あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

<   2013年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

メディアを考える

3月30日(土)
午前中は、家庭菜園へ出かけ、ようやくジャガイモを2畝植え付けた。どうにか3月中に種イモを土中に埋め込んだって感じ。今年は、種イモは、自家にあった昨年収穫したジャガイモを芽欠きして、保存していたものが沢山あったので、中くらいの芋をそのまんま埋め込んだ。昨年の秋の職員OB会の旅行のときに、新庄の西田先輩が、芽欠きをしておくと保存できるとアドバイスいただいた。それを実行した。

もうアスパラカスの芽が出始めた。昨夜の公民館農事部?の話によると、根を植えてから3年間は収穫できないとのことだったが、今年の冬にバザールタウンで売っていたアスパラカスの球根を植えたところ、既に芽が出始めている。初夏の5月くらいには収穫できるだろう。

昼食後、1時半。ITビルへ。「FMいかる開局15周年記念式典並びに講演会」へ。
f0111128_1244720.jpg

企画課課長補佐の頃に当時の通産省のニューメディアコミュニティ構想の指定をもらって、N井君と東京へ出かけ計画づくりをした。当時は補助金だったのか記憶に無くなったが、計画づくりの委託先もニューメディアコミュニティ協会の指定。通産省天下り法人。NECなど電機メーカーから派遣された出向社員達と上から下まで通産省OBの皆さんで構成された法人だったような。
f0111128_125188.jpg

委託料も半端ではなかったような記憶がする。国も大盤振る舞いだった時代。福知山では、CATVをするとかなんとか。綾部市はどうする?って感じで、単費もあまり無く双方向でとかオフトーク通信だとか、モデル事業とか言っているうちにそれなりの計画が出来上がり、さ~具体的に何を情報化するかってところで、私は人事異動になって部下だったN井君にお任せした。本人引きで会社の立ち上げにかかわって、素晴らしいネーミングのFM放送会社を設立してくれた。なんでも食いつくのが好きで、食いついて食い散らかして出ていく私を若い職員が苦労をしてモノにしてくれた事業もいくつかある。(今は本当に反省している)
f0111128_1251815.jpg

そして15年が経過した。FMいかるの社員の皆さんのプレゼンテーション。素晴らしかった。
講演の綾部出身の元MBS毎日放送の報道記者の温井甚佑さんのドキュメンタリー作品も見せていただいて良かった。こんな立派な方が、映像の世界で活躍しておられたのかとふるさとの誇りと思う。
地域情報メディアとしてのFMの役割なんて言う話も聞きたかったけど。
 主にテレビの話だった。「たかがテレビ。されどテレビ」というテーマだった。テレビの社会への影響は「たかが」どころではない。良くも悪くも大きな影響を与えている。ややもすると、テレビメディアによって国民をミスリードすることもある。

視聴率にばかり目がいってるのではと思うテレビ番組やマスコミとして何が何でも政権を批判することを「命」としているような変に世間離れした報道も見受けられる。政治をショウ化しているきらいも見受けられる。冷静な報道やシッカリした分析に基づいた報道を願いたい時もままある。劇場型政治を作ってきたのは主にテレビメディアではないだろうか。

だから、温井氏の遠慮気味の「たかがやされど」では済まないテレビを中心とするメディアの影響を視聴者は見通す力が大事ではないかと思う。新聞や雑誌、テレビ、ラジオすべてのメディアから流されてくる情報は正しいのか、そして自分たちの生活や将来にとって望ましい報道なのか、批判と分析を持って生活することは必要ではないか。垂れ流しの情報をそのまま飲み込んでしまわないよう、視るほうも(聞く・読むほうも)意識することが大切だ。と思う。もちろん私のこのブログにも、ずいぶん私感が織り込まれている。自分の日記なのでお許しいただきたいが、「誤字」はいけない。(トホホ)

午後4時過ぎ終了。

午後6時半からは、青野町自主防災会の年度末の部長会。慰労会も兼ねて、公会堂で宴席。防災の話だけではない。さまざまな地域の課題も話して楽しいひと時だった。
[PR]
by ando-ayabe | 2013-03-30 23:56 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

