内水対策第1弾完成

9月29日(木)
雨が降ったり止んだり。
午前9時 子ども見守りへ出かけ、帰宅後は、由良川内水対策協議会から、延町にある都市下水路「古川」の由良川への排水樋門の周辺の内水を解決するため、仮設の排水ポンプが綾部市によって設置され、試運転が行われるので、見に来てほしいとのこと。内水対策協議会の役員でもあり現地へ出かけた。

毎分6立方メートルの排水能力を持つ仮設排水ポンプ2基が設置され、排水能力の試運転が行われた。約7分で40t防火水槽がいっぱいになるスピードとか。
f0111128_15244057.jpg
由良川左岸の内水問題に関しては、市議会議員になったころからの課題で、議会でも常に都市下水路の排水容量などに関して質問をしてきた経過がある。

昨年綾部市は「雨水排水対策基本計画」を策定し、短・中・長期の内水対策について基本計画を定めた。画期的なことで、今後、当面毎分30立方メートルの排水ポンプ車を配置するとともに、5~7年以内に古川樋門周辺(延町・綾部第一雨水幹線流末)に毎分60立方メートルの排水機(ポンプ)場を整備する。
その後、中・長期的に旧町内の都市下水路の雨水幹線・枝線を整備される。

公共下水道(雨水)事業として雨水対策を実施されないと財源的にも抜本的な解決とはならないので、その意味からも、今回綾部市が基本計画を定め、解決に向けて舵を切ってくれたことを大いに評価したい。

午前10時30分 帰宅後は、平成27年度決算の審査に向けた準備に着手。

9月30日(金)
今日は雨も少し上がった。三婆会(合計年齢281歳)とお食事会をしようとKUMAちゃんが提案。西舞鶴にある老舗料理店で京都に本店のある「本家つゆしゃぶちりり」を御馳走になる。
f0111128_15195773.jpg
特製の秘伝五段仕込みのつゆにつけて食べる超薄切り豚肉。初めて味わう食味。つゆ+薬味のネギに特徴がある。2皿も食べてお腹いっぱいになった。

夕方帰宅。夕食は、お茶漬けのみ。



[PR]

by ando-ayabe | 2016-09-30 23:51 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/26233514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 由良川 SEA TO SUMMIT 9月補正予算等採決 >>