2017年 05月 13日 ( 1 )

 

年輪の重さ

5月12日(金)
今朝は子ども見守り隊へ。民生委員のTさんも信号のところに立っていただけるようになった。ありがたいことだ。皆の協力で、子どもたちが明るい気持ちで、安全に登校できるように地域が見守っていくことが大切だ。

午前中は、ブログの整理に加えて、いよいよ6月発行の「公民館だより」を制作するのに資料集めをボチボチと。それから「あんどう新聞」も6月号を少し早い目に制作しようと準備。半ページ分は出来たが。まだまだ記事になりそうな行事もある。

午後1時 議会事務局へ。議会報告会の状況を聞いたり、公務の日程調整や決裁文書のチェック。
議会報告会は、4会場終了したが、どの会場とも、昨年度を上回っている。自治会連合会のご協力に感謝したい。市民新聞でも初日の様子を記事にしてくれている。

午後3時 帰宅。天候が不順でもあり畑にも行かず。


5月13日(土)
午前7時10分 早いお迎えだ。今日は、京田辺市へ出張。京都府議会議長会会長の公務。
山崎副市長も議長車でご一緒に京田辺市中央体育館まで。車中いろいろとお話。

午前8時30分 京田辺市中央体育館へ到着。1時間20分で京田辺市に着くなんて新名神城陽IC~京田辺ICの開通によって飛躍的に京都の北部から南部までの時間距離が短縮された。高速自動車道路と言うものは、これほど多くの人やモノの流れの改革に繋がっていくものかと改めて感慨深い。

従来なら、3時間は見ておかねばならなかったが、今では1時間20分で京都の南まで行くことが可能となった。そのおかげで、府下議長会の皆さんとも、物心両面から実に近い関係が構築できるようになった。

午前9時 京田辺中央体育館で開催される「京田辺市制20周年記念式典」に出席。開会まで30分。控室で二之湯先生や府市長会の宮津市の井上市長と雑談。時間があるもので、田辺の玉露茶を3杯も頂戴する。

山田知事がお見えになったので、壇上への移動途中に、カルビー㈱のフルグラの増設についてお礼を申し上げ、早速朝食で食べてきたと申し上げると、小・中学校の給食で週に1回ぐらいはフルグラ給食も考えてはと提案を受けた。良いアイディアだ。子どもは絶対に喜ぶ。

午前9時30分 市制20周年記念式典開会。石井明三市長の式辞に続いて、松村市議会議長の挨拶。表彰状・感謝状の贈呈が続き、山田知事、近藤府議会議長、府市長会会長、同志社大学理事長の祝辞が続いた。その後、来賓紹介、京田辺の歌が披露され第1部が終了。
f0111128_23581425.jpg

 京田辺市は、京都市内・奈良市内まで20分、大阪中心部まで30分、名古屋まで75分とか。人口68千人で今も増加中とか。京田辺市のキャッチコピーは「便利でええやん!京田辺」だとのこと。本当に便利になって、大学も同志社もあり、北陸新幹線駅もできる。近鉄・JRと2線あり、今回の高速道路整備で、本当にキャッチコピー通りの都市となった。
f0111128_954766.jpg

色々な面で京田辺市の状況は羨ましいの一言だが、綾部市は綾部市の特徴を生かしてそして府北部の良さを生かして市民や府北部に暮らす府民の幸せを追求していかねばならない。政治家の務めはそこにある。

午前11時20分 第2部の記念講演は失礼して一路京都駅へ車で移動。議長車のナビが朝から故障しており、西川事務局長の運転もなかなかで、途中で道を間違えて枚方まで南下したりしながらも、どうにか京都駅南へ着いた。12時30分。綾部へ帰るのとあまり時間かわらへんな~

 昼食はアバンティにて1時30分まで。その後、副市長と秘書の野間女史はそれぞれ次の公務で別行動。私は次の政務へ。西川局長一人綾部へ帰ってもらう。

午後2時30分 地下鉄で烏丸御池まで移動し御池通り沿いに堀川通り近くまで徒歩で歩いて移動。自民党府連本部へ到着。

午後3時 相根議員と合流。「我が国のインフラ整備と公共事業の推進に向けて」と題して、参議院議員の足立敏之氏の講演。日本の道路インフラの整備が世界から如何に遅れているか。そして京都の
インフラ整備が日本の中で下位にあることをグラフで示していただき、だからこそ「もっと強力に公共事業の継続・推進と事業費の増額を求めねばならない」とをお聞きした。
f0111128_23573747.jpg

 とりわけ、民主党政権下の3年間で、我が国は大幅に公共事業の進捗が遅れ、公共工事の労務単価も最低になったりしている。その遅れが、今も全体の足を引っ張っている。今こそ京都の公共事業をもっと引き上げしなくてはならない。蜷川府政以降京都の公共事業予算は低位のまま。全国41位とか。年輪を重ねても重ねても、最初に小さくなった年輪を一気に大きくすることはできない。それもこれも府民の選択。蜷川府政や舟橋京都市政を称賛した府民のツケだ。

何としても、陳情や要望を強力に推し進め、京都への公共事業予算の獲得に向けてあらゆる手段を講じなければならないと痛感した。

午後4時15分 講義は終了。相根さんの自家用車に乗せていただいて綾部へ。午後5時20分に到着。

午後7時 青野町公会堂へ。リサイクル推進員の会合に出席。青野自治会でゴミの分別をいかに進めるかについて侃々諤々の議論をして、夕食弁当もいただいて、明日からまた頑張ろうと意思統一して別れる。みんなで考えることが重要だ。
[PR]

by ando-ayabe | 2017-05-13 22:58 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)