<   2010年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

プレイバックこの1年

f0111128_13113936.jpg
今年もすべての本会議で一般質問を行いました。「市民の皆さまの声を議会へ」が私の流儀です。
f0111128_1312181.jpg
市議会へは、全国の市議会議員さんが視察に来られています。議会運営副委員長としてお越しになった議員さんに説明します。。
f0111128_13175389.jpg
綾部市への視察は、水源の里や市立病院の健全経営ばかりでなく、議会改革先進地としての視察も増えてくるようになりました。
f0111128_13182362.jpg
新しい政策課題の勉強も怠りません。東京での地域主権改革の研修会にも参加しました。このときにお出会いした片山善博氏が議会開設60周年で綾部に来ていただくきっかけになりました。
f0111128_13223085.jpg
会派独自でも調査活動を行っています。豊里幼児園の園長先生や市の担当課長と意見交換
f0111128_1319012.jpg
議員活動と個人の活動をリンクさせ、まちづくりも積極的に取り組みました。市制施行記念日の8月1日早朝には、平和塔で、綾部市歌をうたう会を仲間の皆さんと企画。たくさんの市民に参加いただきました。
f0111128_13195533.jpg
下水道の舗装復旧工事は、またとない地域の課題解決の時です。通学路の整備も現地調査し工事に反映させます。
f0111128_1320194.jpg
市議選は暑い中、戦われました。本当に暑かった今年の夏の選挙l
f0111128_13205356.jpg
市制施行60周年還暦を迎えた綾部市。これからどんなまちづくりを。「温故創新」も大事です。
f0111128_13213891.jpg
味方町の水道の老朽管更新事業も効率よく地域の道路舗装の改善をあわせて行います。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-12-31 13:45 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

綾部市議会10大NEWS

12月30日
年末年始は寒波だ。今年の元旦も昨年からのカンパで初日の出は見ることが出来なかった。
机の整理や書類整理。ふと思い立って、今年を議会を私なりに振返ってみようと思い立った。と言っても、議会でのオフィシャルな10大ニュースはない。私の予断と偏見で振返った市議会10大ニュース。

①市議会開設60周年
 昭和25年市制施行と共に開設された綾部市議会は今年で60年になる。節目の年として、7月3日、ITビルで記念講演会を開催。「地方分権時代の議会」と題して片山善博現総務大臣(元鳥取県知事)を招いて講演。

②綾部市議会基本条例を制定
 「議会改革の歩みを止めない」を合言葉に、議会運営委員を中心に議会改革委員会を併設し議会基本条例案を策定。2月にはキーワードは「参画と公開」をテーマとした議会地域懇談会を開催。
6月議会で、府下で、京丹後市・精華町に次いで「綾部市議会基本条例」を制定。
f0111128_1241695.jpg
各地域へ議員が入って説明意見交換をする。

③市議会議員選挙執行
 8月29日執行の市議会議員選挙が記録的な酷暑の中、定数18人に対して23人の立候補のもと選挙戦が繰り広げられた。投票率は、酷暑の影響か過去最低の69.58%に終わった。
f0111128_12511360.jpg
決起集会で選挙戦は始動

④綾部市第16代市長に山崎善也氏
 1月17日綾部市長選挙が執行され、山崎善也氏が「よそ者」と言う相手陣営の誹謗中傷攻撃に屈することなく圧勝した。
f0111128_12524974.jpg
市長就任後初の議会運営委員会で議案提案する山崎新市長

⑤四方八洲男綾部市長退任
 12年間綾部市政を担ってきた四方八洲男市長が1月31日退任。「市役所はサービス業」「反転上昇」など幾つもの名言を残し水源の里や中東和平、財政再建など幾つもの実績を残し、後継の山崎新市長にバトンを託し市長を退任された。
f0111128_132933.jpg
四方市長退任式には多くの市民が別れを惜しんだ。

⑥第16期市議会開会
 8月の選挙で激戦を勝ち抜いた18人による第16期市議会が9月21日開会され、議長に木下芳信議員が選任された。議会改革の一環として、議長選挙に先立って、全員協議会の席で、議長立候補予定者の所信表明の機会を設定。