ウイングを広く

3月29日(金)
朝から、自治会決算書の最終チェック。いよいよそちらも佳境に入っている。

お昼前に議会へ。年度末には2日早いが、官公庁や金融機関は休業に入るため、一応の仕事は、今日が年度末。平成24年度の退職者への辞令交付も行われ、昼には、退職者の退庁式が玄関で催される。例年のように見送りに出かけた。
f0111128_10112179.jpg
ちょうど、私より年齢では一つ下の方々が定年を迎える。
議会事務局では、西尾浩司事務局長が、市長部局では、渡辺博幸総務部長、志賀幹彦建設部長、井田正則監査委員事務局長、吉田郁夫福祉課長、上原宏文環境保全課長、出野誠税務課長、桜井恵吾建築都市計画課長、山口美世子物部保育園長、消防署の土井一郎予防課長、村上徹課長補佐、消防士の福井さん、西八田小学校の波多野純子さんが退職された。
f0111128_10114728.jpg

市の理事者をはじめ職員や議員に見送られて市役所を後にした。毎年思うことは、第2の人生、また違った生き方ができるよう、頭をフレキシブルに切り替えて人生を楽しんでほしいと思う。
f0111128_10125848.jpg
これまで出来なかったボランティア活動や地域貢献事業、自分で事業を立ち上げ頑張ってみるとか、子ども活動の指導をされる方もいるだろう。
ウイングを広く持って色々な活動に取り組んでほしいと思う。まだまだ活躍できる年齢。家に閉じこもらず、外に出て、活躍されんことをお祈りいたします。皆さんと握手をしてお別れをした。

一旦帰宅し昼食をとった後、午後2時から綾部高等学校東校舎へ。青野町の堤内地の水田に関して耕作者間でちょっとした問題が発生しており、農業委員会や、綾部高校東校舎、地権者、水利組合関係者、農家組合、耕作者を一堂に会して、問題解決と、対策について協議することになった。しかし農家組合長が欠席で、抜本的な解決とはならなかった。出席されていても解決しないと思うが、確認だけは取りたかった。残念。午後3時終了。
f0111128_10134624.jpg

午後3時過ぎから「日本刺繍展~絹糸の雅~」を観に行く。青野町の集蔵で、31日まで開催されている。素晴らしい作品が0.1ミリの絹糸一本一本で刺繍され作品が出来上がっている。東八田高槻町の大槻昌成さんの娘さんもお弟子さんと言うことで、先日松寿苑でご案内を頂戴した。木村義弘氏と娘さんの千鶴さんとの二人三脚で、日本文化の粋とも言える、日本刺繍を伝承され、京丹波町に居を構えて、活動しておられるとのこと。千鶴さんの作品やお弟子さんの素晴らしい作品を見せていただいた。あと2日ほどあるので是非観ていただきたい。
f0111128_1014582.jpg

一針一針に心がこもっている「日本刺繍」に魅せられたひと時だった。
f0111128_10142996.jpg

午後7時。天神町のレストランへ。本年度をもって退任される澤田正一綾部公民館長のお別れ会に出席。
公民館の本部役員で送別会をする。澤田館長とは、ボラセン立ち上げ時から、役所でお世話になった。今回7年間の館長に区切りをつけて、後任の森副館長に託される。大変ご苦労様でした。
f0111128_1015596.jpg

それぞれ、年度末を迎えるので、公民館役員は、一旦退任と言うことになるが、また来年も活動いただく方、今年限りで退任しようと思っている方など、それぞれに思いを込めた楽しい夕食会だった。その後数人で2次会へ行き、帰宅は午後12時前に。今日もウイングを広く持った多くの人々との出会いがあった一日だった。
f0111128_10164440.jpg

 
[PR]
by ando-ayabe | 2013-03-30 10:16 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

25年3月議会終了

3月27日(水)
いよいよ年度末に近づいてきた。卒業・進級・入学・退職・入社・人事異動・日本だけなのかもしれないが、良い風習だと思う。なんだか基気分が新たになる感じで、心が改まる。もちろん新年という節目もあるが、年度替りもなんとなく勢いがあって颯爽と言う感じ。

