あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

蓬生麻中 不扶而直

12月市議会の勉強会。
   ・綾部市水源の里条例の制定
   ・綾部市かんばやし交流館の設置及び管理に関する条例の制定
   ・綾部市公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正
   ・下水道条例の一部改正
   ・一般会計他特別会計の補正予算など21件の議案と同意案件(教育委員の任命)と報告 1件(専決処分:職員の不祥事に伴う、市長の給料(12月分)1か月分の10パーセントをカット する報告案件など。
 会期は、12月7日から12月22日まで
 市民の皆さんにご支援いただいて、市議になって、2回目の議会。今議会も市民の皆さんの付託に応えるためにも、「心豊かに暮らせる綾部の街づくりのため一般質問を始め議会活動に全力を尽くす決意」
 9月議会で、市民参画の促進のために、「綾部市自治基本条例」の制定を訴えたが、「仏を作って魂を入れず」にならないよう、市民参画の実績を積み上げ、その成果として考えたいとのことであった。そのためにはまず、情報の公開から進めたい。と四方市長の答弁があった。
 「市民と行政との協働が求められるなかで、情報の共有が必要。そのために行政の情報公開は基本」と、12月2日に開催の環境講演会で石川県立大学の高月先生がおっしゃられた。
 今後、職員はどんどん少なくなる。行政の仕事はどんどん多様になる。飛躍的に財政が好転することは無い。市民参画による都市経営はこれからの必須(地方分権の方向)。そのために、行政・議会・市民で、お互いの役割を取り決めておくことは最低限必要ではないか。その時期は、早いほうが良い。  
 

   環境の変化に対応してヒトは進化してきた
  
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/3978665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2006-12-05 20:31 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)