あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

<   2010年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

4回・ミキティ有終の美

11月28日(日)
娘の学校のマンドリンクラブのコンサートがあり、京都府長岡京文化会館へ。京都は紅葉観光でごった返していた。長岡京でも光明寺が紅葉の見ごろなのか。臨時観光案内所が阪急長岡天神駅に改札されたりしていた。

会場の府長岡京文化会館の駐車場や前庭などで、農業祭が開催されていた。結構賑わっていた。竹工房やさつま焼き芋販売などご当地ならではのコーナーも。
f0111128_981260.jpg

f0111128_941164.jpg
この場所での長岡京の農業祭は、昭和58年、府地方課の研修生の1年間。長岡京のアパートに住居し府庁に通った。休日にこのイベントを見て思いついた。綾部も消費者との連携を深めるイベントにするべきだと。綾部市に復帰し、昭和61年に農林課の係長になった時、それまで市民センター競技場で開催されていた農林業振興祭を翌年の開催から府中丹文化会館に会場を変更し開催した。それ以来、屋外でのイベントに変わった。発想の原点は長岡京農業祭だったのです。
f0111128_982962.jpg

娘は4回になった。就職戦線は厳しいが、どうにかテイク・オフして欲しい。
f0111128_985378.jpg
今年のコンサートは来場者にも親しまれている曲が多く、それゆえに難しかったろうと思うが、4年間で一番良くできていたように思う。ギターパートはマンドリンクラブではめだたない存在だが、4年間地道に頑張ってきたものだ。それが彼女の良いところでもあるが。ミキティ有終の美を飾る。サッ切り替えて、就活に卒論に専念して頂戴。
f0111128_9565894.jpg

[PR]
by ando-ayabe | 2010-11-29 09:21 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)
11月27日(土)
今日は少しゆっくり起きた。朝食後、前夜の自治会長からの依頼事項を処理して10時20分若手メンバーと協議2時間。

協議終了後、意見交換。今の街の状況、地域の経済はどん底の状態で、私の先日のブログで書かれているような公務員の人事院勧告の減額率は甘い。個人の商店でも、売上も利益も半減している。公務員だけがどうしてこのような厚遇を受けるのか。といった憤りにも似た厳しい意見を受けた。

前日、総務委員会では、地域の賃金との比較の中で公務員の人件費も決めるべきだといった意見も出されていた。今や、市内企業も再び操業休止しなければならないほど受注量の激減にあっている。これからどのような景気になるのかまったく見通しがつかない中で、公務員に対する風当たりはきついと思う。
 手始めに議員や市長など特別職公務員の期末手当を20パーセント地域内消費に回せる商品券購入を義務化(地方公務員法で、給与は現物払いは認められていないから無理か。)するとか、そういった地域内経済循環を徹底させなければますます地域経済は落ち込むだろう。もう綾部だけで解決できる状況ではないが、綾部地域内で出来ることはやらなければ、市民の生活の問題としてしっかり捉えなければならない。

午後1時半からは、平成22年度KYOのあけぼの大学基礎講座~綾部市会場~へ出席。
テーマは「ホッとトーク。しあわせのカタチ~新しい男女関係(パートナーシップ)は手作りで~」と題して、パネルディスカッションが開催された。

大谷学さん(京都府男女共同参画課長)や舞鶴の女性経営者、綾部市役所の女性職員などをパネラーに、夫婦の協働、役割分担やイクメン実践者の大谷課長の体験談などを話された。

パネラーで両丹日日新聞記者の足立さんが、「イクメンはどんな形も出来る。育児休業を取得するだけではなく、育児や家事の役割分担もイクメンの一つだ」と話された。

その通りだと思う。民間は育児休業が取れるほど余裕はない。また、西欧社会のように、社会構造自体が男女共同の社会構造に一気に進むとも思えない。(大分進んできたが)

 要は、社会がどう変わろうと、お互いの人格を認め、いたわりあい認め合いながら、男女の協働社会を形成していけばよいように思う。それは何時の時代もそうであったのだが、社会的に認知されていなかっただけだろうと思う。(ちょっと甘いかも)

