<   2008年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

梅雨近し

5月29日(木)
まずい。寝坊しちゃった。目が覚めたら7時47分。前夜、雨の中、西宮からずぶぬれになって帰宅したのが12時。それから風呂に入って冷たい身体を温めて、寝床に着いたのが1時

くたくたになって、つい寝過ごしてしまった。子供たちごめんね。

朝一番に猫の銀ちゃんのシャンプー。前日のブログ記入、礼状作成、「綾部公民館便り」の最終校正で午前中終了。午後2時から市内の経営者と話し。5時。帰宅後、パソコンがバグッてしまったが、どうにか修復。やりかけの仕事を整理。

夜は7時半から6月1日の「京都合唱祭」の最終練習に宮代コミセンへ。

今夜の練習にはみな相当熱が入っていた。いよいよ発表まで練習日はゼロ。

当日、声が一つになるか不安だがここまで練習したのだから大丈夫。合唱は一人では歌えない。そこに合唱の面白さがある。皆の声が合えば、本当にきれいに聞こえる。歴史のある綾部混声合唱団。頑張って発表したいと思います。

私のブログを読んでいただく方々から、最近ブログの文章が長いというご意見をお聞きする。
そうかもしれないと反省する。ついつい長くなる。

読みやすいように短くするのがいいのか、それとも思いつくことを書き綴るのが良いのか?
文章表現能力の欠如かも知れない。

梅雨が近づいている。早いものです。
[PR]

by ando-ayabe | 2008-05-29 23:27 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

コミュニティの日

5月28日(水)
朝、いつものように子供の見送り。今日はチャレンジデーやけど、知っていますか?と信号待ちの子らに聞いた。「知らん」「フーン。学校では15分間は何か体操でもするんとちがうの?」「知らーん」「そうか~」 大丈夫なのかなーと不安に。

午前8時30分。公会堂前に集合。今日はチャレンジデーで、青野町は例年実施しているウオーキングの日。
f0111128_11251226.jpg

三々五々町区の皆さんが集合。歴代自治会長や老人会長、ご婦人の皆さんなど総勢30人
青野町にすればチョト少ないか?
9時30分。自治会長の挨拶。準備体操後、里町の天文館へレッツゴー。
f0111128_11484881.jpg

途中で、歩いている一団が。「どちらからですか?」良く見れば上位田の親戚のTさん。「8時半から位田橋を渡って、由良川花庭園を見て、白瀬橋を渡って帰る途中や。もうくたびれたわ-」「無理せんと頑張ってください。」
f0111128_11433047.jpg

行く道すがら今日の行事の意味について、いつもご指導いただく方から、「今日はスポーツが目的ではない。東かがわ市と競うのも目的ではない。地域の方々とスポーツを通じてコミュニティを増進するのが目的なんだ。」うーん良いことを言われるなー
f0111128_1185534.jpg

途中のゴミステーションをチェックしたり談笑しながら、天文館へ到着。
f0111128_1126639.jpg

記念写真撮影。帰路白瀬橋で、以前市民新聞に掲載されていた、大島の伊端さんに出会った。すごい人だ。
自転車を押しながら、堤防上のゴミを拾いながら、自転車に旗を立て、チャレンジデーの宣伝をしておられた。道行く人にチャレンジデーの登録を勧め、ティッシュペーパーを手渡しながら、歩いておられた。これから新小貝橋まで行くと言われていた。積極的に市政にご協力いただき、そして市民活動をされる素晴らしい市民がいらっしゃる。綾部市は幸せです。
f0111128_1127082.jpg

伊端さんと別れ途中で、綾中自治会の皆さんにも出会う。青野町はゴール地点の白尾稲荷神社に到着。参加賞を配って解散。

チャレンジデーの結果は、参加率67.2パーセント。目標の75パーセントには及ばなかったが、当日までPRに努め、準備に尽力されてこられた実行委員会・自治会他市民の皆様に心からご苦労様を申し上げます。

