<   2007年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

地方分権と合併議論

時間が足りない。
持ち時間30分。地方分権改革推進委員会の取り組みと、10年間を見通した自治体経営について。
難しい。と改めて反省する

今回の地方分権推進の一般質問で主張したかったこと。
●第2期地方分権改革推進委員会の勧告が出される3年後は、ほぼ綾部市の第4次総合計画の終了時点。今後の本市の容を今から考えておく必要がありますよ。と言うこと。
綾部市の将来の容
(1)広域連合・広域連携による小さな綾部市を目指す
  (例:フランスのような、市の名前だけあって人口がゼロの村がある)
(2)近隣2市or3市による合併を促進し、20万人を目指した特例市を目指す
 
この判断をぼちぼちしなければならなくなる。
その前にしておくこと。職員の政策能力を高める。住民意識の啓発を図る

●そのためには、市民協働も含め、市民の自助自立の風土を醸成する必要がある。今から、例えば、税財源の移譲に当たっても市民に情報を開示すること。そして、あるべき地方分権の方向を市民が判断できるように情報提供すること。

20年後綾部市の人口は2万9千人。地方分権改革推進委員会が目指す。地方政府は「基礎自治体」が基本になる。これまで護送船団方式で、府や国に財源と権限と指導を依存してきた自治体。果たして、380人足らずの職員で、完全自立する市政を実現することは可能か?

これから、3年間で委員会から何度かの勧告が出され、3年後以降、推進計画が出され、10年後を目処に、完全自立の地方政府(基礎自治体)を造らねばならない。同時に、京都府も道州制への道を歩むことになる。

江戸時代の藩政に戻る。ちょっと違うのは、藩主が世襲でないこと。議員の存在がないのかな。
合議制はあったと思うが。

一旦棚上げされた「市町村合併」議論をぼちぼち開始する時期に来ている。市長もそのようなニュアンスの答弁をされた。いずれにしても、人口3万人で、これだけ広域な市域を維持することが可能かどうか。市民の判断も必要になる。

これからの施策の方向性としては、ナショナルミニマム・ナショナルスタンダードの展開が必要だ。
[PR]

by ando-ayabe | 2007-06-30 00:20 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

進歩

一般質問2日目
今日は5人が、一般質問。

ごみゼロ対策。地域の情報化対策。農業法人の今後。少子化対策。教育委員会と学校現場。
災害対策。電源地域振興補助金の使途。など

それぞれ、地域の要望やそれぞれが研究する内容に関して、質問。

私は、明日質問。
○市民税が上がった。増税の趣旨は地方分権を進めるため。自治財政権の確立。市民はど れだけ理解しているのか?目に見える地方分権の意義とは。

○綾部中学校・八田中学校のミルク給食はいつまで続くのか?他の学校並みに給食がどうして出来ないのか。工夫は?検討は?40年前と同じ。これだけ社会が変化しているのに。

○食育による学校荒廃の解消事例もある。
[PR]

by ando-ayabe | 2007-06-27 23:11 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

「義」

市議会一般質問第1日目
今日の質問は当初予定の5人から4人へ

農政問題、教育問題、防災問題、中東和平問題、介護保険問題、環境問題など質問。

それぞれに調査や研究されての質問。議会は、政策提案が出来るよう、国全体の動きをチェックし、市政・先進自治体についてもチェックし、質問・問題点を議論する。そんな場になりたい。

それにしても、ミートホープ社のひき肉偽装事件。社会保険庁の労使関係。「正義」は何処行ったのか。社長の反省。ばれなければとことんやったのだろう。「個」のことしか考えていない。

昨夜の西田昌司候補が、「堀江モン」や「村上ファンド」問題で語っていた。何の目的でお金を稼いでいるのかわからない人が多くなったとか。家族のため、地域のため、社会のため、必死で働く。そしてお金を頂戴する。そんな時代にもう一度戻れないか。それが国家を愛する心にも繋がる。

