あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

<   2008年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

異論・反論

6月30日
朝の見守り隊。058.gif
今日は議会「総務・建設・教育常任委員会」
議案は、
・綾部市消防団員公務災害補償条例の一部改正(内容は、補償対象者の扶養親族一人当たりの補償基礎額のUP)の専決処分に関する承認について
・綾部市監査委員条例の一部改正(内容は、自治体破綻法制関連で監査委員が監査する項目の増加)について
・綾部市税条例の一部改正(①公益法人の制度改正に伴う均等割り税率の変更(この改正によってNPO法人に市民税均等割り6万円を課税することを明確化)②省エネ改修促進税制(ペアガラスや断熱壁・床・天井等の断熱工事をした者で30万円以上の省エネ改修工事を行った場合固定資産税額の一定割合で減額措置を行う。

などとなっている。NPO法人への課税条例問題に関して、NPO等への課税に「異論」がある。その意思に従って、承認議案を不承認として意思表示した。委員会の結果は多数決で、原案通りとなった。

そもそも、NPO法人は時代の要請に基づいてボランティアの活動の活発化・共助の組織として制度創設したものであるにもかかわらず、縦割りの弊害として財務省の33業種として、課税対象団体になっている。収益事業と公益事業の区分も明確でない。諸外国では、非課税団体を規定している。日本では、課税33業種に当たらない業種が近年の多様化する事業活動の中で発生しているが、非課税となっていると言う。

一体この国はどうなっているのか。NPO法人にも色々あるだろうが、少なくとも、「特定非営利法人活動」の名前からして、非営利の団体に課税する精神が納得いかない。委員会では「異論」ありとして同意議案の承認に反対した。生産森林組合の二の前になるのではないだろうかと心配する。

市民の共助の精神に基づいて生まれた組織や活動が十羽一からげにされるのには納得がいかない。地方は物申せないのかもしれない。しかし、議会は意思表示することが出来る。今回与党会派でNPO法人の活動に関する課税上の配慮に関して意見書を提出した。

本会議では、意見書採択に賛成し、今回の専決処分は賛成することとしたい。しかし、地方分権の時代に、「国がきめたことは地方自治体の異論が挟めないとは。地方分権といっても、地方が国におんぶに抱っこの様相だ。

午後は、玄齢会で昼食しながら、意見交換。
午後2時から3時半まで、6名の鳩首会談。厳しい情勢ながら、団結し活動をしようと意思統一。さしずめ「いかだ会」かな?囲碁大会の写真を現像し会計に手渡す。

午後5時半。面談。けなげな話を聞いていると、まだまだ日本もまんざらではない。

午後7時から8時まで、綾小子ども見守り隊交流会で綾部小学校へ。参加者は少なかったが、いずれの意見も、子供たちの健やかな成長を願う気持ちの現われ。
PTA梅原会長以下役員の皆さん頑張ってください。私たち地域の大人も、一生懸命見守り隊に参加します。

帰宅は8時30分。夕食を奥さんと食べて今日の活動終了。
[PR]
by ando-ayabe | 2008-06-30 23:12 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

碁仇・碁友

6月29日(日)
朝から雨が。去年も一緒だった。
8時前に市民センターへ。今日は碁の大会には最適の?雨の日。じっくり碁を打っていただける。
 100人近くの皆さんにご参加いただいて、第8回綾部市囲碁大会が開催された。

8年前に先輩の皆さんが結成された「綾部市囲碁連盟」碁仇であり、碁友でもある。
f0111128_19442217.jpg

九時から開会式。司会進行を担当させていただく。
「私の師匠から、碁を教える以前に碁の愛好者の皆様のお世話をすることから碁は始まる。との教えに基づいて、幹事長をさせていただきました安藤です」と司会者の弁。岡安吏四会長の開会挨拶に続いて囲碁連盟名誉顧問の四方綾部市長の来賓祝辞。関西棋院6段の実績の持ち主。お世話するスタッフへの慰労のご挨拶もいただくなど配慮に怠りなし。役員も本当は、それぞれ囲碁大会に参加したいにもかかわらず、ご辛抱いただき裏方に徹底してもらう。これこそが大切なのです。高野副会長から競技上の注意。開会式もそこそこに、大会は開催された。

