あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

第16期市議決定

8月30日(月)
平成22年8月29日執行の綾部市議会議員選挙の結果は次のとおり。ブログでは選挙のお礼などはできません。
投票結果のみお知らせします。第2期も「市民の希望の実現」「議会力・議員力の向上」を目指して頑張ります。

【得票順】
①高橋  輝   1554票
②久木 康弘   1399票
③波多野文雄   1339票
④白波瀬 均   1284票
⑤森  義美   1220票
⑥井田佳代子   1059票
⑦安藤 和明   1053票
⑧吉崎  進   1052票
⑨塩見 麻理子  1033票
⑩堀口 達也   1004票
⑪村上 宣弘    983票
⑫相根 一雄    976票
⑬搗頭 久美子   966票
⑭高倉 武夫    947票
⑮木下 芳信    887票
⑯吉崎 久     872票
⑰村上 静史    826票
⑱田中 正行    736票

次点 松本幸子   645票
   山下民雄   419票
   大槻達夫   318票
   須藤定平   297票
   上林 隆   141票

8月29日午後11時04分結了

投票率 69.58%(前回72.79%)投票総数21201人
[PR]
by ando-ayabe | 2010-08-30 02:21 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

綾部盆踊り

8月16日
送り盆。今年は隆興寺様のお当番。来年は了円寺とか。
朝6時からビラのポスティング。7時のラジオ体操へ二宮神社へ行ったが、16日までお休みとか。マッシーと車でお話し。

午前8時から市民センターへ。綾部踊り大会が夜に開催されるので、保存会の一員として櫓建てに行く。皆さんと一緒の汗を流す。清々しい。午前10時まで準備。

帰宅してシャワーを浴びて、室内作業へ。もう外は40度近い反射気温だろう。

夕方、6時半青野公会堂へ行き、皆さんと合流して踊りの会場の西町アイタウン2番街へ。
綾部出身のロックシンガー(ドラムの女性が淵垣出身だとか。)がコンサートをしていた。なかなか素晴らしい。なんと言うグループだったか、歳を取ってくると若い世代のロックグループの名前すら、そのときは覚えていても1日もたつと忘れてしまう。
f0111128_23415882.jpg

ちょっと間延びした盆踊りの始まりだったけど、青野連は統一ユニフォームで踊りに集中したので、最後にそろったで賞をもらった。
f0111128_23422048.jpg


打ち上げも公会堂で、自治会長さんほかで盛大に盛り上がり、結局帰宅は午前様。盆踊りも地域行事として議員になって、自治会会計を担当して、良き協力者がおられて、どんどん話が弾んで、「連」を組むことになって、ユニフォームを自治会で購入して、女性の皆さんもみんな乗ってきて、楽しい踊り連が出来上がった。今年で4回目の出場。市議になってからできた連だ。
f0111128_2342351.jpg
あやべ踊り保存会派高齢化しているが、みんなで助け合って後片付けもする。伝統文化を継承するための地道な努力だ。伝統文化継承のため、市民グループだけに任せるのでなく行政も保存のための手立てを講ずるべきだと思う。
f0111128_23425333.jpg

f0111128_2343660.jpg

地域の絆は、「実践」あるのみ。社会的に認知された立派な人が、地域ではまったく評価されていない例もある。地道に「私のコミュニティはどうして絆を、つながりを強化するのか」を試行錯誤で取り組んでいくしかない。机上の議論はもう不要。「実践」あるのみだ。
[PR]
by ando-ayabe | 2010-08-17 23:43 | 文化体育活動 | Trackback | Comments(0)
ブログ休止のお話しをしていたら、選挙期間中はブログを動かすことはできないが、それまでは、日常活動について書き込めるので続けたらどうかとのアドバイス。時間が空いたときに書き込むことにしました。もちろん選挙期間中は休止します。

