あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

都市計画線引き廃止と乱開発の不安

5月下旬だが、結構暑い。子どもたちも、1学期が少し慣れてきて、集合時間がルーズになってきた。忘れ物も多いようだ。いつものように見守り隊に行っていても良くわかる。

午前9時30分 綾部市斎場へ。市役所で一緒に仕事をした職員の父上が亡くなられた。お葬式に参列。
午前11時30分 帰宅。昼食をとり市役所へ
午後1時 並松の自治会長さんと東玄関で待ち合わせ建設課へ。課長と課長補佐に出合い、市道並松新町線の水路の蓋設置について要望。その後、担当の職員さんから相生町の市道の蓋の騒音の件について協議。
郵便局から、先の了圓寺本山参拝の際のバス代金等を旅行社へ振り込む。
午後2時 源太郎新聞の配布をお世話になっているお宅を回ったり、本山参拝の際の記念写真を檀家さん宅へ配布。上杉まで。議会事務局へ。
午後3時 まちづくりセンターで部落解放・人権政策確立実行委員会幹事会に出席。約1時間。
午後4時 いったん帰宅
午後6時30分 吉美地区の議会報告会に出席。
午後9時20分 少し超過したが帰宅。

 中筋でも、吉美でも都市計画の線引き廃止について住民の皆さんの心配や悩み、不安の声を聴く。市から「地区計画の策定について」丁寧な説明が必要だと痛感する。青野町内のミニ開発の際の開発業者や行政との関わりのことや桜が丘団地の地区計画について説明したが、都市計画課は、まちづくり条例に基づいて制定した地区計画の策定の具体的手法等について、その意思がある住民に説明を丁寧にしてほしい。いつの間にかミニ開発が進んでいて、生活用水が農用地に入り込んだとか農道として使っていた道路が開発業者によって自家用車であふれ、農作業に支障が出ると言ったトラブルが発生しないよう、行政の丁寧な説明を期待したい。

もちろん議員も、もっと地区計画の手法や内容について勉強しなければならないと思う。そして地域住民の皆さんに対する説明ができるようにならないといけない。勉強不足を痛感した。




[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/25265010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2016-05-24 23:39 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)