すでに定年を過ぎている私にとっては、官公庁の定期人事異動の新聞が掲載されると、ちょっと関心が湧く。と言っても、既に同年代は退職しており、そ昔ほどわくわくはしないが関心事ではある。

27日は、議会本会議が開かれ、採決と賛成反対討論が行われ、すべての議案が可決された。午後は、市役所で人事異動の内示があったようだ。

人事異動と言うものは、それぞれ職員個々がどう評価さらているのか、悩ましいところで、出世競争(チョットオーバー)と言う感じもする。(事実そうなってくるが)

仕事の手際や判断力・行動力の有無。上司から見て事務処理能力やコミュニケーション能力などなど、評価する方の尺度も色々。難しい問題だな~。
今年は、31日が日曜日になり、退職日が29日と言うことで、退職の挨拶に来る職員さんもおられ、きっと忙しい年度末になるだろう。ま~役所には2ヶ月間3月31日が続くのではあるが、一方で、4月1日からの仕事も動き始めるので、のんびりはしていられないが。

市民にとっても、公民館活動や自治会など年度末は結構忙しい。27日の午後から28日の夜までかかって、自治会決算の帳簿整理や決算書類づくり。28日の夕刻には、決算書。決算書帳簿。証拠書類の整理もほぼ終えて、4月6日の会計監査に向けて、受検準備をするだけとなった。役所のように3月31日が2カ月も無いので、大変なのだ。

28日も朝から、市内の4つの金融機関に分けて預けてある、自治会の預貯金の利息確定のため金融機関を回って記帳をしたり、繰越金の確定や定期預金の額の確定など。パソコンで処理しているからこそ、処理が短時日で可能となる。

夜は、友人のお宅にお悔みに出かけ、日本会議の会合は欠席。8時ごろ綾部混声合唱団の練習に行く。
花粉症が。何に反応しているのだろうか?
[PR]
by ando-ayabe | 2013-03-28 22:27 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)
3月26日(火)
最近新聞をゆっくりと読む時間が無い。あわただしくぺらぺらとページをめくって、おしまい。
新聞代金がもったいないことだが、致し方が無い。

今日は午後1時からの議会運営委員会だが、その前にすべきことを。議会だよりの原稿が22日までとなっていたが、大幅に遅れた。とりあえずそれを急ぐこととして、フォーマットに文章を打ち込んでいく。
その間、2件の電話。市役所の行政事務処理や対処に対する不満や悩みの相談を受ける。双方の事情の狭間のような案件もある。とにかく誠心誠意話を聞いて、拙速でも、当事者の当座の悩みの減少のために状況把握や対処方法について当面の対応を打つことにしている。当事者は少しでも不安の解消や納得できることを望んでいる。

件の議会だよりの原稿は11時ごろにようやくメールで議会事務局へ送る。その後、27日に開催される「M商事太陽光発電所竣工式」へのご招待のご案内を頂戴したが、議会本会議中で出席できないので、メッセージを作成。12時半に完成。市役所へ行き、地下の食堂で、おでん定食を食べ(安い。600円は)議会運営委員会へ。

専決処分の案件を市長から説明、議会でも年度末の例年の会計処理案件なので特に意見も出されず了承。
続いて3月議会提案議案処理の内容報告を受け、明日の本会議の議事次第を協議し、議会改革に関すること(議会報告会の日程と内容について)を協議。午後2時解散。1時間の会議だった。

その後、自民党事務所へ。政治団体の変更届出の記入押印。2時半に帰宅し、事務室で、自治会決算の準備に没頭。

午後6時夕食後、平成24年度最後の自治会組長会議皆さんなごやかに最後の組長会が終了したことに安堵されているようだった。欠席が4・5人あったが、30人近い組長さんが出席。私からは、公会堂管理の立場から、利用規則を改定し、自治会員さんが利用しやすい規約を作成中と説明しておいた。

組長会終了後お母さん組長さんと話す。公会堂をよく利用してくれる子どもたちを持つお母さんたち。「3月になると子どもが良く利用してくれてうれしいが、どうしてここを利用するの?」と聞いた。これほど大きな公会堂はない。そして中学生や少年野球などの御苦労さん会やお別れ会もしてくれるのだが、グラウンドやスーパーから近いことや吉美地区の子どもは帰り道になって場所的に良い。とのこと。そういえばここ1週間。お別れ会などが2・3件あったな~。