対戦相手との勝負が目的ではなく、この取り組みが自治会の・地域の・職場のコミュニティの増進に大きく寄与していることが大きい。

そしてこの取り組みについての今後についてだが、毎日15分以上のスポーツ(身体を動かすこと)を提唱しているのなら、そして対戦相手と4年に1回しか対戦しないのなら、せめて、来年から3年間は5月の最終日曜日に綾部市民チャレンジデーと銘打って、地域別対戦をしてはどううか。綾部地区対奥上林地区とか。

それなら、もっと多くの方々が地域で工夫を凝らした行事に参加することになると思う。そして、4年後に再びチャレンジデーを取り組むことにすれば面白いと思うのだが。あまり無理をせず、しかしだからといって4年まで放置しておくのではなく、市民の健康増進へのたゆまない取り組みを期待する。

チャレンジデーの日からコミュニティの日へ。
[PR]

by ando-ayabe | 2008-05-29 11:15 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

環境配慮型生活

気候もよい。空気も澄んでいる。草花もとても美しい。
f0111128_2126325.jpg

今年は竹の子が沢山取れたと言う話だった。気候によって花も木々も変化する。
f0111128_21391484.jpg


何時までも、日本の素晴らしい自然を残そうとするのなら、自分自身の生活習慣のベクトルを、環境配慮のベクトルへ向けることだろう。
[PR]

by ando-ayabe | 2008-05-27 20:06 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

卓球大会

5月25日(日)
朝。自治会対抗卓球大会に応援に市民センターへ行く。青野自治会は団体・個人合わせて16人が出場。卓球協会の皆さんも大会運営に頑張っておられた。

青野町の結果は、Aクラス「団体優勝」 Bクラス準優勝など昨年以上の成績を収めることが出来た。皆さんのチームワークの結果デス。066.gif
f0111128_9521341.jpg


来年は私も一緒に出場しようと思う。卓球は、子供の頃には皆がよくしたものだ。
今では、学校でも遊び時間に卓球している子供はすくない。休憩時間も少ないのではないだろうか。

PISA調査が取りざたされる。新聞で読んだのだが、今、理工系の大学でも基礎的数学がしっかり出来ている学生が少なく、大学の授業に「塾の先生」を招いて基礎数学を教えるとか。今の若者は2桁の足し算の暗算が満足にできないらしい。

学校では、基礎学力・基礎体育・道徳をしっかりと教えるべきだ。複雑なことを教えても今の子供にどれだけ理解しているかはなはだ疑問。
卓球のピン球にさえ、まともにラケットに当てることが困難な子供が着実に増えている。

午後、綾部混声合唱団の特訓に参加。6月1日には京都合唱祭が京都会館で開催される。それに向けて最後の特訓。060.gif

午後2時半からは「綾部囲碁連盟」役員総会に出席。大槻武揚事務局長が顧問に就任されるため、事務局長をやるようにとの師匠からの指示。お役に立つか分からないが、させていただく。
051.gif
f0111128_9525338.jpg

午後7時後片付けして帰宅。途中公会堂で、青野町卓球チームの慰労会に参加068.gif「チャレンジデーの登録はお済みですか?とチャレンジデーを宣伝。来年は自治会内の卓球クラブをつくろうと盛り上がり午後10時半お開き

今日も沢山の人に出会った一日でした。
[PR]

by ando-ayabe | 2008-05-26 09:12 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

議員の責務

5月23日(金)
議会改革の話が進行している。既に8月までに実行する案件と、任期中に解決する案件が区分され、実施に移されようとしている。特に、今回の議会改革の特色は、議員の複数委員会への所属を可能とする先ごろの地方自治法改正を早速受けて改革を進めようというもの。

これまで、地方自治法を改正して、議会の権能を高めようとしても、議会の意識・認識・知識の問題で、活用されてこなかった。今回、早速取り入れようというもの。そのことだけでも意義がある。

議会改革項目は、幾度か各会派議員が議論してきた。私も3種類の資料を持っている。提案した改革案件が議会改革の所管の議院運営委員会で議論され、議員にもそのつどキャッチボールされている。そんな議論をして今日まで来た。

