<   2014年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧   

手術室   

2014年 08月 29日

8月29日(金)
気分的には穏やかでない。選挙が済んでからと、先延ばししていた「右眼白内障手術」当日。
数日前から、消毒の目薬を点し準備していた。

午前中、選挙事務所にしていた仮設の事務所の撤去に業者さんが来るので、鍵を引き継ぎ、自宅で少しの時間「白菜」の種をポットに播種する。秋のつるべ落としが近づいている。早く蒔いておかないと成長しない。

ぼちぼち畑の秋の作業もしなければならないと,気持ちは焦るが身体がついてこない。気が乗らないというやつか。

午前中ブログを制作したり、ごそごそしていたら、予約の時間が来た。家内に送迎を頼み市立病院へ。
待合室で、約1時間目薬の点眼を重ね。午後1時半。手術室へ案内される。「ご存知ですよね手術室」と聞かれて、つい「はい」と答えてしまった。よく考えれば、以前1年前の内蔵手術時は、病室から麻酔をかけられ、どこにあるのかどんなものか全く記憶がないのだった。

局所麻酔で約30分。あっという間に手術は終わった。右眼の手術。まぶしい光とブ~ンという音しか聞こえない。大変な手術なのに淡々と難なくこなしておられる医師や看護師の方々のすばらしさに敬服。

やっぱり地元の総合病院を大切にしなくっちゃー。と再確認。

午後2時半、諸注意事項を聞いて帰宅。遅い昼食。手術の緊張からの解放と食事の満腹感で睡魔に襲われ午後5時まで微睡んだ。

夕方数人の組長さんが、1日早く自治会費を納めに来てくださったので受け取り、先日頂戴した餃子処泉門天の一口餃子を焼いて食べてまた爆睡。

眼帯で片目しか見えない。つらいが、以前の半分ぼやけた両眼よりはむしろ見やすい。






[PR]

by ando-ayabe | 2014-08-29 23:04 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

村岡花子の意外な一文   

2014年 08月 29日

8月28日(木)
2学期が始まった。今朝久しぶりに子どもたちの顔を見た。みんな元気に登校した。夏の宿題をいっぱい抱えて学校へ元気よく登校した。何となく待ちに待った2学期が始まるとわくわくしているようにも見えた。

その足で、ローソンへ。マーガリンを買いに行ったが、切れていて、致し方なくサンドイッチを購入して帰る。

返還しなければならないものもあり、自民党事務所や文具店を回る。中丹文化会館で予約しておいた「フォレスタ」コンサートチケットを購入する。もう完売状態だった。
f0111128_10545985.jpg
午後4時の電車で京都へ。綾部駅で週刊新潮を購入し車内で読書。面白い一文を発見した。
HNKで朝ドラで好評の「花子とアン」の村岡花子さんが書いていた一文。

タイトルは、 「花子とアン」には登場しない村岡花子さん「意外な一文」
文章をそのまま転記すると

 好評を博しているNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」ーこれは決して登場することのない意外な一文を、村岡花子さんが書いていた。
 自由民主党の政治資金団体である「国民政治協会」が「国民協会」と称していた時代の1972年、出版された会史「国民協会十年の歩み」に(保守主義には進歩がある)と題した文章が収録されている。村岡さんの肩書は「評論家」だ。
<「国民協会」に私が寄せる期待は、正しい保守主義に寄せる期待です。保守を古さと同意語に考えることは、間違いであると、私は常に思っています。>
 結党後しばらく財界との癒着が目に余った自民党は批判を受け、61年に広く国民各層から政治献金を受け入れる団体として国民協会が設立された。
戦前、婦人参政権を求める活動に携わっていた村岡さんは、保守政治への思いをこう綴っている。
<健康な保守性に健康な進歩性、革新性を併せ持つものを保守政治と私は信じているのですが、現実の保守政党には不満だけです。ここに生まれた「国民協会」は国民の総意をもって支持し、これを真に健やかなものとして育て上げたい希望で一杯です。>
左翼陣営についても、
<いたずらにイデオロギーを振り回して空論に明け暮れするには生活はあまりに厳しすぎます>ドラマの原案となった「アンとゆりかご村岡花子の生涯」の著者で孫の村岡恵理さんは、
「はじめてこの文章を読みました。村岡花子らしい言い方だなと思います。単に理想を掲げて、新しくしていけばいいというものではない。歴史を知り、積み重ねの上で、国民大衆のために少しづつ変えていく。祖母は、文学においても、家庭生活においても、何においても、この文章のような考え方をしていたのです。」花子さんの政治的側面をうかがえる貴重な資料。