⑦27年ぶりの議案修正可決
 9月議会において、昭和58年依頼27年ぶりの議案の修正可決が行われた。「綾部市立幼稚園の保育料条例の一部を改正する条例」に対し、市民・保護者への説明が不十分にもかかわらず1.75倍もの値上げに対して、異論が出され、施行期日を平成12年4月からと1年延期する修正議案を可決した。

⑧参議院議員選挙執行
 政権党の民主党の度重なるマニフェスト違反に国民の厳しい判断が下され、参議院議員選挙で民主党は敗退。参議院での民主党の過半数割れとなり、国会でのねじれが発生。

⑨「綾部市行政に係る基本的な計画の議決等に関する条例」を制定
 議会基本条例第9条に定める「条例で定める議決事項」を定めるための条例を議員提案で制定。綾部市総合計画基本構想に基づく基本計画と綾部男女共同参画計画、綾部市環境基本計画を議決事項と定める。

⑩京都府山田知事再選を果たす
 地方分権推進の旗頭として実績を積んでいる山田現知事が京都府知事選挙に再出馬。選挙戦は希望の京都を創る会の選挙対策本部のもと戦われ、4月11日。山田知事が共産党が推す門氏に圧勝した。
f0111128_12484675.jpg


2010年市議会に関わる数多くのニュースがあった。2011年も、一層市民目線を大切にした議会を目指して、議会・地域で議員それぞれが活動を行い、充実した市政を推進することが求められる。


 
 
[PR]

by ando-ayabe | 2010-12-31 12:22 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

年の瀬

12月28日(火)
午前中は、前日のブログ作成。来客有。ご活躍の様子なにより。調査依頼をされたので市役所の保健推進課へ電話。

午後1時から市へ。要望書を2件提出。1件は青野町の市道の横断歩道設置。味方町のカーブミラー設置の要望。
f0111128_17282616.jpg
危ない横断もあります。
f0111128_17323462.jpg
人と車が混在して危険な状況も
f0111128_17324714.jpg
      ここにもカーブミラーが必要です。
 いずれも安全・安心のまちづくりのために必要な案件。
その後、金融機関へ行き、自治会の会費や支払い案件の入出金。新設防犯灯の工事費を電気屋さんに支払う。市道青野線にLED球の防犯灯を2基設置した。ちょっと費用は嵩んだが、ランニングコストは安い。電気代は安価で球は長持ちすると言う。

帰宅後は、自治会の会計収支帳簿を記帳し証拠書類を整理。

もうテレビはクリスマスからお正月おせちのコマーシャル。年の瀬を感じます。

午後8時から10時まで消防団員の皆さんの年末警戒の激励に詰所回り。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-12-28 17:28 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

綾部の未来予想図

12月27日(月)
議会特別委員会が主管する議員研修会が開催された。講師は、8月1日の市制60周年記念式典時に記念講演した日本政策投資銀行事役藻谷浩介氏

テーマは「住んでよかった綾部の未来予想図」
感想は、さすがに溜飲の下がるようなお話しだった。そして閉塞感の漂う我が国に自信と進むべき方向を示唆していただいた。自信の漲るようなお話しだった。

「テレビでのコメンテーターが面白おかしく危機感を煽っているが、大事なことが報道されていない。」と数値で明確に示していただき納得の研修ができた。

また歴史を知る中でのお話しだった。
最後に各種データから出された、地域課題への対応策として、
①空洞化で失われつつある中心市街地の賑わいを域内外の交流の活性化でカバーしよう
②異業種・世代間の連携により、退職世代・若者世代の双方が地域に関与(貢献)できる機会を創出しよう
③地元メディア活用により、地域の埋もれた資源・人材の発掘を通じて、住民の郷土愛を”見える化”しよう
④行政だけでなく、企業・住民を巻き込んだ地域ぐるみでの広域連携で観光・交流を産業化していこう
の4点を上げて提案された。

この4点を生かしてまちづくりや市民活動を進めていくことを検討企画するべきだろう。
早速①に関しては街中での「産業祭り」の開催を実施され、街中交流を試行された。これから、この4点を柱に進めていけばきっと素晴らしい地域再生を進めることができることだろうと思う。
f0111128_1153340.jpg

