自民党参議院議員選挙団体代表総決起大会に1000人参集

七夕か~。子どもたちには七夕よりも、ゲームの方が気になるのだろう。ロマンが無くなったものだ。
前日アマゾンに注文しておいたオムロン血圧計が速攻届いた。やはり手首で測定するものよりは腕で測定するものが正確だ。137-76程度に落ち着いている。薬の効果か?
 あと1か月足らずで、65歳。高齢者と呼ばれる歳になる。本人は全くそんな意識はないが、腹筋をしてみたら、なかなか大変。いつの間にかこんなことができなくなっているの?という感じで少々ショック。せめて、健康チェックは怠りなくしなければと思っている。

 午前中 自宅周りの雑草が繁茂している隣接地を除草機で除草。近所迷惑にならぬよう適正な管理をお願いしたいが。それでいえば、国土交通省の堤防も同様で、とことん茂ってから除草する。請負業者も丁寧に除草する業者とそうでない業者とあり、また、下請けに回していたりと。管理者である国土交通省がしっかりと業者の管理をして欲しいものだ。まだ作業の途中なので、最後はきれいになるのかもしれないが。暑い中の作業なので、作業員さんも大変だとは思うが「仕事は丁寧に」をモットーにやってください。

午後1時30分 京都市へ。吉崎進議員と種清議員の3人で。
午後3時10分 京都駅中?のグランビア京都ホテル2階。いつも公明党京都府連が新年互礼会に使用される大広間で「自民党参議院議員選挙団体代表者総決起大会」が開催され出席。
f0111128_10400712.jpg
会場には、西田選対本部長をはじめ、衆議院の国会議員、自治体や機関・団体の代表者、府下自治体議会の議員など、約1000名が参集して、京都選挙区・二之湯智候補や参議院比例候補で京都府連所属の3名の候補者後援会代表者などが参集。
f0111128_10412944.jpg
 また、今回全面的に支援いただいている、公明党京都府委員会の竹内譲委員長(厚生労働副大臣)をはじめ、近畿地区の比例候補者、熊野せいじさんも出席され、最後の決起集会が催された。
f0111128_10402727.jpg
 山田京都府知事、門川京都市長、国民政治協会長、伊吹文明衆議院議員の応援のあいさつに続き、二之湯候補の決意表明、比例区候補や後援会の代表者によるお願いなどが続いた。
京都選挙区では、6年前の雪辱を晴らすため、二之湯候補を必ずトップ当選をさせることを誓い合った。
 京都南部地域では、民進党陣営候補も強く、京都市内では共産党候補も強いとのこと。競り合っているというのが実情だとのことだった。京都府北部地域では、保守地盤は盤石だが、綾部市では、6年前、民進党候補に後れを取る結果となっていることは大きな課題であり、最後まで二之湯候補をトップで送り出すことが綾部市の活性化のためにも求められている。
f0111128_10404110.jpg
少し早く着いたので最前列に席を取り、大きな拍手を送った。(この禿げ頭は、最前列で声援を送った証拠。)
f0111128_10474364.jpg
午後4時40分 大会終了。夜に用事のある人もあり、選対本部会議を欠席して帰綾。

午後6時前 綾部着。




[PR]

by ando-ayabe | 2016-07-07 23:16 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/25423629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 足立としゆき個人演説会で450人 あそびの城は元気一杯 >>