自民党の国民政治協会の活動も少し停滞しているのかも。もっと活発に支持者を増やす努力が必要ではないか。村岡花子に限らず、識者が「保守政治」について同様の見解を示されている。私も同様保守政治家として、常に、歴史を重んじながら、少しづつ積み上げて、改革・進歩を求めて活動している。

京都までの昼の列車はすいていた。週刊誌を読んでいると疲れなのか睡魔も襲ってきて、しばし微睡んだ。夕刻から懇談。午後9時半の電車でトンボ返り。夜更けの特急はもっとすいていた。帰宅は11時前。





[PR]

by ando-ayabe | 2014-08-29 10:38 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

議員活動再開   

2014年 08月 27日

8月27日(水)
いよいよ議員活動の再開です。
朝、前夜のパワーポイントの片付けを公会堂で行い。教育委員会へ返還。お祝いのお葉書のお返事を2枚投函。議会事務局で午後の会議の資料作成。

午前10時。山家基幹集落センターへ。「府道広野綾部線改良促進期成同盟会」の総会に出席。平成26年度総会を機に同盟会会長が和知の片山さんから綾部地区自治連の安積連長に交代され、事務局長に私が就任した。白波瀬均市議がこれまで同盟会を中心的に進められてきたが、いよいよ、綾部地区に工事が移行するため、最終の取り付けをどこにするのか検討しなければならない。綾部地区が主体となり要望活動を継続することとなった。46年間の山家地区や和知安栖里地区の住民の皆様、本当にご苦労様でした。

1年前から白波瀬均市議と調整してきた案件でようやく引継ぎができたこと。ひとまず安堵。
今後、安積連長と一緒に府議・市長とも連携し、最終綾部市の結節点の方向付けをしなければならない。

午前11時半に総会は終了。四方府議と京綾部ホテルで待ち合わせ。紫水ケ丘公園の整備に伴い、表面水の排水が不十分で、このたびの大雨で雨水がホテル裏側の斜面を洗掘し一部土砂が崩落した。対応を即刻依頼。現地調査の予定。

午後1時から会派の初会合。9月議会への協議。

午後4時から東神宮寺へ。藤山池の提体の状況調査や床下浸水した宅地の調査。市の管理ため池。提体が膨れた部分もあり状況を調査しなければならない。
f0111128_23512821.jpg
また、民間用地の排水路の維持管理が不十分なことから、排水不良により、別のはけ口から一気に出水。床下浸水した場所を調査。地元自治会長さんのご案内で調査。地域密着型議員として活動を再開します。

いずれも、今後関係課と協議したい。
蒸し暑い一日だった。午後5時に帰宅し夕食は家内と外食。丸亀製麺のぶっかけ肉うどん。最高。もう熱いうどんが美味しくなってきた。

帰宅後くたびれてまた爆睡。
徐々にパワーアップしないと即トップギアは、くたびれる。歳かな~。体育会系の山崎市長とは体力が違う。セカンドギアから行きます。でもすぐにトップギアになります。









[PR]

by ando-ayabe | 2014-08-27 23:44 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

おかしな論理   

2014年 08月 26日

8月26日(火)
今日は、家内の叔母さんが埼玉県所沢へ帰られる。これまで3回の選挙では、いつも、所沢から綾部に来てもらい、家事一切を引き受けていただく心強い裏方応援団。家内も私も選挙事務所や選挙活動で食事も洗濯も全く手がつかないのだが、そこをすべてフォローしてくださる。
 選挙期間中精神的にも本当に穏やかに選挙ができる。ありがたい助っ人。今日、所沢へ帰られた。ありがとうございました。

昨日府議のところで話していたら、「市議会議員はイエスマンで何も反対しない。綾部市の固定資産税が3千万円も減額される市税条例の改正に何も反対しなかった。反対したのは堀口議員だけだったという話だったが、どんな条例改正だったのですか?」と問い合わせがあった。