【お盆行事について】
お盆は、例年の行動なのですが、今年は「あやべ踊り保存会」と「あやべ混声合唱団」の活動。朝早くから夜遅くまで元気に動かせてもらっています。

選挙事務所から窓ガラス越しに立候補予定者のポスターを貼ることは、事前運動になると言う話を聞いていたのでそんな事務所を見つけたので、選挙管理委員会へ確認の電話を入れておいた。もしOKなら、私もしたいのでどうかと聞いたら、「候補者の掲示板に掲載するポスター」は完全に選挙違反になる。と言うことだった。そりゃそうだろーと思った。何時開催されるかわからないような政談演説会を国会議員とのツーショットでポスターべたべた町中貼っているのに、今度は事務所に掲示板のポスターをこれ見よがしに。タスキを名札だと強弁したり、選挙管理委員会の指摘を受けるまでは氏名入りののぼりを上げても良いとか言い張ったり、勝つためなら何でもやる。他所がやっていたら攻撃する。政治の世界長いことやっているとそんな風に違法脱法を是としてしまう政治家が現われてくるのかと思うと、大した政治をやっているとは大きな顔をしていえないナ~。

夕方はある町区の盆踊り大会に来て顔を見せてと配慮の自治会長さん。ちょうどあやべ踊り保存会もご招待を受けていたので、その時間帯に参加させていただいた。遅いと叱られた。10人も顔を出していたとか。私は、そんな時だけ顔を出して「よろしく。よろしく」と言うことはできない性分なので、あやべ踊り保存会のメンバーとして参加した。

終戦記念日は今年65回目だとか。四方八洲男前市長と早朝の藤山へ「平和祈願の集い」が市民憲章推進協議会などの主催で開催された。綾部混声合唱団も例年参加しているので、今年も参加。
平和祈願をする。国歌・市歌・ふるさとは綾部・翼を下さいなどを歌う。
f0111128_12403933.jpg
山崎市長が、ボーイスカウトとガールスカウトにお礼の金一封。祝日にはかならず国旗式を掲揚してもらっている藤山山頂
f0111128_12411645.jpg
平和の鐘を打つ田中副議長
f0111128_12413288.jpg
綾部混声合唱団例年の行事とは言え、今年は特別暑い朝。みんなシャワーを浴びたようにシャツがずぶ濡れ。「今年は暑いわ~」例年のことなので余計に今年の暑さがわかる。前市長現市長などなど他にも加わって写真撮影。

下山後はいつもの朝食コース。朝から開店しているジョイフルで。みんなでワイワイと朝食を食べ反省会。すこし早く別れて、お寺へ。施餓鬼法要に参列。午後3時帰宅。
[PR]
by ando-ayabe | 2010-08-16 12:41 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

ブログの休止について

選挙期間中は、ブログを動かすことは禁止されていますので、しばらくブログは休止します。
ポスターや選挙ハガキが出来上がりました。決起集会も8月8日に開催し、いよいよ忙しい毎日。
しばらくは、ブログを動かす時間もありません。いずれにしても選挙期間中はブログを使った選挙運動は禁止されていますので休止しておきます。なお、コメント投稿欄も選挙期間中書き込みされていても説明もできないでしょうから、しばらくコメントの環境もコンクリートしておきます。




綾部市議会議員 安藤かずあきが掲げる「七つ」のお約束
〇『人間力』を高める綾部の教育を推進します。
・知育・徳育・体育・食育と公民館活動の充実。「めざす人間像」の地域実践奨励
〇『綾部力』を発揮する産業・地域政策を推進します。
・経済情勢の的確な分析と適時・適策の雇用経済対策の実施、地域資源を生かした起業の促進
〇『環境力』をUPし,3R(資源の有効利用)の推進、下水道の早期完成・身近な市道の整
備を促進します。
・市域全体の水洗化促進、綾部地区の下水道整備と合わせた市道舗装、側溝改良など効果的な事業の推進
〇『地域力』を高め、高齢者や障がい者、子育て家族にあたたかい、「自助・共助・公助」の社会づくりを進めます。又農林業の振興も地域力を高めることから進めます。
・地域の絆やご近所の底力を生かした地域づくり優良団体の表彰制度の実施
・多様な子育て環境を生かした就学前教育を充実すると共に地域の宝の「子育て世代」への支援の充実。
・お年寄りや障がいのある方に優しい地域づくりを進めるための「公助・共助・自助」のモデル事業を提案
〇『再生力』で都市計画の見直しや農業農村の活性化など「希望」の綾部づくりを進めます。
・都市計画(道路計画・用途地域)の見直しを進めると共に農業振興地域整備計画との整合を図ります。
〇『安心力』消防団活動の活性化や自主防災組織の一層の充実で市民みんなが安全安心な街づくりを進めます。
・自主防災組織の育成と消防団活動との連携を強化し、防災意識の高い地域づくりを進めます。
〇『議会力』を強化し、山崎市政と共に「住んで良かった綾部」の実現を図ります。
・政治倫理条例等議員提案条例の制定や議員定数、議員報酬の見直しなど引き続き議会改革を推進します。

