第66回市制施行記念

1950年8月1日戦後冷めやらぬ綾部で、市制が施行された。爾来今年で66回目の市制施行記念日。2016年8月1日。

記念すべき今日、午前10時から市役所において、「平成28年度綾部市功労者・篤志者・分野別功労者表彰式が開催され、市議会を代表して出席した。

市制施行以来、長年綾部市政の発展に功績のあった個人・団体や各分野において秀でた功績のあった綾部に所縁の個人・団体の方々を市政記念日にあたる8月1日に綾部市長から表彰する。

本年の被表彰者は
綾部市功労者として、上原直人氏(綾部市私市町)、四方悦郎氏(綾部市位田町)、四方祥樹氏(東京都江戸川区)の3名の皆様を表彰。
上原直人氏は、長年の市職員の経験を生かし、市副市長として市長を補佐し市政発展に寄与された。
四方悦郎氏は、綾部市森林組合の組合長として、綾部市林業の振興発展に寄与された。
四方祥樹氏は、綾部市出身者として東京の力、綾部市の社会福祉のために多額の寄付をいただいた。

綾部市篤志者(個人)として、川北満氏(宇治市)、斎宮照子氏(京都市)、出口紅氏(亀岡市)、松室規美子氏(本町2丁目)、由良源太郎氏(本町1丁目)を表彰。綾部市のために浄財寄付や植栽寄贈をいただいた。
団体として、株式会社セレマ(京都市)は、社会福祉のため備品を寄贈。

綾部市分野別功績者(個人)として、
大島佑哉氏(東京都新宿区)卓球世界選手権にて優秀な成績を収めた。
堀川浩一氏(多田町)レクリエーション活動が評価され、生涯スポーツ功労者文科大臣表彰を受賞した。
前田花穂さん(広小路1丁目)全農杯全日本卓球選手権京都府予選で優秀な成績を収めた。
山下実花子さん(鍛冶屋町)全国高等学校総合体育大会(陸上競技)において優秀な成績を収めた。
吉崎香奈絵さん(梅迫町)全日本社会人ソフトテニス選手権大会において優秀な成績を収めた。

綾部市分野別功労者(団体)として
綾部紫遊クラブ様(広小路2丁目)全日本クラブ卓球選手権大会において優秀な成績を収めた。
綾部ファイターズ様(綾部市宮代町)中信杯全京都学童軟式野球大会において優秀な成績を収めた
特定非営利法人間伐材研究所様(綾部市里町)多年にわたる環境保全活動により環境大臣表彰を受賞
グンゼ株式会社綾部本社様(綾部市青野町)献血推進活動が評価され厚労大臣表彰を受賞
水源の里市志、水源の里老富、水源の里古屋の3団体 水源の里条例に基づく特産品開発など地域振興に寄与
剛球ガールズ様(上野町) 全日本ドッジボール女子総合選手権京都府大会で優秀な成績を収めた。
ビバーチェ綾部様(上延町) レディースクラブ対抗オール関西ソフトテニス大会において優秀な成績を収めた。

以上の団体個人に市長から表彰状が手渡された。
来賓祝辞として代表して、市制施行の記念すべき日に、この1年間のご功績を称え、これからの更なる御活躍と綾部市に対するご協力をお願いしてご挨拶をさせていただいた。

その後記念写真を撮影し、式は終了。四方悦郎氏が議長室にご挨拶にお越しになり、しばし歓談させていただいた。

12時 帰宅。昼食後、炎天下に農作業は危険なのでしばし休養。
午後5時 家庭菜園へ出かけ、農作業。
午後6時 帰宅し夕食
午後7時 自由民主党綾部支部長会に出席。参議院選挙の総括の後、綾部医師会の畑先生から、昨今の医療をめぐる情勢について、レクチャーを受けた。時間が短くしっかりと学ぶことはできなかったが、現下の課題などお聞かせいただいた。

 綾部市の開業医不足は深刻だと思った。その上に専門医制度ができると、綾部から開業医が無くなるのではないかと不安にさえ思う。
「かかりつけ医」と「専門医」制度設計が不明確なのも理解できた。より高度な制度を求めるほどに現状の課題を解決することから遠ざかっていくような気がする。

 元々かかりつけ医制度は、コンビニ診療を無くし、身近な開業医に相談できる制度だと理解していたが、そうでもないらしい。専門医制度では、専門分野の医療に関し症例を積み上げなくてはならず、綾部のような地方都市で症例を積み上げることは困難。大都市偏重の制度になってしまうのではないか。

 しかし、日本の保健医療制度はOECD比較でも世界に誇れる制度だと改めて認識した。良いことは黙して悪いことばかりを論う政党各位に、もう少し俯瞰的に物事を見て、良いところは評価しつつ遅れていることは改善に向けて提案するような大人の政治家になって欲しいと思うことしきり。

午後9時 支部長会は終了。





[PR]

by ando-ayabe | 2016-08-01 23:57 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/25533451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 戦い済んで 「和」も大事 消防団の絆はいつの時代も >>