6月議会で綾部市税条例の一部改正があり、法人市民税の税率引き下げが提案され、約3千8百万円影響を受けるという内容だった。

確かにそのことだけを見れば、綾部市は、3800万円市内の法人からの税収が減額されることになるが、もっともっと中身の深いもので、法人市民税の東京一極集中を是正し、地方に配分する制度改正なのだ。

安直に反対しているのはまさに「共産党何でも反対の所以」そうして「市民に不安と不満」を移植し、共産党の支持層を増やそうという独善そのもの。

どうしてそこまで言うのか。

今回の改正は、地方法人税の東京一極集中を是正し、東京都区の収入となる法人市民税(全国)を一定税率国が収入し(地方法人税としての国税を創設する)綾部市が減額した法人市民税3800万円以上に綾部市をはじめ地方に地方交付税として再配分しようとする「偏在是正制度」で、大いに良いことなのに、国がやることにはすべて反対の共産党。「いずれ地方交付税で3800万円以上に交付されることになる」と議会で職員が説明しているにもかかわらず法人市民税の税率改正に反対する。ご都合主義そのものの共産党の主張。ま~そう言って四方府議に言っている人はわかって話しているのか信じている人なのか。プロパガンダに利用されているのか。

堀口議員が総務教育建設委員会でその議案に関して対案も示さず反対されたが、長年議員やっておられるのだから税制改正の内容くらいはわかっているはず。「イエスマン与党」と違いますよとパフォーマンスしているのだろうか。

再度書いておきたい。今回の地方法人課税の偏在是正のための地方税法の改正は、都道府県民税で、標準税率5.0%を3.2%に制限税率で、6.0%を4.2%に改正
市町村民税で、標準税率で、12.3%を9.7%に制限税率で、14.7%を12.1%に改正するもので、その影響額は綾部市では、3800万円(平成24年度課税の実績による)

しかし国は、「地方法人税」を創設し、地方税での減額分を国税で課税(法人税)し、交付税特別会計へ組み入れ、地方へ再配分する計画。当然、地方交付税の不交付団体の分も吸い上げるので、東京都など裕福な自治体はこの制度改正に反対している。当然減額となった3800万円は確実に地方法人税分を交付税で措置するとともに、更に東京都など莫大な事業所からの分を地方(綾部にも)に再配分するので減額分の3800万円以上になるのは確実。
 共産党はこの制度改正に反対している。東京都など裕福な自治体を支援するのが共産党。ということになる。そこまでは選挙の時には言わない。ただただ、イエスマンの与党攻撃にしか使わない。さも自分たちは正しいと主張しているように装いパフォーマンスしているが、意識的にそうしているのか。

ということですので、市民の方問いただしてください。議会だよりを読んで思われたのか。中身をぜひ詳細ご理解ください。

午後6時 公会堂へ。組長会終了後、自主防災会の取り組みをパワーポイントを使って説明。青野町の防災の取り組みを理解してもらった。

午後8時半終了。










[PR]

by ando-ayabe | 2014-08-26 14:31 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

選挙妨害ビラ   

2014年 08月 26日

表と8月24日(日)
終日ぐずついた天気の中で、投票率は思うように伸びなかった。ましてや、有権者数は1200人も減少し、降雨と無投票選挙の予想がされた中で全体として盛り上がりに欠ける選挙だった。

午後8時の投票総数は、前回を8ポイントも下回った。投票総数は、17,997人。前回は21,201人だから3000人も少ない。

開票の結果は、前回順位の7位を一つ上回って6位当選を果たせた。得票数は959票で、前回1053票を94票下回った。私の力不足で支持者の方々の期待を裏切ってしまった。
投票数で前回を比較すると、前回投票総数21012票から15%減少しており、私の得票数の減少率は8.9%は、どうにかこの4年間ご支持いただいている方の信任は得られたのではないかと考えている。