2時間があっという間に過ぎた研修会だった。講師の藻谷さんに研修会終了後ご挨拶をしたが「研修会でどなたも居眠りをされる議員さんがいない議員研修会は珍しい。皆さん熱心な議員さんだと思った」と率直なご意見を頂戴した。

この研修会は、8月に同じものが開催され多くの市民が講演を聴かれていたが、議員は市議選直前で、ほとんど聞けなかった。9月には総合計画審議会の委員が研修を受けた。議会でも議員研修会の講師としてお願いしようと市の企画担当者に打診していたが、講師がお忙しくて困難だろうとの話だった。

諦めかけていたところ、今回「職員研修」とあわせて「議員研修」も同時に開催しようと言うこととなった。

地域リーダーやファシリテーターとしての役割を担う議員や職員は地域の課題の分析と進むべき方向をしっかりと把握して、提案や行動を起こすことだ。

議会では、時折とんでもない時代錯誤の質問・提案をされる議員もいる。日常の研鑽と責任ある質問提案が必要だと痛切に感じる。

午後0時45分研修会は終了。午後は要望書や議会だよりの添付写真を撮影に市内を回る。午後3時過ぎに帰宅。写真データをメールし午後6時から同級生の皆さんと今年最後の忘年会に参加。旧交を温める。来年は皆還暦だ。同窓会を開こうと話が盛り上がった。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-12-28 11:27 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

クリスマス・イブ

12月24日(金)

今夜はクリスマスイブ。前夜の綾部混声合唱団忘年会で、山下達郎のクリスマスイブを歌ったが、下手くそだった。それっきり歌うのを止め。

クリスマスイブと言えば、思い出すのは娘のこと。娘は小学校4年生までサンタクロースは実在すると本当に思っていた。小学校5年生の時、友だちに「それはお父さんや」と聞いてそれでも半信半疑だった。小学校6年生の時にようやくサンタクロースは父だと判ったようだ。にやにや笑ってそれでも2階のベランダにお願いの紙を吊るしていた。

そんな「おぼこい」娘が、最近結構主張するようになった。頼もしいと思いつつ、まだまだ甘いな~と思う今日この頃。

今朝は、午前中は自治会の決算や次年度予算の協議資料を作成。午後0時半から、後援会の推薦団体回り。太陽の会の会長を訪問し、状況報告と協議。

午後1時20分。綾部高等学校へ行き、校長先生や副校長先生などと意見交換。

午後3時再び推薦団体回り。ある業界団体の代表者の方と色々情報交換。ウインカーを点滅させているのを忘れて、2時間も話し込んでしまった。自動車のバッテリーがあがってしまう。何とかエンジンを始動して貰い帰宅。

夕食を1人でとり、午後7時過ぎ自治会役員会へ。午後9時終了。

我が家にはクリスマスケーキがない。家内は、牛乳臭いのが嫌い。私は、糖分制限で甘いものを食べるのは駄目。

結果、我が家のクリスマスは無し。気候だけは「雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろ~060.gif」クリスマスイブが似合う夜になってきた。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-12-24 22:53 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

天皇陛下喜寿の祝い

12月23日(木)
今朝は寒いようで暖かいような冬の一日だ。天皇陛下の誕生日。77歳になられる。喜寿の祝い。国旗を掲揚し天皇陛下のご健康をお祈りした。インタビューでは、大分お年を召されて、耳が遠くなられたようだ。誰しも歳を取ると、健康を維持するだけで精一杯になる。お金は最小限必要だが、欲張らず、健康を維持し精神的にも安定して歳を重ねることこそが何よりだ。今日は朝から12,910歩歩いた。
f0111128_23265165.jpg

今朝の新聞に、京丹後市議会で、市が提案した学校統合案について修正議決していた。9月議会で綾部市議会では、幼稚園の保育料の値上げを1年延期する修正議決を行った。それ以来、先輩議員や職員OBの方から色々ご意見をいただいた。「与党会派として山崎市長を支えるのが先決ではないか」とか「市長提案に議会がケチをつけた」とか。あまり良いご意見はいただかなかった。しかし、その方々にご理解いただけるよう説明しているが、議会と市長等執行部との関係を良くご理解いただいていない方々の多いこと。表面だけを捉えて中味を聞かずに批判・指摘される方が多いこと。市民が選んだ議会をなんと思っておられるのか。もう一度地方自治法を読んで頂きたいと思う。

