<   2012年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

大正から百年

7月30日
今朝の天声人語に「今日が明治天皇崩御から大正天皇が即位した日だと書かれていた。
そういえば、先日購入した新潮45にも「大正百年記念企画 天皇不在が生んだ「大正裏面史」と言った特集企画が掲載されていた。

大正時代は14年間しかないのだが、大正天皇が、脳病に罹り最後の5年間は天皇に代わり、貞明皇后が後の昭和天皇とともに天皇名代としての働きをしたと書かれている。貞明皇后は、仲哀天皇の皇后である神功皇后とイメージをだぶらせていたと言うのだ。

大正時代は女性の時代ともいえると書かれている。米騒動の富山県魚津の漁民の主婦が米蔵に押し掛けたのが発端だし、市川房江、平塚らいてう等女性参政権の要求など、女性の地位向上を求める運動もおこっている。そして、大正時代はそれ以前の天皇と皇后の関係を変革した意味で、貞明皇后が女性台頭の象徴と言えるとされている。
明治以降の不平等条約を改正し、西洋の列強入りを果たしていく上でも、西欧文明を受け入れる過程において対等のパートナーとしての天皇と皇后の関係を振る舞うことが要求された。

同時に一夫一婦制も進み、皇室においても、昭和天皇時代には、側室制度を廃止している。明治天皇には側室がたくさんいたと言う。

貞明皇后は、綾部の地にも足を運んでおられる。1917年(大正6年)単身郡是製糸を訪ねている。天神町の通りは、その時、綾部駅からグンゼ本社まで貞明皇后行啓のためにつけられた道路だと綾部の歴史書に書かれている。

また、大正時代は、社会運動が花開き、本格的な政党内閣ができた時代でもある。労働争議もおき、大正デモクラシーの時代となる。
女性の参政権は、戦後になるが、男性の普通選挙制度もこの時代に実現している。

貞明皇后は、皇室においても、神功皇后(神話上)の三韓征伐や、天照大神など巫女的な女性の霊力を再度目覚めさせたと言える。女性の存在を明治以前と比べて飛躍的に前進させた立役者であることは間違いがない。

大正時代は、たった14年間ではあったものの、日本と言う国が、西欧並みの男女同権に向けた歩みを始めた時代として、一時代ではあったにしろ評価されるべきだろう。

天声人語には、朝日新聞の上海支局長が警官から暴行を受けたことを、日本の秩序ある原発反対集会と比較し、言論と表現の自由を根付かせたと日本を評価しつつ、中国共産党一党独裁を批判している。

大正天皇即位から百年で、日本の民主主義が成熟したことを表現するのは良いが、「落ち」に自社の支局長暴行事件をたとえに出すのはどうかと…。

28日は、自民党事務所で、四方府議から現状報告があった。政治家は、シッカリとした政治信条が必要だ。ふにゃふにゃ、自分自身の立ち位置も決められないようなけじめのつかない政治家は税金の無駄遣いだ。

午後4時半から、綾部高校昭和45年卒業同窓会の開催に関して綾部高等学校長に相談に綾部高校を訪問。

28日は、朝から、水無月神社の大祭に参列。今年は花火大会と熊野神社の水無月祭礼が同じ日になって、朝から暑かったが、参列した。

午後1時からは、健康福祉センターで、水無月献血のボランティア。綾部ライオンズクラブの奉仕活動に参加。アスパで、ティッシュペーパーを配布し、献血協力を呼び掛ける。149人が献血に協力してくれたそうだ。

午後4時からは、毎年の恒例。花火大会を見に家人の実家から家族が大挙来訪。バーベキューなどしながら、花火を見る。風下で、おまけに、開会直前まで、にわか雨が降り、空の状況は最悪。ほとんど花火が見えなかった。
f0111128_16374094.jpg

オリンピックを見ながら、午後10時お開き。
29日は、朝7時から9時まで、菩提寺の了円寺の墓苑掃除。7人しか集まらず、出来ることだけして午前9時このまま掃除を続けていても熱中症にでもなったら、墓に直行しなければならないと、おしまいにする。
そのあとは、前日のバーベキューセットやテントなど片づけ。