午後11時過ぎ、事務所で、皆様から祝福の嵐を受けた。ありがとうございました。心から感謝申し上げます。

帰宅し、家族で少し話をして、午前3時就寝。

8月25日(月)
まだ選挙モード。午前6時半に起床し、お祝いの電話を頂戴したりし、午前9時50分。議会事務局へ。第1委員会室で当選証書を選挙管理委員長から受領。選挙管理委員長最初のごあいさつで、選挙の総括をされるかと思ったが、何もなかった。

西部地域で水害が発生し大変な中での選挙戦だったし、結論として投票率も9パーセント近く悪くそのことの総括があるのかと思ったが。今後市議会での選挙総括の議論も出されるのではないか。投票を呼び掛ける宣伝カーは出されていたのだろうか。

午前11時から、市長面会や四方府議や仲間の議員と今後の協議。
それにしても選挙期間の終盤になって「選挙妨害」に近いビラを共産党からばらまかれた。特に、これから議会で議論を戦わせ、よりよい市議会や市政を進めねばならない議員を「こんな議員ばっかりでええんこ?」と言った汚い言葉で罵り、平成26年度予算案に反対しておきながら「市道青野豊里線。16年間私たちの要望が実現しました」と全く矛盾する自画自賛ビラをばらまかれた。予算修正するわけでもなく、当初予算全体を反対しておきながら、自分たちの要望が実現した。おかしな話しだ。こんな政党の議員は信頼することはできない。怒り心頭。
f0111128_13595799.jpg
市民いじめの議員は、私のこと。
市民のために8年間一生懸命議員活動を進めてきた。それが市民いじめの政治を進めている張本人だとは。
f0111128_14003550.jpg
このチラシ、市道青野豊里線の整備事業費を平成26年度予算を計上したが、その予算を反対されたのです。そして今になったら、頑張って予算を付けましたというのはどうなのでしょうか。?ようやく実現して本当にうれしいのならなんで予算に反対したの?

選挙事務所の片づけや9月議会への準備。
夜は、夕食を食べてから急に睡魔。午後7時から翌日午前6時まで爆睡。





[PR]

by ando-ayabe | 2014-08-26 07:23 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

言葉では言い尽くせない「感謝」   

2014年 08月 24日

長靴を履いての選挙戦のスタートだった。9日の決起集会は台風11号で流れた。16日夜の豪雨で福知山は大水害。綾部でもそこかしこに豪雨の爪跡を残しての17日の選挙戦の幕開けだった。

ご協力をいただいた自治会・地域やグループ、団体の皆様のご支援のお蔭で、ポスター貼りもできた。それぞれ徹夜で水門を管理されていた方、土嚢を積んでいた消防団員の方も「安藤」のためにと徹夜明けのポスター貼り行動にご協力していただいた。

選挙中盤には、天気も持ち直し、秋の気配さえ感じる気持ちの良い上林街道だった。

最後の日は、西部方面がまたまた雷雨に見舞われたが、綾部へ戻ってみると、ほんの数滴しか降らなかったと聞かされ、綾部の広さを痛感した。

最後の最後のお願いをして7時30分、事務所へ帰るとご支援をいただいた皆様にドッキリカメラにも使えそうな手荒いお迎えをいただいて、最後のお礼の言葉で詰まった。家内の御礼の挨拶は涙だった。

暑い中事務所前で手を振ってくださった方々。
街宣車の後ろで必死で呼びかけてくださったウグイスの方々。
文句も言わず候補者の希望をお聞きいただいて街宣コースを運転してくださった運転手さん。
伴走車に乗り声をかけ手を振り続けてくださった方々。
暑い中個人演説会の会場準備や夜遅くまで会場の片づけをしてくださった方々
事務所の中でただひたすら電話対応や接客に徹してくださった方々。
電話作戦でお願いの電話をかけてくださった方々。
おいしい食事を作ってくださった方々。
f0111128_12302835.jpg
家々からは、飛び出してきて窓から手を振ってくださったり、街頭で、拙い私の話をしっかり聴いてくださった市民の皆様。
大きなスピーカーで睡眠の妨害をしたにもかかわらず怒らず御辛抱いただいた市民の皆様
多くの皆様の「安藤がんばれよ」という気持ちが背中に伝わり、ただただ「ありがとうございます」と感謝の気持ちが胸にこみ上げてきます。言葉では言い尽くせません。
f0111128_12310718.jpg
投票結果は夜半にわかるだろうけれど、期間中支えていただいた皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。