誰の役割だとか決めていても、出来る時もあれば出来ない時もある。出来る時にできるものが家事や育児を行う。助け合い補完し合う夫婦関係の構築や労わり、感謝の人間関係が出来ていれば自ずと協働社会が出来るのではないか。しかしそれには「教育」も大きく影響する。

母親が子どもの前で、父親の下着と洗濯を分けてしたり、父親を子どもの前でないがしろにするような言動。また、仕事が多忙であったり、社会の人間関係の摩擦でイライラする気持ちを子どもや家族に向けるような夫がいたとすれば、その基本が崩れ、その子どもが子育てする頃には歴史は繰り返される。子育ての技術的な教育や倫理感や精神の教育も大切になってくると思う。昨今の社会を見てみると育児子育てに「親学」も必要な世の中だ。私も偉そうなことは言えないのだが。

午後3時集会を終え帰宅。帰宅後は自宅庭の落ち葉の整理。来客対応など。
[PR]
by ando-ayabe | 2010-11-27 19:32 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

12月議会開会

11月26日(金)
12月議会が開会。朝から部屋会。前日の議会運営委員会の報告。今日の議事日程の説明。
午前9時半。全員協議会。教育委員と人権擁護委員の選任・推薦など人事案件について山崎市長から説明。特段異議も無く全員協議会は終了。

午前9時50分から本会議が開催された。
前日議運委で決めた議事日程にもとづいて会議は進行

会期は、11月26日から12月17日までと決定。
議第84号から議第97号までの議案の提案が市長からあった。
続いて、同意案件として、教育委員の藤野絹枝さんの後任として赤井信吾氏を、諮問案件として人権擁護委員に、西口博幸氏を選任・推薦する旨の提案がなされた。

また、議会の指名推薦で、選挙管理委員に、十倉照子委員(再任)、高野俊道委員(再任)、南田昌誼委員(再任)を。西田愛子補充員の委員への推薦。補充員として松下信明氏(再任)、山田初代氏(再任)、中田誠治氏(新任)高橋秀文氏(新任)をそれぞれ推薦した。

その他委員会の名称変更について提案がなされ、議第84号の職員の給与に関する条例の一部改正に関して、ただちに総務教育建設委員会を開催することを決めて、本会議は終了した。

午前10時半から開会された「総務教育建設委員会」において、職員等の給与の引き下げに関する条例改正について提案説明が行われた。

質疑では、職員の月給(基本給)を0.1パーセント引き下げする。200円から700円の給料の引き下げ。また期末勤勉手当を一般職員で、年間4.19ヶ月から年間3.95ヶ月に引き下げると共に、市長等特別職(議員を含む)の期末手当を年間3.1月から2.95月に引き下げる改正案。給与等の引き下げによる影響額は△32百万円。
月給の引き下げに該当する職員は、374人中235人。若年層の139人は月給の減額は0円

委員の中からは、市内賃金を比較してもまだ減額率が低い。もっと地域の賃金は低い。と言う意見があった。答弁としては、地域の平均給料を調査することは困難。人事院勧告による全国の50人以上の民間企業の給料の平均を取っている。とのこと。また、優秀な人材を確保するためには他市との比較で、同様の賃金体系が必要との答弁もあった。

採決の結果、全員一致で可決。共産党の搗頭委員が「公務員賃金を下げることは、市内の経済の低迷を招き景気悪化の悪循環になる」と提案の条例改正案に反対されるような意見を言っておられたが、引き下げ案には賛成されるという理解不能の立場だった。なんか意見を言わないといけないという党の立場はわかるが、もう少し整合の取れた意見が欲しいものだと思った。