7月30日は、お昼まで、都市計画マスタープランの勉強会。民政会創政会合同勉強会。

午後0時半。帰宅。

とにかく猛暑日の連続で、行動も鈍い。
[PR]

by ando-ayabe | 2012-07-30 16:14 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

現地対応

ここ数日参議院の集中審議のテレビを見ながら、色々な作業をしているのだが、ま~お粗末な質問をする国会議員がいること。今も、「国民の生活が第一」と言う会派の「姫の虎退治」ならぬ姫井由美子参議院議員が、質問している。とても国会議員の質問とも思えない未熟さ。質問文に余りに難しい語彙を秘書が書きこんだのか字が読めない。岡山の偉人の名前を使って質問をするのだが、四文字熟語が身についていないせいか、ぎこちない。「知行合一」「禄」とか、読めないのか何のことか分からないのか。質問した数項目、答弁者が立ちあがっているのに、次の質問をしたり。
再質問の詰めも甘い。このような参議院議員に、1年間1億円の国民の税金をかけている。参議院には、同時期に当選したゴルフの横峰さくらちゃんのお父上がいるが、質問を見たこともないのだが。粗製乱造ブーム(風)で貴重な国会議員を選ぶのを、もう辞めたらどうか。国会議員の質を問う前に、選んだ有権者のレベルを疑うべきだね。

衆議院なら小原舞さんもテレビで見たこともないのだが。どんな質問をするのか?議員経験もない人がいきなり国会で、質問なんかできるわけがないと思う。姫井参議院議員は、5年前の民主党勝利のときの議員だから、次の目が無いので、国民の生活第一党へ移籍されたのだろう。3年前には退治された虎ならぬ、片山虎之助議員も復活したけれど。

公明党の山本香苗参議院議員の「豊中ライフセーフティネットワーク」の取り組みは素晴らしい取り組みで、中身のあるシッカリと調べ上げた議員の質問だった。ここ数日の議員の質問で議員の質がよくわかる。

夜の会合がこの時期多い。月曜日は、自治会役員会議。規約改正案について説明。例規改正と同じようなもので割合簡単。他の役員さんが時間がかかっただろうとのお話だったが、例規制定や改正を生業としてきましたので地域のために役に立てればありがたいことです。とお答えした。

午後9時過ぎ終了。

火曜日は、午後5時に天神町にある天神祭へ参拝。
地域の皆さんが必死で、天神さんをお守りいただいている。ありがたいことだ。昔はもっと大きな御社だった。
天神馬場と言われるくらい広い神域でサーカスが来たり、祭りの神輿は天神馬場へ練り込んだものだ。

今は大きな交差点になって、全く馬場が亡くなった。NTTの旧社屋の隅に鎮座する天神さん。心なしか寂しそうだが、地域の皆さんが大切にお守りされている。これからも綾部の災難からお守りしてくださいと祈願。

天神町自治会長さんと西町自治会長さんから地域要望を聞いて、明日対応と言うことで別れる。

午後5時半から太陽の会の正副会長会議。役員総会日程について協議。あず木で。会議終了後暑気払いをする。午後9時終了して解散。

7月25日。は朝から天神町自治会長さんと西町自治会長さん。綾中自治会長さんに急に集まってもらって、現地対応。朝8府40分に市役所へ電話すると、関係各課の課長がすぐに対応してくれた。思い立ったが吉日。すぐに招集をかけたところ、皆さん集まってもらえた。

行政の素早い対応に地元自治会長さんも感謝しておられた。

すぐにできないことでも親切に対応することで、信頼は生まれる。
f0111128_16242961.jpg

夜は同窓会総務のメンバーで、同窓会の案内はがきを織り込んだり、シールを張ったりして、発送準備。
そのあと、実に同窓会7名で、盛り上がり、11時前まで話し込んだ。
[PR]

by ando-ayabe | 2012-07-25 16:25 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

いよいよ夏休み

7月22日(日)
今朝も早くから自治会の用事で、公会堂へ。
今朝は、ハエや蚊を地域全体で退治するためにSV乳剤を散布するのだが、各組組長が乳剤の原液をとりに二宮神社へ三々五々集合される。午前7時半に公会堂へ。