世の中。「義」と言うものがなくなってしまった。上杉謙信は、足利幕府に対する「義」をもって戦国の世をとことん貫き通した。天下取りに群雄割拠する時代。織田信長は「天下布武」。自らを神とし、天皇を廃しようとした。結果、本能寺の変。太閤さん。歳には勝てず、ネネの色香に惑い、豊臣家を私物化し、大阪の陣で崩壊。全て「個」の利益に奔走し「義」を忘れた結果全て滅びた。上杉家は江戸時代も上杉鷹山と言う、現代にも通ずる名藩主を出すなど米沢へ移封された後も続く。

「正義」「義理」「不義理」「義侠心」日本人が古くから持っていた「義」

世の中は戦前を否定するあまり「個」を大事にし過ぎて、「義」を無くしてしまった。おまけに「愛」も無くしてしまった。結婚するもしないも「個」の自由。

全ては、個人の自由。個人の心にまで入り込むな。「個」を主張しすぎる風潮が、「協調」という日本古来のよき風潮を失ってしまったのではないだろうか。学校の荒廃問題も社会全体が「個」を重んじしすぎたため、個人の懐に入ってともに悩むことが出来ない社会風土を作ってしまったのではないかな。

このまま「個」を野放しにすると、日本は崩壊するのではないだろうか。戦後レジュームの総決算が必要。
[PR]

by ando-ayabe | 2007-06-27 00:24 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

苦しいときには仲間

朝から生暖かい。

自治会の書類を作って、9時30分。事務所へ行き、行動開始。新生自民党。森永支部長と、歴代自民党の役員さん。顧問、常任相談役などのお願いに市内各地へ、委嘱状を持ってあいさつ回り。皆さん大変な時期にご苦労様とねぎらいの言葉。いえいえ、責任政党はつらい。好きなことを一方的に言える野党各党は、気楽。人にどう思われようとも、誹られようとも責任政党自由民主党。国民の政治への信頼を取り戻すため、踏ん張らねばならない。

午前中・午後と15軒ほど回った。午後2時からは、参議院議員候補西田昌司氏が綾部に街宣車とともに入ってきた。市議5人と西田候補と市街地を中心に8箇所で街頭宣伝活動。5時30分市役所で最後の演説。堂々と社会保険の問題点と責任を持って解決する姿勢を伝えること。それが出来るのは、自由民主党だけであること。民主党は、選挙に利用して、本来進めなければならない社会保険庁改革や公務員の天下り規制の法律制定を邪魔しようとしていること。

午後7時からは、綾部市民センターで西田昌司と語る会を開催。
期待参加者には少し足りなかったが、西田候補にしっかりと語ってもらった。
質疑応答など従来型の講演会は、止めにして候補を知ってもらうことに重点を置いた。
目的は達することが出来たのではないかと思う。

午後9時腹ペコになって、帰宅。
明日から市議会本会議。疲れを癒すため、早くに寝る。
[PR]

by ando-ayabe | 2007-06-26 23:47 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

囲碁大会

数日間大変忙しく日記が書けなかったので、まとめて書こう
6月24日(日)はっと目が覚めたら7時55分。アー8時集合で、綾部囲碁連盟のお手伝いをする日だった。もう、顔を洗っただけで、急いで市民センターへ。間に合った。フーッ
40人の受付をして、対戦表に勝敗を記載し、優勝決定戦まで、7時間。一日雨が降っていた。
同級生の井田秀美君は、綾部囲碁連盟の役員でアマ6段とか。同級生。えらい違いや。すごいなー。

途中プロ棋士との昼食。ピンチヒッターで同席させてもらった。でもすごい人達です。
アマとプロとの違いは大きな開きがあるそうだ。

私も、囲碁は好きで、昔々25年位前。市役所の福利厚生担当者だった頃。職員も囲碁ファンが多く、何年間か職員囲碁大会を開催したことがある。その時、福知山に関西棋院のプロ棋士がおられ、8面打ちをしてもらったことがある。