委員会は、午前12時に終了。その後議会事務局次長と11月29日の議会運営委員会の事前協議を行い。午後0時30分帰宅。

午後は、昼食後、3時から天神町・相生町自治会長さんと中心市街地の要望の現地調査を行う。要望書にまとめて、市へ提出しようと思う。

市街地中心部は、住家が密集すると同時に過疎化・高齢化や木造家屋・店舗の老朽化・空家化が進み、防災・防犯上大きな問題となっている。
f0111128_1313570.jpg


f0111128_133858.jpg
抜本対策と共に、応急対策も必要だ。

雨が降る中2時間自治会長さんの案内で地区内を調査。来週にも市に課題箇所の調査と対策の検討をしていただくよう部長に要望しておいた。早急に要望書を作成したい。

最近近所へは徒歩で移動するようにしている。健康づくりの一環だ。天神町にも徒歩で往復。雨が降ってきたが、午後5時帰宅。夕食を1人でとり、午後6時半。公会堂へ。

自治会組長会の準備をして午後7時開会。午後8時終了。今夜は市民合唱祭の練習日。中丹文化会館へ。いつもながら久木先生の指導は上手い。
f0111128_1335089.jpg


午後9時練習は終了。
[PR]
by ando-ayabe | 2010-11-26 23:42 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

紅葉様々

11月21日(日)秋晴れ。青野町自治会グラウンドゴルフ大会。参加は60人。隣の野球グラウンドでは川糸町のグラウンドゴルフ大会。
f0111128_014325.jpg

午後。急遽義父の入院している市立病院へ。危篤状態だったが、午後2時過ぎ。永眠。84歳。苦しんだが、最後は穏やかに息を引き取った。家族もよく介護看病し家族に看取られ幸せなお別れだった。
11月22日朝から会派の部屋会議。午後1時から与党勉強会・一般質問調整午後3時23日の囲碁十傑戦の商品を購入。午後6時から枕経。菩提寺は楞厳寺・為広住職にお世話になる。舘の私の母の実家も同じお寺。
11月23日
朝6時半に石原の家内の実家へ行き、自治会の皆さんに葬儀告別式のお手伝いのご挨拶。その後一旦帰宅し、11時半。黒谷和紙もみじ祭りへ参加。石角さんのご案内を受けて行く。
f0111128_0142515.jpg

f0111128_0144797.jpg
遠くからも参加者があった。私も手漉き和紙の体験をする。早く乾いて届かないかな~。
f0111128_0151645.jpg
f0111128_0153666.jpg
f0111128_016012.jpg

11月24日 義父の葬儀・告別式で終日斎場や家内の実家で過ごす。午後6時。すべての用事を済ませ帰宅。3日間のくたびれか、午後9時早々に眠る。

f0111128_0163142.jpg
こちらは同じ紅葉でも大阪城の紅葉。11月25日は8時から議会運営委員会などの事前レクで議会へ。午前8時半 市理事者と正副議長と最終協議。議員提案で条例制定する。
 午前9時 議会運営委員会。12月議会2回目の委員会。26日の本会議議事日程の協議。午前10時国道27号整備促進期成同盟会で大阪へ要望・提案活動。
f0111128_0181068.jpg
ちょいとの待ち時間近くの大阪城公園を散歩30分ウオーキング
f0111128_0184787.jpg
午後3時 国土交通省近畿地方整備局道路部長に面会し国道27号の早期整備の要望。地域の生活道路として国道27号は幹線。住民の生の声を聞いてもらうため要望活動は絶対に必要だ。民主党の要望の窓口一本化と言うばかげた政党のエゴのお陰で、さっぱり道路関係予算は削減された。堤防の維持管理経費は半減だと言う。これからは堤防に雑草が一杯繁っていたら、民主党の国会議員の事務所や民主党系の地方議員に文句を言って欲しい。責任は彼らにある。政権与党として説明責任があると思う。
f0111128_1242852.jpg
期成同盟会の皆さんも憤りを感じながら帰路についた。道路部長も福知山事務所長も精一杯、地域の生の声をしっかり聞いて予算確保に努力すると言ってくれた。

午後5時半。帰綾。午後7時半歩いて宮代コミセンへ。綾部混声の練習。往復7千歩歩いた。今日一日で1万歩は歩いているだろう。

老化防止は20分以上6千歩以上歩くことだとか。

さー26日からは12月議会だ。
[PR]
by ando-ayabe | 2010-11-26 00:24 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(2)

