市議会決算審査特別委員会開会「切磋琢磨」   

2006年 11月 13日

平成17年度の決算審査特別委員会の開会です。
議会として、市民の大切な税金が有効に使われているのか。歳入は公平に収入の努力がなされているのか。一年間の事業を点検し、次年度に活かす機会です。職員も議員も決算委員会を事務事業の評価の機会と捉え、大切にしなければなりません。
 事務当局が説明した微々たる数値(0.0パーセント)程度の数値の差異を捉え、質問している人や綾部市のHPが不具合だと指摘して、質問者自身のPCの不具合ではと答弁される党利党略派ベテラン女性議員もいたが、野党なら野党らしく徹底的に突っ込まなくては、服の上からかゆいところをかくような質問ではね。
 職員もこの決算を機会に一生懸命勉強しているのですから、議員もPDCAのつもりでチエックしたいものです。そしてその質問によって、アクションに繋がれば。いや繋がってほしいです。
この1週間。議員も職員も理事者も「切磋琢磨」です。 
[PR]

by ando-ayabe | 2006-11-13 20:06 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/3780156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 足るを知る 産業まつりを都市との交流に >>