〇安藤かずあきプロフィール

昭和26年8月 綾部市川糸町で出生(59歳)
昭和45年4月 綾部高等学校普通科を卒業後綾部市役所へ就職、水道課業務係、昭和47年民生部保健課(国保給付担当)、昭和53年総務部総務課職員係(福利厚生・研修担当)昭和58年京都府総務部地方課財政係へ研修生派遣(1年間)、昭和59年綾部市へ戻り総務部財務課財政係主任、昭和61年経済部農林課企画係長、平成2年企画財政課企画係長、平成3年企画課課長補佐兼調整係長、平成5年企画課主幹(綾部市みどり公社設立派遣・業務課長)、平成8年建設部都市整備課長、平成9年総務部税務課長、平成10年住宅工業団地建設事務所販売促進課長、平成14年産業地販売部次長兼団地販売課長、平成16年産業・団地販売部長
平成05年4月 青野町へ転居(現住所)
平成18年4月 綾部市産業・団地販売部長を最後に市役所を退職
平成18年9月 綾部市議会議員当選・創政会所属
平成20年9月 綾部市議会議会運営副委員長就任
平成21年4月 綾部都市計画審議会委員就任

〇現在 綾部地区公民館運営委員、綾部市囲碁連盟幹事長、青野町自治会会計、綾部踊り保存会、綾部混声合唱団等の地域活動に参加
[PR]
by ando-ayabe | 2010-08-13 17:20 | 議員政治活動

立秋とは名ばかり

59歳の誕生日は父の命日でもある。13回忌だが、母も来年1月で13回忌。秋に法要を延ばしてもらおう。

8月7日土曜日は、早朝から墓掃除。8時に終了。帰宅して8日の準備にわらわ。安村自治会長から井倉納涼祭へお誘いがあったので、由良さんと一緒に参加。寄り道して遅くなった。

8月8日日曜日は、忙しい一日だった。朝7時半からお寺のお盆の準備デ青年部は提灯付けなど作業。終了後は、青年部の方々にお願い。午後は2時から準備開始。午後3時からは本格的に多くの役員さんで準備。午後4時ごろからもう参加いただく方がお越しになった。

午後5時から安藤かずあき後援開創決起集会が開催された。山崎市長や大槻浩平氏の激励。味方の四方自治会長やアオノの四方康之さんの応援弁士で、激励いただいた。はるばる福知山市議の稲垣司郎議員の激励も頂戴し大変ありがたいことだった。奈良県葛城市長の山下さんや野洲市議の内田市議の檄文も啓示させていただいた。もちろん、山田知事も山崎市長の檄文も。6時40分会派終了。片づけして、広報部は会議したりで、午後8時に帰宅。

8月9日は、市役所へ朝から全員協議会。市税の誤課税(西町土地区画整理事業の換地処分による市道部分が分筆されていなかったこともあって、固定資産税を誤まって所有者へ課税した件)について説明を求めるもの。もともと、由良川改修事業の報告と京都地方税機構の報告を受けるために開催されたのだが、この県の連絡を受けてから、これは「重大な案件」と判断し、議長に相談。議長から執行部へ説明依頼をして、市長自ら出席して「信頼を失うような課税誤り」と謝罪があった。

質問をしたのは、創政会の私と塩見麻理子議員、共産党の吉崎久議員と堀口達也議員の4人のみ。
皆さん問題意識ないのかな~?課税は市民は、正確なものだと言う認識で行政に全面的に任せている。このようなことが今になって判明すると言うのは、庁内のチェック機能が働いていないのか、土地区画整理部門との連携が取れていなかったか。再発防止対策については特に説明もなかったので、これから新市長の元で、チェック体制や報告連絡相談体制について協議がなされることだろう。