東祭

11月20日(土)
どうも柳田法務大臣を辞めさせるようだ。補正予算引と引き換えになるのかどうか。

朝から哲チャンが来て相談。10時40分。家内と堤防を歩いて、大本もみじ祭りと綾部高校の「東祭」へ。
もみじ祭りでは商工会議所女性部の皆さんがバザーで頑張っておられた。バザーで陶器を買い、東祭へ行き、恒例綾高PTAの豚汁を食べていると、山崎市長も見に来られたので校長と事務長と一緒に生徒の作品(白菜)の出来を見学。販売コーナーでカブラとポップコーンのトウモロコシ、綾高カステラ、焼きそばを購入。入り口で、ブリ大根を頂戴した。歩いて参加したが、帰りは沢山の荷物で手が痛くなった。
f0111128_22412969.jpg

f0111128_22414764.jpg
f0111128_2242147.jpg
f0111128_22424054.jpg

午後は再び徒歩で市民センターへ。先日の綾部公民館運営委員会で青少年部の牧野部長さんが是非、人権研修に参加をとのお誘いもあり参加した。

講師は桂文枝師匠の17番目の弟子の桂こけ枝さん。人権噺と題して自分の先天性股関節脱臼の障碍を乗り越え、差別や子どものいじめに耐えて、文枝師匠にも心細やかな温かい思いやりの心で育てられたと。「気せいでよいことは気にしない」と精神的ゆとりの話もされた。

参加者が少なかったが一生懸命話しておられた。楽しい1時間半だった。

午後3時過ぎ、研修会は終了。徒歩で秋の日和の中を帰宅。澄んだ空。落ち葉の道を思い切り空気を吸い込んで、暖かい日差しを選んで歩く。気力が充電されるようだ。
f0111128_22592225.jpg

夕陽の沈む庭先で手紙を読んだり、綾高カステラを食べたり。秋の陽は釣瓶落とし。4時半にはもう夕暮れが。
[PR]
by ando-ayabe | 2010-11-20 22:39 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

暴力装置・地金が出たか

11月19日(金)
今日からいよいよ12月議会が始まります。今日は、議案の提案説明。召集告示。議会本会議は12月26日から開会されます。それに先立って議会運営委員会・全員協議会への提案内容の説明。9月議会では、議案修正することになりましたが、12月議会でも同様しっかりと議会の役割を果たしていかねばならないと肝に銘じています。
f0111128_2313447.jpg

提案された議案は。
議第84号 綾部市一般職員の給与に関する条例の一部改正について
議第85号 綾部市農業集落排水施設条例の一部改正について
議第86号 綾部市特定地域生活排水施設事業条例の一部改正について
議第87号 綾部市下水道条例の一部改正について
議第88号 平成22年度綾部市一般会計補正予算(第3号)
議第89号 平成22年度綾部市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
議第90号 平成22年度綾部市介護保険特別会計補正予算(第2号)
議第91号 平成22年度綾部市簡易水道特別会計補正予算(第2号)
議第92号 平成22年度綾部市下水道事業特別会計補正予算(第2号)
議第93号 平成22年度綾部市地域排水事業特別会計補正予算(第2号)
議第94号 平成22年度綾部市住宅・工業団地事業特別会計補正予算(第1号)
議第95号 平成22年度綾部市上水道事業特別会計補正予算(第2号)
議第96号 平成22年度綾部市病院事業会計補正予算(第3号)
議第97号 損害賠償の額を定めることについて
議第98号 綾部市教育委員の任命について
議第99号 人権擁護委員の候補者の推薦について

会期は11月26日から12月17日までの22日間となった。

ほとんどは、職員給与の減額・職員・市長・議員等特別職の期末手当の減額その他有害鳥獣対策費や中山間地直接支払い制度の額の確定による増額補正など。

日程は、
職員の給与条例の一部改正は一足先に12月26日に開会当日に委員会を開催し、11月30日に本会議を開いて採決します。これは、12月1日付で、期末手当の計算を開始しなければならないからです。
その後一般質問の整理を行うため、休会し、12月7日(火)から3日間一般質問が行われます。12月10日(金)予算決算委員会総括質疑。
13日は、総務建設教育委員会。14日は、産業厚生環境委員会。15日は、予算決算委員会。16日には議会運営委員会を開き、意見調整や最終日の日程調整を行い、17日(金)本会議採決。となります。
私が委員長を務める議会運営委員会は、11月25日・11月29日・12月8日・12月16日の予定で開催されます。なお、現在国会で審議中の補正予算が可決され次第、綾部市も追加補正の提案が行われることになると思います。11月24日には補正予算が通りそうに無いのですが、法務大臣の国会国民を小ばかにしたような問題発言の被害は地方にも及ぶことになります。「とっとと辞任して欲しい」のが国民の願いでしょう。