碁盤の前では友人と言えども真剣勝負。今年から熊野新宮会館が閉館になっているため、A級の会場は市民センター地下中会議室。40人もの皆さんが中会議室に入るため、熱気でムンムン。

午後は、長谷川9段・芦田6段を招いて、指導碁。黒山の人だかり。

大勢は午後3時ごろ判明。それぞれ必死で戦われた。囲碁もゴルフも共通するところがある。全て自己の能力・判断の如何にかかわる。誰の責任でもない。結果は自己責任。敗因は多くを語らない。お互いに分析しあう。
f0111128_2172747.jpg
A級三勝の皆様
f0111128_19453091.jpg
B・C級三勝の皆様
和やかな内に午後5時終了。皆さん満足してご帰宅された。役員のみなさんで後片付け。ゴミを自宅に持ち帰り終了。雨上がりでムシムシ、身体はベトベト。自宅にて、シャワーをジャージャー。ビールをゴウゴク。美味ーい。
夕食をしていたら、古紙回収保管庫の件で町区の方からTEL。現地へも行き対応。雨上がりの涼しい夕方、自転車で、ぶらーりぶらりと帰宅。

今日は一日心地よい疲労です。明日から市議会再開。頑張りましょー!!
[PR]
by ando-ayabe | 2008-06-29 19:41 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

和気藹々

6月28日(土)
f0111128_2036673.jpg
朝8時。丸山スポーツ公園に行く。自由民主党綾部支部主催の「絆杯」第1回グランドゴルフ大会が開催された。93人の皆さんにご参加いただいた。
市議会議員さんも10人も参加いただいた。
f0111128_20335777.jpg

和気藹々と皆が和やかにグランドゴルフに興じた。
グランドゴルフ協会のご協力のお陰でアドバイスをいただき上手く運営できた。
f0111128_2263045.jpg

又秋にもやろうと言うことになった。身近なところでも皆さんのご意見を聞きながら議員と市民の皆さんが一緒にスクラムを組んで楽しい綾部作りが出来ればよい。議員の様子も参加者にわかってもらえる。

午後は、自治会で7月11日に取り組む「自主防災研修会」の準備をする。夕方綾部市囲碁連盟の囲碁大会の準備。市民センターにて。

雨の中、自主防災会のビラ配り。昨夜のPTA地域懇談会で出された、通学路の市道橋の水溜りの確認に行く。

雨はますますひどくなる。
[PR]
by ando-ayabe | 2008-06-28 20:34 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

監査法人

6月27日(金)
6月市議会予算委員会総括質疑
各議員から、一般質問の補足質問やもう少し細かい内容での質問をする。

私は、6月議会に報告されている、第3セクターや公益法人の決算状況、経理状況、事業実績、今後の事業展開、監査の方法、公認会計士の指導等の有無、外部監査を入れる考えについて質問した。

何故そんな質問をするのか。
①第3セクター「農匠やくの」や大阪市「ATC」など昨今第3セクターの破綻や行政からの過剰な支援が問題となっていること。
②公社や外郭団体の不正経理が発生し経理チェックや監査のあり方が問われている。
③少人数で経理処理する結果、複数のチェックが入らない場合がある。
④それぞれの組織の監査に役所の幹部職員が就任していること。身内に甘い体質が生まれやすい。税務や経理処理の月例検査などに公認会計士や経理士・税理士など外部のチェックマを導入する考えは。

と言ったことを把握し、外郭団体の厳正な経理・事業チェック体制を今から整備して欲しいと思った。

医療公社や一部の公社・3セクでは、第三者評価制度や公認会計士を月例検査や監査として導入されていた。これからの地方自治体の監査方向としては、外部監査も含めて、コンプライアンスが厳しく求められる。公認会計士の経理チェックや経営指導が必要になってくるだろう。

