シン・ゴジラを観る

朝は曇りだった。今日は秋分の日。市内でもいろいろな行事が開催されたようだ。私は例年のろおり了圓寺平成28年度秋季彼岸法要に参列。午前10時お寺へ。

約80人ご参詣いただいている。先祖供養は日本仏教の根幹をなす。了圓寺では春・秋の彼岸会法要を厳修している。

今日も、司会進行をさせていただいた。直会はお昼過ぎから。当番町区の女性の皆さんの手作り料理。とても美味しかった。
f0111128_11241833.jpg
宴席で常敬上人や日喨上人から「新幹線のグリーン車両に備え付けてある冊子に綾部の観光のページが掲載されておりとても誇らしく1冊送ってもらった。」確かに特集記事が1ページある。京都府観光連盟がスポンサーのようだ。新幹線の座席前に入っている小冊子で、持ち帰り自由のものだがそこまで気にとめていただいておりうれしい。
午後1時過ぎ 雨がひどくなってきたので、家内を迎えに呼んで、村上総代を自宅までお送りして帰宅。スーツがひどく濡れてしまった。

午後1時40分 着替えて福知山へ向けて家内と出発。
午後2時10分 福知山の広小路にある映画館へ。「シンゴジラ」を観る。素晴らしい映像技術で、新しい「ゴジラ」の映画を見た。円谷プロが最初に制作したゴジラから何年たつのか?映像技術も飛躍的に進歩しており、臨場感あふれるものだった。首都東京が壊滅する様子は本当にリアルでCG技術の粋を集めた映像だった。ただ、俳優陣が会話する話が早口で、とてもついていけない。字幕もそんなに早く読めないし、どうも先日の娘の披露宴のDVDも字幕や映像が早く移り変わり、ついていけなかったが、これは歳なのだろうかと思いかけてきた。シンゴジラのストーリ展開の速さも付いていくのが必死で、少し目をそらしている間に展開も変わっており、家内ともども「歳やな~」と感動?嘆息?した。

午後5時 GUでパーカージャケットや長袖スウエットなどを購入しスシローをスマホ予約し、午後6時 あきんどで夕食の後帰宅。
 いくら映画の展開についていけなくてもネット社会にはついていかないと取り残されてしまう。GUはアプリ会員となっているし、スシロー(あきんど)だってスマホ予約もできる。歳はとっても時代の流れにはついていかないとダメだぞ~。と自戒。

午後7時30分 青野町公会堂で綾部混声合唱団の練習に参加。今夜は「川の流れのように」の練習が上手くいったようで後半は茶話会となった。午後9時帰宅。

[PR]

by ando-ayabe | 2016-09-22 23:23 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/26031291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 議会改革は第2ステージへ!!議... 総務教育建設委員会開催 >>