議会は一旦休会しますが、12月21日には、振興計画審査特別委員会を開催します。12月27日には振興計画審査特別委員会・議員親交会による議員研修会が開催されます。

年末まで議会は休みなく動きます。

午前中議運委の後、議会改革委員会を開会し地方自治法第96条第2項にかかる議決事件について議員提案で、「綾部市行政に係る基本的な計画の議決等に関する条例」の制定について最終協議。
11月30日に議決市21月1日施行の予定とした。その他、議会のインターネット動画配信について議会から他市の状況等を説明。今後整備の方向で研究を進めることとし、各会派へ持ち帰ってもらうこととなった。続いて議員親交会幹事会も開催され、12月27日の研修会の経費負担について協議した。

11時半から日弁連から取り調べの可視化を求める要望書を持参されたので、民政会幹事長の吉崎進市議と一緒にお聞きした。午後1時から全員協議会。議案の提案説明を聞く。
秋の日のヴィオロンの。秋の暖かい日差し
午後2時あっという間に全員協議会は終了。会派代表者を開催。人事案件(選挙管理委員の推薦に関する件)を協議。候補者を提案。午後3時から4時まで自宅近くの菜園で、タマネギ畝に籾殻を撒き防寒対策をする。

午後6時から、「議会版おたっしゃ会」萬家で。午後8時半終了。盛り上がった。

帰宅してテレビをつけると、仙石官房長官の自衛隊は「暴力装置」発言が大問題になっていた。
当時の活動家に聞けば、新左翼は当時自衛隊のことを「暴力装置」と言っていたそうだから仙石さんも東大闘争に多少なりとも関わってきたとの話もある中で、地金が出たか。
[PR]
by ando-ayabe | 2010-11-20 16:53 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

ボジョレー解禁

11月18日(木)
今朝は朝から段取りが狂うことばかり。ま~自分自身の不注意だから致し方が無い。6時半の目覚ましを無意識に消して、目が覚めたら、7時53分。今日は全市一斉声かけの日。ありゃ~公民館の小学校の通学路にも、地元の見守り隊にも参加できず。(無責任野郎007.gif

午前9時から議会各派代表者会議。選挙管理委員会の委員の選任について。議員研修会の開催経費負担について。40分間協議。会議の途中、午後1時から開催と思い込んでいた「振興計画審査特別委員会」が変更で、午前10時からになっていたことを不注意で落としていた。午後1時からだとばかり思っていた。会議終了後急いで帰宅し資料を持参して午前10時3分前に着席。12時過ぎまで委員会出席。午後1時から明日の議運の事前協議を事務局とする約束をして帰宅。昼食を食べて、件の特別委員会が午後1時から開催と思い込んでいたので、綾部公民館運営委員会を欠席すると館長に言っていたにだが、事務局がそれを知らずに早く出席するよう電話がかかってきた。

委員会も済んでいたので(勘違いのお陰で)急遽公民館の会議へ。午後1時に5分遅刻して会議に出席。会議は午後3時に終了したので、議会事務局へ戻り、議会運営委員会のレクチャーを聞く。
午後4時半に終了。

午後5時に石原の実家へ。畑のタマネギにかける籾殻を貰いに行く。ついでに源ちゃんのポスターを倉庫に貼り、午後5時半、帰宅途中にGSでガソリンを入れ、西町の酒屋さんでボジョレーヌーボー3本購入。2,980円とは円高のお陰で安い。今日が解禁日だ。お店は木曜定休を返上して開店されていた。