 議会は市長等執行部の提案する議案に関して審議議決する純然たる議決機関であって、内容をしっかりと説明を受ける中で議決している。修正議決したことは合議制の議会として判断しただけのこと。むしろ健全な議会と言える。常日頃「イエスマン議会」と議会の必要性を問いながら、一方で、議会の権能を忠実に実行したことに対して内容を判断もせずに批判する。それなら従来の市長執行部と議会はどうであったのかと問いたい。(「なれあい?」「議会の権能をちゃんと執行していたのか?」と)

 京丹後市議会だけではない。福知山市議会では土地開発公社問題や不明朗な入札案件で議会として審議している。舞鶴市議会では、市長提案の市立病院への補助金に対して幾度も予算案を否決している。南丹市議会では、市が提案した機構改革案(部設置条例)に対して議会が疑義を呈して、市長が議案を議会中に取り下げている。

このように議会と執行部と牽制しながら、市民の福祉の向上のために地方自治法に基づいて、本市では加えて、議会基本条例に基づいて審議・議決しその議決に責任を持つことになっている。

午前10時まで、前日繰り越した色々な懸案事項を電話で処理。その後、自治会・自主防災会・公会堂管理などの案件で町内をウオーキング。

途中で、紫水ケ丘のYさんが羊を放牧しておられたのでお話しをする。今お腹の中に赤ちゃんがいるとのお話。アニマルセラピーの話しを聞く。
f0111128_2327878.jpg

町内の印刷屋さんからは、官公需の市内発注についてご相談を受ける。今日まで、私は事あるごとに官公需の市内業者への優先発注を要請してきた。頭から市内が入れない随意契約等があるのではないか。盲点があるのかもしれない。来週にでも調査しなければなるまい。パソコンの普及や輪転機での内部印刷などで、外注は減少している。市内の業者はどこも死活問題になりつつある。

その足で、市民センター公民館青少年部の行事に広報担当として取材に行ったが一足違いで終了していた。写真は事務局にお願いして、堤防を歩いて帰宅。畑のタマネギも育っている。ちょっと追肥が足りないのか先っちょが黄色い。肥料不足か?

その後、自宅で昼食。少し休んで、家内の軽自動車のタイヤをスノーに交換。明日から雪になるとか。ついでに庭の枯葉を整理し、迎春準備を始める。午後3時30分。青野町の隆夫さんのお誘いで作業場へウオーキング。意見交換2時間。午後6時。再び歩いて綾部混声合唱団の忘年会に亀甲家へ。歌声の集まりだけに演歌から童謡まで楽しく歌う。

疲れていたので早めに歩いて帰る。午後10時帰宅。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-12-23 23:29 | 日々の生活 | Trackback | Comments(1)  

鉄道殉職慰霊祭

12月22日(水)
朝9時。朝食を済ませ、了圓寺へ今日は朝から「平成22年度綾部鉄道殉職者・遭難者之霊慰霊並びに遷座式」がJR綾部駅・舞鶴鉄道部・鉄道OB会の皆さん、顕本婦人会・了円寺檀家の皆さんと一緒に挙行される。
f0111128_2031938.jpg

了圓寺堂内で法要・焼香が行われ、場所をJR綾部駅構内に移して、慰霊碑の前で、遷座開眼法要を挙行。除幕式後法要・散華・焼香と続いた。
f0111128_20313418.jpg

