あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

世界連邦宣言自治体協議会総会「灯」を「炎」に

9月1日(木)
9月になったが、残暑が厳しい毎日が続いている。
今日は政務活動をしよう。自民党員の自宅や事務所を回り平成28年度の自民党費を集金したり、ご理解いただいている市内の商店・事業所に体育協会の賛助会費のお願いに回ったり、了圓寺の川糸町の檀家さん宅に文書配布したり。栗町の同級生の自宅を訪問し盆栽を見せてもらったり。午後、市議会事務局へ寄り議会運営上の課題事項など事務局と協議。
夕方、家庭菜園で作業。疲れた。夜は、綾部混声合唱団の練習日2週間ぶりに出席。

9月2日(金)
午前9時 議会事務局へ。
午前9時30分 会派代表者会を招集。30日の会派代表者会に続いて協議。議会の役員選挙について、2年に1回の役員改選について、9月議会開会初日に遅くまで時間をかけて行うものをもっと短縮し開会初日には、午後5時までの定刻内で散会できるよう各会派の代表者に要請する。会派の代表者も理解いただいて当日スムーズに運営できるよう善処してもらうこととなった。午前10時30分に代表者会は終了。一旦帰宅。

午後0時 午前11時30分に早い昼食を摂り、公用車で宇治市へ出張。
午後1時30分 宇治市生涯学習センターに到着。
午後2時30分 平成28年度世界連邦宣言自治体全国協議会総会が開催され出席。
f0111128_19500793.jpg
会長の山崎綾部市長の挨拶に続き、開催市の山本宇治市長のご挨拶。世界連邦国会委員会会長代理や世界連邦協会の代表代理のご挨拶の後、27年度の事業報告と決算審査と、28年度事業計画と予算案の審議が行われ異議なく可決した。
昨年度は、とりわけ世界連邦運動を行っている者にとっては意義深いものがあった。
一つは、世界連邦国会決議(正式には、「我が国の国連加盟60周年にあたり更なる国際平和の構築への貢献を誓約する決議」)が参議院で決議されたこと。衆議院は11年前に可決成立していたが、参議院では、郵政選挙の影響で決議できないままとなっていた。
 昨年7月 小金井市での世界連邦宣言自治体全国協議会総会開催前日、山崎市長や私などが衆議院議員会館で、世界連邦国会委員会の国会議員の皆さんと自治体協議会とが初めて協議を行い、その席で、江田五月参議院議員や谷垣禎一衆議院議員などが参議院での国会決議を節目に行わねばならないと表明されていた。

 ようやく国会決議がなされたことは意義深い。また、綾部市での世界連邦日本大会の開催や、静岡市での中東和平プロジェクトの開催など、小さな取り組みだが、「灯」を消さず活動を継続していることは意義深い。
 総会における意見交換では、私から、綾部市議会が昨年9月議会で『グローバル(国際)連帯税の創設を求める意見書』を政府に提出したことを報告し、「本日参加の自治体議会もぜひ意見書提出を行っていただくとともに、世界連邦運動協会でも、参画自治体等への働きかけを行ってほしい」と呼びかけた。灯をともし続けることの大切さを訴えたつもりだったのだが。
f0111128_19504204.jpg
 今日はそのようなことを、総会後の記念講演で立命館大学君島東彦教授が話をされた。
テーマは「世界連邦運動の21世紀的かたち」の中で「世界連邦運動を位置づけし直す。すなわち、21世紀的なかたちの追求・再活性化をする。とりわけ途上国や第三世界における主権へのこだわりを尊重し、南北間の経済格差を克服する課題を、世界連邦運動の視野に入れる。世界連邦運動のNGOとしての自覚、政府との連携を進めること。今の世界情勢を見た時に、世界連邦運動の方向性は時代の先取りであり間違っていない。」と結論づけられた。
f0111128_19505701.jpg
午後4時30分総会は終了し帰路へ。
 
 

[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/25786264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2016-09-02 19:06 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)