<   2009年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

新型インフルエンザ対策予算決算委員会

10月30日(金)
今日は、東京で議会二元代表制の研修会が日本能率協会コンサルティングの主催で開催され、出席の予定だったが、急遽市議会が開催され、そちらの研修会は欠席する。

今日の議会。市長専決処分を行う前に、予算決算委員会に説明するために開催された。
内容は、「新型インフルエンザのワクチン接種に係る補正予算案」の説明。
主な内容は、新型インフルエンザワクチン接種における低所得者の費用負担免除にかかる予算の専決で、21年度一般会計補正予算として、帰結予算に2640万円を追加しようとするもので、内訳は、優先摂取者のうち低所得者の費用負担額を、国保連合会と委託契約を締結し支払う経費として、2590万円。その他電算処理業務の経費負担金や支払いをする国保連合会の委託料など38万円。国の制度として実施するもので、国庫補助金は、1290万円、府補助金が650万円、残りは一般財源(市税等)

新型インフルエンザの接種費用は、1人1回3600円。2回目は、同一医療機関だと、2550円。異なった医療機関を利用する場合は、2回目も3600円。
優先して接種できる人は、①医療従事者②妊婦③基礎疾患を有するもの(詳しくは保健推進課へお聞きください)④幼児1歳~小学校6年生⑤中学高校生の順

今回の補正予算の対象者(費用負担を綾部市が実施し、接種費用が免除になる人)は、生活保護世帯。市民税非課税世帯で、免除申請は、遊船接種者であることを証明する書類を持参し、保健福祉センターで免除申請する必要があります。

およそその対象者は、4200人程度。との説明があった。

議員から質問が何点か出された。
Q:福知山市で臨時議会が開催されている。綾部市はどうして専決処分なのか?
A:府からの通知文書は、10月13日に届いたが、湧く賃料が不明確。電算業務委託の見積もりなど不明確な点があり、専決にした。
Q:該当者に個人通知するべきでは?A:この予防接種は、任意接種であり個人通知するものではない。接種は個人の判断になる。
Q:現在の状況は?A:市立病院の医療従事者156人分を接種済。消防隊員41名分現在接種中
など。午前10時半に終了。その後、議会だより編集委員会があり編集協議した。

午後1時半から、色々協議。午後3時から選挙に関する法的な協議。色々教えていただけた。
午後6時から市役所の友人と久しぶりの懇親会。4年前を思い出した。今は懐かしい話だった。
午後11時帰宅。
[PR]

by ando-ayabe | 2009-10-31 01:18 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

中庸

f0111128_012169.jpg

これは胡瓜です。7月上旬に宝住寺(味方町:河野義方住職)の胡瓜封じの法要に参列し、胡瓜に祈願して自宅の庭に埋めておいたら、その胡瓜の種から芽が出て実った。さて、この胡瓜どうしたものか。封じていた祈願が再び身に降りかかるのではないか。あるいは。吉兆か?
f0111128_0122547.jpg
食べあぐねている。河野住職に聞いてみよう。
f0111128_0123429.jpg

人間は暇すぎると、つい妄想や邪念が湧く
忙しすぎると、本当の自分が分からなくなる
才と徳のある君子は、心身の健康に気をつける一方で
自然に親しみ、風流な気分に浸る。
(菜根譚ヨリ)
「中庸」こそ大切で、ぶらぶらしていても、あくせくしていても度を超せば病気になる。
こんなに上手く生きられる人はまずいないが、心もちだけでもそうしたいものではある。

今日は大阪で、Kオプティコム利用者だけの講演会が開催された。(インターネットで申し込み抽選で当たって招待状が届いていた。)北川元三重県知事講師による地方分権の流れの講演会で、出席する予定だったが、いまさらこの時期「ドタドタ・アクセク」しても身につかない。地元専念することにした。
[PR]

by ando-ayabe | 2009-10-30 00:37 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

牛歩のごとく

今朝も知名度UPに白瀬橋交差点で朝立ち。
午前9時半からは、政策研究会.。12時終了。積み上げるのは大変だ。無責任なことは出来ない。議論を尽くすが時間はあまりない。

午後1時から5時まで、綾部旧町内の主だった方々に、山崎善也さんとご挨拶。地道な地回りをする。じっくりしっかりと。時間はかかるがこれがなにより大きな積み上げになる。

