教訓を頂戴する

日曜日は嬉しいことに忙しい。多くの市民の皆さんからご意見を頂戴する機会が得られる。
午前10時 青野町公会堂へ参集。自治会長選考委員会で、過日自治会員さんに信任投票をお願いしていたが、組ごとに投票作業が終わったので、選考委員で開票作業。自治会加入510戸から新自治会長の信任投票をしていただいた。集計の結果、新自治会長候補の信任が圧倒的多数で得られた。4月以降新自治会長によって運営がなされる。選考委員として肩の荷が下りた。

午前10時50分 京綾部ホテルへ。京綾部ホテル友の会の総会が開催され友の会会員が出席。四方諭会長の下で平成29年度も京綾部ホテルを支えていこうと意思統一。厳しい経営環境の中、宿泊の稼働率は向上し、宴会も順調に推移していると西川社長から報告。その後平成29年度の友の会の事業を決定。意見交換では、ホテルの料理や運営について意見が出された。これも、ホテルが存続できるよう利用者としていろいろな観点からの意見。ホテル側も謙虚にお聞きいただいていた。またホテル運営の実情も説明いただくなど相互に意見交換が行われた。市民のための大切な施設。是非多くの市民のご利用をお願いしたい。喜楽鉱業㈱も綾部のためホテル事業を支えていただいている。
 もし、京綾部ホテルが無かったならどれだけ市民は不便だろうか。みんなで利用していけるよう、出来るだけ大人数の集会は京綾部ホテルをお願いしたい。
f0111128_23123989.jpg

正午からは出席者で食事会。当時ホテルが民事再生法の適用になった頃や次の経営者も経営に行き詰って閉鎖された平成21・22年頃、ホテル存続のため尽力いただいた四方八洲男前綾部市長の乾杯発声。
約1時間 ノンアルコールでお付き合いさせていただく。
f0111128_23132428.jpg

午後1時30分 四方府議と共に京綾部ホテルを退席し、下八田にある創価学会綾部平和会館へ
森義美議員からの要請を受けて昨年から出席させていただいている。

第21回農漁村ルネッサンス体験主張大会に出席。千葉市の農ガールの竹内さん。兵庫県加東市の山田錦9ha栽培の担い手農家井上さん。鳥取市のブルーベリー栽培と観光農園。加工農産物生産法人の瀬戸川さん夫婦。それぞれから若さあふれる農業体験発表を聞かせていただいた。日蓮上人は御書の中で「生涯青年の気持で前向きに生きること」を説いておられる。私の宗派(顕本法華宗)と相通ずるところがあり感銘を受けた。四方府議のあいさつの後、私にも挨拶をと言うことで、私の家庭菜園での農業体験談を冗談交じりにお話した。要は人間は「土」に触れて「農」の生活をすることで、生き物に対する感謝と生産に対する意欲が生まれる。どんな小さな農園でもよいので、農に触れる生活をしましょうとお話した。

午後3時 会は終了し帰宅。
午後6時30分 了圓寺青年部の役員懇親会に出席。割烹「盾」でアンコウ鍋をつついて懇親。
平均年齢は65歳以上。でも青年部。大いに良いと思う。生涯青年で頑張ろう。青年部の総会の件や地域の活動のことや議会のことなど色々な話に花が咲いた。

帰宅は午後9時 明日の準備をして就寝。
[PR]

by ando-ayabe | 2017-02-19 22:45 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/27576817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 3月議会の提案説明 綾部市人権教育講演会と厄神さん >>