あれから、職場で昼休みには囲碁をしたりしたものだが、いつのころからか、職場で昼休みと言えども囲碁を打っているのは、良くないと言うことになり、廃れてしまった。

話を戻すが、それで、A級の人たちの囲碁の対戦の事務局をさせてもらったのだが、本当に好きな人たちなんです。でも、良い趣味ですね。私ももっと上手になりたいと思った次第。
[PR]

by ando-ayabe | 2007-06-26 23:27 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

謙虚・感謝・子育て

子育ては、だんだん難しくなっている。しかし、何時の時代でも、子どもと向き合うことから始めてください。子どもと一緒に成長する親になろうとする謙虚な親になれることからスタートしたいです。

毎日の生活で、不安や、いらいらするときもあるけれど、たとえ、それが、子どもがさっさとしないからとか、言うことを聞かないからとか、そんなときがあると思います。

それは子どものせいではないと思うのです。オムツが離れない。ぐずぐず言う。でも、それは、子どもの不安の現れ、そこで叱らず、つねったりせず、のんびり構えてください。

そんなところから子育てはスタートすると思います。焦ったって、仕方がありません。不安になったら、保健師さんや近所のおばあちゃんに聞くとよいと思います。

今、中学校で子どもが先生に暴力を振るったりしています。子どもは、まだまだ出来上がっていません。優しく、ゆっくりと、優しく話を聞いてやってください。一緒に解決の方法を話し合ってみてください。子どもは、純真で、何か言いたいことがあるのです。

そんなことはわかっとるけれども、忙しい。子どもの好きにさせておいたら手がかからない。そんなことでは、親を放棄していますよ。

子どもに感謝です。子育てさせていただいている。一緒に子どもと一体になれる。
そんな気持ちに、深呼吸して、なってみてください。

子どもが、言うことを聞かないとき、ふっと自分の言い方、行動、判断に誤りがないか。

子どもを叱るだけに終始しないで、自分の行いを振り返ってください。

自販機で、子どもにタバコを買ってやる親。子どもの行動が絶対正しいと、先生をなじる親。
間違いに気がついてください。子どもの人生はあなたのものではありません。

今、綾部中学校で、必死で、正常化に向けて、先生、PTA、地域が、どうしたら、みんなが授業やスポーツを通して、仲間作りが出来るのか真剣に考えています。

いらいらして子どもに、先生に、子どもに、奥さんに当たる。
そんなことからは何も生まれません。よーく考えてみてください。

無理をせず、子どもと一緒に自分も成長しよう。勉強しよう。何事にも興味を持とう。そんな気持ちで、子どもと仲間になってください。きっと明るい光が見えてくるはずです。

いけないことは、親のあなたにもわかるはずです。
深呼吸して、考えてください。子どもが何か言おうとしています。心の叫びを聞いて。
[PR]

by ando-ayabe | 2007-06-24 23:47 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

市議会6月議会開会

綾部市議会6月定例会が開会された。
日程は市民新聞にも記載されているが
6月21日 召集。議案提案8件の上程と会期が決定
6月22日 正午に一般質問通告が閉め切り
6月26日 一般質問第1日目
6月27日 一般質問第2日目
6月28日 一般質問第3日目
6月29日 予算委員会総括質疑
7月 2日 総務・建設・教育常任委員会
7月 3日 厚生・環境・経済常任委員会
7月 4日 予算委員会
7月 5日 議会運営委員会
7月 6日 本会議採決
会期16日間

一般質問の通告を終える。
今回の質問は
4月に発足した、「第2期地方分権改革推進委員会」が6月に発表した「基本的な考え方」に基づいて、今後3年後を目処に、勧告を発表する。
市民にあまり身近でないような案件に見えるが、今後10年で、国と地方自治体との関係を大きく変えることになる。それに伴って、市民の税負担の考え方や、自治体の形も変わってくることが予想できるので、今から市民にもよく理解しておいて欲しいとの思いから一般質問として取り上げることにした。