[PR]

by ando-ayabe | 2014-08-24 12:35 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

やっぱり安全・安心こそが   

2014年 08月 23日

いよいよ最終日。長いようで短い1週間。綾部・福知山での水害に始まり、広島市安佐北区の土砂災害の発生など、この1週間だけで、日本という国は、本当に自然災害の多い国だということを身に染みて感じる。

 お亡くなりになられた方に、心からお悔やみを申し上げます。また、ケガをされた方、被災された多くの方々にお見舞いを申し上げます。

生命・財産を守るという、基本的で一番大切な部分が、まだまだ不十分だ。と感じる。
これまで人々が長年の英知をもって安全対策を講じてきた「安全の基準」を大幅に超える降雨や土石流などの「水の力」に戸惑い、不安になり、自信を失っている。

時間雨量90mmや100mmという大雨が何時何処で発生するか判らない今日の気象情報。
科学技術が進歩し、宇宙からその想定が予測できるといっても、なおこの1週間のような被害と犠牲。

人間の英知で更に克服する努力をしなければ、多くのお亡くなりになられた方々の無念は晴れない。広島のような崩壊しやすい土壌の下での国の開発法制はこれで良かったのか。
河川の管理や築堤、洪水対策は非常時を想定しているのか。

対症療法ではなく、根治するまで基準の見直しや対策を行う必要がある。90mmの時間雨量に対応できる排水路断面はどれくらいになるのか。側溝の断面は無理としても、それなら、道路構造を排水路として利用できるような道路にするとか、排水ポンプの能力が限界を超えていたのなら、根本的に河川区域の範囲をさらに拡大し、河床の掘削を更に進め、大きな貯水能力を持たせるなど人間の英知で克服しなければならない。

そんなことを考えながら、選挙戦を戦ってきた。山から流れてくる清らかな川も一旦変化すると、人間の力では手が付けられない大蛇のようになってしまう。

昨夜は、青野町公会堂で最後の個人演説会。夜分お疲れのところを皆様のご参加。心から感謝申し上げます。
f0111128_06360012.jpg
あと1日。最後の訴えをしてまいります。
f0111128_06362895.jpg
我が家の銀造。投票権はないけれど、精いっぱい応援してくれています。
f0111128_06372643.jpg
頂戴した猫の置物にやきもち焼いているのかな~。それとも仲間が増えたと思っているか。居場所。できた感じ。

今朝も最後の訴えをしてまいります。今日は朝8時から山崎市長の応援を受けます。心強い限りです。(午前7時)









[PR]

by ando-ayabe | 2014-08-23 06:38 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

選挙戦も終盤へ   

2014年 08月 22日

府道の情報版の温度計は35度。暑い。頭からは汗が噴き出る。日差しは強いし蒸し暑いが、風も吹いて肌感覚では、少しずつ秋へと向かっている。4・5日間の間にも、秋が進んでいくのが、稲穂を見ていてよくわかる。稲穂が垂れ、黄色く色づいてきている。秋はもうそこに来ている。イナゴやバッタが飛び交い赤とんぼも時折見かける。

綾部は美しい。このコメがもっともっと高値を付けて売ることができないか。付加価値をつけて山田のコシヒカリを売れないか。街宣をしていてそこかしこで、畔の草刈りをする人々を見るたびにそう思う。

午前・午後と旧町内や物部・志賀郷・西八田・東八田・豊里などの地区地域をスポット演説しながら街宣する。喉の状況は、日ごろからの合唱練習のお蔭で、どうにかかすれながらも持っている。

夜には、綾中と神宮寺の公会堂で、個人演説会を開催させていただいた。会場準備をしていただく方。当日司会進行や弁士になっていただく方。多くの皆さんの支えによってこうして個人演説会を開催できる。また、日中暑かったし、ゆっくり体を癒したいだろうけど、公会堂へお越しいただいき、拙い私の話をじっと辛抱してお聞きいただいた。感謝と申し訳ない思い出いっぱい。

ありがとうございました。

今日も、地元の皆さんや同級生の応援で街宣活動を実施する。個人演説会は最後の青野町。いよいよ選挙戦も終盤。今日も元気に頑張ります。


[PR]

by ando-ayabe | 2014-08-22 06:04 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

