財務4指標

9月11日(木)
今朝は朝から好天。すがすがしくいつもの場所へ。帰宅して新聞(朝日)を読むと、全国学力調査の記事。広島県福山市では、学力調査の結果を各学校が公表している。橋下大阪府知事も精力的に既成のルールを打破しようと動いている。

早速福山市のHPを開き、あわせて、検索サイトで福山市立の小学校のHPを開ける。公表している。学校で進んでいること。少し力を入れないといけないこと。そして、いつから弱点を克服する取り組みをするのか学校のタイムスケジュールも。

資料を急いでプリントアウトして、新聞をコピーし、市役所へ。

議会一般質問3日目
高橋輝議員の後2番目に質問に立つ。
①平成19年度決算議案が24日に提案されるが、それまでに、とりわけ、平成19年6月に施行された「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」が平成19年度決算から適用され、夕張市のような財政破綻が今後発生しないようにするための財務指標が公表されることとなっている。そこで、できるだけ早く公表し、本市の財政の健全化度合いを市民に早く知らせることこそ、財政への市民の信頼を得ることだと思い、トップの質問にした。

財務4指標とは、実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率だ。
綾部市の第3セクターも含めて、赤字があれば、連結実質赤字比率に数値が入る。
第3セクターや特別会計、公営企業会計に大きな借金をしても、将来負担比率でチェックできる。そんな財務4指標の公表を義務付けているのが平成19年度決算。

綾部市は、市制施行以来2度にわたり「地方財政再建団体」に指定されている。いわば、前科があるのだ。市税収入は45億円から大きく増減しない。地方交付税がその増減の調整をする。標準財政規模は100億を超えることはない。80億から90億円程度。人間に例えると、無理が聞かない身体なのだ。その中で、少しの余裕で、地域の要望や市民の願いの実現を図らなければならない。

市長から答弁があった。
『実質赤字比率、連結実質赤字比率は全ての会計で赤字がないので数値が出ません。(綾部市の各会計の平成19年度決算は健全と言うこと。)』
『次に、実質公債費比率は、(健全化基準25パーセント)標準財政規模に占める、特別会計も含めた、その歳の借金返済額の割合。で21.1パーセントです』基準値以下で、早期健全化の必要はない。しかし、起債許可基準(18パーセント)は超過している。

次に今回の改正で一番大事な指標(と私が勝手に思っている)将来負担比率。標準財政規模の3.5倍で早期健全化ライン。これは、本体の会計の借金はもとより、下水や土地開発公社、3セクの借金まで、どこかの会計が万が一になったとき、最終的に市が負担することになる借金の総額が標準財政規模と比較してどうかという数値。これは、『1.26倍』で、これも3.5倍より少なく、これならば、万が一になっても何とかなるということ。

全て指標は良好だった。

加えて市の貯金は48億円と昨年度より1億5千万円も増加。本体の家計の借金は昨年度の174億円から164億円と10億円も減らしている。順調だ。
経常収支比率という、常に市へ入る自由になる収入(経常的一般財源収入)に対するどうしても支払わなければならない経費(経常的経費支出)の割合は、昨年の89.9パーセントから91パーセントへ上昇し、自由に使えるお金の割合が減って、財政が硬直化しつつある状況も見られる。

地方交付税が減り、人経費や物件費が上昇すると、ますます困難な状況になる。
気をつけなければならない。

市の財政状況に関して、早期に指標を公表し、市民に分かり易く説明されること、数値だけでなく実数で、説明すること。などを要望し次の質問に移った。

市民の皆さん。綾部市の会計は当分は安心ですが、安心せず皆で注意しあうことは必要です。例えば、市立病院。全国的にも素晴らしい自治体病院です。しかし、病院経営を圧迫する材料を市民が作ったとします。(病状が固定している患者さんを長期に入院させることになると一定期間を過ぎると診療報酬は下がりますので、病院の負担が増えます。又、コンビニ診療を誰もがすると、医師への負担が嵩み、過剰に医師を配置しなければならなくなります。僻地医療とてそうなんです。3日を1日減らすことは、そこに住む人にはつらいことですが、慢性期の医療なら、先生が来ている日にあわせるようにしていただけると、先生にも、病院にも助かるのです。)

一旦病院が赤字になり始めると、すごい経費なんです。舞鶴市民病院を見てください。10年前は100億円以上あった市の貯金は、いまや、綾部市の貯金以下なのです。

貯金は市の会計が赤字になると一気に吹き飛んでしまうのです。

そんなこんなで、市民皆で、できることは協力し合う。「共助」と「公助」「自助」の「三助」の意識を持ちたいものです。

綾部市議会最古参の議員さんがポツリと言ってました。「財務4指標。ずいぶん前から言っていた事がようやく制度として実現した」と。感慨深げでした。
[PR]

by ando-ayabe | 2008-09-11 23:03 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/9045701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 最低制限価格 空気 >>