総務教育建設委員会開催   

2016年 09月 21日

台風も過ぎ去って、少し雨が降り、台風一過とはならない天気だ。
午前9時30分 総務教育建設委員会(村上宣弘委員長)が開催された。議案は2件。
綾部市一般職員の給与に関する条例の一部改正と、動産の取得についての2議案で、最初に動産の取得についての説明と審議が始まった。
取得する動産は、消防団の積載車や消防ポンプ車で7台を一括で購入し、綾部市の大槻ポンプ工業㈱が落札した。仮契約額は44,546千円となっている。5社による見積もり入札で決定。
 いずれも20年をめどに更新する。又、団員の減少を見越して機動的な設備が整った消防車両を購入するとのこと。奥上林分団にはポンプ自動車1台の更新。小型動力ポンプ付き積載車は、1台が軽自動車、もう一台は普通トラックに積載する。上八田と金河内に配備。また、小型動力ポンプを積載する普通トラックを3台購入し、それぞれ、寺町・多田・小貝の各分団班に配備する。小型ポンプは配備済みなので、それらを積載する普通トラックを購入するもので、荷台から上げ下ろしする作業を軽減するため小型動力ポンプ積載装置が取り付けられている。その他小型動力ポンプ1台を上延町に配備する。
 質疑では、軽自動車の積載車の方が水利に近づけるのではないかとか分団の意向を聞いているかとか、質問が出された。

 引き続いて、綾部市一般職員の給与に関する条例の一部改正では、10月2日から改定される京都府の時間当たり最低賃金に関して、綾部市の臨時職員等の一日当たり賃金を7400円から8500円に改定するもの。時給時間換算では831円から851円に改めるもの。現在臨時的任用職員は40名おり10月分から賃金がUPするものと思われる。なお、嘱託職員は、現在222名とのことだった。一般職員と合わせると、500人以上職員が働いていることとなる。昔とは様変わりだな~。そうしないと地方財政が破たんするのだろうな~。
 質疑は午前中に終了し、合わせて採決も2議案とも原案通り可決した。
議会終了後、退庁し、源太郎新聞を配布したり日常活動を行った。

午後2時30分 先週行くことができなかった「綾部小学校遊びの城」のサポーターで参加。
午後5時 反省会も済ませ解散。皆さんサポーターの方々、私より高齢の方もいるけれど、本当によく参加してくださる。ありがたいことだ。

[PR]

by ando-ayabe | 2016-09-21 23:52 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/26030702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< シン・ゴジラを観る 予算総括質疑での私の質問。 >>