貴重な市民の税金を出資している団体。その税金が乱暴に使われたり、市へ帰ってこないことなどはあってはならないことだ。

第3セクター・公益法人の事業報告や事業計画書・決算報告書や予算計画書の書式内容は、組織によってバラバラだった。横の目線でチェックするセクションが無い。「議会への報告事項」程度との安易な判断は無いのか。

大幅に黒字を減少させている法人の減収原因が業務報告書で数値的に報告されていない法人もある。取締役会では報告されているのだろうけれど、議会のチェック機会は無い。

3セクと言えども、あるいは公益法人といえども、議会のチェック機能は常に問われている。しっかりと言うべきことは言っておかないと。

議会が、3セクへの財政支援を認めた後に、「農匠やくの」のように、破綻するようなことになれば、議会チェックはどうだったのかが問われる。

時あたかもNHKで監査法人というテレビドラマが放映されている。
毎週土曜日午後九時から。

民間の大手企業では監査法人による厳格監査が実施されている。

午後3時終了。その後意見書の調整で5時まで役所。

帰宅後夕食をとり、午後7時30分公会堂にて、綾部小学校PTA地域懇談会に出席。31人の保護者が参加。地域委員として小林さん・浅尾さん・中川さんが上手に進行し、、色々な意見交換が出来たと思う。自治会長さん・民生委員さん、そして私も参加させてもらった。綾部公民館でも地域の懇談会に出席して、地域社会が子どもを見守るように大人も積極的に参加しようと言うことになっている。

私は、子ども見守り隊や遊びの城サポーターでの子どもの様子を話す。

保護者からは、市道の危険箇所や水たまりの箇所について意見や要望が出される。
そのほか人権研修や夏休みの注意事項など地域委員さんから保護者に話されて、午後9時20分終了。

その足で、日曜日の囲碁大会の相談に副会長さん宅を訪問。帰宅は10時30分。
帰宅し、焼酎1杯頂戴しご就寝。
[PR]
by ando-ayabe | 2008-06-28 15:12 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

低炭素社会

6月26日(木)
6月議会一般質問3日目

一般質問最終日5人の質問。
最後は、午後5時だった。昨日は同じ人数で、3時に終了したのだが。

明日は予算委員会総括質疑。

帰宅して急いで夕食を食べ、自治会組長会議へ

自治会に加入していない人に自治会で設置したゴミ箱の使用を認めるのか?認めないのか。
難しい問題だ。自治会に加入して欲しいが、ゴミ箱の使用禁止を申し渡せるのか。

結論は、でなかったが、そういう組長さんの気持ちもわかる。往々にして、自治会に入らない人のゴミマナーは、マナーを理解しないから最悪。ゴミを出されて、回収してもらえず、仕方なくゴミを組長さんが持ち帰り分別して次の収集日まで保管して出すとか。ゴミ箱に入れるなーと言いたくもなる。

f0111128_14173135.jpg
ところで過日の古紙回収保管庫の第一回収集日の成果は、自治会役員にとって大きなものだった。
 ごみを取りにきていただいたが約7000円。持ち込みにすれば9000円。市から補助金を貰えば、1回当たり12,000円毎月1回計12回実施して148,000円。仮に3箇所に設置すれば年間約52万円。まー第1回目だからあれほど古紙が出たが、通年ベースにするとそうも行かないだろうから、半分として、26万円か。結構な自治会収入になるかも。ただ、ゴミとして出されるものを回収してくるのでなければ効果はない。かえって、PTAの収入が減っただけにならないようにしなければならない。ごみ減量化に貢献しなければ成果が上がったとはいえないのだ。

この取り組みが全市的にならないと効果は少ないか。しかし修身治国平天下だ。500戸の自治会が取り組めば影響は大きいはず。

青野町にはリユースショップも出来る。

洞爺湖サミットも近い。「低炭素社会」へ向けて、身近なところからまずスタートか。理論より実践です。
[PR]
by ando-ayabe | 2008-06-26 21:49 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

居酒屋タクシー

6月25日(水)
6月議会一般質問をおこなう。今日で8回目。旗幟を鮮明にしているつもり。その役割を認識している。「長寿医療制度即時廃止」には異論あり。政治家が明確に国民にアピールしなくて、誰がするのか。