選挙中日   

2014年 08月 21日

7月20日選挙中日になってようやくブログ更新できるまでに。
とにかく連日頑張ってます。声がつぶれてしまいましたが、できるだけ皆さんに政策をお聞きしてほしいと、色々な場所でスポット演説をしています。

中日の20日も、旧町内を中心に約20カ所くらいでしたかな~もうあまり多くするのでわからなくなってしまいました。
f0111128_06532804.jpg

夜7時半からは、西町了圓寺で個人演説会。上原副市長に身に余る応援の弁をとっていただきました。市役所の屋上くらいまでまで持ち上げられました。
今夜は特に福祉施策の充実を提案しました。


身体も喉も限界点。でも、とにかく頑張ってます。
今日21日は8時から2時間四方府議に街宣行動のご協力をいただきます。
そして、夜は、午後7時から綾中町公会堂で、
午後8時からは神宮寺公会堂で、個人演説会を開催します。

夜分お疲れでしょうけれどぜひご参加してください。

それでは、今日21日も蒸し暑いですが、頑張ってきます。(午前6時47分)

[PR]

by ando-ayabe | 2014-08-21 06:48 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

いよいよ嵐の中の決戦   

2014年 08月 16日

8月16日(土)もう今日しかない。朝6時に目覚め、午前中掛かって、午後1時からの選対本部会議の資料作り。忙しさは昨日に続いている。くたびれは選挙が済んでからゆっくり癒すとして、今は寸暇を惜しんで準備作業を。

15日の午後 自宅の裏方を引き受けてくれる埼玉の家内のおばさんが綾部に到着。とても頼りになる叔母さんです。4年の選挙のたびに1週間お世話になれる。ありがたいことです。

朝早く起きて17日から3日間の各部タイムスケジュール総合調整シートを作成。なかなかうまくできた。朝から、中筋から大きな助っ人が訪問してくださってはがきは、結局100枚ほどオーバー。午前10時から12時まで、省くハガキに悩む。皆さんに送りたいが、1500枚と決まっている。
結局事務所で12時半まで事務局長と粘ったが1500枚にあと30枚切れなかった。

11時半 遠坂牛乳で、紙パックお茶を購入。途中で八重乃ちゃんに出合う。92歳。お元気だ。8年前からのご支援。当時、選挙戦で朝立ち挨拶をするよう叱咤されたのを思い出す。あの時は84歳。

午後1時から、公会堂で、正副部長、選対幹部24人に集まっていただき選対本部会議を開催。各部の準備はほぼ完了。ありがたいことです。全体御会議終了後、各部の調整会議。広報部会議で、最終30枚を切ってもらい、100枚単位の束15束を作っていただき、午後3時に終了。ポスターも、各班で準備万端。明日は掲示板が雨で濡れているので、雑巾が必要とアドバイスを受ける。

午後2時半に全体会合は終了。その時には大雨が。なんだか天候不順の中での選挙戦になりそうだ。

午後4時からの第40回記念綾部盆踊り大会も大雨警報で、中止に。せっかく隆夫さんが制作した新櫓の披露が台無しになった。しかし早い決断だったが、時間とともに雨脚は強くなり、正解だったかもしれない。

その後、会議の不足資料の修正をしたり、新しい表を作ったり補足した。
午後6時 雨が止まないので、ジュンテンドーで、長靴を買う。明日はズックではだめだろう。午後6時半。衣川文体部長から電話。自治会で用意していた盆踊りのオードブルを残念会で食べようということに。と誘われた。ごろごろ鳴る中、公会堂で、2時間ばかり残念会。再びDデータの話になった。結構知らない人がいる。

そうこうしている間も、市役所から避難準備情報や、IP☎が不通になり、緊急電話の119番が使えないとか。公会堂へも組長さんからどう行動するのか電話相談を受けたり。

盆踊り慰労会が防災警戒本部となる。河川水位がまだまだなので、一旦帰宅し自宅で待機しようということになり午後8時過ぎ解散。

明日からの選挙戦は大丈夫かな~。今回はイレギュラーが多いな。



[PR]

by ando-ayabe | 2014-08-16 21:25 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)