もっと身近なことを質問せよ!!とお叱りを受けるかもしれないが、ひょっとすると、10年後には綾部市はなくなっているかもしれない。あるいは、綾部市で進めていた仕事が遠いところに行かざるを得ないことになるかもしれない。今から市民に知っておいて欲しい。

今回の市民税の増額。所得税の減額もその道筋の一貫なのですよ。と言うことを市民はご存知ですか?「市府民税が上がったでよ。何に使うのかな?」程度の理解では困るのです。

これからは、地方自治体が自立していくために、財源を国から地方に振り替えたのです。
それなら、これからどうなってゆくのか?だから質問をするのです。

もっと身近な問題も質問します。
2番目の質問は、「食育」の問題です。私、メタボリックシンドローム予備軍です。ひょっとすると、正規軍かも。今、子どもにもメタボがあるとか。

朝食を食べない子ども。一人で好きな時間に食べる。「孤食」というより「勝手食」
しかし、一方で、学校の食育で、嫌いな野菜が食べられるようになったとか、給食によって校内暴力が沈静化したとか。

食育は、知育、体育、徳育よりも子どもにとって大切な教育と古くから言われている。
しかし、綾部中学校と八田中学校は学校給食がない。ミルク給食という給食は40・50年続いている。何時になったら、全校で完全給食を実現させるのか。

親が、子どもの弁当を入れてやるのは当然だ。と言われ続けて40年。それも、一方では完全給食できている中学校(何北・豊里・東綾・上林)もある。前述の理論は通用しない。

綾部小学校は、かつて、1500人が通学し、それなりの給食室があった。現在は800人。綾部中学校は現在600人。であるなら、数値的には、綾部小学校で、中学校の分も作り、配送すれば可能だ。

そのような検討がなされたのか。議論がなされたのか。これでよいということにはならない。常にスパイラルで、進歩することが必要。

是非とも検討して欲しいと思って、今回一般質問を行う。

質問は、一般質問最終日6月28日(木)午後一番かな。最後から3人目。
是非聞きに来てください。
[PR]

by ando-ayabe | 2007-06-22 18:13 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

オフトーク通信

≪創政会・民政会の合同勉強会≫
○6月議会の提案議案内容勉強会が開催される。
・2時間いっぱいかけて、しっかりと議論が出来たのではないかと思う。
・現地現場主義を市長から体験も含めて、挨拶があった。
・現地現場主義なら議員も専門。地域の実情は毎日肌で感じている。

・今日も地域情報化に関して、オフトーク通信の問題を提案。近い将来のユビキタス社会を目指して地域情報化の方向性を示して欲しいと各議員から噴出。
・志賀郷地域では、喫緊の課題。1500万円かけて、新たな投資をするのか、光ファイバーによるインターネット通信に変えていくのか。高齢化も進んでいる。
・その他の地域(西八田、豊里)でも、部品がなくなったとか、老朽化で更新をどうするか困っておられる。また、地域へ定住してもらうにも、オフトーク配線では、ISDNが精一杯で、光ファイバー導入しようとすれば、維持費が倍かかる。その意味でもオフトークはネック。

・高齢者がインターネットは使えないとかお葬式の連絡はオフトークなればこそとの意見もあるが、1年に何回その地域でお葬式があるのだろうか。FMいかるで毎日定時刻に放送することにすれば、ついでにFMいかるも聴取率UPに。

・奥上林や志賀郷では携帯通話も困難な地域がある中で、まだまだ光ファイバーどころではないと言う意見も。(携帯電話の中継塔を原子力補助金で建設して、携帯各社に貸し出せないものだろうか。電源地域には恩恵だが。制度の障害があるなら実態を訴えて、制度改革できないものだろうか。)

