あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

2017年 03月 16日 ( 1 )

予算委員会の一週間

3月13日から17日までは、予算委員会が開催されることとなっている。
3月13日(月)
午前9時30分から予算委員会が開かれ平成28年度一般会計補正予算から平成29年度当初予算へと職員の説明と議員の質疑が繰り返された。

午後4時30分 第1日目終了。一旦帰宅。

午後7時30分 四方府議や岸本府議、他の皆さんと現長にて意見交換。杯を交わす。

3月14日(火)
午前9時30分 第2日目の予算委員会審議 今年は順調に進む。
午後4時30分 第2日目終了。一旦帰宅。
午後7時00分 再度市役所へ。今夜は、1月に結成された綾部小学校支援協議会「綾小応援団」(会長:安積将明綾部地区自治会連合会長)と綾部市長・教育長との意見交換会に出席。見守り隊代表や、綾部公民館長、遊びの城代表、民生委員協議会綾部地区会長、児童委員、PTA役員などが出席。
f0111128_21322543.jpg

綾部小学校を地域で支えようと結成された地域支援協議会の活動の報告や、綾部小学校施設の現状などを意見交換した。要望書も会長から市長に手渡された。四方府議もPTA会長で事務局長。要望書など準備いただいた。

午後7時40分 意見交換会は終了し帰宅。

3月15日(水)
今年から、議会開会日と小中学校の卒業式等が重なった日は、議会の開会時間をずらすことを確認したが、今日は、市内各中学校の卒業式。議会運営委員会での確認に基づいて予算委員会は午後開催することに。

 昨年まで綾部市議会は、何があっても議会を最優先されてきた。京都府議会の例をお話しし、事務局からも他市の例を説明するなど、また昨年度産業厚生環境委員会が開催されたが、該当する委員会以外の議員は卒業式に出席できたので出席したが、地域の住民の方から「議員によって差が出るのはおかしい」と指摘されたことなど行くなら全員がいける環境をと望む議員も現れ、強硬に先例を主張する議員も急に軟化。今年から議会の開催日程を調整し、議員全員が地元の中学校を巣立つ子どもたちをお祝いし見送ることができた。

先例主義は改善・改革の流れを止めてしまう。気を付けねばなるまい。

綾部中学校では197名の生徒が卒業。今年は山崎市長も来賓として来られご挨拶をされた。議員も、関係地区に在住する議員は全員出席し生徒を見送ることができた。

梅原哲史さんが本年度のPTA会長としてご挨拶。
平成15年度のPTA会長は私だったが、議会開会日で丁度当時「住宅工業団地対策特別委員会」が開催され市職員だったので担当次長として特別委員会で説明者になっていて、当日卒業式を欠席。PTA副会長が挨拶を代読してくれた。あの時もし、今年のように議会日程を調整をしてくれていたら、卒業式に出席できただろうにと今更に思う。担当部長も仕事とプライベートとどちらが重要か!!と厳しく叱責されやむを得ず卒業式を欠席したな~。

午前11時30分 式も終了し一旦帰宅。昼食をとり市役所へ。

午後1時 予算委員会再開
午後3時30分 第3日目終了。

3月16日(木)
午前8時30分 議会にて市長部局と調整
午前9時30分 第4日目の予算委員会
午前11時 議第44号まですべての予算関連議案の審議終了。
午後1時から予算委員会採決。
議第21号の平成29年度一般会計当初予算案のみ賛成多数で可決したが、他の補正予算並びに当初予算案は全員賛成で可決した。
午後3時 帰宅。
午後7時30分 疲れていたが綾部混声合唱団の練習に。最近夜の会議などもあり、練習に参加できない。4月以降もっと多忙になるだろうし出席や欠席を繰り返していても皆さんの迷惑になるだろう。しばらく綾部混声合唱団を休会しようかと思う。
[PR]
by ando-ayabe | 2017-03-16 20:43 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)