国やその外郭団体の無駄遣いは目に余る。国民の我慢にも限界がある。主に中央官庁の官僚や国民の目の届かない政府系企業団体。

「国連広報センター」と言う国連の出先機関での不正やサボりが告発されている本を読んだ。
町村官房長官が1402人の中央官庁17省庁の「居酒屋タクシー」不正の処分を発表した。
うそ臭い数字だ。不正や無駄遣いはまだまだあるのだろう。なんでも、あのようなことをしている官僚はノンキャリアだとどこかのブログに書いてあった。そもそもキャリアは、そんなに遅くまで残業をしないし、黒塗りにも乗れる。官舎は都心の一等地にあると書いてある。
ノンキャリアは、朝は早くから満員電車に揺られ、遠く埼玉や神奈川・千葉から来るそうな。帰りの終電間に合わず、居酒屋に行く間もない。せめて、居酒屋タクシーでもと言うところか。

官僚が腐敗する国は滅びる。「修身治国平天下」ただそれだけだ。まづ自分自身の身を修める事から始まる。長寿医療制度が信頼されないのは、政治官僚の不信が原因だ。

今「行政不況」と言う本を読んだところ。
失われた10年の後に引き続き10年の失われようとしている現在。「安定恐慌」状態だと。政治・行政・企業・個人に至るまで当事者能力が欠如している。

小泉内閣で規制緩和など新自由主義経済を進めようとしたが、中途半端で結局は官僚の抵抗に遭い、構造改革は看板とは程遠い、国民にだけ負担が回った改革だった。と言うもの。

政治は踊る。踊りの跡は・・・・・・・

赤坂で政局を肴に酒ばかり飲んでいる政治家やキャリア官僚には、霞ヶ関のノンキャリアの「居酒屋タクシー」は見抜けなかったのだろう。

大臣・議員は長くて4年。官僚の天下りは大目に見てね。と言いながら、ちょっとしたお土産(票につながる政策)持たせて「はいごくろーさまー」これも政管癒着か。

今日の一般質問の市長答弁。「私が6ヶ月間総理大臣にしてくれたら徹底的な行政改革を進める」と。

10時からのテレ朝で、古館伊知郎と橋下大阪府知事が対談していた。古館が盛んに国政で大鉈を振るってくれと持ち上げていた。知事は、「私は大阪府を立て直すために知事になった。今は国のことより大阪府で実績を残すことだ」と言って古館に言質を与えなかった。

改革は一人では出来ない。
[PR]
by ando-ayabe | 2008-06-26 00:15 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

寅の尾

6月24日(火)ことしの「寅の尾」は短いぞ?天候のせいかなー(我が家の万葉植物園)
f0111128_021059.jpg
6月22日(日)古紙回収保管庫の始めての持込日。
完全に回収日を取り違えて、自宅でごそごそしていたら、朝10時ごろ自治会長から電話が。
「今公会堂の古紙回収保管庫に来ているけど、一杯で入らないでー」と嬉しい悲鳴。

まずまず好調な滑り出し。気が早い。今夜の役員会では、西と東にあと2棟保管庫を設置しようとの提案。「まてまて。もう少し様子を見てからにしようと、止めること。」

今回は調子良く滑り出したが、続くのか状況を見てから考えようと言うことになった。

綾部市で一番大きな自治会。550世帯。運営は大変だが、役員は皆一軒一軒の家の状況も把握しようと、役員会は遅くまで続く。

今日は市議会6月議会一般質問第1日目。皆さん予定通り、一生懸命に市民の声を議会に届ける。6人が質問。午後5時までみっちりと議論した。

答弁者側は、30年以上の行政経験者。専門的に答弁いただく。答弁を上手にされるので、議員はじっくりと答弁の内容から次の質問に移ればいいのだが。つい納得してしまう。

こちら側の勉強不足なのかな?

