クリぼっち   

2016年 12月 24日

12月24日(土)
クリスマスイブの日。巷では「クリぼっち」という言葉がはやっているとか。クリスマスに彼女?彼氏?もおらず、一人自宅でクリスマスイブを迎える男?女?のことを言うとか。

時代は変わったものだ。クリスマスと言えば、職場の労働組合でもクリスマスパーティを開いて男女の出会いをセッティングしたものだ。それがどういうわけか、数十年前から、職場での飲み会も慰安旅行もなくなり「アフターファイブまで干渉されたくない」と言う世相が当たり前のようになっている。

昔は、クリスマスパーティで、先輩の指導で社交ダンスを覚えたりフォークソングでギターを習ったりしたものが。今では、社交ダンスを踊れる若い男女もいない。社交ダンスだけではない。対面(トイメン)で真顔で話もできない男女が増えている。女性が男のような口調で会話やLINEも。

情けない世の中になったものだ。個性尊重・自由尊重・パワハラ・セクハラの危険にビビッている人々。信頼の社会が崩れ疑心暗鬼の社会が育っている。

その影響は、昨今のLINEの嫌がらせやイジメに現出している。人間としての関わらねばならない社会性を身に付けもせず、物事の良し悪しも判らない子供が如何に増加したか。

そんな中、新潟県糸魚川市の火災では地域の「ご近所力」がいかんなく発揮され、地域の人たちの避難連絡などに生かされたとか。日ごろからの地域でのコミュニティの成果だという。

ぼやいていても始まらない。出来るところから始めよう。日本の良き社会を再構築しなければならない。絆を取り戻すことから始めよう。

今朝は、家内がお出かけ。猫と留守番。終日胸焼け。飲みすぎかな~。

夕方、家内が帰宅し、夫婦でクリスマスパーティを。と言うことで、福知山へ出かける。最近宴会が続いたせいか胃の調子が悪い。スシローも混んでいるだろうと思いつつ、午後6時前にスシローへ行ってみると、意外とガラガラ。こんな夜にガラガラとは、と思いきや、座席を陣取っているのは、幾重にも積み重ねられたテイクアウト用の寿司皿。

そうか、今夜は、各家庭でホームパーティーか。そうだろうな~子供や孫など家族でケーキやチキン、お寿司のホームパーティが当たり前だ。我が家でも15年くらい前まではそうだったな~と思い出した。

テイクアウト用の山と積まれた寿司皿を横目に、夫婦仲良く10皿食べた~。って。寂しくもほほえましい二人のクリスマスイブだった。

しかし「クリぼっち」でなかったことだけは確かだ。

食事の後は、若いカップルでもないのに「メガ・ドンキー」で光物見たり安げなバッグを品定めしたり。結構楽しいひと時だった。
[PR]

by ando-ayabe | 2016-12-24 23:43 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/27390726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 市民の声 地域の元気 >>