役員みんなで協力し合い組長さんへ乳剤を渡す。文化体育委員も5・6人が8月4日の納涼祭の準備に公会堂へ。PTA役員さんも、明日からのラジオ体操の準備に来られる。そうこうしていたら、声をガラガラにした隆夫さんも。前夜に中筋納涼歳でハッスルされたとのこと。元気な人だ。

沢山の青野町の活動の中心メンバーが、参集される。なかなか良い雰囲気の青野町。ソフトボールのAチームだけではなく、Bチームも参加しようと話がまとまる。

綾部盆踊りの青野連の話しもまとまって練習日も決まった。早速自治会回覧文書を作成。

メールしていたら、昼から「ウオーターボーイズ」見に来ませんか?とのお誘い。

午後3時過ぎ、行こうと準備していたら、突然の雷雨。え~。少し雨が止んできたのが、4時前。それでも約束したし、行ってみるかと車で出かける。

綾部市民プールへ到着すると、まだ始っていなかった。30分遅れで、ウオーターボーイズショーの開会。とても楽しいショーだった。若返った。

残念ながら、そんなことで、ショーは中止だろうと思って出かけたので、携帯も、デジカメもない。いつもなら記録写真の一枚もあるのだが無いのが残念。

素晴らしくリニューアルした市民プールと、ウオーターボーイズショー。
市民プールは、とても古い歴史がある。聞けば家人もかつて短大時代にアルバイトをしていたとか。昭和46年ごろだとか。もうその頃に市民プールはあった。40年前にはあったのだ。(家人の歳がわかるか)016.gif

施設は大切にリニューアルして使えば、長持ちする。せいぜい利用したい。ウオータースラーダーの一つもあればいいのだが。
[PR]

by ando-ayabe | 2012-07-23 15:51 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

公会堂で文化活動を

7月21日(土)
前夜のお酒で、気持ちよく眠れた。すっきり目覚め。午前7時50分。しまった~。寝過ごした~。今日は子ども見送り遅刻だと、急いで目覚め、階下へ降りていって、はたと考えた。今日から夏休みとなったことを思い出した。012.gif
このまま起床。青汁を飲んで一息。新聞を読んで、午前9時前公会堂へ。今朝は、9月から利用いただく愛石会の役員さんと公会堂使用についてルールなど説明。青野町の方も2・3人参加しておられて活動されている。高齢者の趣味にとても良い会だ。亡くなられた横山先生が中心となって活動されてきた。これからも、青野町公会堂を拠点に地道に活動を展開される。公会堂は文化活動の利用を大いに進めている。

午前9時半公会堂でお別れし、朝食のサンドイッチと豆乳をコンビニで買い帰宅。トマトとキャベツサラダを作り、遅い朝食を済ませ、自室で残りのはがき200枚を印刷。同窓会名簿の再チェック。あんどう新聞制作。読書をしたり。午後5時からは、家庭菜園で、野菜の収穫など。休日を過ごした。

今朝の新聞にショッキングなことが掲載されていた。
我が国の就業者が、2030年。今から18年後には就業者数が、最悪で、840万人も減少するとの記事だ。厚労省の研究会が分析している。今後経済成長率が0%なら、国内産業は衰退し、就業者数は840万人も減少する。産業の空洞化や高齢者、子育て中の女性の再雇用が困難になる。大変なことだ。

何とか政策を打たないと大変なことになる。至急研究報告書を取り寄せようと思う。
[PR]

by ando-ayabe | 2012-07-22 00:05 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

水難除地蔵尊に込める思い

7月20日(金)
1学期最後の子ども見守り隊。いつも通り送り出した。今日は、通知簿を入れて帰るだけなのか通学かばんも軽そうだし、両手も軽そうに、足早に学校へ登校する子ども達。

帰宅して、前日京都で買ってきたサンドイッチに野菜をはさんで、朝食を済ませ二階で、いよいよ本格的に同窓会の案内はがきの制作と送付リストのチェック。物故者も見かけるようになって来たな~。と思いをはせる。高校時代の顔が思い浮かぶ人。社会人になっても出会った思い出。脳裏を通り過ぎる。

