あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

議会改革調査2日目

議会調査活動2日目。
徳島駅前のホテルを出発。
香川県さぬき市議会へ。さぬき市議会とは、綾部に工場のある三ツ星ベルト㈱で交流が始まった。
さぬき市で開催される5月の三ツ星ベルト主催の地引網漁や7月の神戸の本社で開催される七夕イベント、9月に開催される綾部市での由良川やな漁で、議員同士が交流し、綾部市にも委員会で調査に来られたりされている。四国調査の一環としてさぬき市議会にも表敬訪問をした。

松原議長様から歓迎のご挨拶をいただき、加えて、間嶋総務常任委員長から昨年綾部市にお越しいただいた時の御礼のご挨拶を頂戴した。恐縮だ。
対応は、川田礼子副議長さんと高嶋議会運営委員長にお世話になった。
 議会改革では特に平成29年度からタブレット導入を実施されるようで準備が進んでいた。「議会改革はこれといった取り組みが無い」とおっしゃられていたが、議会基本条例も政治倫理条例制定されている。タブレット導入に関しては、初期費用2600千円と通信費月額4千円の2分の1は公費で、残りの2分の1は政務活動費と個人の負担で賄うとのことだった。色々苦心の末のことかな。小松島市議会よりは公費負担が多いかも。CATVによる議会中継もなされ生中継は常識のようだ。

 綾部市では、ようやく平成29年度からインターネットによる生中継が実現しそうだが、それとて、京都府下ではビリから3番目の実現。福知山・舞鶴も遠の昔に実施している。

 かつて、綾部市議会は議会改革では平成25年度まで全国で21番目に入るくらい議会改革のトップだったが、一気に普通の議会になってしまった。
 やな漁で綾部市をよく訪問いただいている大山議員も途中からお越しいただき旧交を温めた。

昼食は観音寺市近くのまんのう町黒川の手打うどんの有名なお店?農家?「やまうち」で本場手打の讃岐うどんをいただいた。大300円は安いし美味しい。作業場で食べるのも良いな~

午後2時 香川県観音寺市議会を訪問。
こちらでは、広報広聴委員会についてと、議会報告会のあり方について調査をした。
井下議長さんの歓迎のご挨拶をはじめ、立石議会運営委員長、安藤広報広聴委員長に説明のご対応いただいた。

観音寺市は人口62千人で広域合併した後毎年500人近く人口減少する中で、毎期毎に議員定数を削減し現在議員定数は20人となっている。人口比でも綾部市の18名と比較しても少ない。

平成20年には議会改革プロジェクトチームを設置し、議会気泡条例の制定、インターネット配信、正副議長の立候補制、広報広聴委員会の設置と広報広聴委員会の下での議会報告会「市民と議会のつどい」や市民フォーラムの開催などを実施してこられている。

綾部市と同様議会報告会の参加者の減少に悩んでおられ、色々な工夫を重ねて市民と議会との関係の近接を目指しておられた。「高校生と考える街の未来」を開催されたり、市民フォーラムを主催されたりしておられた。タブレットに関しては、議会は、プロジェクトチームを編成し導入に向けて検討しているが、執行部がまだ時期尚早とのことで待っている。近隣三豊・高松市議会も実施しており、急ぎたいと思っている。

広報誌に関してとても参考になることをお聞きした。議会だよりの議員尾一般質問の欄の下にバーコードリーダーを印刷し、その議員だけの一般質問をインターネットで視聴できるシステムを町田市議会が行っているとのことだった。これは良いアイデアであり、早速活かせればよいと思う。

観音寺市に宿泊
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/27511130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2017-02-01 23:38 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)