議会が独自性を保ちながら、市民本位に議論を進め、議会の権能を高める取り組みが進められていることは非常に良いことだ。019.gif

最近は、それがどんどん確立されつつある。大いに良いことだ。

今年から「議会だより」も充実した。これも議会改革の一つで、大いに良いことだ。
首長に対する議会という2元代表制なのだから、議会が必要と認めたことは、どんどん進めたらよい。それも、編集委員や議会各派で大いに議論し合意を受けてのことだけに何より素晴らしい。

議会だよりに関しては、議長と議運委員長が編集委員の合意事項を受けて市長に要求し予算化されたもの。いわば議会の総意。

議会と首長との関係は、不信任案や解散権がそれぞれに付与されている。
議会は、首長が行う提案をチェックして、妥当と判断したら、賛同者を募って可決する。内容が賛成できないなら否決もありうる。議会と首長とは本来は、地方自治制度にあるように緊張関係の中で、貴重な市民の税金の執行に責任を持っている。013.gif

だから、議員は議案書や会議資料を貰ったそのときから、当然に内容を理解し、理解できなければ良く調べ、会派の中や勉強会で質問し、想定される影響を理解しその上で判断することは当たり前の議員の仕事。仮に一部の議員が理解していないと判っても、そのことで全ての判断を云々することは論外だ。015.gif最低限議会の案件を最大限優先し勉強に努めるのが多くの市民の負託に応える議員の責任だ。

それほど協議・決定事項に議員は責任を持っているし持たねばならない。017.gif

綸言汗のごとし。
[PR]

by ando-ayabe | 2008-05-24 00:57 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

五月晴雨

5月22日(木)
沖縄・鹿児島奄美地方は梅雨入り宣言。今日は、汗ばむ陽気だった。027.gif

大雨の季節だ。最近は、集中豪雨が多い。057.gif
「五月雨を 集めて早し 最上川」も、今では、「梅雨の雨 下水溢れて 浸水も」になるほどの雨。そうかと思うと、落ち葉炊きも出来なくなって、秋が短く、年が明けても街路樹が緑と言ったことも。

九州では米に乳白米ガ出来て困っているとか。亜熱帯気候になるのではないかと心配。008.gif

今日は、朝から前日の課題を整理して電話連絡などで処理。ハガキも3枚書いた。日中はアッと言う間に過ぎてしまう。

長寿医療制度について自民党本部からFAX。最近Q&Aが良く来る。資料の整理と疑問点を市役所へ062.gif

夕方は、トマトの雨よけパイプを安価で購入し、畑で設置。綾部高校の先生(農業科)に、「綺麗にしておられますねー。ジャガイモも良く育っていますねー。」と褒めていただいた。041.gif





[PR]

by ando-ayabe | 2008-05-22 23:46 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

気づきの力

5月21日(水)
朝は、いつもどおり子ども見守り隊。
その後、自動車で田野町の府道中山手線。通学路へ。
お陰で、少しは改善できました。」と連絡をいただいた方。地域の見守り隊員さんと話す。
府東土木事務所の職員さん。ありがとうございました。
市民は、自分たちのことよりも、子どもが安全に登校できるようにと子ども優先での要望です。ご理解いただき改良していただきました。ありがとうございました。
f0111128_23415453.jpg

子ども達も元気に登校しています。041.gif
f0111128_23413536.jpg

しかし、もう一点お願いします。「府道の三叉路にしては、見通しがすごく悪いのです。」「何とかもう少し見通しが良くならないものでしょうか。看板や雑草が自動車や登下校児童の見通しの障害になっています。」
f0111128_23411584.jpg

と要望を受けた。道路管理者にお願いすることに。

帰宅は8時に。朝食後新聞チェック。午前10時に自民党綾部支部三役会議。平成20年度計画について協議。議論白熱。時間切れ。午後0時40分に解散。
その足で、市民センター綾部公民館に。午後1時30分から綾部地区自治会長会議(綾部公民館分館長会議)に出席。平成20年度の公民館役員の紹介と専門部事業計画を説明。

