国道27号をもっと早く整備してください

朝9時30分 議会へ。いつもは市民センターで開催される国道27号整備期成同盟会の総会が今年は、市役所の委員会室で開催された。市長応接室で、来賓の国土交通省福知山河川国道事務所長の久内さんと名刺交換。先日国土交通省の石川道路局長に出合って国道27号整備などの要望をしておいたことなどお話した。

午前10時前に委員会室へ案内される。主催者の期成同盟会で、西八田地区自治連会長の木下芳信さんの挨拶に続いて山崎市長、久内所長など。

木下会長から懸案の「従来2団体あった国道27号の整備促進の住民組織を1本化し、山家地区・綾部地区・西八田地区・東八田地区の4地区住民で期成同盟会を再構築したこと。」について報告。本年度の総会から、山家地区も加えての総会となった。
f0111128_10521195.jpg

久内所長から現在①西八田地区の用地買収交渉・交差点部分の工事に入っている。②綾部地区の味方町で山家方向に、用地買収・測量設計を行っている。別途山家地区の肥後橋の架け替えに向けて調査事業を行っている。旨挨拶と工事説明があった。

国道27号の整備に関しては都市計画事業で取り組んだ新綾部大橋から丹波大橋周辺の事業は平成11年頃に完了。その後、牧野工業倉庫~消防署~京セラ交差点までは着々と工事が進んだが、下八田町に入ると、急に事業進捗が遅れ、もうあれから10年以上経過し、用地買収に手間取り工事が膠着状態となっている。この調子では東八田地区の通学路となっている歩道の危険個所なんかは何時整備できるのか知れない。一方で、舞鶴から綾部福知山方面への通勤車両は増加している。

国直轄国道とのことだが、府道の方がまだ早い進捗で工事が進む。

とにかく京都の国費の予算付けが低い。蜷川府政の責任とのことだがもう何時までもそんな遠い昔のことを言っていても致し方がない。早急に事業が進捗するよう運動するしかない。

忖度でも何でもしていただいて早急に工事進捗いただきたい。マスコミも民進党も共産党もいい加減くだらない議論に時間を費やしないで、国民の痛みを理解せよ。!!

政治の力がなければ「肥後橋」の架け替え決定だって進まなかったことを考えれば、今の加計学園や籠池問題の議論がむなしいことは国民の多くが知っている。だから安倍内閣の支持率が下がらないのだ。そんなことも民進党や共産党は理解できないのだろうか。

午前10時30分 期成同盟会の開会セレモニーが終了したので議長室に戻る。
農業委員の制度変更に伴う同意案件の取り扱いについて事務局、副議長などと協議。

午前11時45分 七百石のゆう月へ。了圓寺顕本婦人会の総会・懇親食事会に出席。総代さん達と昼食。
午後1時 食事会の途中だったが途中退席。綾部にとんぼ返り

午後1時30分 ITビルにて平成29年度綾部市老人クラブ連合会総会に出席。来賓あいさつで、元気のもとは良く食べ、良く笑い、よく歌い、よく学ぶことだとお話。老人クラブが旅行に出向かれる行政バスの利用回数が、2回に戻ったこと。出来るだけ利用され、元気で、何時までも興味を持っていただくようお願いしておいた。

午後2時 市役所に戻る。その後の会議が延期になったようで帰宅。
[PR]

by ando-ayabe | 2017-05-30 23:50 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/27860219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 民政会・創政会・公明党 合同会議 議会OB会との昼食会 >>