・光ファイバーインフラの行政負担を慮って予防線を張るのではなく、綾部市の将来の地域情報化の方向を市民と同じテーブルで、「綾部市地域情報化アクションプログラム」にまとめ、地域の不安を解消することが先決だ。その上で、財政負担をどうするか。住民負担も視野に市民とともに考える。

オフトーク通信だけでなく、共聴アンテナの地デジ対応の問題、防災情報伝達の問題など広大な綾部の情報双方向化の課題は大きい。遅れない内に20年間は持つようなシステムを考えなければならない。
[PR]

by ando-ayabe | 2007-06-19 09:46 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

梅雨の晴れ間

雨上がりの午後♪ではない。
梅雨の晴れ間。お天気お嬢さんが福井へゼミ合宿に行くとのこと。彼女が動く時はよく晴れる。私が動く時はよく雨がふるのだが、娘のおかげかも。

≪土曜日≫
朝9時30分。豊里の以久田野梅園。700本の梅園。今から7年ほど前。以久田野開発用地の一画を活用して、梅園を造成した綾部市。梅のオーナー募集に応じて入会。ようやく梅が本格的に収穫できるようになった。
f0111128_15371089.jpg
年に一度の梅の収穫。爽快な天気の中梅園に。何組かのオーナーさんが収穫にこられていた。この広大な梅園を管理しておられる緑化樹生産組合の久馬千秋さんや市の関係者が待っていてくれた。梅ジュースを飲んで、いよいよ収穫。「今年は、梅の開花時期に低温があり、交配するべく放ったミツバチの動きが弱かったそうで、いまいちの出来」と久馬さん。そんなふうには見えない。大きく沢山実っている。品種は、南高梅・オウシュク・アオジクとのこと。
いつもは、市民の写真ばかり撮っている市役所広報の岡田君。被写体にさせてもらいました。
f0111128_153876.jpg
ところで、「南高梅」あまりにも有名な品種。何でこんな名前かご存知だろうか。
私も受け売りだが、「和歌山県立南部高等学校」で品種改良され大きな実のなる梅が開発されたから、「南部高校」を短縮して「南高」だそうです。

講釈はこれくらいにして、2kgを収穫し持ち帰ることになった。アオジク品種は、オマケでただで持ち帰ってよいと言うことで、梅酒にしようと頂戴した。オーナー制度。来年も声をかけてね。お願いシマス。

帰る途中「楞厳寺」の景色が素晴らしかったので、写真を撮った。蓮はまだ。でも素晴らしいでしょう。
f0111128_15383494.jpg


≪日曜日≫
午前9時30分 綾部市農協「彩菜館」がオープン。綾部市内で朝市をする皆さんや農協に出荷する農家の皆さんの農産物を直売する施設が綾部にもできた。
舞鶴市、福知山市に続いて3店目。

朝からたくさんの人が新鮮な野菜を買い求めて、来店。
仲道農協長の陣頭指揮で、米農家の河北卓ちゃん。お茶農家の中田さん、朝市のリーダー出口明子さん、チロリン村の大槻久子さんなどたくさんの農協青年部・女性部の皆さんが朝早くから奮闘されていた。みんな素晴らしい団結力デス。
f0111128_1539455.jpg
餅つきや万願寺唐辛子の塩昆布炒め、ポン菓子などが振舞われ大賑わいだった。
農協の南さんいわく「運営は大変なんです。でも、安全・安心な農協組合員の作った農産物を地域で消費して欲しいとの思いです。」市民の皆さん。一度宮代町の農産物直売所「彩菜館」を覗いてください。月曜日から土曜日まで。朝がいいですよ。
f0111128_15392050.jpg
私も、早速「農協共選の万願寺唐辛子」と「河北卓ちゃんの加茂ナス」買いました。
お昼は、万願寺塩昆布炒めを作って、ご飯2杯。満腹デス(^O^)
アレッ!!幸チャンばあちゃん。なんで?
[PR]

by ando-ayabe | 2007-06-17 15:39 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

