9月補正予算等採決

 今朝は、もう雨がぱらついている。午後は大雨になるとの天気予想。なのに、傘を持ってきていない子がいる。困ったことだ。学校に置き傘があるにしても、登校途中にザーっと来たらどうしよう。

午前8時35分 朝食を摂り議会へ。今日の本会議の進行表(シナリオ)の最終チェック。
午前9時30分 本会議再開。諸報告の後、議第87号から96号までの10件の議案について各常任委員長から委員長報告。各委員会からは、出された意見などを委員長が報告し、採決。いずれの議案も全員異議なく可決。引き続き、請願の審査報告。産業厚生環境委員会に付託していた請願第1号「手話を言語として定着させ、要約筆記・字幕・筆談、触手話などの多様なコミュニケーションの促進を図り、安心安全の共生社会を築く条例制定を求める請願」の審議結果を森委員長から報告。委員会では全員異議なく採択が決せられた。本会議においても採択を可決。

午前10時25分 本会議は休会に入り、次回は10月17日に本会議を再開し10月5日から予算決算委員会で審議される平成27年度各会計決算の審査結果について議決する。

午前10時30分 議会事務局と何点か協議。
 先日来テレビでにぎわせている政務活動費の不正使用について、綾部市でも更に更に厳格な使用基準を作ろうと協議進行中。
 と言っても、綾部市議会は、騒がれている自治体のように、議員一人当たり毎月10万円も20万円も交付されていないし、議員個人への交付もされていない。(一人会派・無所属議員には会派とみなして年額20万円を交付しているが)綾部市議会では、会派に所属している議員に一人当たり年額20万円を人数分交付し、会派の視察や研修の旅費、研修負担金、図書購入代、会報発行費、会派の事務所内での事務用消耗品・備品の購入費に充当している。政務活動費の執行額は、毎年年度初めの議会だよりに前年度の政活費の使途や不用額等を掲載し市民の誰でも見ていただけるようにしている。その使途基準について、更に更に厳しい基準に見直しを進めている。少なくとも使用実績のない使途基準はすべて廃止するべき。今後各派代表者会議において決定される予定。
午前11時30分 市民課へ寄り、家内の戸籍謄本を取り退庁。義弟に謄本を渡し自宅へ。
午後0時30分 昼食後綾部警察の課長さんから交番の要望について連絡が入り、調整の上、安積連合自治会長宅へ成案を持参。公印を押印してくださり、近隣自治連会長さんにもお願いに回っていただき午後5時 要望書が完成し、要望活動日程も調整完了。

午後6時 朝から友達と西国33カ所参りで滋賀県へ出かけた家内の帰りを待ってビールを飲んで小池都知事の施政方針についてのテレビを観る。

午後8時 大雨の中、新風館ラーメンを食べに出かける。

雨が良く降る。秋雨にしては粒が大きい。


[PR]

by ando-ayabe | 2016-09-28 23:43 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/26129344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 内水対策第1弾完成 遅れを取り戻せ >>