あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

消防団の絆はいつの時代も

今朝も朝から暑い一日だろう。前夜は暑くってすぐに目が覚める寝付きの悪い夜だった。乗せていただいていただけだったが、6時間の移動に疲れが出たのか。そのためか、朝方ようやく熟睡でき、朝食は午前9時。

午前中はブログの更新
午前11時30分 昼食。正午に公用車で京丹波町の丹波自然運動公園へ。
第24回京都府消防操法大会に、綾部市の代表として中筋分団が小型ポンプ操法で出場。応援に出かける。
開会式は、午前9時30分からだったが、綾部市の出場は22番目と最後の出場。午後2時40分ごろと聞いていたので、正午に綾部を出発することに。

来賓テントに着くと、各市町の議長や市長村長、府議会議員など多くの方々が、それぞれの市町村の消防団の応援に来られていた。
f0111128_09014036.jpg
全体の進行は30分近く遅れていたが、予定通り1時30分に中筋分団の出場選手に最後の激励。「平常心で本大会の有終の美を飾ってください」と挨拶。
f0111128_09004988.jpg
本大会に出場するため、消防署も吉田担当長以下3名の操法指導体制を整え、選手の体力面からも2月ごろからサポート。体力作りや技術向上に励まれたそうだ。操法訓練も連日行い、今日を迎えた。出場する選手はもちろん中筋分団の団員の皆さんも訓練日のサポートとして操法訓練に参加し、選手を支えたそうだ。
f0111128_09020097.jpg
操法の全体時間は10分足らず。綾部市消防団の代表として恥じない操法を披露するために、長期間の訓練に耐えた団員の皆さん。そしてそれを支えた中筋分団の皆さん、団員の家族の皆さん。中筋地域自治会や公民館のバックアップなどなど、多くの皆さんのご努力に心から敬意と感謝を申し上げます。
f0111128_09021977.jpg
 消防はその時のつながりだけでなく末永い友情や親交という「心の財産」を得る。今日の一日を良き糧とされ、更に「消防。やっていてよかった」と思えるよう、引き続き、有意義な消防団活動を期待します。17年間の消防団員経験者として今実感している。
f0111128_08590022.jpg
慰労会は盛り上がって楽しい・熱い夜だった。体力づくりに2月から取り組んだ、スクワット?を署の指導者の指揮で操法要員が披露していただいた。消防署員と消防団員それぞれとの友情や信頼も生まれたな~と感じた。人間同士の心のつながりを消防団活動で見た。身体は暑かったが、心も熱い一日だった。

[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/25527891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2016-07-31 23:40 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)