子どもの頃のそんな思い出はきっと心に残るはず。(経験則)良い思い出を青野町公会堂で作ってくれるなら、多少暴れて障子を破っても許したい。お母さん組長に聞けば、中学生のお別れ会なら、お菓子を食べていても、帰りにはちゃんと男子女子に限らず掃除をして帰るとか。ルールはちゃんと守れる良い綾部っ子だ。

嬉しい宵の話だった。
[PR]
by ando-ayabe | 2013-03-27 01:09 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

予算委員会終了

3月26日(火)
今朝もまだ寒い。
朝9時に綾部公民館へ。館長、副館長と協議。綾部小学校「遊びの城」のリーダーが市外に転勤となり、住居を移される。平成25年度の対応を考えなくてはならない。とても素晴らしいリーダーだっただけにとても痛手だ。ようやく遊びの城が順調に運営できるようになって来ただけに、次のリーダーをどうするか頭の痛い問題だ。30分間相談し、一定の方向性を決めて、市役所へ。

午前10時から議会予算委員会。各議員が意見交換をして、採決へ。一般会計、後期高齢者医療特別会計、介護保険特別会計が多数決採決となったが、外は、全会一致採決。

午前11時に委員会は終了した。

午後1時過ぎまで、自治会会計、稲荷神社会計の入金や振り込みなどの処理をして、支払いも何箇所か回って、帰宅。遅い昼食をして、午後はいよいよ年度末へ向けての事務処理をする。

この間にも、何件か相談ごとの訪問や電話相談など。個人間の感情のもつれ、酒席での酒の勢いでの暴言など関係者から話を聞いたり、慰めたり、穏やかに厳しいことを言ったり、善後策をアドバイスしたり、ガス抜きをしたり。どうして最近感情のもつれや少し棘のある話し方になったりするのだろうか。高齢化するに従って、融通が利かなくなってくるとは昔からあった話だが。言葉険しく相手の言動や行動を批判されることも耳にする。お互い穏やかに社会生活を営んでいくことができないものかな~。と思うのだが。私がのんびりしすぎているのかな~?一呼吸置いて話をすると、良いのではないだろうか。売り言葉に買い言葉では上手く行く話も上手くいかなくなる。

家人はここ3日間ほど、裏千家の研究会で、出たり入ったり。最終日には膝が痛くなったとかで、新風館で、夕食を済ませる。
[PR]
by ando-ayabe | 2013-03-26 11:12 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

歌声は絆へと

3月24日(日)
年度末の日曜日。何かと気ぜわしい。が、落ち着いて。

朝は午前8時から了円寺の春季彼岸法要の後片付け。お寺の青年部で、幔幕や提灯や吹き流しなどを片づける。午前9時終了。GSへ立ち寄って灯油を購入。まだストーブが朝夕は必要。36ℓでは足らないだろうか。

今日は、午後2時から、京都府地域力再生事業で取り組んでいる。ふるさと綾部の自然を織り込んだ合唱DVDの制作発表会&音楽交流会を松寿苑で開催する。ユニフォームを整え午前11時に出かける。

午後1時まで後援会長さんのお宅で2時間、昼食をはさみながら、色々とお話しをお聞きしたり今後の方策を相談したり。何時も温かく迎えていただく。

午後1時松寿苑へ。ユニフォームに着替え、発声練習をしてDVD制作発表会の会場へ。100人以上の松寿苑のお年寄りの方々と懐かしい唱歌を歌ったり、故郷の懐かしい景色を織り込んだDVDを見ていただいたり楽しいひと時を過ごす。
f0111128_11578.jpg

 松寿苑の衣川理事長や大槻理事、ケアハウスに入っておられる坂井さん。市教育委員会から、私たちの文化活動を何時も御理解いただいている足立教育長にも御来賓でご出席いただいたり。
新聞報道も取材に来ていただいて、楽しくにぎやかな制作発表&交流会が開催できた。
f0111128_1153246.jpg