9時過ぎにライオンズクラブのS根さんから、今日は行ってくれますか?はーい。今行きます。
急いで服を着て、安国寺にある大手企業の工場へ。献血ボランティア。ライオンズクラブでは、献血推進のため、メンバーが献血会場へ出かけティッシュペーパーの箱を献血協力者に手渡す。午前中は40人が協力してくださった。その間、メンバーの人と四方山話をしたりしながら、同窓会名簿のチェックをして過ごす。

11時40分。午前中の当番が終了し帰宅。昼食をとり、再び部屋で、往復はがきの印刷。雨がお昼前から降り出し、もう今は、雷を伴って大雨に。警報が発令された。

午後2時。並松町にある水難除地蔵尊祈願祭へ参列。もうその頃にはザーザー降り。中学生が雨の中濡れながら、自転車で下校する姿が、若々しさを感じる。あの頃は自分もそうだった。

高橋さんの司会進行で始まる。玉川弘信住職の読経、参列者焼香、子どもたちの誓いの言葉、由良川に花束お供えなど、毎年の行事だが、地元並松町自治会の皆さんのご奉仕により祈願祭が執り行われた。

今枝自治会長様から、「昔は、子どもが由良川で遊んで水難も多くあったが、今では子どもが川に近づくことも遊ぶこともなくなった。むしろ今は、交通事故の方が増えた。水難除地蔵だが、夏休み中の子どもの災難除地蔵として祈願する趣旨もある。」とのお話だった。時代とともに、子どもの災難も色々多岐にわたるようになった。親のいじめや友達からのいじめ、自転車による事故、自動車での家族旅行などでの事故、熱中症など。どうか夏休みの間、無事子どもが元気に遊んで、2学期に元気な顔を見せてほしい。そんな祈りを込めて焼香をした。

午後3時式は終了した。雨も小降りになってきた。帰宅して、続きの作業。午後6時ようやく、300枚の往復はがきの印刷ができた。あと250枚の印刷と、リストの再チェック。

午後6時半亀甲家へ。四方源太郎後援会の役員・支部長会。60名近くの皆さんが一堂に会して、四方府議の府議会での活動を報告したり、山崎市長から四方府議へのエールを送ったり、後援会での視察旅行の提案など活発に意見交換ができた。市議団も創政会・民政会の議員は全員出席。

府議からは、綾部市だけの活動でなく、3市の府議がシッカリとスクラムを組んで、JR山陰線の園部以北への複線電化促進や、京都縦貫道以後の府道整備、農業の綾部市の拠点活性化などについて報告。北部活性化のための力強い活動展開表明があった。

私は、6月府議会本会議一般質問を傍聴した。府議の質問には、雌伏4年間、そして15年にも及ぶ綾部の地域活動の積み上げが府議会質問に厚みをもたらしていると確実に言える。後援会の役員としての見解ではなく、行政職員を経験し今議員としている自分自身の経験をもとにそう言える。これからますます経験を積んで、見聞を広めて、知識を蓄積して、中身の濃い議員になるだろう。綾部にとっても府北部にとってもありがたいことだ。

府議は、承知のように綾部市には一人しかいない。市議や市長との活動のすり合わせは絶対必要条件だ。これまではそれができていなかった。綾部市はその意味で不幸だった。これからは、三者がシッカリとスクラムを組んで、地域の皆さんの声を府議会へ届けることができる。綾部のみならず府北部全体を良くしていく活動を進めることが綾部にとっても効果が上がる。福知山の井上府議も、舞鶴市の池田府議も宮津市の多賀府議も京丹後市の巽府議も四方府議と同じ会派だ。北部の府議が一体となって大きな力を発揮できる。連携も取りやすい。この連携をより強固にしていって欲しい。

鹿子木幹事長に、「今度は役員会で議会傍聴に行くこと」を提案しておいた。質問席に立つ府議には大きな後押しになるし、答弁する知事や部長級は、脅威になる。シッカリと答弁しなければならないと緊張もする。傍聴の意義は大きいものがあると思う。「バスを仕立てて定期的に行こう」と提案しておいた。