議会への説明も市理事者への説明も後手に回ったようだ。議会も執行部と同様市民に対して市政に責任を持つ立場。今後の問題として、9月議会意向でまた協議になるだろう。

午前中かかったが、大事な案件だったので、しっかりと状況説明願った。
[PR]
by ando-ayabe | 2010-08-13 01:08 | 議員政治活動

府民参加型公共事業

連日の猛暑 体力も失い気味だが、いよいよ緊迫状況になってきた。8月4日は午後1時から、8月5日は朝5時に起床し事務所の屋根の建設。隆夫さんの要領の良い作業で5時間で完了。もう午前中に既に汗が噴出す。午前10時終了。午後は、夕方まで事務作業。

「公募型公共事業」の平成22年度事業の箇所付け決定の連絡が関係機関から入った。すぐに関係自治会長様へ連絡した。とても喜んでいただけた。書類作りから現地も含め共に相談して提案まで一緒に進めてきた自治会長様ばかりだ。自治会長様のご苦労のたまもの。
f0111128_738330.jpg

若松町自治会長さんと、綾中自治会長さん、川糸町自治会長さんの三者から相談を受けたのが5月中旬。「府道綾部福知山線・JR山陰本線跨線橋(川糸町振興局前~若松兆公会堂)は北部地域の主要な道路で、交通量は相当な数だ。連日の交通車両で、補修をしても補修をしてもすぐに劣化する。
特に跨線橋の起終点の道路の横断側溝は、排水を良くする為、グレーチィングが設置してあるが、金属製であるため、劣化すると「カチャーン・カチャーン」と昼夜を問わず騒音がする。また、橋脚部分は下部は金属で接続してあり上部は舗装になっているが、段差が生じてタイヤ音も「ガターン・ガターン」とうるさい。防護ネットは錆が浮き出し、景観上も、プライバシー上も問題があった。関係する自治会長さんも私もそれぞれ陳情していたが、抜本解決には至らなかった。3自治会長さんが合同で相談があったのは、5月中旬。「もう抜本的に改善してもらうしかない。公募型公共事業で行こう」と書類を作成、現地の写真も撮影し、3自治会長さんのお名前で綾部市へ提出した。
当該区間の抜本的騒音対策について
①起終点の横断溝の抜本的騒音対策を講じて欲しい
②当該区間の透水性舗装や消音舗装。継ぎ目のタイヤ音解消
③当該区間の両側フェンス工事(アクリル製遮音壁工事)
など3点にわたって提案した。
5月31日綾部市まちづくり推進課へ書類を提出。8月5日の審査会で事業採択された。
f0111128_7383127.jpg

嬉しいことがもう一つあった。同時に青野町の府道総合センター線と市道青野延線の交差点(山下石油付近)の信号機設置と、市道青野井倉線と市道綾中青野線交差点(若草寮付近)の信号機設置が実現する。児童の通学路の安全確保は喫緊の課題。綾部小学校児童のほぼ6分の1が青野町から通学しており、そのほとんどの児童が、若草寮の横断歩道を渡って通学している。登校時は見守り隊が交通整理するが、帰宅時は見守り隊も対応できない。見通しも悪い。何時事故が発生しても不思議ではない。
f0111128_7385315.jpg
f0111128_7391343.jpg

PTAの地域懇談会が開催された6月中旬。保護者から何とかして欲しい。との声。山下石油付近は、以前にも要望したが、「白瀬橋の交差点からホカホカ弁当までの信号が区間が短いこと、白瀬橋から下り車線で自動車がスピードを出しかえって危険なので無理」とそっけない返事だった。また、若草寮の信号設置もホカホカ弁当からアスパの信号まで距離が短いとの理由で信号設置は無理と回答を受けていた。しかし、今回「公募型公共事業」によって一気に課題が解決した。