懐かしい歌に、最後は皆さんと一緒に大きく合唱が出来た。入所しておられるおばあさんから、「安藤さん」とか声をかけていただいて懐かしいお顔を見ることができたり、ほのぼのと温かい時間を過ごすことができた。
f0111128_1154454.jpg

午後3時終了。会場をお借りして、DVD制作実行委員会を開き、地域力再生事業の実績報告について協議し、お願いやら、相談をして午後4時会議は終了。

今夜は特に予定なし。ゆっくりとNHK杯囲碁トーナメント決勝戦、結城聡NHK杯選手権者対井山裕太本因坊との対戦を視る。最後まで見ることができず眠ってしまった。凄いですね。関西勢同士の対決。
[PR]
by ando-ayabe | 2013-03-25 01:16 | 文化体育活動 | Trackback | Comments(0)
3月23日(土)
寒い。三寒四温とは言うが、体調を崩さないようにしたいものだ。

今朝は、午前4時に目が開いて、新聞を読んだり、朝風呂に入ったり、ゆっくりと朝食を食べて、自治会平成25年度予算編成作業。
f0111128_22391986.jpg

11時半。栗町にある以久田野の梅園の梅の花が満開。今年は臨時だが1日だけの観梅会開催。寒い風が吹いていたが出かけてみた。
f0111128_2239463.jpg

午前10時の開園。お昼現在60人が来場したとのこと。まずまずだ。もっと暖かい日なら3倍は来場しているだろう。場内は梅の花の芳しい香りが溢れていた。産業部長をはじめ市農林課の職員さんが、寒い中休日出勤して梅こぶ茶を接待。生活改善グループの皆さんも農産加工品の販売など来場者のサービスも配慮していただいている。子ども連れの家族や御夫婦で、のんびりと場内を散策しておられる風景も。
f0111128_2240133.jpg

場内を散策し、お茶を頂戴し、双葉グループのおはぎ400円(安い)、漬物2種400円(これも安い)合計800円を買い梅林公園を後にする。
f0111128_22405017.jpg

とにかく、継続が大事だ。来場者数などは焦らず、徐々に広がっていくように梅林公園を育てたいものだ。
ちなみに、綾部梅林公園は25,000㎡の園内に607本の梅が栽培されている。完成時には一目千本だったが、間引きをして、現在は600本余り。品種は南高梅、鶯宿、玉英、小梅、思いのまま、などの紅梅白梅の多彩な品種が植えてある。今が盛りです。綾部梅林公園に一度出向いてみてはいかがでしょう?
f0111128_22421041.jpg

午後は午前中の続きをしていると、午後4時ごろ、同級生のN田君、K垣君の2人が缶ビール・つまみ持参で来訪。四方山話に花が咲いた。午後6時。それぞれ用事があるようで、解散。

午後7時半自治会役員会へ。予算協議や公会堂の使用料金改定の協議などをして、午後9時半解散。
いよいよ、年度末。自治会総会の準備に着手しなければ。
[PR]
by ando-ayabe | 2013-03-23 22:30 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

特別会計予算審議終了

3月22日(金)
予算委員会もほぼ峠を越えた。
今朝から、病院事業会計当初予算から始まった。午前中簡易水道特別会計まで終了。午後上水道事業会計から再スタート。地域排水事業特別会計まで9会計の当初予算は午後2時30分までかかって終了。
午後2時40分から平成24年度特別会計補正予算・事業会計補正予算案を審議し午後3時半に終了した。

意見調整や採決は25日(月)に持ち越された。3月議会は、25日の予算委員会、26日の議会運営委員会、27日の本会議採決の3日間の日程を残すだけとなった。雪の降るような寒い2月下旬に始まった3月議会は、桜が咲こうかと言う春の日差しの中で終ろうとしている。

今日は、農林業者労働災害共済特別会計について、質疑をした。そもそも、公的機関が保険制度?互助制度?を運営している必要があるのか。特に農林業者の規定も、10a以上の耕作者(農家台帳登載者)が対象
なのだが、10aの耕作者?が農家・農林業者と言えるのか?農林業センサスでは、30a以上を農家としているとか。色々矛盾がある。「過去の課題の整理」を再度行う必要はないだろうか。あえて問題提起したい。

