第92回全国市議会議長会総会

午前7時30分 今朝は子どもの見守りは欠席。議会事務局長の車で綾部駅へ。
午前7時56分発で、東京へ。
午前11時半 東京着。宮津と京丹後の議長・事務局長と東京駅近くの飲食店で昼食。
午後1時 東京駅近くにある東京国際フォーラム「ホールA」にて第92回全国市議会議長会定期総会に出席。
f0111128_08440213.jpg
岡下会長のあいさつに続いて、内閣総理大臣安倍晋三氏、参議院議長、高市早苗総務大臣、石破国務大臣の来賓あいさつを受ける。
永年議員や正副議長に就任している全国の議員の表彰が行われた。
続いて会務報告に入り、地方行政委員会他6分野の専門委員会からの会務報告が行われたのち、議案審議に入る。全国8ブロック(部会)に分かれて検討された部会提出議案についての審議が行われ、別途会長からの提出議案について審議。いずれも異議なく可決された。ちなみに近畿ブロック(部会)の提出議案は、京都府北部ブロックで検討し決定された「近畿北部地域の道路交通網の整備について」舞鶴市議会議長の桐野議長から提案された。北陸新幹線に関しては、京都府北部地域へのルート誘致について要望を出さねばならないところだが、京都府中部ブロック自治体に配慮し統一議題としにくいことから提案されなかった。その他全国の各ブロックから、各分野にわたって25の議案が、会長提案として熊本地震関係他3件について議案提出され、異議なく可決された。
 各会計決算報告、並びに平成28年度予算に関しても審議可決された。最後に各部会の役員・顧問の委嘱について全会一致で承認された。

顧問には二之湯参議院議員が再委嘱された。又役員では、綾部市議会は、全国154の議長と共に本年度も全国市議会議長会評議員として参画することとなった。

午後4時半 総会は終了し、一旦宿舎の都市センターホテルへ。
テレビを点けると、衆議院で安倍内閣不信任案の投票が行われていた。午後5時過ぎに不信任議決は否決され、いよいよ6月1日が衆議院の最終日となることが決まった。

午後6時 東京グリーンパレスホテルへ。京都府北部5市議長と、京都府選出国会議員との意見交換会に出席。会費1万円は当然自腹で支払い。舛添氏や国会議員のように政治資金収支報告には計上しないしできない。自分で食べる食事代くらい自分の財布から出すのは当たり前だ。

午後6時半 国会議員さんは忙しいので三々五々出席された。最初に西田昌司参議院議員が来られ意見交換。参議院はまだ明日に議案の会期末処理をしなければならないようでこの間の経過についてお話を聞いた。
その後、谷垣禎一幹事長も出席され、開口一番福知山の議長に市長選の檄を飛ばしておられたが、地元に事務所もあり秘書もいる。秘書が市長選挙を動いている様子はないが。
 その後竹内厚生労働副大臣もお越しになり懇談。消費税が延期になったので、国際連帯税を是非実施してほしいと依頼をしておいた。厚労予算は莫大で、少しでもその負担を分散するためにも、飛行機利用税を徴収し、世界的な感染症の防疫対策や開発途上国への医薬品等援助を行う国際連帯税の創設を要請。
 二之湯参議院議員もお越しになったので「世界連邦の参議院国会決議」採択の御礼を申し上げた。国会議員の皆さんは、私たちとの会合の他にも4・5カ所も会合をお持ちのようでバタバタと出はいりされた。

午後9時 国会議員との懇親会は終了。その後府北部の議長と事務局職員で居酒屋で飲み直す。北部の議会が統一して与党国会議員と意見交換をするのは3回目で定着してきたが、まだまだ霞が関・永田町界隈で活躍している国会議員と地元を這いずり回っている私たち地方議員との意識には結構なずれがあるようだ。
 もっと地域に入って実情を見てもらわないと何のために有権者は投票しているのか解らない。国家論や党内外の駆け引きや調整も大切かもしれないが、地元選挙区の声を聴いて真剣に課題を解決するための動きをして欲しい。代議士が忙しいなら、秘書だって動けるはず。代議士秘書も含めて他の選挙区の国会議員とは選挙区の活動において大分温度差があるように思う。ほっといても投票するだろうという楽観論があるのかな~。各自治体首長選挙においても、檄を飛ばすだけで地元に帰ってもこないようなことでは、地元の有権者も熱が入ってこないことは確かだ。
午後10時 ホテルへ戻る。

 



[PR]

by ando-ayabe | 2016-05-31 22:47 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/25302413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 議員共済会第112回代議員会開催 綾部衛生協会第63回代議員総会に出席 >>