綾部市の要望活動に同行=市政策課題を訴える   

2017年 08月 25日

8月23日(水)
午前10時 議会事務局へ。関西電力の担当の方が来訪。原子力発電所大飯発電所に係る安全協定の締結について関電から説明を聞く。その他地層処分に関する「科学的特性マップ」に関しても説明を聞く。

午後1時30分 議会運営委員会が開催され、議会改革に関する協議を行う。数日前に開催した全員協議会で議論された「綾部市議会政治倫理条例について」を議論。何点か修正の議論を行い、会派へ持ち帰ってもらうことに。その他、議員定数に関する最終結論について協議。
f0111128_16255740.jpg

午後4時 綾中町にある「花の木地蔵盆」に参拝。丁度青野町の子供会のみんなが参拝していた。地蔵盆は子どもが付きもの。お地蔵さまも喜んでおられることだろう。
f0111128_16261832.jpg

帰宅。今日は、私が再び孫娘の夜の授乳当番にあたっており、早めに眠り、午後0時から朝まで授乳。仮眠がつらい。

8月24日(木)
前日午前0時から今日は一日孫娘の授乳や育児に専念。娘は相変わらず椎間板ヘルニアのため、自宅療養している。昼は良く寝てくれた。コインランドリーへ行って洗濯物を乾かしたりできた。
夕方になって少しぐずりかけた。

午後7時 家内が京都から帰宅。育児を交替する。

8月25日(金)
午前6時50分 自宅を議長車で出発。市役所で商工会議所会頭・府議会議員、綾部市岩本企画課長と共に京都府庁へ。

午前8時40分 市長や副市長と府議会事務局で合流。綾部市の平成30年度へ向けた政策要望書を各部長・知事・副知事等に説明するため、各部へ要望開始。
f0111128_1623443.jpg

午前9時 環境部長室を皮切りに、商工労働部長、建設交通部、企画理事、健康福祉部、山田知事、山内副知事、城福副知事まで午前中しっかりと政策課題を説明。市長を先頭に、府議、議長、商工会議所会頭、副市長、振興局長など行政・経済界の責任者がそれぞれ各部を訪問。市長等から本市の政策課題を説明。
f0111128_14272721.jpg

昨年度から議長も要望活動をすることとなった。今年からは商工会議所の会頭も加わって綾部市の重要課題を説明して回る。国・府も予算要望時期でもあり、課題に対して少しでも重点的に予算配分いただきたいとの切なる願いだ。
f0111128_16233645.jpg

午前中が終了し、みんなで職員食堂へ行き昼食。
午後は、農林水産部、文化スポーツ部、府警本部、総務部、政策企画部、危機管理監、教育庁と回った。
f0111128_1624667.jpg

午後4時 すべての部所への要望を終え、帰綾へ。

午後5時30分 綾部着。雨が降っていた。それにしても、各部を回っても部長級に加えて、各課の課長も含めて丁寧に対応をしていただける。そして本市の課題も良く把握いただいている。ありがたいことだ。こうして、府のセクションとも密接にコミュニケーションを取っておくことは非常に重要で、とりわけ市長や議長、商工会議所、府議など各セクションのトップがお願いに回ることは、都市間競争の昨今非常に重要だ。一時途切れていた時期があったが、それはすなわち情報が入らないことになる。お互いの情報を共有し、策を共に考えていくことが大切だ。

今後、新しい本市の政策課題を解決するためにも住民組織も含め各分野から要望政策提案活動を強めたい。
[PR]

by ando-ayabe | 2017-08-25 23:47 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/28100681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 京都府北部5市議会議員有志交流... 議会報研修会 >>