その他、病院事業会計と、地域排水事業特別会計に関して質問を行った。地域排水事業の特定地域生活排水処理事業(浄化槽設置事業)の設置基数が、年々減少し、当初予算で相当基数を予算計上してもその数値の達成が出来ないことがここ近年見られ、その状況を質した。
 平成24年度当初予算では80基設置する計画に対して同年度決算見込みでは45基設置にとどまり、3月補正予算案で35基分を不用額として減額補正をする。家庭の経済的事情や高齢世帯で将来子どもが帰ってこない世帯など水洗化はここへ来て伸び悩み。
ちなみにこの浄化槽方式の水洗化事業を始めた平成15年度170基・平成16年度203基と毎年100基以上の浄化槽設置が制度開始後5年間続いたが、それ以降は暫減し、とうとう24年度見込みでは50基を割る見込み。それでも努力いただいて1209基まで設置が進んだ。まだ未設置の世帯は1900戸くらいあるとか。
アンケート調査の実施や、設置の推奨の営業もされるとか。御苦労さんだが、住民をその気にさせてほしい。

昼休みには、JASLAC(日本音楽著作権協会)映像2課へ電話し、綾部混声合唱団が制作しているふるさとの歌声のDVDの著作権料支払いの額の確定と請求依頼を完了。著作権料は、制作するDVD枚数によって額が大きく変動するものだと分かった。今回制作するDVDは1000枚。昔の童謡や演歌などだが、曲ごとに1分あたりの単価が異なり、平均すると1分当たり、3円程度。収録する全ての曲の合計が40分のDVDとすると、1枚当たり120円。1000枚作ると、120,000円と言う計算。

幸い予定していた予算の範囲内で安堵した。後は年度内に支払いを済ませることか。

会議終了後、帰宅し、雑用をこなして、午後6時。松寿苑の居酒屋「松ちゃん」へ。大先輩のS井K江さんと久しぶりにお話しすることになったので松寿苑へ。83歳とは思えないくらい聡明。綾部市役所初の女性管理職。会計課長をされていた。それ以来会計課長は女性のポジション(最近はそうでもないけど)私の選挙・後援会では会計責任者を務めていただいている。ありがたいこと。

お母さんほど年が離れている。年齢差21歳以上。まさに「お母さん」お酒も飲まれるし、話しも沢山出来る。

残念ながら「身体が太っているから膝が痛いのか。膝が痛いから身体が太るのか」膝の痛みに悩んでおられる。4月からは訪問リハビリを受けられるとか。

午後8時半家人に迎えに来てもらって帰宅。
[PR]
by ando-ayabe | 2013-03-23 09:26 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

近助

「お前の質問は、このごろ迫るものが無い。だらだら質問をするな」
FM放送を聞いてくれた友からの厳しい指摘。

「あんたの質問は国会で質問しているような内容だ。もっと地域性を出して。」応援していただいている町内の大先輩からやんわりとアドバイス。

ありがたいと思う。

3月21日は、予算委員会の科目別審査に入って3日目。くたびれも出てきている。
土木費から消防費、教育費、公債費、特別会計は国民健康保険特別会計、介護保険特別会計、後期高齢者医療特別会計、市立診療所特別会計まで終了。

とても嬉しいことがあった。
予算説明資料を読みながら、予算説明を聞いて、質問するのだが、その一方で、今年の新規施策を公表する資料も読んでいる。公表資料には記載が無かったのでうち過ごしていたら、予算説明資料に特筆すべきことが記載されていた。

消防費の災害対策費の説明欄に「防災基本条例を制定する」との記載があった。

防災基本条例に関しては、平成24年6月議会で、私が一般質問を行ったときに、提案した内容だった。

昨年6月の一般質問では、東日本大震災の各地を視察して回ったときの教訓や、自主防災ネットワーク会議議での講演や行政関係の情報などから入手したもの。あるいは質問にあたって本市の防災計画の各計画を勉強する中で、綾部市の防災計画は、それぞれ必要に応じて策定された上乗せ上乗せの計画なので、計画間の統一が取れていないこと。行政の対策が中心になって計画されており、各地区の自主防災組織の役割や役所との関係が不明確になっていたりしていた。
f0111128_17155181.jpg

