改善・改革と守旧

3月議会への動きが始まっている。
急遽 議会運営員会と全員協議会を開催。
議会運営委員会では、3月議会に上程を予定している「政務活動費の交付に関する条例」等の諸規定を変更するため、議会での最終の了解を得るための協議をする。
特に議会運営委員さんからは質疑もなく規定通りで了承される。

「スジ論」や「教条主義」はまさに守旧。これまでのことが正しく、改善や改革に関しては常に否定。他市の事例があれば直ちに方針転換。主体性は?

9条問題も似たようなものだ。我が国を取り巻く状況はますます厳しさを増しているし我が国の戦後の発展の中で、国際的役割も増してきているのに、敗戦史観にとらわれて進歩しない人。それを良しとして人々を先導する革命勢力。ひょっとしてその勢力の中に白頭山や延安、スターリンの亡霊たちが潜んでいるかもしれないのに。単に我が党の勢力拡大に利用されているだけに過ぎない。国家や国民のことを考えているとはとても思えない。
 南スーダンの日報問題も同様だ。戦争法と煽り立て本来の行うべき9条改正を阻止された。堂々と9条改正するべきだった。他の国連加盟国と同じ活動をしているだけなのに「戦闘行為」の有無の認定だけのことであれだけ辻本に攻撃されねばならない。彼らは、稲田大臣を苛め抜いて留飲を下げているだけ。民進党の党勢拡大なんぞに全くなっていないのに、それが判っていない。浅はかだと思う。挙句の果てに、連合系の全国化学総連にも見放され、それでもどんどん前のめりになっている。何が原因かわかっているのに。長島議員のグループが早晩離党するだろう。東京都でも小池さんにも見放されそれでも蓮舫さん見えていない。鳥越さんのような候補を推しておいて手のひら返したように擦り寄っている。呆れて滑稽に見える。

午後は全員協議会。同じように政務活動費の改正について説明。皆さん異議なく終了。

その後、関西電力から高浜原発のクレーン鉄塔転倒の原因究明結果の報告を関西電力から聞いた。そんな危機管理で大丈夫?と心配になる。
[PR]

by ando-ayabe | 2017-02-13 23:18 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/27560304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< ポジティブに 建国記念の日を祝う集いに参加 >>