国政では、民主党の溶解が始まっている。綾部でも支離滅裂な動きもあるが、有権者は冷静に見ている。理に合わない活動はいずれ破たんすると。自分たちの地道な活動を続けることで良い。7月8月も勉強を続けよう。

1学期も終了したし気分もよかったので、少し深酒をした。午後11時半帰宅。
[PR]

by ando-ayabe | 2012-07-21 11:25 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

見聞

7月19日(木)
いよいよ子どもたちの夏休みがそこまで来た。夏の事故が無いことを祈りたい。毎年、海や川の事故。交通事故など子どもを取り巻く事故が多い。いくら注意を学校でしていても、起こるべくして事故が発生する。

朝、9時半 同級生のY下君から同窓会名簿を頂戴した。いよいよ、往復はがきを600枚作製し、宛名シールの作成へと。
今日は、家人の仕事が休みなので夏休み日帰り旅行にお付き合い。と言っても京都大阪の旅。
大阪の駅ビルがリニューアルしたとのこと。で見に行こうと言うことで、午前10時京都へ車で出発。子どものアパートにトマトやトウモロコシを放り込んで四条烏丸の市営駐車場に車を駐車し、11時過ぎ、阪急電車で大阪へ。
「時空の広場」だったかな。閑散としていました。
大阪へプライベートで行くのは数年ぶり。リニューアル後は初めて。大阪駅はすっかり様子が変わって、おまけに阪急周辺も工事中で、様子が違う。それにしても、時間帯もあるのかも知らないが、人が意外と少ない。大阪の玄関口がこんな状態では、日本全体の勢いが弱くなっているのではと不安に感じた。阪急32番街のレストランで昼食。大阪は物価が安い。天婦羅そば定食(天婦羅・そば・サラダ・稲荷寿司・わらび餅付きで980円は安い)。安いものを食べただけかも?
これが大阪駅のプラットホーム上の広場ですが。
東京駅や京都駅ビルの工事とはすこし規模が小さいのか?見きれていないのか?周辺デパートも規模が小さい。伊勢丹三越や駅ビルの中のショッピングビルも売り場面積が小さいように思える。北側のヨドバシカメラも行ってみたが、京都の駅前の同じものとは面積が小さい。さながらデパート戦争のようだが、既存の地下街・商店街もあり、商品が捌けるのだろうか。

一抹の不安を感じながら、JRで、京都へ戻る。むしろ京都駅の方が観光客も含めて、賑わっている感さえした。京都駅地下のポルタを見て回り、四条の駐車場へ地下鉄で戻り、いつものザ。めしやで定食(4品)で1000円。午後8時車で帰宅。結局、麦わら帽子1800円、書籍3冊(新潮45、日経OFF、高橋洋一著日本国の深層)2500円を買っただけ。リーズナブルと言うか、貧困と言うか。質素と言うか。お安い夏の旅でした。
ダイエット中なのは、ある意味健康的で、良いことです。

結論は「京都が落ち着くな~」でお終い。
[PR]

by ando-ayabe | 2012-07-20 08:24 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

デスクワーク

7月18日(水)
あと何日や?子どもたちに夏休みまでの日数を問いながら、「あと3日や、頑張って行こな~」っと横断歩道のところで、声をかけて送り出す。来週からは、夏休み。ラジオ体操で二宮神社のところで一緒に体操だ~。

帰宅後、家庭菜園で採れた、トマトの大きいものを一個冷蔵庫から取り出して、前日に食べなかった生協の柿の葉ずし6個入りを平らげて、二階の自室へ。

デスクワーク。もう部屋は32度にまで上昇。クーラーをかけ、設定温度は28度。

都市計画マスタープランの中間報告案と地域別構想案を読み込んで、書き落としがないか、議会で各議員が提案してきたことが書かれているか。いろいろ考えペンディング。中部地域と西部地域の地域別構想まで。まだ少し時間もある。後日考えよう。市民の皆さんへの説明会が7月30日から始まる。是非各地域での説明会に市民の皆さんもご参加いただき、将来の私たちの地域のまちづくりを考えましょう。

