災害への備え=万全   

2016年 09月 04日

台風12号の影響か 朝からカンカン照り。おまけに南風も。
午前8時 上杉町の総合運動公園一帯で開催された綾部市総合防災訓練に出席。議会の作業服を着用したが冬用でぶ暑く辛い。

午前8時30分 総合防災訓練が開始された。
今回の訓練想定の発表。と同時に災害対策本部運用訓練から開始。同時に、市内全域に、情報伝達訓練が開始。Jアラートをはじめ、FMいかる・スマホ等による緊急通報が発せられる。
f0111128_22560184.jpg
原子力避難訓練も同時に行われ、上杉の住民も参加し、避難所開設訓練や安定ヨウ素剤の配布訓練、スクリーニング訓練など28項目にわたる現地での訓練が実施され本番さながらの緊迫した訓練が行われた。
f0111128_22561941.jpg
また、全市的には、各自治会での自主防災活動訓練や災害時避難行動要支援者避難訓練、福祉避難所開設訓練など118自治会や市内4福祉施設で行われた。
f0111128_22573350.jpg
上杉の体育館前などには展示コーナーも開設され、人命救助セットの展示やドローンによる防災訓練の空撮映像展示など8項目にわたって展示された。
f0111128_22580311.jpg
興味を持って説明を受けたのは、国土交通省が展示されていた排水ポンプ車で、毎秒0.5tを排水する水中ポンプは、綾部市街地の内水対策に参考になった。1台3千万円から5千万円するそうだ。
f0111128_22583343.jpg
 綾部市消防本部が設置していた煙体験ハウスでの煙中避難体験では、まさに煙が発生した火災現場では、避難通路が判らなくなり一酸化炭素中毒になることを体感できた。
f0111128_22585017.jpg
 東八田の子ども達による消火器の消火体験やアルファ化米による非常食試食、参加者の共助でがれきからの救出訓練など参加者も体験できる時間帯や訓練内容を設定して素晴らしい防災訓練ができたのではないだろうか。
f0111128_23050269.jpg
午前11時30分 すべての訓練は終了し、議会を代表してご挨拶をさせていただく。訓練は、常に危機意識を保持するためのもので、災害は忘れたころにやって来ると言われる。防災意識を常に喚起し、自助や共助も更に強めることも考えていかねばならない。

 訓練の準備から当日の運営に当たられた皆様。本当にご苦労様でした。そしてありがとうございました。又再来年開催されることを期待します。

 



[PR]

by ando-ayabe | 2016-09-04 22:34 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/25786898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 9月議会直前 飛び立て!中学生海外派遣事業2016 >>