しかし、議員は市民の声を的確に反映し、素朴に聞いてゆけばよい。提案をすればよい。自信を持って提案することではないか。そして検討すると答弁いただいたら、いつまでに、と聞き。期限を切った時期に再度質問し、検討結果を聞く。チェックをしてゆくことは大切です。

「言い放かし」「答弁し放し」の議論では前進しない。

25日は5人目に私が質問する。今日の質問答弁とダブル内容がある。手直しかな。

午後5時から塩見議員の要請で、若い方との意見交換。
その後、ストック・アスパ・ジュンテンドーで、囲碁連盟の第8回囲碁大会の賞品を購入。
f0111128_0214919.jpg

帰宅後、交通安全看板の設置に青野町内の危険箇所へ。
日本人は、せっかちだ。信号機のある広い道路。信号が赤になると、手前の小道へ進入し脇道から信号を避ける。
f0111128_022756.jpg

結構なスピードで小路に進入するので、事故も発生する。
とりあえず看板を設置する。あとは道路標示を行政に要望することにする。

帰宅したら午後7時。夕食もそこそこに、自治会役員会。午後10時過ぎに帰宅。

今から明日の一般質問原稿を手直ししよう。

寅・寅・寅・・・・・寅の尾、虎と言えばタイガース。 強い。ウフ・・・・・
f0111128_0222069.jpg

ビョウヤナギは黄色い。
[PR]
by ando-ayabe | 2008-06-25 00:15 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

心洗

夜回り先生水谷修先生再来訪。

「るんびに園」開園5周年記念講演会
「子ども達を考えるつどい」-夜回り先生とるんびに太鼓ー
と言う会が中丹文化会館で開催された。
f0111128_0265411.jpg

午後1時開会会場の駐車場はほぼ満車。
ルンビニ園は、家族の虐待やネグレスト(育児放棄)、学校でのいじめなどで心が傷ついた子ども達をあずかり、同じ仲間と一緒に学習し生活する仏教の思想を取り入れた心理療育施設。

約30人の子ども達が学び生活する施設です。

設立時にわずかだったがご寄付させていただいて、その後、何のお力にもなれずにいた。
平成16年7月。口上林川祭りに参加した時、子ども達が太鼓を初披露された。あれから4年。素晴らしい表現力・素晴らしい力・ハーモニー。皆で気持ちを一つにして、大きな舞台で素晴らしい発表をしてくれた。

昨年19年度総会に現地の学校を訪問。生活の部屋から教室まで全て見学させていただいた。
藤大慶理事長以下すばらしい職員の皆さんの努力によって生き生きと子ども達が生活していた。

本年で綾部のルンビニ園は5周年を迎える。今日。その記念すべき日を祝う催しが開催された。
f0111128_0274125.jpg

水谷先生は私が話を聞いたのは3回目になるが、いつ聞いても心に染み入る。感動する話だ。
水谷先生は講演の最後に「8・3運動を提唱している」朝8時夕方3時子どもを見かけたらおはよう、お帰り、今日はどうだった?と声をかけて欲しいと話された。

そして、「行政は何している?国は?親は?」と言って事件や犯罪があるたびに子どもの周辺を責める前に、あなたの出来ることから子ども達にかかわって欲しい」と。

綾部市内では、多くの地域で朝の声かけをしている。綾部小学校区でも200人もの人が登録していただいて「子ども見守り隊」を結成。声かけ運動を実践している。
f0111128_0285276.jpg

祝賀会で、北海道旭川市在住の西岡正さんが、お話しをされた。明治の屯田兵で田野町から北海道に渡って140年。3代目の西岡正さん。今でも祖先のふるさと綾部を想い「るんびに園」に多額の寄付をされている。中国で終戦を迎え、帰国途中、瀕死の状態で貧しい中国人家庭に助けられた。敵国の兵隊を助けてくれた人の温かさをつくづく感じ、帰国後中国の都市に教育施設を作り奨学金を出してこられた。中国で日本人排斥の暴動が起こったときも、その町では暴動が回避された。藤さんのとりくみこそルンビニの釈迦の思想そのものだと。西岡正さん。92歳。まだまだやりたいことがある。と意気揚々と語られた。素晴らしい方だ。ルンビニ園には、そんな方々が集う。まるで、釈迦の下に人々が集うように。

