてお話が聞けた。地方議会は、地域の課題を取り上げるもので、国や府の専権事項を、首長に見解を求めることが適当なのかどうかについて議論した。綾部市は、議会は討論の場でもあり国政等の問題も割合フリーに質疑を保障しているが、他市はそれぞれ、そのような質問に対して、議長から適当なのか質問者に問いただして後修正を指示する場合もあるようだ。

菜園へ。土曜日の夕方開催される水無月花火大会に家内の実家から沢山の来客を予定しており、トウモロコシを栽培していた。いよいよ出番。ところが、前日、何もの(獣?鳥?)かによる被害に遭った。更なる防御措置をしたにもかかわらず更なる被害が。どうやって侵入したのか鳥(カラス)でなければ獣か。「チキショー」今回は2本どころか10本以上やられた。
f0111128_09261724.jpg
賢いことに、実が膨らんで食べごろのやつばかり。もう許さんぞ~。で、どうするの?





[PR]

by ando-ayabe | 2015-07-25 09:24 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

世界連邦日本大会実行委員会

7月23日(木)
午前9時 今朝は梅雨の戻りのような蒸し暑くはないがぐずついた空模様。どんよりと重い空気が身体にまとわりつく。
ふと、時計を見ると、9時10分。急いで歯磨きをして,宅地を挟んで隣のY歯科医院へ。予約は午前9時。先生はお怒りかな~と恐る恐る受付へ。
「安藤さん」と優しい声が。あ~良かった。
「先生。先週、歯の詰め物が落ちてしまったんです。」と言うと先生「左の上ですか?」まだ口を開けていないのに、既に「左の上」と判っておられる。さすがにプロだ。自分で治した歯がどれなのかわかっている証拠。ちなみに私の歯は、一部が永久歯欠損症で、多くの歯科医院で治療を受けている。もちろんY先生にも、「左の上」だけでなく、いろんなところをメンテナンスしていただいている。私の両側犬歯は永久歯が無く、30代の頃ブリッジをしてもらっている。母が高齢で私を出産したせいだと勝手に思っているのだ。

ササッと、麻酔をかけ、型を取り、仮の詰め物をして、今朝の診療はこれで終了。手早く的確な処置。会計を済ませ、帰り際に受付の看護師さんに「これ源太郎新聞とあんどう新聞です」とさりげなく渡す。「あ~いつもありがとうございます」なんて、読んでくれているんだ~。気分を良くして、ついでに持ってきた傘も忘れて帰宅。

午前10時45分。議会事務局へ。「遅~い。もう企画が待っておられますよ~」とやさしく叱られる。「場所。どこで会議やったかな~。2階?どこそれ?」と「まだ開会まで10分もある。なんでそんなに言われなきゃならないの」と内心思いつつ顔は笑顔で取り繕う。

午前10時55分 昨年の耐震工事に合わせて新しくできた2階の市長室の前の会議室へ。今は2階の会議室はここかと思いつつ着席。「まだ市長席についてへんやんか。急がなくても。」と思ったが、市民代表の皆さんはすっかり着席。「いかんいかん。初心忘れるなかれ。谷口市長なら会議30分前には着ていたな~。」とかつてを振り返り、「それでも30分前は早すぎるな~。当時は準備する職員よりも早く市長が来るので困ったもんやったな~」と思い返す。

午前11時 世界連邦日本大会綾部市実行委員会第2回会議が始まった。
大会当日のスケジュールやレセプションの内容、参加案内のチラシなど原案を事務局のT主幹が説明。実行委員長の市長の進行で協議。概ね了解。しかし、中丹文化会館に満席(800席)も参加してもらえるのかとても心配だが、事務局は「600人来てもらえれば」な~んて楽観的なことを。連長気を使って「動員しよか?」と。

一昔前なら800人をどう集めるのか。その動員方法を厳しく問い詰められたものだが。胸の内は誰も明かさない。こうやって緩い流れが続いていくんだろうな~。それもだんだん良くなってきた。「熱いお風呂は、緊張ばかりで、湯上りにぐったりと疲れるのもだ。ぬるい温度のお風呂に長いこと使っている感じ。風呂上りは爽やかで気持ちが良い。」でも、冬なら湯冷めして風邪をひいてしまう。

午前11時半。事務局が詳細を詰めていくことで会議は終了。

正午 帰宅。午後は自宅で明日の編集委員会の原稿をチェック。
午後5時~6時半 涼しくなった菜園へ出かけ、夏野菜を収穫したり、収穫期を過ぎたキュウリの枯れた蔓や支柱を片付ける。「チキショー」トウモロコシ2本。近くの木に住んでいるカラスに献上してしまった。「ま~いいか。2本くらい。」彼らも(彼らかどうかは黒くてわからないが)生活が懸かっている。

帰宅後シャワーを浴びて、夕食を取り、午後8時 綾部混声合唱団へ。飽きっぽい性格だ。だんだん合唱団の練習にくたびれてきた。ちっとも上達しない。もう8年も続けているのに。

午後10時前に帰宅。

[PR]

by ando-ayabe | 2015-07-23 23:53 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

