無心

議長就任祝賀会に出席させていただいた。
選挙で応援していただいた皆様や、懐かしい方々から励ましの言葉をいただいた。議会で一層がんばらねばならないと思う。皆様の期待に沿えるようがんばります。何なりとお申し出ください。もっと地元と結びついてがんばれよとのアドバイスもいただいた。
 時を同じくして、岐阜県国会議員の野田聖子さんの自民党復党問題と佐藤ゆかり現職候補との問題がTVをにぎわせていた。国政での活躍するには、地盤・鞄・看板ですね。やっぱり
県民にとっては、佐藤ゆかり議員が議会でどんな発言して尽力しているかより、地元でどれだけ顔を出しているのか。が問題です。野田聖子さんは無所属で今は何もできないから、政治をしようと思うと、自民党に入らなければならない。しかし、郵政民営化で野田さんは筋を通された。そのことはどうなるの?なら、党議拘束の時点で判断すべきことでしょう。しかし、
 小泉さんも言っています。「政治家は使い捨てです。それを覚悟していなけりゃー」老子も言っています。「政治は非情」「無心」です今は。
[PR]

by ando-ayabe | 2006-11-21 12:28 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/3853266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 教育改革の最前線視察-京都市- 晩秋 >>