役選と市民   

2008年 09月 08日

暫くサボっておりました。多忙だったせいもあります。

9月4日(木)
市議会9月議会が開会された。役員選挙が延々と続きようやく決定したのが、午後11時。
その間は、会派代表者以外は、各部屋で待機。いろいろな意見もあるでしょうけれど、あるでしょう。

で、市民新聞の金曜日に掲載されている通り、議長に森永功氏副議長に田中正行氏などガ決定した。

議会の役員選出は市民に全く知られないところで、きめられてゆく。議員の役職など市民にとって、誰でも良いことで、要は、議会が行政のチェックを果たし、しっかりと市民目線での議会運営が出来るのかにかかっている。議員の足場をどこにおいて仕事をこなすのかということになる。その意味で、役職者の役割があるのだが。

待機中は時間を有効に使うため、自宅から持参したPCを打つ。
代表者会議では何が話されているのか。議員にも詳細は見えない。時折代表者が代表者会議の双方の主張を伝言いただく。、

午後12時前に議会は終了。
[PR]

by ando-ayabe | 2008-09-08 00:05 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/9011555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< くじ運 選挙の顔より政策で「民主党党首」 >>