帰宅途中綾部中学校のT教頭に出会ったので、その後どうかなー?と聞く。「せっかく沢山のサポーターさんの支援を受けています。実績を積むことです」との元気な返答。017.gif頑張ってーとお別れ。066.gifT教頭は私が綾部中学校PTA会長のとき、教務主任で、Y校長・U教頭・T教務主任の綾中三羽烏で、我々PTA本部役員と目を干して夜な夜な教育論や保護者論を闘わせた。026.gif本部会議をやると、いつもセコムの10時を超過。「もう帰えろいやー」とY校長が仕切って終了だった。
f0111128_23461049.jpg

午後3時から5時まで綾部小学校遊びの城サポーターとして綾部小学校へ。
今日はサポーターの皆さんも増えて14人。澤田会長も最高に喜んでおられた。運営の仕方も、サポーター会議で小さなことではあるけれど改善したことが上手く行けており、まずまず。
綾小PTA会長の梅原哲史さんと副会長の飯田さんもご参加。綾中PTA会長の中野さんもサポーターで参画してもらった。ありがたいことです。
「保護者の参画も訴えて行きます」と梅原会長の力強い応援。017.gif気持ちだけでありがたい。親の世代は働き盛り。無理をしないで出来るところからでOKデス。

午後6時からオクラの苗を植えに畑に行く。
午後7時。帰宅途中、駅前の飲食関係のお店から、都市下水路から「蚊」が一斉発生した。何とかしてとの062.gif現地へ。都市下水路か府道側溝から発生している模様。いずれにしても至急駆除するしか方法はない。明日市役所へ連絡すると回答。

日常生活の中からふと「気づく」こと。どうして?と疑問に思うこと。大切にしなくては。

市民目線に立った政治の実現を017.gif

花が綺麗な季節。少しパチリ056.gif
f0111128_23561321.jpg

f0111128_23562719.jpg

f0111128_23564247.jpg

[PR]

by ando-ayabe | 2008-05-22 00:02 | 日々の生活 | Trackback | Comments(5)  

愚者の一得

5月20日(火)
午前7時34分いつもの「ほっかほっか亭」で見守り隊。058.gifおはよう!!
その足で、新町の学校の登校路へ。
今日は綾部公民館「ふれあいの日」毎月20日を綾部公民館では「ふ(2)れ(0)あい(愛)の日」としている。「あっおっちゃん青野から早ようきたなー。」と笑ってハイタッチする。049.gif

公民館運営委員の四方さんと田町の岡田さんと3人で「おはようございまーす」とみんなに声をかける。返事の出来る子出来ない子。色々だが、地道な取り組みこそが必要なのだろう。

帰宅したら、地元の方から、青野町内の脇道の交通ルールが悪いから、進入禁止にしてくれるよう調査検討の要請を受ける。検討すると回答。進入禁止は利害が絡むので慎重に考えなくてはならない。009.gif

合わせて、その後ゴミの不法投棄について、看板設置による効果を聞くと、確かにゴミの不法投棄は抑えられているとのこと。まづまづ。民有地の不法投棄は、法律改正でもしない限り、現行法制では限界だ。不法投棄をした者は厳罰に処するべきだ。マナーを守らない人も「条例」などで何らかのペナルティも考えねばならない。014.gif

京都府は鴨川条例を制定し、河川敷利用を規制した。その影響なのか判らないが、先日日曜日バスで通過したときに、桂川・嵐山松尾橋下流ですごい人がバーベキューに興じていた。桂川の河川管理はどこなのだろう。

マナーさえ守ってくれれば規制を強める必要はないのだが、どのように厳しくしても、どこかへ流れ出る。困ったもの。これも人間の『欲』のなせる業か。007.gif

午後1時30分からリサイクル推進員総会に出席。環境に配慮して(単に駐車場が。では?)自転車で市民センターへ。ごみ減量化率5パーセントの目標設定し、ごみ減量化への具体的施策の提案もなされた。市長からは、私が常々主張している「継続・強化・点検」について、10年になるリサイクル推進員制度。再度リサイクル推進員制度を点検・継続・強化しようと挨拶。
古紙回収保管庫設置事業補助も実施される。リサイクルプラザも開店される。