帰宅したのは午後6時。夕食を食べ、午後7時半綾部混声合唱団の練習に。
午後9時半終了。帰宅して、トレトレのボジョレーヌーボーの栓を「ポン」う~んフル~ティ~だ。

まろやかで、なめらかで、口当たりの良い2010年ものです。残っていた2009年物のワインを飲んで次に2010年ボジョレー飲んだからだろうか。本当にフルーティーです。
[PR]
by ando-ayabe | 2010-11-19 00:37 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

幼保一体化 骨抜き

11月17日(水)
朝のインターネットニュース見ていたら、政府は幼保一体化に5案も提案し、実質骨抜きにすると言う。一体どこが民主党政権の公約なんだよ。23年5月に方針出すという話は嘘か。

綾部市の今回の9月補正でだされた議案「幼稚園の保育料の改定に関する条例」とて、民主党政権の子ども園構想に期待して議案修正したんだぞ~。いい加減な政党だ。まったく。綾部市議会でもどうせ政府・民主党は公約違反するんではと議案修正に異議を唱えた人もいたがこれを予測していたのかな~。

気を取り直して午前中「議会だより」と「広報ねっと」と「公民館だより」を貰いに議会と公民館へ。久美ちゃんにクールビズシャツを見せに両丹企画へ。「かっこいいじゃん」「そのシャツ」と褒めてもらった?004.gif

前夜のことを話し込んで帰宅。12時過ぎ。昼食後、電話や夜の天神町自治会地域懇談会の資料作り。

午後7時天神町公会堂へ。綾部地区の議員として呼んでいただいた。相生町と天神町の皆さんが出席いただいた。21年度決算の分析の話や議会改革の話。幼稚園の保育料改正の議案修正のお話しなどをさせていただいた。

平成9年度の決算数値と比較して、普通建設事業費の減少と代わって特別会計への繰出金の増加について説明した。地域排水と下水道の特別会計の借入金が130億円あり、普通会計で170億円から130億円へ起債残高を減少させたといっても、特別会計も含めると市全体の借金は増加していると説明。当面は財政は健全化したけれど、決して予断を許しません。。国保特別会計や介護保険特別会計などで、保険料が高いとの一部会派からのプロパガンダがあるけれど、国保会計や介護保険会計全体での保険料に占める割合は、16%から17%に過ぎない。多くは国庫補助や基金からの交付金などですとも説明した。

皆さん判りやすい説明だったと話していただいた。質問も、「当初は赤字団体になるからと厳しい市の説明だったが、実際はどうだったのか」とか「どうして市長は地域懇談会を開催しないのか」と言った質問があった。過日秘書広報課長が説明してくれた、現在市民協働をねらいとした地域懇談会を検討していると回答した。その他にも市街地密集地の道路問題など市のp見解を求める意見が出された。沢山の宿題を貰ったが、概ね傾向がわかってきた。整理して要望活動を推進したい。

さしあたり24日に現地調査を実施することになった。

午後9時半終了。
[PR]
by ando-ayabe | 2010-11-17 23:12 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

タマネギ苗植え付け

11月16日(火)
今日は、朝寝坊して、見守り隊へ行けず。前日、娘を京都からつれて帰ってきて、夜更かししたせいかな~。

午前10時1時間の散歩に出発。位田橋から郵便局へ。17日の夜は天神町での地域懇談会があるので、地域要望の箇所を下見。西町からジュンテンドーで、タマネギの苗150本を予約。
帰宅したら、11時過ぎ。味方町後援会の意見交換会の案内ハガキを作成。

午後、義母からタマネギの苗120本貰った。ありゃ~。合計270本のタマネギ苗か~。

駅へ娘を送り、帰宅後畑を2畝耕し、タマネギ苗を植え付け。(写真は後日添付)ヨモギの苗に負けそうな畑。午後5時に帰宅しているとゴールデンレトリバーの散歩をしていたかよ子さんから「白瀬橋の南詰で水が漏れているんだけど、どうしたらいいのかしら」と東京弁で携帯が。そうなんです。彼女は勘が鋭いのか発見するのが得意。娘さんが住んでいる高槻市の淀川堤防での養女殺人事件の第一発見者も彼女。すぐに現地へ。良く見ると上水道の幹線が走っている。シューシューと音がしている。

