銀座六丁目

園遊会の余韻が残る朝。ホテルで朝食。
ホテルの部屋から眺める麹町。朝から中学生が体育祭の練習をしている。麹町中学校。懐かしい思い出がある。

今から27年前 確か大河ドラマで「太平記」を放送している頃、竹下総理の頃だった。東京麹町中学校で地方の物産展を開催するから出店するべしとのことで、30万円の出展料を支払い、当時企画財政課課長補佐だったころ企画係のN井君と建築課のワゴン車を借りて太平記の大きな看板や綾部の物産を乗せ名神~東名と走り東京へ物産を持ち込んでイベントに参加したのがこの運動場だ。
f0111128_17525692.jpg

私とN井君は4ナンバーのボロボロのワゴン車に乗り、はるばる10時間以上かけて東京へ乗り込んだのに、出店を命じた当の上司はイベント当日新幹線で様子を見に来て日帰り出張。ワゴン車で10時間以上かけて前乗りした私たち。ずいぶんな差に不満を募らせた。イベントは土曜日曜の開催で霞が関・麹町の官庁街は休日でほとんど品物が売れなかった。当時は費用対効果も考えず無駄なお金を使っていたものだ。深夜、京都へ着いて老ノ坂の途中のラーメン屋のラーメンの味が美味かったことと、苦労したN井君との絆が深まったことは収穫だった。

話しを戻して
午前9時50分 和服やモーニング、衣類のバッグ3点をホテルから宅急便で自宅へ送る。身軽になってホテルをチェックアウト。日テレ横から地下鉄で銀座1丁目まで。
午前10時 銀座1丁目からしばし銀ブラ。
銀座1丁目の伊東屋へ。絵葉書を数枚購入。中央通り沿いに2丁目松屋銀座でお土産のハンカチ。ひやかしは英国屋の紳士服~三越銀座店。4丁目の交差点を渡り銀座6丁目まで。
f0111128_17533171.jpg

銀座4丁目付近には私の愛用の服GUやユニクロが出店している。銀座にも量販店がある。高級志向だけでもない嗜好の変化もあるんだ。
f0111128_17385934.jpg

午前10時10分 銀座6丁目に前日オープンした複合商業施設GーSIXへ。オープン2日目だが大行列。蛇のようにうねうねと行列が続く。待ち時間は1時間と言われたが、並んでみるとスルスルと行列が進み20分ほどで入館できた。
f0111128_17382057.jpg

館内には、有名な草間彌生のオブジェがホールに下がっている。1階から3階までは高級ブティックだが、その階以上は比較的リーズナブルな商品が並んでいる。

安倍総理が「忖度して」と言った店は何処かな~

幾ら買えそうな価格の服と言っても年齢とデザインが~アンマッチ。やはり巣鴨のとげぬき商店街の方が似合っているんじゃ?と冗談を言いつつ、ウインドショッピング。

午前12時 信号を渡り、日本で最高の地価。4丁目鳩居堂へ。栞を購入。300円。安いものしか目につかない。やはり田舎者。目の付け所がスーパー並み。値札を一番先に見るようではね~

午前0時30分 4丁目和光ビル前から地下鉄で東銀座から築地へ。

午後0時35分 以前宮津の議長と食事をした築地すしざんまい本店へ。人人でごった返していた。しかし、店には少し待ってすんなりと入店できた。
f0111128_23574861.jpg

新鮮で店一番のおすすめ。特選すしざんまい。

午後1時20分 タクシーで東京八重洲に。ここで家内のショッピングの自由を保障するため、フリータイム。2時半まで自由にお買物。

八重洲ブックセンターや八重洲地下のテレビ局のグッズコーナーへ。姪の子どもたちにお土産購入。トミカのミニカーやトトロのグッズなど買ってあげる。

午後3時40分 新幹線で帰路に就く。大阪から東京と疲れたが充実した2泊3日だった。

園遊会招待という予想だにしなかった機会に恵まれて、心地よい疲労へと変わった。
[PR]

by ando-ayabe | 2017-04-21 23:08 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/27756079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 3期目の支部長に就任 春の園遊会に >>