議会一般質問終了~予算委員会総括質疑へ   

2017年 06月 23日

6月22日(木)
いよいよ一般質問も3日目で、最終日。今日は合計6人の議員が質問。村上宜弘議員、吉崎久議員、高橋輝議員。12時少し回ったけど、午前中3人の質問答弁が終了。

午後1時20分から午後の3人。堀口議員、森議員、波多野議員の3人で終了。午後4時終了。日程第1一般質問を終了し、日程第2へ。議案処理。16議案の質疑を終了し、委員会別けをして、本会議を閉会する。6月30日の最終日に再会を告げ本会議を終える。午後4時15分から全員協議会を開催し「広報広聴委員会規程」の制定と、議会会議規則の一部改正について6月30日に開催される本会議で採決する旨議員に説明。

午後5時半。退庁。6人は疲れる。ぐったりとして帰宅。
午後7時 疲れてはいたが、7月9日開催の府下交歓演奏会に間に合わない。くたびれた身体に鞭を打って出発。S川さんも、現場から直接参加されていて、夕食もまだ食べていないとおっしゃった。まだまだ私は甘い。

6月23日(金)
今日は予算委員会総括質疑。私を含めて16人の議員が質問通告をしている。予算委員会の会場は今年4月の人事異動で、多くの主幹を作ったせいか会場一杯の出席者。管理職の出席なので主幹以上は出席することになる。64人になるという。

私以外の議員は全員一般質問をしていたので、予算委員会では私が一番先に質問したいと冗談で話したら本当に一番に質問をさせてくれた。ありがとう皆さん。私の質問項目は次の通り。

①放課後学級について
・夏休み期間の開設について。利用状況はどうか?
・冬休み及び春休み期間のみの開設を検討してはどうか。
②児童生徒の夏休み期間縮小など学校行事等の変革について
・各学校のクーラー設置率が100%で、長期の夏休みの必要性は薄らいでいる。先生の過重労働緩和のためにも、児童・生徒の夏休み期間の縮小を検討してはどうか
・運動会等の日程について。9月開催は熱中症対策や児童生徒の進路実現のための学習への集中を考えると、不適当ではないか。5月or6月開催はどうか?
③農地転用の緩和と綾部地区内の開発促進について
・政府が7月に農地法に係る政令改正し「8年以内に圃場整備された優良農地を除いて10ha規模の農地でも、進出意欲のある企業や土地所有者の申請に応じて自治体が企業用地として転用を可能とする。」と先日新聞報道があった。綾部市では、都市計画法の線引き廃止したばかりのうえに、農地法・農振法の網の一つが解除されるが今後の対応等の検討はどうか。
④北朝鮮の核ミサイル攻撃対応について
・避難方法をCM放送するとのオンラインニュース報道があったが、防災担当は承知しているか。市民への周知や相談対応は。世界的に日本の核シェルター整備率は最低だと言われているが、避難場所やシェルターの検討はどのようになっているか。
・現市民センターの施設活用について提案。地下を避難シェルターに改造してはどうか。施設解体時にシェルターを想定した解体計画を検討し、市街地の住民の避難場所としてはてはどうか。

以上4点について質問した。質疑答弁時間は約40分。ちょっと時間がかかったかな?

その他各議員から、一般質問の補足質問や、身近な質疑が繰り返され、昼食をはさんで、午後2時頃に終了した。

その後、色々あったが、対応をして午後3時 帰宅。
[PR]

by ando-ayabe | 2017-06-23 23:45 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/27923246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 不動明王画像ドイツより帰還 6月議会2日目 >>