この鉄道殉職者慰霊の式。明治37年阪鶴鉄道敷設以降、綾部管内の舞鶴線・山陰本線での鉄道で殉職や遭難された方々の霊を弔うため了圓寺で慰霊していたが、舞鶴線の川糸通り沿いに昭和2年に慰霊碑を建立。以来多くの関係者・遺族が慰霊式を1年に1回開催し今日に続いている。ここ近年川糸通りにあった慰霊碑の周りが荒れ放題になり、霊をやすめるにはあまりにも酷い状況が続いた。住職が心を痛められ、八方手を尽くされたが状態が改善することはなかった。しかし檀家のお一人にJR西日本の幹部の方がいらっしゃることを住職がお知りになりご相談されたところ、その方のお力で話が前進。JRの経費で綾部駅北側のJR敷地に移設されることとなり、このたびの遷座・開眼式となった。

f0111128_21121686.jpg
とても相応しい場所に慰霊碑は安置された。先ごろ、JR西町踏切の拡幅改良工事でも工事中地中から3体の宝篋印塔が出土したとのことで、何時の時代かはわからないが、鉄道事故で亡くなった人のものと思われることから、このたびの慰霊碑移設にあわせて慰霊碑の下に納められた。

既にご住職が了圓寺に着任された50年前以前からこの慰霊祭が了圓寺によって行われていたと言うから相当な歴史。
f0111128_21123712.jpg

先日もJR福知山線列車脱線転覆事故の裁判が行われていた。多くの乗客の命が「あっ」という間に失われた福知山線脱線事故。日常の業務の中で乗客の命を預って列車を運行しているとの当たり前の意識に欠けると、とんでもない事故になる。JR関係者もこの慰霊碑の前で、思いを新たにしていただく良い機会だとおもう。西町踏切がなかなか開かないと不足を市民からよく聞くが、市民の方ももう一度良く考えて欲しい。「注意1秒怪我一生」その時間に列車が通過することは周知のこと。そのことを認識して、もう5分早くその踏切を通過すれば済むこと。自分中心に時間を設定しないでいただきたいな~と思う。そこでの時間がどれほどの影響を与えるのか。自分で時間管理をされることをお勧めする。

午後0時15分。ホテル綾部でライオンズクラブ納会例会が開催され出席。今日は国際平和ポスターコンテストの表彰式が行われ、受賞した綾部小学校6年生の上柿拓輝君、山岡奈々美さん、菅沼真君、村上架月さんの4人が斉藤会長から表彰状を手渡された。昼食交流の時にH商店の社長から桜が丘団地のことで相談を受ける。他の議員にも相談したが無しのつぶてとのことで、代わりに私が対応することに。
f0111128_20321269.jpg

午後1時半例会終了後、同クラブ計画委員会に出席。午後2時帰宅。京丹後市役所、綾部高校、綾部市役所などに3・4件電話。要望や提案、依頼。午後3時から「源太郎後援会」の副会長会議に出席。午後4時終了。源太郎後援会青野支部・支部長選任について由良会長と協議。いろいろ話し込んで午後6時帰宅。娘に電話をして夕食。

久しぶりに夜のスケジュールは無し。お昼にお寺で頂戴したお弁当を半分と奥さん手作りの野菜煮を食べて夕食終了。シンプル・イズ・ベスト

12月21日(火)
朝は子ども見守り隊へ行った後「ホテル京 綾部」まで散歩がてら歩く。前夜のユニセフ交流会の飲酒で車を置いて帰ったため取りに行く。1.2km、20分も歩けば着く。健康づくりにはちょうどよい。

 帰宅後朝食をとって、午後の「市議会振興計画審査特別委員会」の審議事項について事前の勉強。
昼食をとって、市役所へ。午後1時から午後5時過ぎまで特別委員会で議案審査。
 この4年間に課題とされた事項を計画に反映させねばならないと考えて、何項目か質問・提案・見解の聴取を繰り返す。経験ある2期目以降の議員がイニシアを取らねばならないとの自覚で、事前に読み込んでアンケート結果が計画に活かされているか対比しながら質問を繰り返す。特に感じたのは、アンケートでは、綾部市の過疎地域に若者が住もうとしない理由の一つに、消防団の訓練の大変さや調整区域に自由に家が建てられない規制の厳しさなどが回答されていたので、それらに関して計画に反映されているのか質問をした。

特別委員会終了後、創政会だよりの原稿を会派で調整。最終原稿を取りまとめた。編集委員長は塩見議員です。(1月5日の新聞折込をお楽しみに)

午後6時。お寺の忘年会の段取りで田口さん宅へ。雨がひどく降っている。その後「ほろにがクラブ」の12月例会に出席。楽しく交流。2次会にもお誘いをいただいて、帰宅は午後10時半。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-12-22 19:52 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