夕方午後5時からいつもの場所で挨拶。

スタッフの皆さんも自主的に綾部のために、がんばっていただける。感謝。
もっともっと、輪を広げ、地を這う動きをしなくては。

お疲れ。夕食後、9時まで「牛」になってしまった。
夜は電話でお願い。いずれも快く受けてくださった。

まだ経済は「混沌」株価も下がった。こんな時経済通の首長が絶対に必要だ。地域経済の活性化を広い視点で進めなければ綾部は、地域経済は大変なことになる。

働く場の確保は絶対に必要。そうしないと綾部の働く人口(地域を支える人口)の維持ができない。商店が賑わうのも、地域経済を支える企業があってこそだ。

高度な知識とアイデアを組み合わせ、綾部経済を活性化させる。のんびりはしていられない。即戦力の首長の実現が必要だ。
[PR]

by ando-ayabe | 2009-10-28 22:30 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

豊君のこと

10月27日(火)
f0111128_22184453.jpg

朝から、ゴミ出し、子ども見守り隊。皆マスク着用。
綾部小学校放課後児童クラブ「綾小遊びの城」のサポーター連絡網で、上田さんから電話が入ってきた。「綾部小学校6年生に新型インフルエンザが発生し、学年閉鎖になりましたので、28日予定の放課後児童健全育成事業「遊びの城」は中止です。」「エッ!!ついに来たか綾部小学校にまで」

今朝の登校日いつもと違う子どもが横断歩道の旗を持っている。そうか6年生は休み。皆マスクをしている。おや?幼稚園児はマスクをしていない。なんか違和感。大丈夫なのか小学生は徹底できているのに、幼稚園児にはウイルスがうつらないのだろうか?やはり小学生にマスクを着用させるのなら、同じ子供達と登校する幼稚園児もマスク着用が普通ではないの?幼稚園児が着用を忘れていたのなら致し方がないけれど私の登校する園児は、2人ともマスクをつけていなかった。徹底されているものと思うが不安。?(杞憂でした。幼稚園児28日はマスク着けて登園していました。)


8時45分朝活動に参加。帰宅して朝食後、午前9時から会議。午前11時半終了。オーナーに状況報告協力をお願いし快くご了解をいただく。
午後0時半帰宅。昼食。午後2時から3時まで1時間。政経懇の会費あと少し集金。書簡をポスティング。自治会組長会欠席者に文書の配布など40件。午後4時から6時まで事務所。午後6時20分。ホテル綾部「豊君のこと」出版記念パーティに出席。

曽根豊さんは。、私の川糸町の自宅の近くに住んでおられた。私より3級上で直接豊さんと接したことはないが高校2年生の時(私は中学2年)体操部で鉄棒から落下され頚椎神経を切断され、首から下が不随になられたことを知った。
その後、絵画展を開催されたりお兄さん庸弘さんと知己になったりして豊さんのことを知る。
亡くなられてから8年。同級生の山下信幸さんを始め117人の刊行委員会の皆さんの発意によって「豊君のこと」と題した記念冊子が出版された。
f0111128_22191187.jpg

この絵画集。曽根豊さんの強い意志が感じられる。「いつか必ず自分の足で大地に立とう」と言う強い意志で、生き抜かれた。ついに立つことはできなかったけれど、口に筆をくわえ絵を画く「口筆画」をはじめられ以来最後まで画き続けられた。

健常者が手で画くさえ難しい油絵や水彩画・デッサンを自身の口に筆をくわえ画かれた画集。一本一本の線に命がちりばめられている。生きることへの感謝。看病に当たってこられた母への感謝が一枚一枚に感じられる。
それはとても穏やかな画の数々。苦しく長い闘病生活。そんなことがまるで感じられない穏やかな画

記念誌刊行委員会は、2500冊を制作。内500冊を市内小中学校へ贈呈。
f0111128_22192684.jpg

四方市長は数年前から市内中学校の生徒に「15歳の志(こころざし)講座」を継続してこられた。その中で常に曽根豊さんの生への強い意志や生きる目標を見つけることを生徒達に説かれていると言う。
f0111128_22194414.jpg

最後にお兄さんの曽根庸弘さんから今夜の会のお礼のご挨拶を述べられ閉会した。
f0111128_2219545.jpg

乙武さんの「五体不満足」にしても、曽根さんの絵画にしても、五体満足に生きてきていながら、世の中に不満を言い暮らす人。世の中の流れに挫折する人。将来の夢が見出せない人々。そんな中、口しか使うことが出来なかった曽根豊さん。与えられた命を強く全うしようと努力されてきた。その苦闘を思えば「大概のこと」は克服できるはず。将来の目標をしっかりともって生き抜くこと」こそが、曽根豊さんの遺志に添うことになる。
四方市長は、そう思いを語られた。