<青野町自主防災会の救急救命訓練 11月実施>
そこで、自助・共助の役割も含めて、万が一の際のそれぞれの役割を明確にした「防災基本条例」(仮称)の必要性を訴えた。

山崎市長の答弁では、質問の趣旨に理解いただいて、各関係機関や近隣市の状況も調べて、検討していきたいとの答弁だった。

早速、新年度事業に採用いただいて、防災基本条例を市民参加で定めていただけることとなった。

自治総合学会の明治大学中村教授は、防災の担える範囲は、自助が7割、共助が2割、公助が1割と言われていると話された。

「自分と愛する家族を守るために防災を考えることが基本だ」と、自助の意識付けを防災伝道師の大西賞典さんは講演された。

役所任せにせずに、災害が発生した時には自分や家族の命の問題、隣近所の命の問題として行動したい。

今や、隣近所は助け合いの関係から、関わらない関係になってしまった。戦後の個人やプライバシーばかりを強調する風潮が強くなるあまり、社会全体が無縁社会化してしまった。
今一度、助け合いの近所付き合いを再構築したい。まさに「近助」

予算委員会は、午後4時に終了。賛助会費を頂戴に町内の事業所を回って、四方府議の事務所へ立ち寄り、
午後6時から今枝さんのお通夜に参列。

今枝さんは、私が消防団綾部分団第2部団員のときの班長・部長。そして、苦しいときの自民党綾部支部の綾部地区第1支部長として、色々アドバイスいただいた。消防2部OB会を作ろうとしていた矢先だけに大変ショックだ。独特な話しっぷり。あっけらかんとした話の最後に「ハハッ」と笑われる笑顔や仕草、偉そうぶったりせず飾らない率直な人柄がほほえましかった。ご冥福をお祈りします。ゆっくりとお休みください。

午後7時から同級生の友人2人が、ちょっとやろうとのお誘い。午後10時まで、さわやかな春の宵を過ごした。友はよいものだ。
[PR]
by ando-ayabe | 2013-03-22 09:06 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

白尾稲荷神社補修完了

3月19日(火)
朝から前日の予算審議の続き。民生費から衛生費、労働費、農林水産業費、商工費まで終了。終了時間は午後5時20分。慎重な審議に徹した。当初予算には山崎市長の知恵がいっぱい入っているが、議員が提案した内容も盛り込まれている。ありがたいことだ。もちろん市民の声もあれば、議員のアイディアもある。

成果が得られるよう予算化されたら、議員も積極的に協力したい。

午後5時半から、自民党事務所で、党籍を持つ議員で、府議との意見交換。急いで帰宅し、午後6時半から月例ほろにがクラブ。今日は2人の新入会員が参加されていた。

ナッソーへ由良会長と流れて、少し話をして、午後9時帰宅。


3月20日(水)
朝から変な天気だ。今にも雨が降りそう。今日は祝日・春分の日
春分の日は例年了圓寺の春季彼岸法要。朝10時過ぎに出かけて、法要の司会進行をさせていただいて、午後1時過ぎ、法要は終了。
f0111128_17174921.jpg

午後1時半から、3月31日に開催する「白尾稲荷神社初午大祭」の準備をする。当番組は3組さんで、役員も参加し、旗立てや神社の掃除など。
f0111128_1718371.jpg

午後3時からは、役員・請負業者で補修工事をしていた白尾稲荷神社社殿の完了検査を行う。立派に仕上げていただいた。250万円で美しく補修ができた。
f0111128_17182860.jpg

31日には、社殿補修工事完成式典と初午大祭が行われる。昔は、月見町の芸者さんがお参りしてくださったとか。謂われがあるようだが、今では住民だけが参拝する。(と言ってももう芸者さんはいないからな~)
f0111128_17204054.jpg

午後3時半終了。隣の稲荷公園のフェンス周りのコンクリート化工事が完了していた。防火水槽近辺もコンクリート舗装され良くなった。
f0111128_17205976.jpg

稲荷神社の片づけをして帰宅。自治会の会計処理。予算通り一定額を積み立てることができそうだ。
[PR]
by ando-ayabe | 2013-03-20 17:12 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)