しかし、この暑さ。集中力も途切れがち。午後は能率も悪くなる。田中議員が書類を持って来訪。参議院の税と社会保障の一体改革に関する集中審議の様子をテレビで見ながら、午前中の続き。
夕方4時ごろから、青野町の自治会規約の改正案をまとめて、ついでに新旧対照表を作ろうと奮闘。

夕方6時。もう今日はパソコンは止めよう。と庭に出て、水撒き。地表温度を下げて、涼しくしよう。

午後7時。夕食。7時30分から川糸町の福祉ホールへ。ライオンズクラブ理事会に出席。午後9時終了。会議の最中に電話が2本。明日の予定を入れたりしながら、ライオンズクラブ創立50周年記念事業について議論しておられるのを聞いていた。人数が減って運営や財政的にも大変な様子。今日の経済情勢では、ライオンズクラブもロータリークラブも青年会議所も皆会員減少に悩んでおられる。経済負担は大変なもので、奉仕活動にも限界があるなかそれでも、会の維持のために奉仕活動に徹している皆さんに頭が下がる。
[PR]

by ando-ayabe | 2012-07-18 23:37 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

梅雨明け宣言

7月17日(火)
ついに近畿・東海地方などに梅雨明け宣言が発令された。朝から気温はぐんぐん上昇し、室温は30度を軽く突破。汗かきの私はたまらず節電タイプのクーラーのスイッチON。

空は真っ青、夏の空独特の透き通った青。山の緑を良くマッチしている。

午前中は、KBSTVの祇園祭の中継を見ながら、3連休でたまっていた行政に関する調整を電話で済ませる。

午後、議会事務局へ。今日は、議会運営に関して、視察の対応をしなければならない。
昨年と異なり、今年は議会への視察が比較的少ない。今日は、兵庫県播磨町議会運営委員会の皆さんが、綾部市議会の議会報告会や議会基本条例の運用状況について視察に来られた。

むしろ播磨町議会の方が議会改革は進んでいると思うのだが、議会報告会に参加者が少ないことについて、綾部市の取り組みをお聞きに来られたのだ。
6平方キロメートルの区域に3万4千人が居住し、山もない町が播磨町。片や347平方キロメートルに3万5千人が済む綾部市。おのずと議会報告会の持ち方も異なるのは道理で、あまり参考になるとも思えないのだが。お互い町の事情に合わせて、特色のある取り組みをすることで良いのではないだろうか。

日曜議会の取り組みを説明すると興味を持っておられた。そして、綾部市には、市民新聞と言う議会の状況を市民に伝えてくれる素晴らしい新聞があることも、大変興味を持たれていた。コピーを渡しておいた。

議会の反問権のことや通年議会、一時不再理の原則と通年議会とのかかわりについても質問が及んだ。まだ研究中なので、お答えすることができなかった。確か地方自治法改正案で、その件にも及んでいたと思うのだが。

午後3時半。播磨町議会の御一行は、他市へ出向かれた。
その後、議長と協議。いったん帰宅したが、会議室に携帯電話を置き忘れたことに気がついて、再び市役所へ。ドジだ~。

午後5時半から6時過ぎまで、家庭菜園で収穫。3日間も行っていなかったら、キュウリの支柱がキュウリの実の重みに耐えきれず、倒壊寸前だった。急いで、キュウリの実を切り落とし、どうにか元に戻った。

夏の菜園には、足しげく通わないと、ひどいことになっている。キュウリやナスビも食べごろを過ぎ、ウリのように大きくなってしまう。

収穫を済ませ帰宅し、急いでシャワーを浴びて「ほろにがクラブ7月例会」へ。明日18日発売のアサヒビールの黒ビールの試飲だった。「う~ん」と言う代物。売れるか売れないか微妙だな~。

帰り際に、元先輩議員さんにブログのことや、市民団体のことで、色々ご意見を頂戴した。異なった考えの方々もいると言うことを自覚してブログも作らねばならないと反省した。