「私達ももっともっと強く生きることができる。そして与えられた命に感謝すること」曽根さんの絵は物語っているようだ。
生きる勇気を与えてくれている故曽根豊さんに心から感謝します。

午後9時 のりピ~に乗せてもらって帰宅。ありがとうございました。午前1時まで、続きを処理。
[PR]

by ando-ayabe | 2009-10-27 22:18 | 文化体育活動 | Trackback | Comments(0)  

明哲保身

今日は雨の中、1ヶ月以上前からお約束をしていた方とお出かけ。
気が気でなくて、集中できなかった。しばらくこのお付き合いはご遠慮しようと思う。

帰宅したら、ポストに本屋さんに頼んでおいた、「マンガ菜根譚・世説新語の思想」という本が入っていた。

なかなか面白いのでしばらく読んででみよう。老荘思想と儒教・道教・仏教の思想を取り入れたこの菜根譚人生競争ばかりで疲れた人の心のよりどころとして読んで面白い

「譲る」「退く」ことを生活のベースにおいて生活したら、心は楽になる。今日の格差社会と言われる時代。この本を読んで、心の持ち方楽にすれば、次の発想も生まれるのではないだろうか。


午後7時から青野町組長会。最後に「山崎ぜんやさん」から市長選出馬の決意表明と、何らかの応援が頂戴したいとの要請があった。役員会では、思想の信ずるところで仲間を募ってやるのが政治であり選挙だ。との意見もある。コメントを差し控える。自治会内でも意見の分かれるところ。自治会の推薦がなければ選挙が闘えないということはない。克服していくだけ。

「綾部の顔」として今現在立候補表明している2人。綾部市が全国に発信したり、都市経営のトップとして見識・判断力・実績など考え、たときに、どちらが相応しいか。まさに「綾部の顔」を決めねばならない。
[PR]

by ando-ayabe | 2009-10-27 01:36 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

祝:下山バイパス完成

国道27号下山バイパスが開通した。今日昼に娘の用事で、京都へ行かねばならず国道を通行していた。
≪祝:下山バイパス開通≫との看板。これまで、JR下山鉄橋の下を通り、崖の下を通行する。交通の難所。
f0111128_2384755.jpg

運転の下手な私はいつもひやひや通行していたものだ。
ようやく完成した国道。延長は4km総工費133億円。18年かかってようやくバイパスは完成した。
f0111128_239078.jpg
さて、民主党・前原さんなら、この国道27号バイパス。無駄遣いと言うだろうか。私にはとても便利で、京都府北部の人にとっては大変便利になったと思うが。工事関係者国や関係自治体の尽力と地権者の皆様のご協力に心から感謝したい。

秋の京都は観光客で賑わっていた。
娘はアルバイトで桂で塾の講師をして学資の足しにしている。
日曜日もアルバイトするのか、とかわいそうになった。
暮れなずむ街を塾まで送って行った。
一人で塾のシャッターを開ける娘の姿を見て
「がんばれよー」と心で励まして帰った。
[PR]

by ando-ayabe | 2009-10-25 23:04 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

まだまだあるで~綾部の可能性

いよいよインフルエンザも身近に迫ってきた。
2・3日前何北中学校の学年閉鎖に続いて、綾部中学校3年生が来週の火曜日まで学年閉鎖になったとの情報。まだ新型に対応するインフルエンザワクチンは普及していない。地域行事もこれから中止の止むなきに至るかもしれない。
午前9時公会堂へ。9時半から12時半まで青野町自主防災会主催の「普通救急救命講習会」を開催。10人の自主防災会役員が受講。
f0111128_23544833.jpg
会場の公会堂では、ボランティアの方、消防署塩見幸作消防士が講師として座学・実技の指導を3時間にわたって教授していただく。わかりやすく楽しい講習会だった。
f0111128_2355138.jpg
人数は当初20人募集したが、参加者が少ない。心配したが会場を考えるとちょうどの参加だった。
f0111128_23551137.jpg
応急手当の基礎知識の座学では、カーラーの救命曲線について、塩見さんが丁寧に面白く話してくれた。消防署員の講座は、昨年度も防火講習会を開催したが、最近本当に話が上手になった。参加者にわかりやすく教えてくれる。工夫もされている。
f0111128_23552494.jpg
実技では、青野町の藤田智子さんを始め4人の「綾部市応急手当インストラクター」の方々が丁寧に、かつ明確に実技指導していただいた。1班が5人とちょうどの人数。インストラクターの方々も自信を持って教えていただいている。素晴らしいチームワークだ。共助のまちづくりの最たるものだ。
f0111128_23553459.jpg
AEDの使い方が加わっていること。人工呼吸2に対し胸骨圧迫が30と圧倒的に胸骨圧迫の回数が増加したこと。止血法も昔と少し異なっている。以前普通救命講習を受けたが、3年に1回は再受講が良いとのことだった。