こりゃー漏水だ。しかも幹線で。どおりで、橋の下にプールのような水溜りができていたのか。聞けば1週間ほど前からとか。すぐに水道課の技術係長へ電話。他からも情報が入っているらしく、明日の未明に工事をするという。一安心。

夕食後7時半から、四方源太郎後援会青年部のミニ集会が川糸町で開催されるので、地元議員として出席する。色々ご意見をいただく。午後9時閉会。

10時ニュースステーション。
菅直人総理の党首選でのマニフェスト。公務員の給与引き下げは人事院勧告を上回って行うとの公約だった。結果は、人事院勧告どおり1.5パーセントの削減。公約違反は今に始まったことではないが、民主党は一事が万事そうだ。

そもそも衆議院議員選挙のフェフェストには、議員歳費を2割削減といっていたが、まったく進んでいない。

民間の平均給与は400万と言う。公務員の平均給与は643万円とか。市内でも同様だろう。民間保育園の保母さんは300万円程度の給与で頑張っているが公立保育園はどうだろう。公務員全体を見ても、いくら綾部市がラスパイレスが国より低いといっても、市内の事業所で働く同世代の人々よりも安いことはないと思う。(もちろん京セラや京都銀行のような大手の企業の給与は公務員より高額と思うが。)民間企業は自由競争社会で企業の利益追求の中での結果だが、公務員は市民・国民の税金から捻出されている点は考慮されるべきだ。労働組合は労働の対価としてもらうのは当然だと言うだろう。この主張は民主党も共産党も同様だと思う。連合の圧力で、管総理は人事院勧告以上の切り下げに踏み込めなかったのだから。公約違反は平気

綾部市の職員の給与改定が12月議会で提案されるが、おそらく人事院勧告と同様の改定だろう。
山崎市長は特別職、議員・委員の給与・歳費・報酬も「報酬等審議会」を開いて議論し見直すといっていたように思う。職員の人件費の引き下げと共に、市長・副市長・教育長・議員・その他の委員の報酬も見直さねばならないのではないか。市内でも民間企業や商店でも廃業や景気の悪化の中で経営悪化し、従業員が整理されたり事業縮小する事態に至っている。市内への優先発注ももっと意識的に進めねばなるまい。

「魁より始めよ」だ。
[PR]
by ando-ayabe | 2010-11-16 22:18 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

産業祭り賑わう

11月14日(日)
 8時前家内が「産業祭り」のお茶席の手伝いとかで西町了圓寺へ送る。午前9時熊野神社の「月次祭」の当番。落ち葉が凄いだろうな~と思って行くと、宮司さんが前日掃除されていてそれほどでもなかった。銀杏が熟して落下している。
f0111128_938100.jpg

祭礼の後の片付けも11時に済んだので、産業祭りの会場の西町アイタウンへ徒歩で異動。凄い人だ。来場者が「毎日こんな人だったらいいのにね~」と耳に入る。
f0111128_933787.jpg

西町の店舗の経営者に状況を聞くと「安価なワゴンの商品は良く売れます。店の中にも入ってくれて見ていただいています」「お店をこの際改造して、綾部物産展コーナーを作ろうかな」「是非来年もここで開催して欲しい」と概ね好評。
f0111128_935843.jpg

FMいかるの真下アナもカメラ目線で。パチリ。

お昼ごろ出店者の農林振興組合のリーダーに聞くと「もう商品(野菜関係)が無い。売るものはスタッフだけです」とコワい冗談も。参加者に駐車場の状況を聞くと「振興局から歩いてきたけどシャトルバスを待つより近い」昨今ウオーキング流行り。この程度の距離は健康づくりのため歩いての参加者も多いようだ。お年寄りには好評だった。近いので歩いてこれる。

振興局駐車場の市の担当者に聞くと「振興局は混んでいるけれど、他はそれほどでもない」という。むしろアスパの駐車場は大変混んでいた。整理券が出されているのかアスパでお買い物の方は無料とか。相乗効果もあるようで中心街で開催するのも良かったように思う。

