あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

府北部の実情を訴え

寒波がテレビニュースをにぎわせている。別に取り立ててニュースにするほどでもないと思うが、昨今雪も少なく、ちょっとした降雪で話題にするのだから、他に取り上げるべきニュースが無いというところかなとも思ってしまう。今週末はすごい雪になると予報士も熱弁をふるっている。

部屋で、ブログのUPをしている。1週間分溜まっていた。3年日記も正月からかけていないし。何となく時間を浪費しているようにも思う。

午前10時30分 時間ぎりぎりに、並松の府議の事務所へ。11時から福知山で会議があるのだが、少し遅れそうだ。種清議員と四方府議を乗せて福知山へ出発。

午前11時03分 福知山建設業会館へ到着。
 先の参議院議員選挙で当選された、父上が夜久野町出身の自由民主党参議院議員足立としゆき議員がこちらに立ち寄られたので、福知山市選出の井上重典府議の肝いりで、足立議員を囲んで意見交換会が開催された。
 会には府北部の建設業協会や測量業の役員・府議・市議が出席。地域の課題や要望事項など意見交換。綾部からは建設業協会の青松会長ほか三役、測量士会の滝下会長など。市議は、相根・高橋・種清の議員も出席してくれた。国会議員に直接地域の実情を訴える機会は絶好の機会。これからの議員活動にも役立つ。
f0111128_11141917.jpg

 最初に足立議員から参議院議員選挙では、29万票と言う近年まれにみる高得票で当選することができたと感謝の弁。近畿地方整備局時代から兵庫県に比べ、当地方の公共インフラの遅れを感じており、出来るだけ地域要望を踏まえ整備に尽力するとのご挨拶。
f0111128_11143757.jpg

 井上・四方両府議から地域課題を話され、福知山、綾部、宮津、舞鶴、京丹後の建設業協会の会長からそれぞれ業界の実情を話された。
 「南部に比べて、民間発注も含めて工事件数が少ないため、北部の業者は工事実績が低位にあり、北部で公共工事を発注してもらっても、結局工事量の多い近畿の南部の業者に取られてしまう。実績の評価を見直すなど北部の業者への発注が増えるようシステムを検討して欲しい。」と建設産業界からのの切実な声。
f0111128_11145877.jpg

国道27号の整備促進や河川改修工事、山陰近畿自動車道の整備促進、山陰線の複線化工事など交通網の整備を急いでほしいとの要望が相次いだ。綾部市議からの議員も意見も求められたので、同様、「JR山陰線の複線化高速化促進。国道27号の拡幅整備、肥後橋の早期工事化、福知山・綾部・舞鶴間の道路整備」を要望した。

午後0時10分 意見交換会は終了。四方府議と種清議員と三人で、王将で昼食。
午後1時30分 綾部着。一旦帰宅。
午後3時 市議会事務局へ。木下元議長と波多野議運委員長と意見交換。
午後5時 議会の決裁と今後の日程調整をして帰宅。昼の餃子が腹に堪えたのか、胸焼けがひどい。
[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/27438726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2017-01-11 23:46 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)