心が洗われる一日だった。
[PR]
by ando-ayabe | 2008-06-23 00:45 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

内清外濁

いま派遣労働者は、全国で1730万人。莫大な数字だ。

団塊の世代の700万人よりも大きい。派遣労働の人たちは全てではないにしても、企業の都合によって、明日の仕事も住むところさえなくなる。そんな不安な状況の中で生活している。
将来の一条の光さえが見えない。誰でも良かったと言って何のゆかりも無い市民を殺戮する秋葉原の無差別殺人。昨年度を上回った自殺者の数。

泉国家公安委員長(国会議員)は、「社会が病んでいる」と言った。しかし抜本的解決策があるわけではない。

寡(か)を患(うれ)へずして均(ひと)しからざるを患(うれ)ふ。
貧を患(うれ)へずして安(やす)からざるを患(うれ)ふ。「論語」

江戸時代は貧しくても割合均等だった。富の再配分が為されていた。しかし、今や年間何百億円も稼ぐトレーダーがいるかと思うと、先の見通しも立たない若者が、今日の食事代の心配をしながら毎日暮らしている。

政治家は問責決議だ、秋の総選挙だといって政局に明け暮れている。

国家・国民のために、ともに憂い、ともに悩み、ともに解決への糸口を見つける。
貧しくても心の安らぎや、明日への希望の光を見ることが出来る世の中をつくろうと考え行動する。

政治に携わる者は、『真剣』『誠実』『博識』を切磋琢磨しなければならない。
[PR]
by ando-ayabe | 2008-06-20 22:51 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

6月市議会開会

いよいよ6月市議会が開会されます。

私は、今回の議会では、
●後期高齢者医療制度について
●市内の事業者を保護・育成する施策の展開について
●中国常熟市との交流20周年・医療交流の成果と今後について
●環境サミットと農村のため池の環境に果す役割について

などを一般質問したいと思っています。
地方分権も第1次勧告が出されておりそれに関しても聞きたいのですが、質問時間も無いので無理かもしれません。

後期高齢者医療制度に関しては、議論のあるところですが、私としては、「石の上にも3年」この制度が国民皆保険制度を維持し、アメリカのような医療保険に加入できない人々が4700万人。人口の4分の1もあるような国にはなりたくないので、皆保険を維持するのであるなら、見直しをしながら後期高齢者医療制度を動かせて行けばよいと思っているのです。
四方市長は京都府の広域連合長ですので、見解を聞き、改善すべき点(これは国が示していますが)を考えて行きたいと考えます。なんと言っても「健康長寿」を表明している綾部市です。医療費を抑制しながら、健康長寿のまちづくりこそが必要なところですので、そんな取り組みについても提案ができれば。

次に市内事業者への仕事が回るシステムに関して、自由民主党から市長に対して、要望書を提出していますので、その検討結果について聞きたいと思っていますし、本当に市内事業者を守り育成するシステムを官民で作っていってほしいと思っています。

あと、市内への通勤者アンケートの結果について市内業者のサービス提供など活かし方を聞きます。

中国常熟市との交流は20年の節目。どのような成果があったのか。特に医療関係での交流が進んでいますが、市民から東洋医学科の設置などの提案がありますので、その可能性を問いたいと思います。

環境サミットが、洞爺湖で開催されますが、今や農業も大変厳しい時期。用水としてのため池もだんだん維持が困難になりつつあります。しかし、ため池はヤゴや野鳥の生息地であり、水の浄化などの役割を持っています。しかし、ため池に関してはあまり環境面での評価が低いように思います。どのようにため池などの水辺環境を守るのかについて聞きたいとおもっています。

他にも教育に関して、統合問題で市が3案の提示がされたが、どこまで本気で進めようとしているのか。提案3案の内。「エッ」と言うような案もありますので、真剣度を聞きたいのですが、他の議員さんに任せたいと思います。その他にも地デジの問題や地震対策、都市計画制度、派遣労働に関する綾部の実態、などありますが、まー他の議員さんにお任せしたいと思っています。
[PR]
by ando-ayabe | 2008-06-18 23:14 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)