四ツ尾山プロジェクト始動

今日は、今年最後のプライベートゴルフ。義弟の友人の皆さんと氷上CCへ。スコアは、いつも通り。

帰宅後、午後7時30分から市民センターへ。

JCの提案で、「四ツ尾山」の尾根への散策道を整備して、市民の憩いの場を作ろうとの提案。発案者の青年会議所まちづくり委員会の皆さんをはじめ、綾部地区連長や中筋地区連長、地権者の井倉地区の自治会長さんや地権者が早速会議を開催。府議も私も出席し今後の取り組みについて協議。又、散策道整備に際しての安全性や伐開作業など技術的なことも含め、森林組合や地域のアルピニスト、利用促進のための市民啓発の関係もあり、綾部観光協会会長、綾部地区公民館長にも出席いただき20人以上の皆さんによる(仮称)四ツ尾山プロジェクト委員会が開催された。
f0111128_15413060.jpg

寺山からの縦走道や上延町旦寺からの山道も整備しよう。寺山から四ツ尾山北側は急峻で危険なので、ルートを検討しないといけない。とか、木を切る場合は、保安林もあり、伐採届が必要とか、貴重な山の植物は残していこう。登山道は、西・中神宮寺、明知、旦寺など何本かあるが、旦寺以外はいずれも急峻な登り道だ。などいろいろ議論され、役割分担も決定し、当面ルート整備のため新年にJC担当者、アルピニスト、自治会連合会、地権者、森林組合など関係者で踏査を実施することになった。素晴らしいスピーディな取り組み。調整をしていただいた安積連長の調整力のすばらしさにも感心した。財源は「綾部市いきいき地域支援事業」と「京都府地域力再生支援補助事業」を今後活用するべく計画を練ることとなった。28.29年度の事業となろう。
[PR]

by ando-ayabe | 2016-12-30 23:23 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/27418365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 正月ぼっち 牡丹の花が咲いた >>