公安委員会の職員さんも「今回を逃したらもう10年は付きませんよ」とまで言われた。「公募型公共事業」は「山田知事のパフォーマンスだけで府職員の評判は良くない」と冷ややかに言われる市民もいる。この事業は今年で終わる。知事選前の2年間だけ実施されたんだとのお話しも。

これが事実なのかどうかは定かではない。しかし、長い間、予算の壁に阻まれて事業化したくともできなかった事業が府民からの再度の要望でより抜本的にできるのならそれにこしたことはないのではないだろうか。

是非とも2年で終わらせず、公募型事業を存続させて欲しい。市民も道路に関する興味をもち、勝手に年度末になったら工事しているとややもすると批判される公共事業に今回のこの事業で、市民も考えるようになったと思うし、提案してこないような事業は、府も実施しなければ良いのであって、それはとりもなおさず無駄な公共事業を抑えることができるようになる。府民参加型のこの事業は大いに成果があるように思う。

役所が役所の尺度で作ったものは、往々にして市民にとっては関心が薄い場合がある。それはもちろん時の首長の指示なのだが(公務員は組織決定しなければ動けないのは当然)これからは、市民の切実な声を聞き、審査会などで誰もが妥当だなと思う事業を実施することがベストだと思う。事業によっては無理に役所が啓発する場合もあるが、それも、本当に府民市民が願っていることなのか良くリサーチしてから事業化するほうが良いと思う。数人の思いで、こんなものがあったら良いと言う単純発想では、「後で誰が管理するのか?日常の経費は誰が負担するのか?」と言ったことを考えていない事業も往々にしてある。

夜。町内の最大のご支援者から、今から町内を回るぞとのお話し。早朝・夜行性動物安藤。
[PR]
by ando-ayabe | 2010-08-06 07:49 | 議員政治活動
f0111128_7525463.jpg
f0111128_753724.jpg


綾部市は昭和25年市制を施行した。
初代市長は長岡誠氏
第2代市長は志賀清六氏
第3代市長は羽室清氏
第4代市長は谷口昭二氏
第5代市長は四方八洲男氏
第6代市長は現山崎善也氏

綾部市は、戦後の苦難の道を、歴代市長、そして歴代市議会議員、各界の市民リーダー、市民の協力によって営々と営まれてきた。

財政再建団体にも2度適用された。歴代の市長の1期2期は財政再建の道を踏まざるを得なかった。3期になってようやく市長が思い描く綾部の未来像への事業に取り組めた。そしてまた、次期市長が財政の再建に取り組まざるを得ない状況を繰り返してきた。

子供の頃によく紫水ケ丘で子ども同士で遊んだ。寺山、大師山、南ケ丘、由良川、本宮山。子供の頃の遊びのエリアだった。結構な行動範囲だった。そんな遊びしかなかったといえばそれまでだが、野山を駆け巡った。今なら、ひどく叱られるのだろう

【綾部市歌】
緑濃き山並み遠く 静かなる文教のさと
清らけ由良の流れの ささめきは世界とかよう
平和への切なる願い 運命負う 人の命に
法の燈の 輝きそいて つつましき祈り豊けし
ああ ふるさと われらのまち 綾部

こだま呼ぶ山峡青く 往し代の生業の糸
今もなお営みつぎて 秋深む紫水が丘に
夢ひらく菊のいろどり まどかなる香いただよい
新生の姿明るく 生いゆかん 久遠の命
ああ ふるさと われらのまち 綾部
 
この紫水ケ丘公園も、戦後失業にあえぐ市民の手によって「失業対策事業」などで、少しづつ整備され、綾部市の象徴的公園となった。しかし、モータリゼーションや科学の発達によって、自然を見つめて憩うという趣は遠くなり、時間を使うゆとりさえなくなって、映画やテレビやゲームなど室内の遊びが主流になってしまった。それと同時に、大人も子どもも、綾部を見渡して思索にふけったり、ただぼんやりと景色を見ることさえしなくなった。

もう一度紫水ケ丘公園に目を向けて欲しい。地元の自治会も声を上げていただいた。紫水ケ丘公園の再整備が決まった。しかし、市民の多くも、都市公園の機能を要望されるのだが、さりとて、使うのか?となると「あったほうがよいけれど、自分が使うかは判らない」では投資の効果はなくなるのである。