ここに掲示することによって、与える影響力や、私に対する評価も下されていると言うことを自覚しなければならないのだが、一定そのリスクは承知の上で、自分の考えを掲載していることも事実で、未熟な点は、どんどんご指摘をいただきたいと思う。今日のように面と向かってご指摘を受けることはありがたい。匿名のご指摘には、少しお答えしにくいのだが。
その意味で、今夜の「ほろにがクラブ」は良い会だった。
午後9時半帰宅。ふしみやの前で、1時間も立ち話をしていたことになる。
[PR]

by ando-ayabe | 2012-07-18 08:57 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

夏本番

7月16日(月・海の日)
今日は祝日。海の日。朝8時50分京丹波町のグランベールへ。同級生とのゴルフ。ゴルフに行くのは、2月から5ヵ月ぶり。主治医の先生からは、ゴルフは健康作りに良いので、せいぜいするようにとのご指導を受けているが、スコアも上達しないし、お誘いを受けてもほとんどお断りしているが、今日ばかりは、2回も断っている方々なので3回目の正直。出席させてもらう。

車はR27を南へ。北行きの車で混雑していた。もう海へ行くのだろう。今日は本当に夏本番かと思わせる暑さ。既に車外は32・3度になっている。10時からスタート。終了は午後3時半。暑い盛りに回った。同級生と回るので楽しい。スコアは113。相変わらず下手くそ。(多少の弁解をすると、グリーンティ(メンバーティ)から回ったので距離が400ヤードほど伸びており、、、、5か月ぶりで、、、、、2回連続OBで、、、、言い訳ばかり。情けない。
帰路も、反対車線の京都方面は大混雑。特に京都縦貫道和知ICからR27へ流入する車が多いこと。和知道の駅付近では、橋梁の塗装工事と重なって数kmの大渋滞。


緑の山岳コース。涼しい風が渡る。気持のよい夏の一日だった。アフターも色々ご意見を頂戴した。
[PR]

by ando-ayabe | 2012-07-17 10:33 | 文化体育活動 | Trackback | Comments(0)  

交流

7月15日(日)
夏本番のような天気だ。しかし、京都市内では未明に大雨が降ったと。朝涼しいうちにと、市役所へ。
今日は、南丹市で、京都府北部合唱連盟の合唱交流会が開催される。昨年は参加できなかったが、今年は、万障を繰り合わせて参加した。

地域行事もあったが、今年だけは欠席させていただいた。と言うのも、我が合唱団のベースパートが大変苦しい状況。今日の交流会にも主要戦力となる男性が2名も欠席し、どうしても行かざるを得ない。

熊野神社の除草作業、口上林川まつり、青野町囲碁大会、先輩の葬儀など、重なっていたが全て事前に断りを入れて、園部へ出向いた。

亀岡市(亀岡混声合唱団)、南丹市(河鹿合唱団)綾部市(綾部混声合唱団)、福知山市(福知山混声合唱団)、舞鶴市(木星会合唱団)、与謝野町(石川混声合唱団)の京都合唱連盟所属の合唱団が毎年交流会を設けている。今年は南丹市(河鹿合唱団)のホストで、園部城の近くの公民館、国際交流会館で開催された。

午前8時10分綾部を出発し、9時過ぎに到着。リハを終え、午前11時から、各段の合唱発表。午後1時から、交流パーティが開催され、近隣の方々と合唱のことや知り合いのことなど交流させていただいた。
f0111128_85065.jpg

同じ趣味の皆さんたちなので、話しも歌もすぐに盛り上がった。楽しいひと時を過ごして、パーティの途中で退席させていただいた。園部発の電車で綾部へ。午後4時前に到着。電車は朝の京都市内亀岡の大雨で、遅れていたが、こういうときは、むしろ普通電車の方が早く着く。約10分遅れで園部を出たが、綾部についたのは5分遅れにまでになっていた。家人と次の会場へ移動。

高槻町の家人の友人の皆さんが集まるお宅で、「そうめん流しをするので参加されたし」とのこと。
知り合いの方たちばかりなので、ここでも交流の輪を広げることができた。楽しい話をして、午後9時会はお開き。

今日はたくさんの方々との交流に花が咲いた一日だった。
[PR]

by ando-ayabe | 2012-07-16 08:50 | 文化体育活動 | Trackback | Comments(0)