リサイクル推進員の委嘱状交付の後、課長から約1時間にわたって、地球温暖化の話やごみの状況の話があった。026.gif
 
来場者は、話を聞いているだけではなかなか記憶が持続しない。記録や資料がない限り明日には半分ぐらいは忘れてしまうだろう。又、同じテンポで話しをされると睡魔が014.gif せっかく市内各地から来ているのだから、地球環境の映画やビデオ上映はどうだっただろう。また資源ごみの瓶や缶のサンプルを提示したり、燃えるゴミの中にこんなものが入っているから止めるようにとか、何センチに切って出すようにとか。具体的なサンプルを見せて、リサイクル推進員に理解してもらうようにしてはどうか。笑いもとるし、話も展開する。そんな会議がいいね。そんなことを言いながら、同じ町区のリサイクル推進員さんと帰る。019.gif

本山参拝者へお礼のオリジナルハガキを作成。夕方6時ごろ、しばらく放置していた畑に行く。一雨ごとに雑草が......(アセ、アセ)
小芋を植えたり、ジャガイモの土寄せをする。いつの間にかトマトも大きくなって、ビニールの囲いから首を出していた。逆にトウガラシや茄子はビニールの囲いのせいで生育不足。急いで囲いを取りはらう。アハハ。えー加減な家庭菜園やなー。041.gif

午後7時帰宅し、夕食していると、田野町の見守り隊の方から、5月12日に再度の要請を受け京都府東土木事務所へ出向いて再要望していた府道改良が今日完成したとお礼の電話。
早速明日見に行こう。003.gif

夕食もそこそこに青野町公会堂へ。文化体育委員会に参加。今年は、納涼祭、文化祭、グランドゴルフと多彩な行事が。忙しくなりそうだ。昨年始めて開催した納涼祭。大きな町区で開催したにもかかわらず、大成功。今年もガンバローと文化体育委員さんや自治会役員も意気込む。

午後9時帰宅。072.gif
[PR]

by ando-ayabe | 2008-05-20 22:58 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

月下独酌

5月19日(月)
今日は雨が降るものと思っていたが、夜まで延びたようだ。

午前中は創政会会派の会議。

午後食事後、事務作業や外作業をする。

「月下独酌」「田毎の月」は今頃のことを言うそうだ。

月下独酌
先日、嵐山の「三船祭」の賑わいを見た。
しかし、一方で、嵐山には、大きな日中友好の証がある。
f0111128_23393265.jpg

綾部市は市長、議長、商工会議所の三氏が21日・22日・23日の3日間訪中する。
今中国は喪中。中国常熟市との友好20周年記念事業があるらしい。

友好の歴史は京都嵐山にあった。孫文・魯迅・周恩来・温家宝と続く友好の流れ。

脚下照顧。大きな騒ぎ(パフォーマンス)よりも、静かに日中を考えたい。

中央新聞より

雨中嵐山
死後30年が過ぎても中国人のきん慕が絶えない周恩来氏は青年時代の一時を日本で過ごした。1917年に19歳の周氏は自身の未来を日本留学にかけた。孫文、魯迅などエリートが近代化に先に成功した日本に滞在し、中国の変革を夢見たのと同じ道を歩もうとしたのだろう。だが、周氏は1年半後に留学生活をたたむ。早稲田・京都大などで聴講したものの、正規入学が不如意だったうえ、5.4運動(1919年の抗日闘争)前夜の荒波にもまれた祖国の情勢が帰国の途を催促したからだ。

19年4月5日に中国行きを決心した周氏は京都の景勝地、嵐山に上り1編の詩を残す。霧のようにまき散らされる春雨に塗れた桜の花がはかなく落ちる光景を見ながら、21歳の周氏は次のようにうたった。「雨脚は強く、霧は濃く立ちこめていたが(瀟瀟雨、霧濛濃)/雲間から一筋の光が射し、眺めは一段と美しい(一綫陽光穿雲出)/(中略)人間社会のすべての真理は、求めれば求めるほどあいまいである(人間的萬象眞理、愈求愈模糊)/だが、そのあいまいさの中に、一点の光明を見つけた時には、さらに美しく思われる(模糊中偶然見着一點光明、眞愈覺嬌妍)」。