紫水ケ丘公園をもう一度見直して欲しい。色々な気持ちの集合体が春の「水源フェスティバル」や「秋葉神社祭礼」そして今回の「市歌を平和塔の前で歌う会」に繋がっている。

【ふるさとはあやべ】
由良川の鮎が キラリと光る
季節いろどる松や梅
数えればいいとこきりがなく
永い歴史の 何鹿のさとは
大きな大きな綾部市になりました。

平和の山で 鐘の音響き
人のぬくもり生きる町
みんなで築こう 幸せを
田畑絶やさない多難の道を
とこしえの とこしえの人々よ ありがとう

憧れ 抱いて 出てゆく人よ
夢に破れて 迷う時
忘れないでいて ふるさとを
かならずイカルが迎えに行くよ
大空 大空 はばたき 夢を乗せて
[PR]
by ando-ayabe | 2010-08-02 10:41 | 日々の生活

綾部市「還暦」を迎える

7月31日(土)
朝から青野町自治会納涼祭の準備・大汗かいて午後3時準備完了。テント5張建てたり机を借りに行ったり。文化体育部の若い皆さんや組長さんなど、青野町は皆さん町区の行事に協力的で、準備から屋台村の調理方まで何でもこなす。コミュニティは青野町に関する限り、巷に言われる「コミュニティ崩壊」は無いと確信する。4年前からはじめた「納涼祭」コミュニティ形成には素晴らしいイベントに成長した。
f0111128_1521395.jpg

午後4時ごろからは、町内を宣伝カーでPRして回る。午後5時。いよいよ納涼祭オープン。午後7時には、ほぼ料理は完売状態。ステージショーや〇×クイズ、抽選会、綾部盆踊り、花火大会などなど楽しい企画も進行する。午後9時充実した内容の第4回青野町納涼祭は終了した。今年も司会進行をさせていただいた。
f0111128_1521521.jpg

f0111128_1522725.jpg

午後10時半片付けと打ち上げデ終了。帰宅してシャワーバタンキュー

8月1日(日)午前4時起床。今夜の選対会議の資料作り。
午前6時。紫ケ丘公園へ「綾部市歌を歌う会」のスピーカーを配置しに、平和塔へ。15kgのアンプやスピーカーを抱えて平和塔へ。駐車場と平和塔を4往復する。一気に汗が噴出す。
f0111128_15223482.jpg

午前6時半準備完了。一旦帰宅して朝食後午前7時10分再度平和塔へ。電子ピアノを運び込んで、
AM8時に会は開催された。
f0111128_15225329.jpg

山崎市長や上原副市長、久木教育長など市三役も出席する中約80人の出席。朝からじりじりと太陽が照り付け汗がどんどん出た。梅原先生・酒井先生のご指導で「綾部市歌」・市制施行50周年記念で作った「ふるさとはあやべ」・「翼を下さい」・「ふるさと」の4曲を平和塔の前で思い切り歌う。

平和塔は、昭和25年の市政施行後第2回の市議会で世界連邦都市宣言自治体として、「平和希求」する意味から建立。綾部史談会会長の山﨑巌先生から平和塔建立の経過や当時の歴史を離していただいた。この記念すべき日に記念すべき場所で綾部市歌を歌う意味を参加者一同理解しあった。
f0111128_15232136.jpg


午前9時歌う会は終了。急いで戻って青野町の二宮公園で、テントなど後片付け。30人のみんなで片付け。終了は午前11時。シャワーを浴びて、午後0時半、綾部市制施行60周年記念式典へ出席のため中丹文化会館へ。

午前中に続いて、綾部市合唱連盟による開会セレモニーで「綾部市歌」と「国歌」を斉唱。楽屋の戻って急いでスーツに着替え式典に出席。
f0111128_15233489.jpg

暑い会場でクーラーの効きが悪かった。功労者表彰などが行われ、記念講演があったが急いで帰宅。夜の会議の資料作りに着手。

会議は午後9時に終了。
[PR]
by ando-ayabe | 2010-08-01 15:24 | 議員政治活動