あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

傾聴

7月23日(水)
今日から18地区を回る地域懇談会。去年のワイワイミーティングの反省もあり、兎に角地道に地域の要望の集約をおこない政策実現へ結び付けようとの思いだ。

政策実現に向けては、国の制度は、政権政党である自由民主党の国会議員との絆をベースに中央官庁に政策実現を迫る作戦だ。

京都府は地方自治体。府道改修をいくら地元が要望しても、実現しない。要は府も金がない。政治家に頼っても、財源がなければ、どうにもならない。もっと大きなパイを狙わなければならない。そこは政権政党。自由民主党を使うことが一番ベストだ。綾部は、国会議員を十分活用していない。もっと谷垣禎一代議士や力のある政治家を使わなければ、綾部人気質は、こんな時は捨て貪欲に要求してゆく。そうしなければ地域はいつまでたっても良くならない。

そんな思いもあり、地域要望をしっかり聞いて帰り、共通課題を政策実現しようと思っている。
政治家は、仕事をすること。誠実であること。謙虚であること。

4者が地道に声を掛け合うことによって、お陰でたくさんの人に集まってもらっている。夏の暑い時期に、くたびれておられることだろうに、地域の声を政治に活かして欲しい。との熱い思いが伝わる。

24日の地域懇談会では、「こんな話を年に1回といわず年2回ぐらいは聞かせて欲しいし話したい。是非お願いしたい。」と激励。

是非やりたい。皆さんの生の声こそ、どんどん政治に生かさねばならない。

どなたでも結構です。こんなこと言いたいと思う方はぜひ身近な場所での地域懇談会にご参加をどうぞ。
 一人が最低1回は、まちづくりに対する提言や苦情や質問や意見をお話しいただきます。
15人も集まれば、地域の課題は概ね分かってくる。それを集約し分類し国・府・市への要望や議会での質問・提言に生かす。そして政策実現までのスキームを研究する。最後は、報告書を作り、参加いただいた方だけでなく市民の皆さんフィードバックする。そんな考えだ。

出される意見や要望は私たちの活動の大きな『財産』だ。これを如何に分析し政策提言に繋げるかが大事だ。

だから皆様のご意見は大切にする。

帰宅が夜10時を過ぎる日が2日。こんな楽しい、嬉しい地域懇談会。これからもっともっと充実していくだろう。8月末まで続く。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/8696381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2008-07-24 23:54 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)