帯状疱疹

4月21日(月)
相変わらず朝から右後頭部から頭頂部の表皮がヒリヒリと痛い。家内に話すと医者に行けと。
10時から議会全員協議会と思っていたら、9時半からと判明。後期高齢者医療制度の話題が朝からテレビニュースをにぎわせている。8時。電話で、幹事長に今日の全員協議会の議題を問う。課長級の人事異動の紹介とか。ウーン。せっかく議員がそろうのにもったいない。それなら、全員協議会で今緊急の課題となっている「後期高齢者医療制度」の綾部市の実施状況を聞きたいと提案。早速準備していただくことに。

午前9時10分市役所へ行き選挙管理委員会に書類を提出。
その後全員協議内に臨む。

上原副市長から課長クラス以上の職員の紹介。その後、教育長から4月11日(金)に発生した市内中学校の生徒の先生に対する傷害事件で逮捕された事について報告。

人事も4月に刷新し、学校サポーター制度も運用開始。正常化へ向けて前に歩もうとしている矢先の傷害事件と生徒逮捕。一生懸命学ぼうとしている子どもの教育保障はできるのか?

真剣に学校現場では子どもと対峙している中での傷害事件。先生方の正常化への努力を管理強化の中で押しつぶさないよう。現場の声を大切にしながら克服してゆくことが望ましいと思う。

教職員が萎縮する形での指導ではなく、OBの校長先生などの声を聞きながら正常化へ努力するほうが良いのではないだろうか。

『後期高齢者医療制度』の綾部市での実施状況苦情などの件数など、担当課長から報告。最終に住民票をおいたまま行方不明になっている3名の市民に保険証がわたっていないが、ほぼ完全に保険証送達が済んでいるとのこと。

保険証は6800枚を配達。3月28日現在168枚が未達だったため、職員による訪問等で、最終的に4月15日現在3件のみ送達不可能とのこと。
年金天引き対象者は5500人で通知書を送付した。電話等の問い合わせについては、保険証が届いていない。年金天引きに対する案件。
国保は10回徴収だが、後期高齢者は6回天引きで、一見負担額が上がったように見えること。200万円以下の年金収入者は保険料は国保と比較して下がる予定。年収900万円以上の人は限度額50万円で国保は上限56万円と下がるが、後期高齢者は一人当たり保険料で、国保は世帯あたり保険料に留意を。など。

午前11時半に全員協議会は終了。JA丹の国で「貯金魚」通帳を作成。その後かかりつけのY医院へ行き頭痛の診察。先生によると、「帯状疱疹」ではないかと。(とうとう私も雅子妃殿下と同じ病に罹ったのか。)もう少し様子を見て治療するとのこと。聞いたとたん痛みも少しおさまったような気がした。

帰宅して昼食。午後1時から「総務・建設・教育常任委員会」開催。休会中でも調査事業を行うように提案していたが、早速に休会中の委員会開会と言うことになった。

今回は、①市役所業務の情報化の状況調査②梅雨を前にして水防対策、地震災害・原子力災害等の対応について水防倉庫などの確認。

常々主張していること。議会の議員は80日だけ働いているのではなく、休会中も調査活動を行い議会のチェック機能を果そうと。今回は、前回教育施設の調査を実施したが、今回は2項目。

午後5時終了。午後5時30分常任委員会の懇親会。6月議会で2年の委員の任期終了。9月議会で交替になる。またまた痛飲する。
[PR]

by ando-ayabe | 2008-04-22 23:20 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/7903534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 慰問コンサート 新養生訓 >>