アジアの火種

12月20日(月)
前夜のNHKTV「坂の上の雲」ちょうど朝鮮半島を分割する交渉が日本とロシア帝国との間で繰り広げられていた。同じNHKTVでは、「蒼穹の昴」で日本が朝鮮に大挙軍隊を派兵し、日清戦争で、清国が負けたシーンだった。

司馬遼太郎の「坂の上の雲」ではときのが小村寿太郎が日英同盟を締結する時、ロシアとイギリスの過去の外交史を調べさせ、どちらが約束を守る国家か調べ、ロシアの条約や協定を平気で破る国民性を見抜き、日英同盟へと舵を切ったとある。日露戦争当時も北緯39度線で、ロシアに分割することをロシアは交渉している。我が国はあくまで、朝鮮王国の独立を主張している。第二次世界大戦終了直前に日露不可侵条約を一方的に破棄し満州へなだれ込んで来た。そしてあの不幸なシベリア抑留の悲劇を生む。ロシアは絶対に信用できないことは日露戦争で解っていたにもかかわらず、日露不可侵条約なるものを締結した日本帝国。
そしてまた、いつの間にか北方4頭すら返還するとの約束を翻してしまう。

朝鮮を韓国に統一することは、ロシア・中国にとって大変な脅威となる。日露戦争時代から38度線以北の役割は変わっていない。(大国のエゴ)一方日本国民には愛国意識も武力もないから、朝鮮半島有事の際の脅威は日本も同様だ。大陸間弾道弾で、高浜の原発を射程にされたら、近畿は死の灰で壊滅になるだろう。

できるだけ朝鮮戦争が勃発して欲しくないのは日本も中国・ロシア・韓国も同様。アメリカの傘も弱くなってきている。一方かつての清国のような中国ではない。また、ロシアのズル賢さは今も健在で、あわよくばロシアの介入が大いにある。ソ連邦は解体しロシアと名前を変えているだけで、かつての帝政ロシア・スターリン時代のソ連と本質は変わらないのではないか。

日本は早急に独自の軍隊(相当の武力)を持たねばならない。必ずや近い将来北朝鮮は暴発するだろう。そのときに避難訓練一つできていない日本。国民の生命財産を守れるのか。中国は虎視眈々と覇権を狙っている。日本の美しい山林を買収し、水資源を中国にとられてしまうとの懸念もある。楽観主義者となってしまっている日本民族。政府民主党の党内抗争に明け暮れる毎日。国民はうんざりしている。

それにしても100年以上経っても朝鮮半島は「東アジアの火薬庫」だ。もっと日本人も歴史に学んで意識を高めておかねばのんびりしていてはとんでもないことが起こるような気がする。

今日は、午前11時から医院へ薬をもらいに行く。先生が怒っておられた。「国保被保険者の人間ドックを市立病院以外にも受けることができるよう医療機関の意向調査を行っているが、どの開業医も受けられないだろう。開業医は毎日の診察対応で精一杯」とのことだった。
市内の病院とて、とてもそんな余裕があるのか疑問だ。

その後北都信金で自治会のお金を引き出し料理屋さんへ支払い、徒歩で帰宅。午後1時になっていた。2時間ウオーキング。食事は少なめにとの看護師さんの注意で野菜中心の昼食に。

午後、川糸町での収穫祭の写真を礼状にしてハガキ作成。鉄道遭難・殉職者の慰霊祭の広報原稿を作成しFAX。22日の午前10時からお寺と綾部駅に移設された慰霊碑で行われる。世話方三役として最初の仕事になる。

夕方、川糸町の方々へ写真礼状をポスティング。午後6時半からユニセフ綾部友の会交流会に参加した。井端さんと同席。楽しいひと時でした。午後9時帰宅。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-12-20 22:55 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

収穫祭

12月19日(日)
朝から霧が晴れない。午前10時半ごろ。川糸町のOさんから「お~い。収穫祭してるけど時間どうや?」とお誘いの電話。川糸町の恒例の収穫祭がO邸裏庭で開催。町区の皆さんが集まってドラム缶バーベキューをされていた。皆さんは川糸町の家庭菜園で野菜を作りながら、自治会活動を進めていただいている方々。

