2017年 04月 08日 ( 1 )

 

森の京都事業 拠点が完成

4月7日(金)
桜花爛漫。山陰地方にもようやく春の兆し。桜が七分咲きになった。日曜日には満開になるだろう。
午前9時35分 自宅を出発寸前に早起き会の皆さんが来訪。皆さん素晴らしい方達で、笑顔いっぱいで早起き会の推進活動。あんどう新聞をお渡ししておいた。
午前9時55分 綾部幼稚園へ到着。卒園式同様時間ぎりぎりになった。もっと早く準備しなくては。
f0111128_1129482.jpg

午前10時 綾部幼稚園入園式。今年は14人の園児が入園。来賓の森公民館長が女の子がおおいな~。と。14人中11人が女の子。確かに多いが、「3月卒園式では、男の子が9人で、女の子が2人でしたよ」と申し上げた。少人数なのでそんなこともあろうと思っていたが、綾部小学校へ通学する青野町の児童・園児合計108人中女子61人男子47人。やはり最近は女子が多いな~。

入園式では、渡辺園長がご病気で代理の教育委員会小林主幹が園長代理をつとめられた。園児が少し増えたこともあり、以前幼稚園教諭をしておられた前田さんが担任補助で勤められるようだ。ベテランでさすがに声も大きく園児を引き付ける力もおありで生き生きとお話されていた。

 村上綾部小校長が「小学校にも遊びに来てください」とお話されていた。以前から私は綾部幼稚園は、就学前教育のモデル幼稚園として保育園とは異なる特色を持たせて幼稚園の価値を高める努力をお願いしてきた。
 どこまでそのようなことが取り組まれているのか判らないが、このままでは、幼稚園の価値がなくなってしまう危機感を持っている。是非綾部小学校は幼稚園教育段階で就学前教育を手掛けて欲しい。以前は小学校長が幼稚園の園長も兼務していた時期もあった。

将来は、小学校教諭から幼稚園長を任命することがあっても良いのではないか。

色々考えて午前11時 退園

来賓でご一緒していた安積連長から「府道広野綾部線の京丹波町区間が完成しておりその区間の竣工式について御相談があった。本当に京丹波町区間が完成しているのかと思い現地調査に行く。
f0111128_11301660.jpg

ほとんど完成していたが、まだ立木駅周辺が完成していないようだった。年度替わりで工事が中断しているのか繰り越し事業としたのか不明だったので、四方府議に調査を依頼する。

午後1時 議会事務局へ出かける。早速四方府議から連絡が入った「平成28年度分の事業は済んだが、平成29年度事業分が残っており年内には完成する予定」との回答。

午後2時 自治会連合会の正副会長さんが来訪されご挨拶。11日の火曜日の全員協議会の進行について事務局の皆さんと協議。

午後2時30分 自治会連合会へ。井田主事と府道広野綾部線改良推進協議会の予算案について協議
。竣工祝賀会を平成29年度内開催することにしてそれらも含んだ予算編成をお願いした。

午後4時 帰宅。


4月8日(土)
天気が良くない。曇り一時晴、時々雨。なんちゅう天気だ。産経抄には、この時期「花曇り・花冷え・花日和」とか桜の時期は天候不順だと書いてあった。

午前9時30分 自宅をママチャリならぬママ軽で出発。
午前9時45分 鍛冶屋町の綾部市里山交流研修センターへ。森の京都事業で建設した「森もりホール」の竣工式に出席。

平成28年度事業として研修交流センター内に府内産材を使った集会施設を建設。総事業費は1億9千8百万円。建築面積は、308平方メートル木造平屋建て。バーベキューサイトや芝生広場、駐車場エントランス等も整備。素晴らしい施設が完成した。
f0111128_11303992.jpg

思い起こせば、鍛冶屋・小畑地区は、30代の農業構造改善事業担当係長時代から夜な夜な地域に入り込んで農業構造改善事業や村おこし事業に取り組んだ。うずい野開発も当時の民内市議会議員と一緒に取り組んだ。
f0111128_11313790.jpg

豊里西小学校の閉校とその後の利活用の中でNPO法人里山ネット設立時には関係部長として「幸喜山荘建設」に絡んで議会で紛糾したことを思い出す。小学校施設の利活用にもかかわってきた。当時の頭の固い建築課長と学校を宿泊施設にすることに関して法上の言い合いもずいぶんした。
f0111128_11315333.jpg

今日までになったのは、一重に故郷を愛する地域住民の皆さん。里山ネットを支援する方々。都市に生活する方の里山への思い。それらがいっぱい積もって素晴らしい拠点施設の集大成ができたものと思う。

これからは、この施設を使って更に更に里山のすばらしさを人々に体感してもらい、都市農村交流のターミナルになって欲しい。

休憩中。里山ねっと・綾部の地元中心人物。小畑の村上正さんが声をかけてくださった。「安藤はん。皆で新農構(新農業構造改善事業)やっとる時に、安藤はんが預けてくれた桜の苗木100本が小畑中に見事に花を咲かせとるで。原貝から本城奥を回って観て帰っとくれよ」と勧められた。

そんなことがあったかと今更に思う。

もう30年くらい前のことか。日本桜の会から桜の苗木の交付があった。それを小畑の方々に預けたような気もする。
f0111128_11512766.jpg

素晴らしい豊西の景色をもっともっと日本の里山の原風景として体感していただくことを願う。

午後1時 青野町公会堂に戻って自治会の平成28年度決算監査を行う。

午後3時 帰宅してゆっくりする。今日の公務は終了。






 
[PR]

by ando-ayabe | 2017-04-08 23:18 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)