あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

府道1号・府県境の難所解消へ着々

いよいよ2学期が始まった。みんなたくさんの荷物をもって集合場所に。2学期のスタートにしては寒冷渦の影響で、既に雨が降り始めている。傘をさして荷物をもって大変な登校だった。

とにかく変な台風の影響なのか、台風が変な状況になったのか、迷走台風と寒冷渦の影響で、数日前から雨模様。カンカン照りよりはマシか。

帰宅後、とと姉ちゃんを見て、ブログを整理し、午前10時30分 綾部市の建設課へ出かけ、数日前に調査した西福院の坂下の角のカーブミラー設置について要望書を提出。
f0111128_00425551.jpg
議会事務局へ行き、決裁等をして、12時に帰宅。

午後2時 雨の中、福井県小浜市へ出発。「平成28年度綾部・小浜・敦賀間国道編入並びに整備促進期成同盟会」の総会に出席するため、府道1号線を利用して小浜市のホテルへ。

途中高浜ICから舞若道を使ったため、小浜に着いたのは、午後3時10分。あまりに早いので、小浜港へ。時間をつぶして、午後3時40分ホテルへ。

午後4時 同盟会の総会。会長は山崎綾部市長なので、開会挨拶。来賓祝辞等があり、主要地方道小浜綾部線の整備状況について中丹東土木事務所次長から報告。改良区間は73%になっていると報告があったが、この会場へ来る途中も道路を使ってきたが、現地の状況は奥上林地区を中心にまだまだ改良の必要があると思う。一方が崖地で一方が上林川と言った危険な場所もあり、一旦土砂崩壊等が発生したら当分通行止めになりそうな箇所がいくつもある。
f0111128_00400176.jpg
福井県側の同じ県道で特に難所となっている、府県境から大飯町川上地区までの峠の県道は、既に「福井県広域避難道路」として用地買収が95%完了し、今秋から工事着手されると福井県小浜土木事務所の職員さんから報告があった。また、小浜市内の一般国道162号線に関しても、3橋を含む870m区間の改良のための設計を完了し、補償交渉に入っているとのことだった。福井県敦賀土木事務所管内の一般国道162号線も、若狭町三方五湖周辺の県道を3カ所について改良工事を実施されている。

 報告や意見交換でお聞きした話で驚いたのは、完成が京都府よりも遅れた舞若道の福井県側で2カ所のスマートインターチェンジを整備すると報告があったことだ。1カ所は、若狭上中ICと若狭三方ICの間に三方五湖PAスマートインターチェンジを平成29年度完成予定で整備しているとのこと。また、もう1カ所は、敦賀美浜ICと北陸道とのジャンクションの間40kmの中間点にスマートインターチェンジを作り、敦賀市内へ更に利便性向上を図ることとしているとのこと。

どうして、綾部市や京都府北部地域では出来ないことが、福井県では、それも2カ所もできるのか?議会では舞若道に特産物販売所やスマートインターの設置を訴えているが、一向に前に進まない。財源確保も重要だが、スマートインターを作るという方針を確定し、そのための手法を考えることがまず先だ。「金が無いからできない」で片付けるのではなく「どうすれば、何処に設置すればスマートインターができるのだろうか」と言う思考で物事を進めたい。

何事でも、ハードルが高い方が出来上がった時には完成度が近いものができる。是非課題の綾部PAの汚いトイレの改修も含めて、そして、原発災害時の除染場所として、また、あやべ球場弓道場などの府下有数のスポーツ施設を活用した「スポーツ観光」への活用も含め、当該地域にスマートインターチェンジ整備構想を立ち上げてほしい。

福井県の敦賀市・小浜市や高浜町。若狭町・大飯町の行政・議会の連携を更に強化し、連携の実証事業でもあり、原発地域の最重要避難道路でもある「綾部・小浜・敦賀間」の国道編入並びに整備促進の事業を成功させたい。

平成29年度から2年間は大飯町長が会長に就任された。山崎市長には2年間ご苦労様でした。交流会では若狭町の議長さんや小浜市議会議長、敦賀市建設水道部長さんなどとの意見交換や、高浜町からの田中県会議員さんとの小浜綾部の峠の整備と関電の福井県側からの送電の話も聞かせていただいた。いろいろなことを学ぶことができた。

午後8時半 綾部に帰着。帰りは、舞若道を利用した。大雨警報が出されている。被害が出なければよいが。











[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/25739775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2016-08-29 23:55 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)