あんどう新聞ブログ版

andoayabe.exblog.jp

綾部市議会議員 安藤かずあきの活動日記です。

ブログトップ

公民館活動もスタート

4月26日(火)
日曜日からの疲れがまだとれない。午前中は公務もないので、自宅で、事務整理。
日本会議が発行している日本の息吹に、昨年12月に封切られた映画「海難1890」についてノンフィクション作家門田隆将氏のエッセイが掲載されている。明治23年トルコ軍艦エルトウール号遭難の際に日本人が助け、そのことをトルコ国民は100年近く忘れることなく、教科書にもなっているという。そして先のイラン・イラク戦争時に現地の在留日本人避難のためにトルコの飛行機を特別機として仕立てて救出したという。日本は憲法が障害となり、自国民すら救えなかったと。そしてその状態は、安全保障法制が制定されてもまだ足かせとなって、万が一でも自国民を救出することができない状態だという。

なんと情けないことをマスコミや野党は安保法制は戦争法案だと言って反対しているのだろう。自国民の日なんでさえ、自衛隊を派遣できない状況をいつまでも続けていて、世界平和を語る資格があるのか。
 特定秘密法案の時も、野党やマスコミは、国民を煽って、報道の自由が無くなるとわめいていたが、今回も同様だ。国民の多くは、安保法制の必要性をそして憲法の改正が必要だとはっきりとわかっていて、世論調査の結果もそう出ているのに、一部の声高かな人々が売国的な主張を繰り返している。

門田氏はこの寄稿のまとめとして、「夢想家」と「現実主義者」との対決の時代だと言っている。現実から目をそらして夢のようなことを言っていては、国家が滅亡する。

午後1時 議会へ。
午後1時30分 兵庫県西脇市議会総務産業常任委員会の皆さんや市役所の企画政策課の職員さんが、「あやバス」の調査にお越しになった。西脇市には、産業団地販売部の課長の時に西脇市の「野村グリーンヒルズ」の調査に行かせていただいた。そしてあやべ桜が丘団地の造成販売の参考にさせていただいた。歓迎とお礼のご挨拶を申し上げた。

午後2時 市民センターへ。綾部地区公民館運営委員会が開催されていて途中から参加させていただいた。
f0111128_23272623.jpg
今年も総務部長をさせていただくこととなった。公民館だよりの編集・発行が主な役割だが、時間を見つけて協力したい。
f0111128_23263606.jpg
午後3時半 公民館運営委員会は終了。四方府議の事務所へ。綾部高校の現状について意見交換した。真剣に考えねばならない問題だ。

午後4時半 自民党に入党いただいた方に党員証を持参するとともに、新たに入党を希望されている方に入党申込書を持参。
午後6時 帰宅。昼食後、午後7時半、青野町自治会組長会の初会合に出席。






[PR]
トラックバックURL : http://andoayabe.exblog.jp/tb/25162201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ando-ayabe | 2016-04-26 23:41 | 議員政治活動 | Trackback | Comments(0)