AEDマップを見ていて、配置数がいかにも少なく、地域も偏在しており、これで、AEDや救急車が来るまで、胸骨圧迫を繰り返すのは大変だと思った。

もっと事業所や自治会などでもAEDを設置しやすくするような誘導政策が必要ではないか。現在AEDは市内全体で44台。5分で死亡率100パーセントの切迫した状態で、人工呼吸法とAEDで、救急車が来るまで待つことになる。また、もっとこのような講習会を計画的に受講していただくことが大切になる。AEDが無用の長物にならないように。地域で安心・安全の共助のまちづくりができればすばらしいことになる。
f0111128_23563290.jpg
午後1時30分。I・Tビルで開催された「発見!綾部特産品店 味見会」に出席。元古さんからお誘いを受けた。
最初のパネルディスカッションでは、「綾部の特産品開発と綾部ブランドについて」と題して、京都創成大学滋野助教のコーディネートで今回の主管者商工会議所料理飲食部会長の元古保弘さん(都人)、中川誼美さん(㈱吉水社長)、宮本恵子さん(商工会議所女性会会長)のパネラーによるそれぞれの綾部ブランドの発掘の考えを聞かせてもらった。
f0111128_23564330.jpg
f0111128_23565347.jpg

「綾部ならでは」の特産品を開発するため、食品・宿泊関係の企業団体が、サンプルを紹介。17企業・団体が25品を創作。素晴らしい出品作品の数々だった。
f0111128_2357212.jpg

午後3時身体障害者協会会長西村さんと自立支援センターいかるがの郷の亀井さんにお出会いする。懐かしい塩尻充子さん(同級生)のお父さん(副会長)にもお出会いした。お元気だった。また近日中に綾部の住民が2人増えるとのことだった。

再びITビルへ。挨拶の後、午後3時半から青野町11組10組の挨拶回り。午後4時半から面談。一服し、午後6時帰宅。だんだん同級生の輪が広がりつつある。良い友人関係を持っている。一肌も二肌も脱いでくれる親友。手弁当で「がんばろや~」と言う感じがいい。一人の力ではどうにもならない。多くの皆さんの愛郷・託そうとする意気込みと熱情。そして地域に責任を持たねばならない政治家の信頼のタッグチームです。

夕食後午後7時から自治会役員会。インフルエンザの影響を受け、自治会運動会が中止に。250人もの参加で開催予定だったが残念。衣川文体部長も苦渋の決断。でもこの状況では致し方がない、賢明な決断だと思う。役員会でも了承。

午後7時30分。役員会で組長会その他の協議をし一定の方向を出して終了。与えていただいた条件下で精一杯がんばろう。

役員会が早く済んだので、その流れで、自宅で「昌志さん」に夢のある話を聞かせていただいた。「あかりちんどん」の話や「馬頭琴教室」「モンゴル相撲」の話し、多彩な交友関係をお持ちの方だ。何かテレパシーで結ばれているような不思議な縁で結ばれているような話だった。神秘的な方だ。最後にチラシを渡して賢明な判断を依頼。

午後10時今日のすべての行動を終了。ねむた~い。
[PR]

by ando-ayabe | 2009-10-24 22:45 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

素案検討

10月23日(金)
朝子ども見守り隊へ。午前8時から9時半まで、町内の大先輩とお話し。その後「かかりつけ医」へ。ウ~ム体重減が課題か~025.gif要は喰い過ぎか008.gif