後日フランス留学を経て革命の指導者になった周氏は、中国の初代首相になった。72年には田中角栄首相と日中国交正常化に署名した。そうした事情から日本でも同氏の人気は他の中国政治家の追従を許さない。同氏が若き時代に『雨中嵐山』をうたった場所には日本人が立てた詩碑が設けられている。

先週、中国首相としては6年半ぶりに日本を訪れた温家宝首相が周氏の詩碑に献花した。ギリギリの日程にもかかわらず、温首相は詩碑訪問を強く希望した模様だ。周氏がそうしたように、過去を克服し新たな両国関係を結んで行きたい、との決意がうかがえる。温首相は感慨無量の表情で「周首相は日中友好の先駆者だ。(彼が芽ばえさせた)友好の花はさらに光るだろう」と述べた。

偶然にも周氏と温首相の間には共通点がある。2人は、天津・南開中学校の先輩と後輩の仲だ。終生自身の服を修繕(しゅうぜん)して着るほど素朴で、中国の津々浦々を歩きまわり人民と共にした周氏のイメージは、いま『庶民宰相』と呼ばれる温首相が受け継いでいる。

76年に他界した周氏は、生前に「桜の花が咲く春にもう一度日本を訪れたい」と語った。留学時代以降60年間、周氏はその素朴な夢をかなえられないまま世を去った。その願いを「第2の周恩来」を夢見る温首相が代わりに実現したのだろうか。
[PR]

by ando-ayabe | 2008-05-19 21:19 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

感応同交

5月18日(日)
午前7時北都信用金庫へ。京都行き3日目。大分くたびれた。
今日は、年に一度のお寺の本山「妙満寺」への参拝。京都市左京区岩倉にある。
f0111128_2344385.jpg

好天に恵まれ。午前9時30分到着。綾部からは、今年は参拝が少なく16名が参拝。
今年は、顕本法華宗第27世日経上人が慶長の法難に遭遇して400年にあたり、それの報恩法要ガ開催された。
f0111128_2345025.jpg


法要には、了円寺の中山日喨上人の後任の中村日玄管首の執行で行われた。
日経上人は、「不惜身命」を実践された高僧。時の権力者徳川家康の圧力にも屈することなく、迫害を受けながらも、宗門を発展させた。
江戸時代を通じて、日蓮各宗派は、圧迫を受け、同じ日蓮各宗派でも、権力におもねた宗派もあった。一方で、不受布施派という強硬派や我が顕本法華宗のように日蓮上人・宗派の創始者日什上人の教えをしっかりと守り、民衆を救うため、「不惜身命」布教活動を地道に取り組んだ宗派もある。日蓮各派の中では小さな宗門だが、宗教心は強いものがある。

明治期に廃仏毀釈になると日蓮の教えは、新興宗教を生む。神道系新興宗教に比較して、仏教系新興宗教は日蓮の教えを生かすものが多い。創価教育学会やインナートリップ、立正佼成会は有名。
又戦争時代は田中智学や宮沢賢治、石原莞爾のように、国家主義へ流れた部分もあった。

法要には、壇信徒でもあるトヨタ㈱名誉会長、副社長ご夫婦も参列し、約1000人の参拝者の中で、法要、法話などが行われた。

法話では、ご先祖様を大切に、父母の月命日には墓参すること。父母や先祖を大切にする日常生活の中で、子ども達も父母を敬う心になる。と今に通じる良い話だった。
f0111128_23452566.jpg

本山妙満寺には、劇作家花登筺の墓があり、芸能人が多く参拝される。
今日は、法要の後「かしまし娘」正司照枝・花江のコンビの講演も。
f0111128_23454767.jpg
その後、嵐山で昼食。今日は幸いなことに「三船祭り」が渡月橋で開催され、『雅』を味わう。
f0111128_2346719.jpg

京都の初夏の祭りの代表。沢山の観光客。
f0111128_23463196.jpg

f0111128_095896.jpg
午後3時30分3日間の京都行きを終え、帰宅の途に。
f0111128_0101697.jpg

夕方5時半綾部着。くたくたになってひと寝入り。その後ブログ3日間記入完了。

信心することが、自分自身の行動規範にヒントを与えてくれる。

「感応道交」
[PR]

by ando-ayabe | 2008-05-18 23:49 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)