一方、重たいものを販売していたグループは「駐車場が遠いので、購入してくれない」とやや不満も。しかし、このようなイベントは、つまるところ、プラスマイナスで考えるしかない。
f0111128_941214.jpg
B級グルメ挑戦の若者グループも参加し会場は大にぎわい。「水菜ハリハリホルモンうどん」意気込みは素晴らしい。味も良し。B級グルメ、来年は全国展開か。色々な市民グループが参加し、市民参加型イベントへ成長した。
f0111128_944074.jpg
綾女ネットの皆さんのおでんは上品で美味しかった。何より満津子さんの呼び込みの凄さに圧倒されました。
f0111128_95959.jpg
裏千家淡交会のお茶席も賑わいました。
f0111128_954262.jpg
トイレも、各店舗の協力で安心です。
とかくこのようなイベントは一過性の心配されるがこのイベントは歴史がとても古い。何を目的に、何の成果を得るために開催するのか目的と期待される効果を明確にして、その結果数値としてどのような成果があったのか。これからの検討材料に次年度の計画の糧としていけば定着もするし、成果も膨らんでくる。
このイベントは長谷川舜造さんが農林課の係長だった頃からあったように思う。だからもう30年近く前からあったように思う。私が農林課企画係長だった頃(25年前)は市民センターで開催していた。当時は農産物品評会が中心で、善哉のサービスくらいだった。経産省(通産省)の補助が付いたとかで、物産展が独自でイベントを始めた頃、農林業振興祭と消費生活展を里町の中丹文化会館で開催したことがあった。市街地に近いということで大変賑わったが、駐車場が大混雑し大変迷惑をかけた。あの時の目的は「生産者と消費者との交流」だった。大型農機を展示して子ども達や消費者に農業への理解をPRしたり、お天気おじさんを呼んで講演会を併催したり(これは失敗だった)、時の京都府知事も視察に来られたことがあった。
f0111128_973760.jpg
周辺の広場などは駐車場に。シャトルバスで会場を巡回します。
f0111128_98973.jpg
もう足の踏み場も無いくらいの混雑です。(ちょっとオーバーに思えますが)
それから駐車場が混雑するということで、私が人事異動した後、上杉の総合運動公園で開催することに変わり、四方市長になってしばらくして府営工業団地での開催へと変遷してきた。市民センターでの開催時分から考えると規模も大きくなったが、発想の原点は「地産地消」消費者に近いところに再び戻ってきた。良いことだと思う。
f0111128_96950.jpg
綾部市役所の恒例ポップコーンの無料サービス。女性職員に「マカセナサイ」
f0111128_963955.jpg
JA女性部など女性パワーは素晴らしい。男女共同参画こんな時は男性は力仕事で「ケッコウデス」
f0111128_97731.jpg
会場近くには駐輪場もあります。
f0111128_9105739.jpg
市役所会場近くの「若狭お多福」の特設うどんコーナー。市役所会場もスゴイ人です。
f0111128_9114439.jpg
竹炭の匠の巧さん。地域資源を活かして立派に第二の人生を活躍されている。

ちなみに私は、みずなのハリハリうどんとライスボールを食べて(500円)綾女ネットの満津子さんに勧められておでんおにぎりセット(450円)、農林振興コーナーの旭町の四方さんに勧められて、善哉(100円)を食べ、伏見トウガラシを2袋(260円)買い、お茶席で抹茶を頂戴(100円)し、青年会議所のパンのようなものを吉田博美さんから頂戴(0円)し、米の消費拡大女性グループのところで、米粉パンを購入(150円)し(これは美味しかった。)、二王の村で黒豆入り切り餅(350円)を購入した。手に一杯の荷物で、ちゃんと大きな袋まで入れ替えてくださった。サービスも行き届いていた。市役所会場へ行きフリマや緑化樹生産組合さんにご挨拶し徒歩で自宅へ帰る。

午後2時。義父が入院している市立病院へ。看護を続ける義母に山田屋の回転饅頭を差し入れ。
家内のお茶席が2時過ぎに終わったとのことで、迎えに行く。まだ会場は混雑していた。

午後4時帰宅。来客1件。午後4時半から自民党政談演説会のポスターを貼りにウオーキングも兼ねて、青野・川糸・西町方面へ。約1時間8枚貼る。
[PR]
by ando-ayabe | 2010-11-15 09:08 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)