綾部っ子未来を語る議会

7月21日(火)
午前10時 内水対策協議会の国への要望活動について補足説明を求められたので、自宅で新聞社に説明。
午後0時30分 議会へ。決裁等を済ませる。
午後1時30分 議会運営委員会。今日は、7月28日に開催される「市議会開設65周年記念 綾部っ子未来を語る議会」について、詳細な協議を行った。市内10小学校から6年生が各2名ずつ参加していただいて、「綾部市について、自分の未来について」発表してもらい、議員がコメントをする。議長は子どもたちが行う。市長や議員は聞き手に回る。手法で、子ども達の綾部の街づくりに対する思いを語ってもらおうと企画。教育委員会や各学校長のご協力で開催することができる。心から感謝申し上げたい。

ここで宣伝

○綾部市議会設立65周年記念事業「綾部っ子 未来を語る議会」
○開催日時 平成27年7月28日(火)午後1時半から午後3時半まで
○開催場所 綾部市議会議場
○開催趣旨 綾部市議会開設65周年を記念し、子どもたちの夢を育み、議会体験を通じて、議会の役割について興味や関心を持つ機会とする。
○参加者 市内小学生、市長、副市長、教育長、教育委員、学校関係者、保護者、議員、市民
○発表者 市内小学校20名(各小学校から2名)
○発表内容 子どもたちが描く綾部市・地域の将来像や将来の夢について

  市民の皆様多数ご参加ください。

午後3時帰宅。
午後6時 「アサヒほろ苦クラブ」7月度例会に参加。並松町のふしみやさん。久しぶりの参加だったが、楽しくお話したりアサヒビールを堪能した。午後8時過ぎに帰宅。

7月22日(水)
台風の余波で、鮎食べ会が急きょ中止に。残念。源太郎新聞を配布してくださる支持者の家を訪問し、配布のお願い。

午前中かかりつけ医へ行き、薬をもらう。その後、宮脇書店で、新潮45 8月号とNHK俳句講座のテキストを買う。

夕方 家庭菜園へ。ソーメンかぼちゃを収穫。調理法を近所の叔母さんに聞く。




[PR]

by ando-ayabe | 2015-07-22 14:48 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

京都エコー合唱団綾部公演

7月20日海の日
久しぶりに公務の無い日。午前中は家庭菜園へ出かけ、雑草引きや野菜の収穫など。台風の風で吹き飛んだ機材を元に戻したり。梅雨明け宣言の日だったが、過ごしやすい午前中。畑には川辺に近いせいもあるが、涼風が吹き、作業していても苦にならない。約2時間雑草引きに汗を流し帰宅。

それでも汗はかいている。シャワーを浴びて、昼食を摂り、午後2時前。中丹文化会館へ。
京都エコー合唱団の北部での演奏会へ。京都エコー合唱団は、近畿でも有名なアマチュア合唱団で、世界でも活躍している。指揮者でありリーダーの浅井さんは、全国の合唱団の指導者としても有名。素晴らしい合唱ハーモニーを聞かせていただいた。来場者は約500人というところか。
 こんな素晴らしいハーモニーが\1000で聴けた。ありがたいことだ。残念ながら満席ではなかったが、もっとチケット販売に地元の合唱団も真剣に取り組むべきだったのだろう。私も20枚預かったが、ノルマをかけるでもなく、受け入れる実行委員会でどんな協議だったのだろうか。真剣に満席にするという気迫が無かったように思う。
f0111128_11222790.jpg
公演終了後、地元の合唱団との交流合唱が行われたが、事前に聞いているもの聞いていないものなどバラバラで、連絡体制にも問題があったのでは?綾部混声合唱団の一部の人だけが聞いていなかったのかもしれないけど。大地讃頌と、雨のコーラスだったのでどうにか歌えた。

それでも京都エコーの皆さんと合唱できたことは素晴らしかった。
しかし、指揮者の浅井さんが、今回の安全法制に関して政治的発言(安倍総理批判)したことは少し問題があったように思う。ご自身の主義主張を交流合唱の場で表明するのは色々な考えの人がいる中で押し付けになる。今回の安保法制の問題にしても感覚的に反対だと言われたが、それなら、他国の侵略の危機が心配される中で対案を示してほしいと思う。あのような場で言うことではない。残念だ。

午後5時演奏会は終了。合唱のすばらしさと、政治的発言とで、複雑な思いで帰宅。

午後6時半 暑いので馬力のつくものを食べようと家内と新風館へ。新風館ラーメン美味しい。複雑な思いは、もう過去へ消え去った。しっかりと国を守るために奮闘している安倍総理自民党を支えねばならない。


[PR]

by ando-ayabe | 2015-07-20 23:54 | 文化体育活動 | Trackback | Comments(0)  

中丹文化芸術祭典開会

7月19日(日)
台風一過と言えば、秋風が入り込んで爽やかになるものだが、今回は、蒸し暑い夏を招いたようだ。もう梅雨明け間近なのだろう。

午前中、上林川の川祭りが開催される予定だったが中止となり公務が一つ減った。
午前7時 並松町にある氏神様熊野神社の夏の祭礼「水無月大祭」の準備。境内の一斉清掃。熊野神社は、氏子が少なく、地域の老人会の皆様にいつも清掃奉仕をお世話になっている。

