3月議会の提案説明

午前7時30分 二宮神社に。2月上旬から男子の集合人数が2人増え24人となった。女子も同じくらいおり、いよいよ綾部小学校で一番人数が多い集合場所になったか?それでも7時37分になると、みんな集合完了・出発できる。今年は学級閉鎖も少なく子どもの欠席も少ないのかな。

午前7時45分 帰宅し朝食を摂り議会運営委員会の調査出張の結果報告書をプリントアウトして議会へ。

午前9時 今日の午後開催の議員全員協議会の進行について担当の野々垣さんからレクチャー。
午前9時30分 議会運営委員会開会。市長・副市長・企画部長・総務部長から平成29年3月議会へ提案する46議案について説明を聞く。
 理事者退席後、会期日程を2月27日から3月22日までの24日間とすることを一応決定。また46議案の但東委員会も決定。その後、議会費に関する当初予算について事務局から議運委に説明。平成29年6月議会から、市議会本会議をパソコンに限り、インターネットライブ中継できるよう予算計上したこと、本年度は京都府市議会議長会の会長市になるので、その間の出張旅費党臨時的経費を計上したことなどを説明。また、来る24日の議会運営委員会までに、議運委で調査した結果を各委員がまとめて議会改革項目を絞り込みたいとの議運委員長からの方針提示もあった。
 午前10時30分 ぎりぎりになったが議運委を終了。引き続き産業環境厚生委員会の休会中活動に合流。雪害の農業施設の調査へ。

 舘町の茶の被覆施設が1.7haにわたって被害。農業投資はぎりぎりのところで取り組んでおられ大きな痛手になる。せっかく茶園造成いただいた案件で、この先の経営が心配だ。
 午前11時過ぎ 須波岐のビニールハウス被害調査。6棟が雪の重みで倒壊。既にほとんど片付けておられた。雪害対策費に関しては、京都府と綾部市の補助を受けるが、提案初日の2月27日に即刻審議して関係補正予算だけ採決する。その調査も兼ねて回った。

12時 帰庁。食堂で昼食 カレーうどん。胸焼け~
午後1時30分 委員会室にて議員全員協議会を開会。議会運営委員会と同じように上程する議案の説明を総務部長・企画部長が行う。

引き続き、簡易水道事業と下水道3事業に関する経営戦略の策定を行わねばならなくなり坂本下水道部長他で説明。本年度から地方交付税の基準財政需要額に算入するためには、これらの事業の経営戦略を立てることが条件になってきたということで、それぞれの事業の既存の中期計画から抜粋し作成したという。

ちなみに上記事業の平成28年度交付税基準財政需要額算入は簡易水道・高料金対策分が、13百万円。下水道高資本対策費充当額は54百万円。計画を立てねば基準財政需要額に算入してもらえないのだから、急な提案であっても致し方がない。難点化質問もあったが、おおむね了承。

その他、森義美議員から後期高齢者広域医療連合議会の報告や高倉武夫議員から地方税機構議会の報告がなされた。
午後3時 議員全員協議会は終了。
午後3時10分 創政会・民政会・公明党の3会派での勉強会が同じ委員会室で開催。提案議案の説明や昨今の市政の課題事項の説明。地元の要望課題事項等の提案など3会派の議員と執行部・理事者との意見交換。
午後4時 3月議会一般質問の重複を避けるための調整会議。
午後5時 帰宅。さすがにくたびれた。

夜はゆっくりする。
[PR]

by ando-ayabe | 2017-02-20 23:21 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/27576884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 3月議会提出議案について 教訓を頂戴する >>