綾部公民館活動

綾部公民館だよりが完成。自治会の配布文書として、発送を完了した。
今年から、綾部公民館総務部長として、広報を担当することとなった。
パソコンは、どうにか人並みに操作が出来るため、パソコンで原稿を作成。

文部科学大臣表彰を受賞した、綾部公民館の平成19年度活動計画を紹介します。
 綾部公民館では、平成19年度の活動の基本として、
  市民一人1学習1文化1スポーツを目指して、心豊かな生活、互いの人格の尊重、生涯学習の場としての活動を推進することとし、
重点課題として、
①住民に開かれた公民館活動の推進
②自治会(分館)との協働協力、連携強化
③青少年を見守り、育む地域づくり
④放課後子ども教室≪遊びの城≫」、ふれあいの日挨拶運動
⑤住民ニーズに合った事業の展開
としている。

そして住民の皆さんへの具体的な事業のお知らせは、「公民館だより」と「まなび通信」「市民新聞」に加えて、今年からFMいかるでもお知らせしていく計画。

公民館の活動の継続は、ひとえに、信頼される公民館長によるリーダーシップと運営委員のそれぞれの持ち場での責任感にかかっている。

綾部公民館では、澤田正一館長のもとで、副館長以下35人の運営委員と公民館主事などの役員がそれぞれの部会に属し、また、学級を担当し、それぞれが活発な活動を展開している。

≪教養文化部≫史跡めぐりや恒例の綾部百人一首かるた会などの事業の他毎月20日を「ふれあいの日」としてあいさつ運動を実践することにしている。

≪社会部≫人権教育研修会の開催や全市研修会への参加、小中学校の地域懇談会への参加をする計画。

≪青少年部≫子どもの放課後活動を保障するため、「綾部小学校遊びの城」を運営している他、綾部踊りを子どもたちに伝えようと例年綾部小学校児童生徒に指導会を行っている。今年は、親子で盆踊り大会に参加してもらう企画も

≪体育レク部≫普通救命講習会の実施や、10月7日には恒例となっている「第25回体育レク大会」を開催。既にその時の参加賞となる「サツマイモ」の苗の植え付け作業を実施。

各事業部の他にも、サークル活動も活発に展開している。
①手芸教室
②絵手紙教室
③生き生き教室(グラウンドゴルフ)
④園芸教室

そして、各種学級も開催されている。
①綾部公民館女性問題講座
②綾部高齢者学級
③家庭教育学級
など魅力と多彩に富んだ事業計画となっている(詳細は、月末に配布される公民館だより82号に掲載)。

綾部公民館活動は公民館法で設置及び事業化が定められているが、運営はまさに住民の自主的・自発的活動だ。
地方分権・住民自治の目指すところは、住民自らが考え、行動し、住みよい地域づくりを行うことであろう。そこに、行政が支援を行う。

官制で、住民に無理強いしても住民自治や地域活性化事業は定着しない。行政は誘導に徹すること。住民の発意を促すことにとどめるべきで、無理やり「実行委員会」なるものを作って、誘導しても、結末は職員が動員され、地域の役員が動員されるだけで、一部の住民参加あるいは住民参加のない事業になる可能性が多い。
 そして本来の目的を達することなく事業実施の実績を残すだけの無意味な実績が残されるだけだろう。

金の切れ目が縁の切れ目になって「投資効果」も疑われる。最近の行政主導の事業に懸念されるものがないか検証することが必要だ。

役所が事務局となって実行委員会を組織したり、協議会を組織している住民活動を見ていると、果たして多くの住民に定着しているのか、そもそも目的はなんなのか。目的に応じた成果が得られているのかと考えさせられることが多い。

資金的に苦しくても、手作りの温かさ、親近感、達成感、地道な事業の積み上げ、市民参加こそが重要なのではないだろうか。
[PR]

by ando-ayabe | 2007-06-15 09:49 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)