川糸町からもたくさんの方々にご奉仕いただいた。境内の除草や落ち葉の清掃など2時間汗を流す。同じ氏子の四方さんと一緒に除草作業。冗談を言いつつ楽しい清掃奉仕ができた。

アンパンとフルーツ牛乳を頂戴し帰宅。シャワーを浴びて、しばし休憩。

午前11時55分。迎えの車が来た。昼食はあとにして、急いで着替えて舞鶴へ。
午後0時30分 舞鶴市総合文化会館へ。
午後1時 「中丹文化芸術プロジェクト」第29回中丹文化芸術祭開催セレモニーに出席。
 中丹文化芸術祭は例年催されている事業で、中丹地域で各種の文化活動をされているアマチュアの方々が出演し、日ごろの成果を発表し合う。ちなみに本日7月19日は「踊りとダンスの祭典」舞鶴・福知山・綾部で、それぞれ踊りやダンスの活動グループ14団体による芸術発表。綾部のアマチュア芸術家も参加されており、また、中丹文化事業団も綾部にあり、出席させていただいた。綾部市からは、私の他に、主催者として綾部市教育長と、綾部市文化協会副会長が出席されていた。
f0111128_10483426.jpg
 中丹文化芸術祭では今日の「踊りとダンスの祭典」の他に
 8月 2日 新進演奏家の夕べ(中丹文化会館)\1000
 9月13日 中丹和太鼓フェスティバル(中丹文化会館)\300
11月22日 扇の彩り(舞鶴市総合文化会館)\1000
 9月26日~27日 中丹写真展(福知山市総合体育館)無料
11月21日 短歌・俳句・川柳公募 表彰式(綾部市中央公民館)

また、中丹文化交流フェスタとして、
 7月26日 ジュニア文化祭(中丹文化会館)無料
 9月27日 コーラスフェア2015(中丹文化会館)\500
が開催されます。多数のご来場を。
f0111128_10485327.jpg
開会式後、午後2時まで踊りを鑑賞し帰綾。ゆっくりと遅い昼食。

文化芸術に参加したり鑑賞したり、自分自身の趣味を広げたり、伸ばしたりすることはとても良いことだ。心にゆとりと安らぎを与えてくれる。右脳が活発に動くので、多くの皆さんがどんな活動でもよいので、文化芸術に親しんでほしい。α波が脳から分泌され、心が穏やかになると思う。殺伐とした事件や事故が世の中にあふれている。それは、各個人の心のゆとりが無いから。ぴちっとしたスーツを着ていたら緊張してシャキッとはするけれど、真24時間それでは身体が心がきしむ。帰宅したら、ふわふわのTシャツを着てゆっくりすると心が和む。

それと同じだ。









[PR]

by ando-ayabe | 2015-07-19 23:33 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

海の京都博開会式典

7月17日(金)
午前9時30分 内水対策推進協議会の新聞取材対応で日東精工へ。
午前10時 議会へ戻って、議会だより編集委員会。原稿がそろった。文章チェック
午前11時 9月議会に関する提案内容等について企画部と調整
午前11時30分 少し気になることがあり教育部長とお話。
午後0時半 帰宅。台風も強くなり自宅で待機。

7月18日(土)
前夜台風情報を注視していて睡眠が不規則になった。
午前6時半 電話で、京都縦貫自動車道の完成式典が中止になったとの連絡。前夜から篠IC~長岡京ICまでの京都縦貫道が通行止めとなっており、テレビのアメダスでも京都市や京都南部の雨がひどい。中止は止むなしなのだろう。主催者としては開催したいところ、中止決断を良くされたと思う。で、午前中の予定がぽっかりと空いた。

午前10時 家庭菜園がどうなっているか心配で、雨が上がったので見に行く。風邪が強かったのかカラス除けの目玉のおどしが飛んでなくなっていた。
収穫をかごいっぱいして帰宅。軽く昼食を摂り宮津への出発の準備をする。
f0111128_11440648.jpg
午後2時40分 公用車で、宮津会館で開催される「海の京都博 開会式典」へ
午後3時30分 開会。山田知事をはじめ関係市町の首長を主催に、谷垣禎一幹事長、西田昌司参議院議員をはじめ、植田府議会議長、各市議会議長を来賓に開会。宮津高校生によるブラスバンド演奏を皮切りに、主催者あいさつ、来賓あいさつ、楠玉割りや各首長による各市町のの海の京都博プレゼン。
f0111128_11443742.jpg
f0111128_11454782.jpg
レセプションがあり、参加者と交流。綾部市議会からは11名が参加した。皆さん協力的でよかった。
f0111128_11361839.jpeg

その後、宮津湾周遊船に乗せてもらった。15分ほどだけ宮津湾の美しさを堪能した。
午後5時半 帰途へ。6時過ぎに綾部へ着。既に京都縦貫道は開通しており、車が幾分多いようだった。しばらくは渋滞が続くのではないか。

 

[PR]

by ando-ayabe | 2015-07-18 23:17 | 議員政治活動