ゴミ資源回収事業も取り組んでいただいている。早くから地縁法人を設立され自治会活動でも活発な活動を進めておられる。

由良川で獲れた鮎や鹿肉をドラム缶で焼いたり、ヤキソバをしたり、もらい物や買い置きしていたものを皆が持ち寄って手作りの収穫祭を開催する。楽しい陽だまりのひと時だ。
f0111128_19301454.jpg

地域の課題や楽しい自治会活動の話をお聞きしながら、住民自治のあり方などについてフィールドワークする。得がたい時間だ。
f0111128_19324741.jpg

昼過ぎには近所の山崎市長もプライベート参加。色々お話をしたり議論をしたり楽しくすごす。1年前もご挨拶に山崎さんとこの席にお伺いした。懐かしく思い出す。

午後2時家庭菜園の野菜を沢山頂戴して帰宅。

午後3時あんまり良いお天気なので、ウオーキング。
白瀬橋からバラ園へ。紅いバラが冬晴れの中、綺麗に咲いていた。商工会議所の職員さんが整枝しておられた。バラ園はしばし休園なのでしょう。バラ園を散策していると、井倉のTさんがマイバラを探しておられたので、一緒に探す。
f0111128_19291532.jpg


グンゼ集蔵で、日野美國個展を開催しておられたので最終日の閉館間際だったが見せて頂いた。素晴らしい季節の花や綾部の自然などの油絵が展示してあった。素晴らしい作品でしばらく見とれていた。
f0111128_19293245.jpg

午後4時。気分が清々しくなって、再び堤防を散歩して帰宅。
f0111128_19295216.jpg

f0111128_19331299.jpg
今日は終日のんびりと心が晴れる一日だった。

夜は、大根炊きとカブラの千枚漬け、ほうれん草のひたし。頂戴した野菜でベジタブル夕食。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-12-19 17:45 | 日々の生活 | Trackback | Comments(1)  

断捨離

12月13日(土)
今日は、父と母の13回忌法要。ご住職にお願いして、2人の13回忌を一緒にお願いした。年回忌にしたら、母は、1月14日に亡くなったので、13回忌は来年になるが、松の内には出来ないので、繰上げしていただいた。

平成9年8月に父は足掛け4年の闘病の末に92歳でなくなった。母は後を追うように翌年の1月に91歳でなくなった。元気な両親だったが、終末は4年ほど介護の毎日だった。まだ介護保険制度もなかったが、それなりに家内と一緒に交替で自宅介護をした。

人間の最後も大変だ。過日、家内の父の三逮夜で、楞厳寺の為広住職が、煩悩の108についてお話いただいた。四苦八苦の話もお話しいただいた。クローズアップ現代で「断捨離」について特集していた。現代人。色々な品物を残しておく使わないのに買い込む。インターネット通販やテレビショッピングなどで思いつきで購入してしまう。バーゲンで、安いと思って不必要なものを買い込む。そんなこんなで部屋中が一杯になり片づけが出来なくなった人が多いと言う。そこで「断捨離」というセミナーで片付けるマインドを学ぶと言うもの。

家内はそうではないと言うが、私は案外「断捨離」的なところもあるのではないかと思う。
何時までたっても読まないような本はあっさりと処分する。これも残しておこうかと言う未練がいけない。整理整頓は常々時間があるときに必ず行う。いらないものは買わない。いらないものは捨てる。この基本が一番です。議会の私の机は、何時辞めてもよいように、私物は持ち込まない。貰った書類は自宅に持ち帰り、机は常に整理整頓です。

そうなると自宅も書類で一杯になります。貰った書類はジャンルごとにファイリングするか、議会ごとの綴りにとじこみます。

家内は私以上の「断捨離」。まだ着ようと思っていたフリースやワイシャツが次の年にはなくなっている。な~んて言うこともままある。

午前中一杯お寺で法要。墓地でも読経を上げていただいて、父と母の13回忌法要を終える。
午後はフリーで12月議会の整理。夕方は家内と合流し外食と買い物。
[PR]

by ando-ayabe | 2010-12-19 17:14 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)