コンビニでサンドイッチと野菜サラダを購入。帰宅して食べながら「綾部市議会基本条例」の素案作成。10時半から12時半までかかって数箇条の素案作成。午後1時事務所へ。来客対応と訪問。午後3時から議会改革委員会A班の会議。議会基本条例の素案検討・協議。種々忙しくなかなか集中できないのが残念。自分の力量不足を感じる。会議終了。午後5時事務所へ。土日行動の時間調整。午後6時半から地回り。午後8時終了034.gifお昼ご飯を抜いた。う~む。いけるで~017.gif

10月31日から京都国立近代美術館でイタリアボルケーゼ美術展が開催される。「一角獣を抱く貴婦人」はあまりに有名。京都へ行かれたついでに、岡崎・京都国立近代美術館で芸術の秋を満喫してはいかがでしょう?
[PR]

by ando-ayabe | 2009-10-23 22:31 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

戦後精神

10月22日(木)
第2次世界大戦・終戦記念から数えて64年。綾部市戦没者追悼式が開催され参列させていただいた。
綾部市出征の軍人軍属2432柱の英霊を慰霊。2432柱。市民の人口で割ると、20軒に1軒の割合で戦没者が出たほど悲惨な戦争だ。今、戦前の歴史について解き明かされつつある。
f0111128_21491913.jpg

遺族代表で、中上林の稲住幸雄さんの遺族代表挨拶。3歳で父上をなくされたという。戦後の混乱期、子どもを抱えてお母さんは苦労されたことだろう。百姓・土方なんでも必死で働いた時代。そんな戦後を経て今はどうだろうか。国の社会保障制度は整い、子どもを養子に出すことはない。身売りすることもない。そんな中で、自分の都合を社会の責任・国家の責任にしすぎる今日。
60年前の日本は、すべての国民が、文句を言うどころか、歯を食いしばって家族のために働いた。家族のために生き抜いた。今はあまりに自分・自己・利己に偏りすぎていないか。

時代が違うことはわかるが、精神的にも戦後の力強さは失われているような気がする。といっても、その戦後の豊かになりつつある時代を生き抜いた私。戦前戦後の厳しさは知らないのではあるが、稲住さんの話を聞いてふと思った。
追悼式の最後には尾上有喜玉さんの踊り三松会様の琴・三味線のアトラクション。日本文化は息づいている。嬉しくほっとした。
f0111128_21493650.jpg

昼食を挿みながら、作戦会議。午後1時半。事務所回って帰宅。事務処理(土曜日の救急救命講習申請書・防犯灯設置補助変更申請)午後4時から役所へ行き申請。午後6時から7時半まで挨拶回り。感度良し。430円のコンビニ弁当を100円引きでラッキー。午後8時久しぶりに合唱練習へ。帰宅は午後9時半。ヒャ~くたびれた。068.gif

風呂も入らずに寝てしまった。
[PR]

by ando-ayabe | 2009-10-22 21:58 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

行動開始

10月21日(火)朝7時30分。朝の見守り隊へ行き、その足で、白瀬橋たもとで、ご挨拶。山崎ぜんや氏と立候補決意の報告。感触は良い。新聞を見て、記事の内容を確認。
その後、午前中。市役所で議会だより2・3面のメインの記事の編集協議。ツキ頭議員と井口君。
午前11時。市民センターへ自動車を取りに行き、了円寺へ原稿を持参。12時までお話し。その後、森本さんと塩見議員と高橋議員が青野町の個人事務所(行動拠点)の開設をしてくれたので様子を見に行く。最高に素晴らしい事務所になった。若い人にも来てもらえそうだ。センスが良い。

12時半に弁当購入し帰宅。昼食後、政治団体の必要書類・了円寺旅行名簿を作成して、午後3時から午後5時過ぎまで、出馬挨拶回りの案内を務める。山崎巌先生の同僚・教え子・先輩・後輩・歴史教室など凄い広がりだ。

時間がない。本人の知名度UP、熱烈応援いただく方々、早く本人に会いたいとの連絡がどんどん入る。
予定をオーバーし挨拶回り。午後5時20分から6時まで、事務所前の交差点で、スピーカーで挨拶。まだまだ演説はこれからだが、気持ちがはいっておれば伝わる。

帰宅は午後6時半。自主防災会の資料を作りながら、夕食。7時30分から青野町自主防災組織幹事会。過日の訓練の反省と24日の救急訓練について。

忙しい一日だったが、充実していた。明日も同じような行動になろう。
[PR]

by ando-ayabe | 2009-10-21 23:39 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)